2018年1月16日 更新

冬の乾燥にも負けない!うるツヤ肌を目指せるおすすめクリーム♡

クリーム ランキング「肌をしっかりと保湿してくれる、自分の肌に合ったクリームが欲しいけれど、どうやって選んだら良いのかな?」とお悩みではありませんか?

クリームは、肌のうるおいを逃さないように肌表面を油分で覆う保湿用アイテムですが「保湿成分」とその他の美容成分が配合されたものを選ぶことをおすすめします。

そこで今回は、目的別に肌らぶ編集部が選んだおすすめクリームと、クリームを選ぶためのポイントをご紹介します。

1.クリームの基本的な役割

フェイス クリームクリームの基本的な役割は、肌に油分を補ってうるおいを保ちながら、保湿成分や美容成分を肌の角質層まで届け、肌の柔らかさを保つことです。

本来肌は、美容液の油分や皮脂(油分)が「天然のクリーム」として乾燥から肌を守ってくれるため、乳液やクリームは必要不可欠な化粧品ではないかもしれません。

しかし、元々油分が不足して乾燥しやすい肌の方や、皮脂量が低下しやすいとされる20代後半以降の方の場合、水分量が少なく油分量が多いクリームは、必要な油分をしっかりと補うことのできる心強いアイテムなのです。

2.【保湿/エイジングケア/美白】目的別おすすめクリーム

フェイス クリーム早速、肌らぶ編集部のおすすめクリームをご紹介します。

クリームはお手入れの目的に合わせて自身に合うものを選んでいきましょう。
「保湿」「エイジングケア*」「美白**」の3つにわけてご紹介していきます。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ
** メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

クリームの選び方については【3.クリームを選ぶ2つのポイント】で詳しくご紹介いたします。

2-1.うるおいを重視!保湿クリーム

赤ちゃん 保湿クリームまず、「とにかく乾燥を何とかしたい!」「肌の水分を補いたい!」という方に肌らぶ編集部からおすすめしたい保湿クリームをご紹介します。

今回は、以下の3点に着目して保湿クリームを選びました。

【チェックポイント】
・保湿成分として「ヒト型セラミド」が配合されている
・その他保湿成分が配合されている
・トライアルセットがある

ヒフミド エッセンスクリーム

ヒフミド エッセンスクリーム(保湿 クリーム)販売会社:小林製薬株式会社
容量:40g
価格:6,000円(税抜)【トライアルセット907円(税抜)】

肌のみずみずしいうるおいを保ち、ハリを与える保湿クリームです。

3種類のヒト型セラミドを保湿成分として配合、肌表面にうるおいの膜(油分)を張り、乾燥を防ぎます。

まずはお試しのトライアルセットで、うるおいを感じてみてください。
ヒフミド エッセンスクリーム

ブルークレール ローズリバイタルエッセンスクリーム

ブルークレール ローズリバイタルエッセンスクリーム販売会社:株式会社ブルークレール
容量:40g
価格:6,200円(税抜)【トライアルセット1,463円(税抜)】

オーガニック原料と白神山地の湧水を使用して作られた、国産の無添加*化粧品ブランドの保湿クリームです。(*合成保存料・合成界面活性剤・合成ポリマー・合成紫外線吸収剤・シリコンオイル・鉱物油・合成着色料・合成香料フリー)

水分と油分を補い保ち、うるおいを肌の角質層までなめらかに届けます。

お手入れごとにオーガニックのローズ・オットーの香りがやわらかに広がります。
ブルークレール ローズリバイタルエッセンスクリーム

ETVOS モイスチャライジングクリーム

ETVOS モイスチャライジングクリーム販売会社:株式会社エトヴォス
容量:30g
価格:3,800円(税抜)【トライアルセット1,900円(税抜)】

5種の保湿成分ヒト型セラミドとその他保湿成分が配合されています。

肌のうるおいを逃がさないよう、クリームに含まれる油分が水分にフタをするような感触の保湿クリームです。

肌にしっとりとなじみ、柔らかく保ちながら乾燥から肌を守ります。
ETVOS モイスチャライジングクリーム

2-2.エイジングケア*を重視!保湿クリーム

ボディクリーム プチプラ年を重ねるごとに気になるであろうエイジングケアに、肌らぶ編集部からおすすめしたいクリームをご紹介します。

今回は、以下の3点に着目して保湿クリームを選びました。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

【チェックポイント】
・保湿成分として「ヒト型セラミド」が配合されている
・エイジングケアに着目した製品作りをしている
・トライアルセットがある

B.K.AGE コラージュBKクリーム(医薬部外品)

B.K.AGE コラージュBKクリーム販売会社:持田ヘルスケア株式会社
容量:30g
価格:3,315円(税抜)【トライアルセット953円(税抜)】

独自の皮膚科学研究・技術をもとに開発した薬用保湿化粧品シリーズです。

保湿成分として3種のセラミドを配合、乾燥が気になりがちな肌をうるおし、ツヤを与えます。

さらに保湿成分コラーゲンとヒアルロン酸配合、うるおいを角質層まで届け、すこやかに整えます。
B.K.AGE コラージュBKクリーム

フラセラ アンフェイディング ゲルクリーム

フラセラ アンフェイディング ゲルクリーム販売会社:Dr.わかば株式会社
容量:30g
価格:16,000円(税抜)【トライアルセット1,800円(税抜)】

さらっとした軽いテクスチャーながら、肌をみずみずしくうるおすクリームです。

保湿成分「セラミド1・3・6Ⅱ」「スクワラン」「レシチン」配合で、肌を柔らげ整えます。

若々しい印象に繋がるしっとりツヤ肌へ導きます。
フラセラ アンフェイディング ゲルクリーム

2-3.美白のお手入れを重視!美白クリーム

保湿もしつつ、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすも防ぎたいと思う方に、肌らぶ編集部からおすすめしたい美白*クリームをご紹介します。

