貝印創業110周年記念イベント「KAI BEAUTY LESSON」 ゲストにヘアメイクアップアーティスト小田切ヒロさんが登壇!

貝印株式会社
2018.11.09

2019年最新トレンドは「明暗コントラスト」から「質感コントラスト」へ 11月10日(土)・11日(日)にはご来場者様向けトレンドメイク体験会も開催!

総合刃物メーカーの貝印株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:遠藤 宏治)は、2018年に創業110周年の節目を迎えたことを記念して、「いい刃の日」である11月8日(木)に、二子玉川 蔦屋家電に貝印初となるポップアップストア「KAIの家」をオープンいたしました。初日には有名タレントなどを数多く担当する人気ヘアメイクアップアーティストの小田切ヒロさん(LA DONNA所属)をゲストに迎え、ビューティーセミナー「KAI BEAUTY LESSON」を開催いたしました。イベントではいち早く、2019年の最新トレンドメイクを発表したほか、KAIビューティーアンバサダーで女優・モデルの内田理央さんとのトークショーも行いました。

KAI BEUTY LESSON 開催概要
■名称 :KAI BEAUTY LESSON
■日時 :2018年11月8日(木)  12:30~13:30
■会場 :二子玉川 蔦屋家電 2F E-room2(東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット)
■ゲスト:小田切ヒロさん、内田理央さん
■内容 :2019年トレンドメイク発表、トークセッション、フォトセッション

美のプロフェッショナル小田切ヒロさん考案、
最新トレンドは「質感コントラスト」でつくる“シックなモードメイク”


小田切ヒロさんが2019年のトレンドメイクを発表。テーマは、可愛さに大人の色気を含んだ“シックなモードメイク”で、一番のポイントについて「ツヤとマットの“質感コントラスト”をつくって立体感を出すこと」とコメント。続けて、「2018年は主に、可愛さを出したメイクがトレンドで、質感やトーンをあわせたワントーンメイキャップが流行していました。色味も明るく可愛らしい色味が主流でしたが、2019年は、シックで深みのある色でワントーンに仕上げることが大切です。そして肌の立体感をつくるときも、これまでは明るく、暗くのコントラストを重視していたと思います。でも2019年は、マットとツヤの質感のコントラストを大切にすることで、洗練されたモード顔をつくりだしていきます。」とこれまでのトレンドメイクとの違いを説明しました。
ポイントメイクについては、「アイメイクもリップも、モードに寄りすぎず女性らしさを引き出せる赤茶系の色味を使用することが大切です。全体的に色味をワントーンに抑えることで大人っぽさを演出することができます。」とコメントしました。また、女性の肌悩みとして多く挙げられるくまやくすみについては、「無理に隠そうとするのではなく、勇気を持ってそれを活かしたメイクをすることで、その人の個性や重ねた年輪の魅力を引き出すことができますよ。」と話しました。

小田切ヒロさん × 内田理央さんトークセッション

だーりおも実体験!今回のトレンドメイクについての感想
小田切ヒロさんによるトレンドメイクでイベントに登場した内田理央さん。感想を聞かれると、「すごく勉強になりました!モードなメイクというと難しいイメージがあるのですが、簡単に試せそうなのでチャレンジしてみたいです。小田切ヒロさんのモードメイクは芯の強さがありつつも、女性らしく柔らかい印象になるので、引き込まれてしまいますね。」と小田切さんの最新メイクに大喜びの様子。続けて「メイク一つで、印象が本当に変わると思います。今回のトレンドメイクでは、自分に自信が持てますね!」とコメント。それを受けて、小田切さんは「そう言ってもらえると本当に嬉しいですね。内田さんが仰る通りで、メイクはマインドチェンジができることが魅力だと思います。今回のトレンドメイクはどんな女性でも似合うメイクにしたので、ぜひ皆さんにも試してほしいです。」と話しました。

ふたりが語る、メイクのこだわりについて
普段からメイク好きな内田さんは、「日頃からツールを使用するようにしています。」と、自身のメイクのこだわりについて語りました。小田切さんにもメイクをする上で大切なことについて聞くと、「やはりツールを駆使することだと思います。」とコメントし、その理由として「テクニックがない人もある人も、ツールを使うだけでワンランク上のクオリティに仕上がります。大人のたしなみとして、ツールとの付き合い方に向き合い、楽しんでほしいですね。」と話しました。そんな小田切さんは、今回のメイクでも複数のファンデーションブラシを使い分けたり、アイシャドウチップをリップの色味をぼかす際に使用するなど、驚きのツールの使い方を披露し、会場を驚かせました。

