ローラ メルシエがグローバル展開を本格始動

ローラ メルシエ ジャパン
2018.08.10

リ・ブランディングの第一弾として新・ブランドロゴを発表

メイクアップアーティストブランド「ローラ メルシエ」は、2018年8月1日(水)<NY時間>に、ブランドの新ロゴを発表いたしました。今回の新ロゴの採用は、2016年に資生堂グループに加わり、グローバルブランドとしてのプレゼンスを高め、国際的な競争力を高めるためのリ・ブランディングの一環で、ブランドが保有するフランスの伝統的な側面と、エネルギーに満ちたNYの両方の側面を反映しています。アメリカを皮切りに、日本でも順次公式ブランドサイトや店舗等で新ロゴに切り替えていきます。

ローラ メルシエは、NYを拠点に活躍するフランス出身のメイクアップアーティスト、ローラ・メルシエが1996年に設立したプレステージブランド。新ロゴはブランド創始者の功績を讃え、メイクアップアーティストとしての礎を築いたいわばブランドのルーツともいえるパリと、多くのセレブリティやクリエイターの支持を得て第一線で活躍を続けたNYの両方のDNAをベースにデザインされています。

ローラ メルシエのグローバルゼネラルマネージャー、アレクサンドラ・パパジアンは今回のロゴの変更に込められた想いを以下のように述べています。「20年以上の歴史をもつブランドとして、私たちはその独自のDNAを大切に守ると同時に、若い世代や新しいお客さまに共感頂ける革新的な価値の提供をめざし、進化し続けます。私たちが持っている最も重要なビジョンは、プロのテクニックやアーティストが持つクリエイティビティを誰もが楽しめるように提供することです。今回のリ・ブランディングでクリエイティブやコミュニケーションはよりモダンに進化しますが、すべての女性に対してオープンでエフォートレスな姿勢は決して変わりません。」

アメリカの公式ブランドサイトやSNS公式アカウントでの新ロゴ使用を皮切りに、日本の公式ブランドサイトや店舗でも順次使用を開始、さらに今後はパリとNYの要素を融合させた新しい店舗デザインを展開する予定です。2019年より発売される新商品にも新ロゴを採用し、ブランドのグローバル化を加速していきます。

<ローラ メルシエとは>
NYを拠点に活躍するフランス出身のメイクアップアーティスト、ローラ・メルシエが1996年に設立したプレステージブランド。“What makes you unique, makes you beautiful.”をフィロソフィーに、ひとりひとりが<わたしらしい美しさ>を見つけるためのシンプルかつ上質なメイクを提案しています。メイクしていることを感じさせないほどのナチュラルな肌づくりを起点としたわたしになじむメイク<フローレスフェイス>で女性の心を解きほぐし、本来の美しさを引き出します。

提供元:PR TIMES