今回は、以下の3点に着目して保湿クリームを選びました。

【チェックポイント】
・保湿成分が配合されている
・美白有効成分が配合されている
・トライアルセットがある

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

HAKU メラノクール ホワイトソリッド(医薬部外品)

HAKU メラノクール ホワイトソリッド販売会社:資生堂ジャパン株式会社
容量:45g
価格:10,000円(税抜)【トライアルサイズ2,300円(税抜)】

乾燥を防ぎながら、うるおいある肌へ整える薬用美白*保湿クリームです。

ひんやりとしたクールな感触で、肌をうるおしながら、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。
冷蔵庫で冷やしてからの使用、ソリッド状のテクスチャーなど、ユニークな発想が光るアイテムです。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
HAKU メラノクール ホワイトソリッド

アスタリフト ホワイトクリーム(医薬部外品)

アスタリフト ホワイトクリーム【医薬部外品】販売会社:株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
容量:30g
価格:5,000円(税抜)【トライアルセット1,000円(税抜)】

ベタつきにくく軽やかなテクスチャーながらも、水分と油分を補い保ち、美白*のお手入れも同時に行える美白*クリームです。

独自保湿成分「ナノAMA」などを配合、肌をうるおしながら、ツヤ感のある肌へ整えます。

ダマスクローズの甘く上品な香りが、スキンケアタイムを彩ります。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
アスタリフト ホワイトクリーム【医薬部外品】

サエル ホワイトニングクリームクリアリスト(医薬部外品)

サエル ホワイトニングクリームクリアリスト【医薬部外品】販売会社:株式会社decencia
容量:30g
価格:5,000円(税抜)【トライアルセット1,371円(税抜)】

肌のうるおいを保持しながら、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ薬用美白*クリームです。さっぱりとした使用感で、クリームのベタつきに抵抗感がある方にもおすすめです。

肌をみずみずしくうるおし、すこやかでキメの整った肌へと導きます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
サエル ホワイトニングクリームクリアリスト【医薬部外品】

3.クリームを選ぶ2つのポイント

クリーム ランキング

3-1.まずは保湿成分を選ぶ

クリームを選ぶ際、まずは「保湿成分」がしっかりと配合されているかを確認しましょう。

保湿成分には水(化粧水)と相性の良い「水溶性の保湿成分」と油(美容液やクリーム)と相性の良い「油溶性の保湿成分」が存在しますが、クリームを選ぶ際は、美容液やクリームとの相性がよい油溶性の保湿成分を重視しましょう。

保湿 クリーム以下に主な保湿成分を記載します。
これらを参考にしながら、公式ホームページまたは商品パッケージに記載されている全成分表示を確認してみてください。

■肌をうるおす主な保湿成分
ヒト型セラミド
スフィンゴ脂質
ポリクオタニウム-51(リピジュア®と記載されることもある)
リン脂質
スクワラン
ワセリン
コラーゲン
ヒアルロン酸
天然保湿因子 等

3-2.目的に合わせた成分を選ぶ

クリームの基本は保湿ですが、+αで取り入れるべきは、肌の状態や目的に合わせた成分です。

エイジングケア*や美白**等、自身のお手入れの目的に合わせた成分が配合されたものを選びましょう。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ
**メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

①エイジングケアに着目した配合成分

亜麻仁油 効果年齢による肌の変化が気になり始めたら、エイジングケア*に着目して成分を配合しているクリームを探してみましょう。

■エイジングケアに着目して配合される保湿・整肌成分例
レチノール
ビタミンC誘導体
ナイアシン 等

*年齢に応じたうるおいのお手入れ

「レチノール・ビタミンC誘導体」は、肌に合わない方もいます。使用する前は必ずパッチテストを行うことをおすすめします。

②美白に着目した配合成分

クリーム ランキング美白*のお手入れのための保湿クリームを選ぶ際のポイントは、【美白有効成分が配合されているものを選ぶこと】です。
公式ホームページまたは商品パッケージに記載されている全成分表示できちんと配合成分を確認するようにしましょう。

主な美白有効成分は、次の通りです。

■美白に着目して配合される成分例
カモミラET
トラネキサム酸
アルブチン
エラグ酸
ルシノール
コウジ酸
プラセンタエキス
リノール酸/ビタミンC誘導体/4MSK/マグノリグナン など

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

4.まとめ

乾燥肌 クリームクリームは、乾燥しやすい方や、年齢を重ねて水分・油分ともに不足しがちな方のお手入れには欠かせない存在ではないでしょうか。

基本的な役割は、肌のうるおいを逃さないよう、表面に油分の膜を張る保湿アイテムですが、自分に必要な成分が配合されたものを選ぶことが最も重要です。

自身の肌状態に合わせたクリームを選び、効率よくセルフケアを行っていきましょう。