2017年5月24日 更新
PR

繰り返しがちな顎(あご)にもできるニキビの原因!ニキビ対策とは

顎 ニキビ 1

「繰り返しがちな顎(あご)にもできるニキビ。何故できてしまうんだろう・・・。どうしたらいいのかな?」とお悩みではありませんか?

顎にもニキビができる原因はいくつかあると言われていますが、丁寧にお手入れを行うことが大切です。

そこで今回は、顎にもできるニキビの原因と普段のお手入れ方法についてご紹介します。




◆肌らぶ セレクション◆

セラムデュー薬用アクネクレンズ(医薬部外品)
セラムデュー薬用アクネクレンズ

ニキビを防ぐノンオイル薬用クレンジング

これひとつでクレンジングと洗顔が完了!
微粒子アミノ酸(洗浄成分)が毛穴に詰まったメイク汚れや不要な皮脂、古い角質まですっきり洗い落して、すこやかな肌へ導きます。

さらに整肌有用成分グリチルリチン酸ジカリウムや、保湿成分ダイズエキス・クマザサエキス・ユーカリエキスなどを配合。
肌にうるおいを与えてくれるので、洗い上がりにつっぱりを感じにくくなめらかになるのもうれしいポイントです。

初回限定で、アクネお試しコースを通常価格よりも1,830円(税抜)お得にお申込みできます。(※2017年3月時点、定期便トライアルでの申込みに限る)

公式HPはこちら(オレンジ)

1.顎(あご)にもニキビができてしまう3つの主な原因

agonikkibiここでは、顎にもできてしまうニキビの主な原因を3つご紹介します。

①過剰な皮脂

おでこ ニキビ 原因
顎にもできるニキビの原因のひとつが過剰な皮脂による毛穴詰まりだと言われています。

顎にも皮脂腺が存在するので毛穴に不要な皮脂が詰まりやすい部分だとされています。

そのため、肌がべたつきやすい方やホルモンバランスの乱れによって過剰に皮脂が出やすくなっている場合には、顎にニキビができやすくなることがあると考えられているのです。

それに加えて、クレンジング・洗顔時にしっかり皮脂汚れが落とせていなかったり、洗顔料やクレンジング料の洗い残し等も顎にニキビができやすくなる原因だと言われています。

②保湿不足による乾燥

洗顔料
保湿不足による乾燥も顎にもニキビができてしまう原因のひとつだとされています。

何故なら、顎はスキンケアを見落としがちな部分であり、保湿不足によって乾燥を引き起こしやすいことがあるからです。

スキンケア化粧品をちゃんと塗れていなかったり、お手入れが行き届いていないと、顎は保湿不足によって乾燥することがあります。

すると顎の表面は硬く、柔軟性を失って皮脂を詰まらせてしまうこともあり、毛穴詰まりやニキビができやすくなる可能性があるのです。

③ホルモンバランスの乱れ

生理痛 病気
顎周りやフェイスラインにできるニキビは、「ホルモンバランスの乱れ」も大きな原因のひとつだとされています。

「ホルモンバランス」とは、体内のバランスを整える役割を持ち、①生理周期②睡眠不足③過度のストレス④食生活などの影響によって乱れやすくなります。

「ホルモンバランス」が乱れると、体内の皮脂が過剰に出やすくなってしまうため、特にホルモンバランスの影響を受けやすい皮脂腺がある部分(顎やフェイスライン)に、ニキビができやすくなってしまうということがあるそうです。

2.ニキビを防ぎたい!スキンケア方法

ここでは、顎にもできてしまうニキビ対策として、意識したいスキンケア方法をご紹介します。

ニキビ対策に欠かせないのが「丁寧な洗顔」「丁寧なスキンケア」です。

特に顎やフェイスラインの部分は、洗顔やスキンケアを疎かにしやすい部分でもあるので意識してお手入れを行っていきましょう。

2-1.丁寧に洗顔をする

プチプラ 洗顔
顎は、日常でも手で触れてしまいがちな部分なので、汚れも溜まりやすい部分だと考えられています。

洗顔を行う際は、摩擦を起こさないようしっかりと洗顔料を泡立てたうえで丁寧に洗顔し、顎を含むフェイスラインを特にしっかりと洗い流すようにしましょう。

2-2.スキンケアで丁寧に保湿する

毛穴 化粧品
顎のラインは洗顔と同様にスキンケア化粧品を塗り忘れやすい部分だと言われています。
せっかく保湿化粧品を使用していても顎やフェイスライン等の際まで塗れていないと乾燥を引き起こし、保湿不足によってニキビができやすくなる可能性があります。