内田理央さんおすすめの貝印ビューティーツールは?
KAIビューティーアンバサダーも務める内田さんに、おすすめのビューティーツールについて尋ねると、「1番好きなのは、艶肌ファンデーションブラシですね」と回答。その理由として「このブラシは見た目もコンパクトでかわいいんですが、機能面も高く、素肌のようにナチュラルに仕上がるので重宝しています。」とお気に入りのツールについて熱く語りました。小田切さんも、「毛並みが繊細なブラシを使うと、仕上がりも綺麗になりますね。また、カットが斜めになっていると顔の丸みにもフィットし肌との一体感を出すことができると思います。立てて置けるものを選ぶと衛生的に使い続けることができますよね。」と話しました。
最後に、小田切さんからは「2019年のトレンドメイクは、どこか一点でも取り入れていただくだけで、全く違う印象になります。ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。」と話しました。内田さんからは「ぜひツールを駆使して、気分を上げて、街にでかけてみてください!」と話しました。


MAKE POINT
BASEMAKE:
ツヤとマットの質感で顔の立体感を出し小顔に見せます。
ベースのマットとツヤの質感が、7:3の比率になるのが理想的。
EYE:
バーガンディやボルドーなど赤茶系の色味を一色使い。
チークレスのため目元の印象度がアップ。
LIP:
目元と同様、赤茶系の色味を使用。
多くの色味を使わないことで可愛さを抑え、大人な印象に。
フレームをぼかしていることで肌との一体感を演出。
EYEBROW:
眉毛一本一本の存在感を残し、立体感で自然な眉に仕上げます。

トレンドメイク使用ツールをPICKUP!


艶肌ファンデーションブラシ
パウダー、リキッド、クリームなどすべてのタイプに対応するファンデーションブラシ。
ベースメイクのツヤ感を出す部分での使用がおすすめ。
適度なコシとふんわりとなめらかな肌あたりでファンデーションを薄く均一にのばせます。


スライドパウダーブラシ
粉含みがよく、極細でも適度なコシがあるPBT毛を採用。
ストレート毛と波状の加工をした毛をパウダーに最適な配合でブレンドしました。
フェイスパウダーをふわっとのせることで、ベースメイクのマットな質感をつくります。
毛の量を調節できるので、誰でもテクニックなしで仕上がり自由自在。

あなたも5分で旬顔に!小田切ヒロさん直伝のトレンドメイク体験会開催

ポップアップストア「KAIの家」開催期間中の、10日(土)・11日(日)には、ご来場者様向けトレンドメイク体験会を開催いたします。当日は、人気ヘアメイクアップアーティスト小田切ヒロさん(LA DONNA所属)監修のHOW TOパネルを参考にしながら、貝印のビューティーツールを使用して2019年トレンドメイクをお試しいただけます。
また、1日に2回のスペシャルタイムには、小田切さんの所属するLA DONNAのヘアメイクアップアーティスト辻元俊介さんにワンポイントメイクをして頂けます。ぜひ奮ってご参加くださいませ。

■日時        :11月10日・11日 10:00~18:00
■スペシャルタイム :11月10日・11日 11:00~12:30/14:00~15:30
■会場   :二子玉川 蔦屋家電 2F E-room2

【ヘアメイクアップアーティスト PROFILE】
小田切ヒロさん
ラ・ドンナ所属。資生堂美容専門学校卒業後、都内サロン勤務、外資系化粧品会社勤務後、2009年ラ・ドンナ入社。藤原美智子さん他のアシスタントを経てフリーに。ナチュラル~モード・ハイファッションまでを得意とする。ヘアメイクテクニックだけでなく、美容知識も豊富。有名タレントからの信頼も厚く、幅広い美容誌・女性誌にて活躍中。
辻元俊介さん
ラ・ドンナ所属。2002年大学卒業後、メイク学校でメイクを学び、美容メーカー勤務後、2005年ラ・ドンナ入社。雑誌・広告・タレントのヘアメイク等幅広く活躍。内面の美しさを引き出していくナチュラルメイクを得意とする。

貝印創業110周年記念 ポップアップストア「KAIの家」概要
イベント名 :KAIの家
日程 :2018年11月8日(木)~11日(日) 10:00~18:00 ※8日のみ15:00~18:00
場所 :二子玉川 蔦屋家電 2F ダイニング・E-room2
(東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット)

【貝印株式会社】
1908年、刃物の町として有名な岐阜県関市に創業。現在、生活に密着した刃物を中心とするカミソリ、メンズグルーミング、ツメキリなどの身だしなみやビューティーケア、包丁をはじめとする調理・製菓、医療用など1万アイテムにもおよぶ商品を展開し、商品の企画開発から生産、販売、物流までの一連を行っている総合刃物メーカー。
本社:東京都千代田区岩本町3-9-5 代表取締役社長:遠藤宏治 http://www.kai-group.com/

【二子玉川 蔦屋家電】
2015年5月、複合商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」内にオープン。
BOOK&Cafeの空間で、コンシェルジュがライフスタイルを提案する新しいスタイルの家電店です。
住所 :東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズS.C. テラスマーケット
電話番号 :03-5491-8550(代表)
営業時間 :家電 9:30~21:00(音楽、文具は9:30~22:30)、BOOK 9:30~22:30
定休日 :1月1日
ホームページ :https://store.tsite.jp/futakotamagawa/

提供元:PR TIMES