2017年9月1日 更新

背中がかゆい!主な5つの原因とは?乾燥かゆみを防ぐための日常対策

背中 かゆい TOPムズムズと背中がかゆいと、落ち着かないですよね。

あまり露出しない部分だからと、ボリボリと掻きむしったりしていませんか?
睡眠中などに無意識のうちに掻いてしまって、状態を悪化させてしまうこともよくあります。

今回は、“背中がかゆい主な5つの原因”と“背中のかゆみを防ぐための対策”についてご紹介します。
かゆみがあっても、掻くのはできるだけ避けましょう。

何事も、原因を知ってあらかじめ対策をすることが大事です。

かゆみ対策をする際の参考にしてみてくださいね。



1. 背中がかゆい主な5つの原因

背中 かゆい 原因 対処 対策背中がかゆい状態を招いた原因として考えられる、主な5つの要素をご紹介します。

1 肌が乾燥によって敏感に傾いてしまっている
2 肌にあわないものを使っている
3 ストレス
4 ダニやノミ・シラミ
5 アレルギーなど

主な原因について、それぞれご紹介します。

1-1 肌が乾燥によって敏感に傾いてしまっている

背中 かゆい 原因 対処 対策角質層が乾燥してしまうことによって、肌が敏感に傾いてしまい、かゆみを感じやすくなっていることがあります。

すこやかな肌の表面は、キメが整ったなめらかな角質層が構成されていて、肌を保護したり、水分の蒸散を防いだりしていると言われています。

しかし水分や油分が不足したりすることで、角質層が隙間だらけになってしまうことがあります。
角質層が隙間だらけになってしまうと、肌はデリケートな状態に傾きやすくなり、ちょっとした刺激に敏感な状態になることがあります。

そして、ちょっとした外部刺激でも肌の負担となってかゆみを感じることがあるのです。

乾燥が原因で肌が敏感に傾いている場合は、乾燥の原因を知ることも大事です。
背中 かゆい 原因 対処 対策

肌の乾燥を引き起こす主な要因をまとめると、以下のようなものが考えられます。

・間違ったスキンケア
・過剰なスキンケアによる皮脂の落としすぎ
・ダイエットや偏った食生活などによる栄養不足
・加齢による皮脂不足
・夏の紫外線ダメージ
・寒さによる血行不良・代謝の低下
など。

このように、肌を乾燥させる要因は非常にたくさんあるので、日ごろの習慣・スキンケアから見直し、対策を行っていくことが大事です。

肌の乾燥を防ぐための日ごろの対策ポイントについて詳しくは第3章でご紹介します。
⇒3. 背中のかゆみ事前対策【乾燥を防ぐ】

1-2 肌にあわないものを使っている

背中 かゆい 原因 対処 対策

次に考えられるのは、肌にあわないものを使っていることがかゆみの原因になっている可能性です。

せっけんやシャンプー、入浴剤、柔軟剤などが肌に合わず、過度な負担となって肌がかゆくなってしまうことがあります。

1-3 ストレス

背中 かゆい 原因 対処 対策ストレスなどが原因で、肌が敏感に傾きやすくなってしまうこともあります。

日ごろから、ストレスをため込まないことは、背中のかゆみを防ぐためにも大切です。

1-4 ダニやノミ・シラミ

背中 かゆい 原因 対処 対策背中は自分では見えにくい場所なので確認しづらいですが、眠っている間などにダニに刺された可能性も考えられます。

ペットを飼っている家庭などは、ノミやシラミがかゆみの原因になっていることもあります。

寝具を清潔に保ったり、部屋の掃除や衣服の洗濯を念入りに行うなど、根本的な対策をしっかり行うことが大事です。

1-5 アレルギーなど

背中 かゆい 原因 対処 対策その他に、背中のかゆみの原因として、アレルギーやかぶれ、その他なんらかの病気の可能性も考えられます。

背中のかゆみが気になったら、一度病院で医師に相談してみましょう。

2. 背中がかゆい時の対処ポイント

背中 かゆい 原因 対処 対策

背中がかゆいと、睡眠中を含め、ほとんど無意識に手が伸びて掻いてしまっている方も多いのではないでしょうか?

でも基本的には掻くことはあまりおすすめできません。

掻き過ぎると、皮膚を傷つけることもあるからです。

かゆみそのものをきちんと治すと同時に、強く掻き過ぎてしまったり、ひっかき傷を作ったりしないように、爪を短く整えておくなど工夫しましょう。

3. 背中のかゆみ事前対策【乾燥を防ぐ】

背中 かゆい 原因 対策乾燥が原因で起きる背中のかゆみを防ぐために、ぜひ日常から心がけていただきたい対策ポイントを5つご紹介します。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿を心がけることも大事ですが、ふだんの行動から乾燥対策を意識することも大事です。

肌をすこやかに保つために、ぜひチェックしてみてくださいね。

肌の乾燥を防ぐためのポイント
①熱すぎるお湯やシャワーを避ける

背中 かゆい 原因 対策熱すぎるお湯は、肌表面を守っている皮脂を奪いすぎる可能性があります。
乾燥が気になるときは、いつもよりぬるめの温度設定にすることをおすすめします。

肌の乾燥を防ぐためのポイント
②ゴシゴシと強すぎる力で擦らない

背中 かゆい 原因 対策肌は想像以上にデリケートです。
肌の負担になることもあるため、乱暴なゴシゴシ洗いはせず、優しい力加減で洗いましょう。

タオルでふく時も、ゴシゴシとこすらず、押し当てるようにして水分を取り除くのがおすすめです。

肌の乾燥を防ぐためのポイント
③肌に触れるものに気をつける

背中 かゆい 原因 対策肌に極力負担をかけないために、身につける衣類などに気を配るようにしましょう。

不要な摩擦を起こさない、肌あたりのよい素材の衣類を選ぶこともおすすめします。

また、清潔なものを身につけるのはもちろんですが、洗濯の際、すすぎを丁寧に行うことなども意識してみてください。
洗剤が残っていると、肌に触れたときに負担がかかることがあると言われているからです。洗濯ものは十分にすすぎましょう。

肌の乾燥を防ぐためのポイント
④日焼けに気をつける

背中 かゆい 原因 対策過度な紫外線も肌の負担になり、乾燥を招くことがあります。
外出時は、背中までしっかりと日焼け対策するようにしましょう。

肌の乾燥を防ぐためのポイント
⑤生活習慣に気をつける

葉酸 サプリメント 食品 効果 妊娠 いつまで肌をすこやかに保つためには、質のよい睡眠やバランスのとれた食生活を送ることも大切です。
ビタミン類やミネラル・タンパク質などが不足しないよう、また、糖質・脂質の摂りすぎに気をつけるようにしましょう。

また、ストレスをため込まないように、ふだんからこまめな発散を心がけることも忘れないでくださいね。

4. まとめ

背中 かゆい 原因 対策一般的な背中のかゆみは、主に乾燥から肌がデリケートな状態になっていることが原因だと考えられます。

乾燥かゆみに振り回されないためには、保湿だけではなく、乾燥を防ぐ日常からの対策を心がけ、すこやかな肌を保ちましょう。

背中を見られる大事な場面はいつ訪れるかわかりません。
ひっかき傷を見られるなんてことにならないように、しっかりと事前の対策を取り入れていってくださいね。