顎を含め顔の細部までしっかりとスキンケア化粧品をハンドプレスしてなじませ、保湿ケアを行っていきましょう。

3.ニキビを防ぎたい!普段の生活で意識すべきポイント


顎(あご)にもニキビをつくらないために、普段の生活習慣を整えることも大切です。

下記の様なことを意識して普段からすこやかな肌を保てるように心掛けましょう。

①良質な睡眠をとる

生活習慣を整えるためには、良質な睡眠をとることも大切です。

質の良い睡眠が足りていないと体内バランスが崩れやすくなり、ニキビなど肌のお悩みを増やしてしまう可能性があると言われています。
良質な睡眠のために、以下の行動は控えてみましょう。

■カフェインの摂取

コーヒー 口臭
カフェインは脳や筋肉に影響し興奮させる働きがあると言われています。

そのため、寝る前にカフェインを摂取してしまうと脳を休ませることができず、眠りにつきにくくなってしまったり、質の良い睡眠がとれなくなったりしてしまう可能性があるのです。

寝る時間から逆算してカフェインの作用がなくなってから眠るように心がけましょう。

■寝る前のスマホ・PCの使用

女子力 アップ 方法
寝る前の読書、PCやスマートフォンの使用は目が冴え、安眠を妨げてしまう可能性があります。

特にスマートフォンは寝る直前まで操作している方もいますが、電気を消したらもうチェックしないように気を付けてみましょう。

②ストレスを溜めない

ストレス解消
顎周りのニキビもストレスの影響を受けてできることがあると言われています。

ストレスを溜めないということはとても難しいですが、お風呂にゆっくりつかったり、軽くストレッチをしたりと、自分なりのリラックス方法でリフレッシュしましょう。

③バランスのとれた食生活を意識する

貧血 食事
顎周りのニキビのためだけでなく、健康的な食生活は体調全般のためにぜひ心がけてほしいポイントです。

胃腸に負担をかけたり、偏った食事を摂ることは、ニキビの原因の一つにもなってしまうので、できるだけバランスのとれた食生活を心がけましょう。

特に不足しがちな水溶性(体外にでていきやすい)ビタミンB2やB6を意識して取り入れてみましょう。この2つのビタミンが多く含まれている食品の一例をご紹介します。

■ビタミンB2

豚レバー、鶏レバー、牛乳、納豆 など

■ビタミンB6

鶏レバー、鶏ささみ、カツオ、マグロ など

また、栄養素を食事のみで補うのは難しいという方は、サプリメントなどを取り入れてみても良いでしょう。
自分のライフスタイルに合わせて調整してみてくださいね。

4.ニキビできたときのお手入れポイント

「顎(あご)にできたニキビが治らない!」「顎にできたニキビが痛い!」というときに気をつけるべきお手入れポイントを2つご紹介します。

①触らない

唇 日焼け⑥
炎症を起こしている顎ニキビは、とてもデリケートな状態です。
気になるからといって触ったり、いじったりすることは避けましょう。

触ってしまうことで手の汚れなどによって治りかけだったニキビが腫れてしまったり、跡に残りやすくなると言われています。できるだけ清潔に保つためにも、顎ニキビには極力触らないようにしましょう。

②病院へ行ってみる

休日の過ごし方 女性
顎ニキビの痛みが強かったり、範囲が広い場合には皮膚科で治療を受けることを検討してみても良いでしょう。

場合によっては健康保険が適用されることもあるようですので、費用が気になる方は事前に相談するのがおすすめです。

5.まとめ

透明感 女12
顎のニキビができる原因は複合的ですが、日々丁寧なお手入れを行うことがとても大切です。

外側+内側からの両面からセルフケアを行い、顎のニキビ対策を取り入れたお手入れをしていきましょう。

この記事は2017年3月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。