クレジットカードの王様プラチナカード。特別感を満喫する手段とは

クレジットカード プラチナ
あこがれのプラチナカード。庶民の手には届かないイメージを持っている人も多いかと思います。ですが、カードサービスが多様化し、お金持ちが減少傾向にある日本においては、身近な存在になっています。うまく手に入れ、サービスを利用していきましょう。

プラチナカードはこんなカード

優待サービスがたくさんある

プラチナカードというとすごいお金持ちが持つイメージがあり、庶民には手が出ない。そんな印象を持っている人も多いかもしれません。ですが、カード会社が増え、サービスが多様化した現在、プラチナカードは、以前ほど遠い存在ではありません。持っている人も増えていますし、ごく普通の会社員でも手にすることができるようになってきています。

プラチナカードを持ちことによる特典、優待サービスは多様で、メリットの多いものです。もし、手に入れることができるのなら、1枚持っていてもよいかもしれませんね。受けられる優待サービスも、身近で受けやすいものも増えています。内容によっては、非常にお得なものもありますので、自分に合ったプラチナカードを手に入れたいところです。

年会費は会社によってさまざま

プラチナカードの年会費は、各カード会社によってさまざまです。年会費があまりかからない会社もあり、その代わり別の条件が付けられているケースもあります。たとえば、年間で使用する金額が一定以上であることなどが条件になるでしょう。年間で使用した金額が一定額を超えることで、年会費が下がるケースもあるようです。

また、年会費が10万円以上する会社もあり、その分サービスが充実していることが多いです。年会費を払ってでも、充実したサービスを受けたいと考えるかによって、選ぶカードが変わってくるでしょう。

年会費が高いものの方がサービスがよいとも限らないため、プラチナカードに求めるものをよく考えて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

取得は難しいがその分特別サービスが受けやすい

プラチナカードの取得には、条件が多く、通常のカードに比べるとはるかに、取得が難しくなっています。その分特別なサービスが受けられるようになっていることから、満足感が高く、人気の理由となっています。

プラチナカードは、カード会社からの招待状がなければ作れないといった、従来のイメージ通りのものもありますが、近年は、自分から申し込み可能なものも出てきています。こういったものは、申し込みをし、審査に通ることで取得可能ですので、比較的ハードルが低いと言えるでしょう。

こういったプラチナカードであっても、プレミアムなサービスが受けられるので、自分に合っているのであれば、年会費以上の価値を感じることもできるでしょう。

海外でも使用可能

プラチナカードは、基本的に海外でも使用が可能です。もちろん通常のカードであっても、海外での使用ができるものは多くありますが、プラチナカードの方が、使用可能な幅が広がることが多いでしょう。また、海外で利用できるサービスも充実しており、むしろ海外旅行に特化したサービス内容となっているものもあります。

海外によくいく場合は、カードは必須となりますので、プラチナカードを1枚持っていることで、過ごしやすくなることもあるでしょう。

海外では、日本以上にカード文化であるところは多く、カードを持っていないとホテルなどの宿泊が難しいケースもあります。カードが信用のあかしとして扱われる傾向は、日本よりも強く、よいカードを持っているとメリットが多いでしょう。このことから、海外への投稿が多い人ほど、プラチナカードを持っていると有利になりやすいです。

旅行が好きな方には特におすすめ

プラチナカードは旅行が好きな方にはとくにおすすめできます。ホテルの宿泊を優待価格で行えるサービスは多くのプラチナカードについていますので、旅行の際には利用すると得でしょう。

また、レストラン予約をしてもらえるコンシェルジュサービスをつけている場合も多いので、年会費が高い分、利用価値の高いものとなっています。旅行時のトラブルに対応できるような保険がついているものも多く、旅行に強い面も、プラチナカードの良さです。

この他にも、旅行に関する優待サービスは多く、旅好きの方には有利な内容が多く用意されています。マイルを貯めたい方にも、おすすめな条件が多いです。

プラチナカードを入手するには

インビテーションがあるものと無いものがある

プラチナカードを入手したいと思ったときにひとつのハードルとして考えるのが、インビテーションですね。インビテーションは、カード会社からの招待状のようなものです。カード会社から見て、信用が高く、カード使用額などが高い人に対して、プラチナカード入会への招待状をおくる制度があります。この制度がインビテーションで、以前はこれがないとプラチナカードに入会することはできませんでした。それゆえに、特別視されてきたのです。

ですが最近は、自分で申し込むことで入手可能なプラチナカードも増えています。プラチナカードが欲しいとなったら、インビテーションを待たずに自分から申し込み可能になったということです。プラチナカード所有の幅が広がってきたことは、身近になったということで、うれしくもありますが、その分特別感も薄れてきていると言えるでしょう。

インビテーションのあるものの方が必ずしもサービスがよいというわけではありません。こだわらずに、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

年齢制限がある場合もある

プラチナカードには、年齢制限がある場合もあります。あまりにも若い、または高齢であると、カードを作ることができない場合もあるのです。こういった条件がある場合は、公式ページにかかれていることが多いので、自分で申し込みをする場合は、確認してからにするようにしましょう。

招待制のプラチナカードで、すでに招待がきている場合は、年齢の問題はクリアしているということですので、気にしなくてよいでしょう。

年収300~400万から作成できるカードもある

プラチナカードの審査は、厳しい印象がありますが、想定しているよりも低い年収でも作成できるカードもあります。かつてはインビテーションが来ないと作成できないものがほとんどであったプラチナカードが、自分で申し込みが可能になっていることからも、ハードルが下がっていることがわかります。

ネット申し込みが可能で、キャンペーンを行っているものもあります。こういったものの方が審査基準が低くなっていることが多いです。興味があれば、申し込みまたは、調べてみるとよいでしょう。プラチナカード取得のハードルは、少しづつ下がってきています。

ゴールドカードとの違いは?

使用限度額が高い

ゴールドカードとプラチナカードの違いはややあいまいになってきてはいますが、総じてプラチナカードの方が使用限度額が高い傾向にあります。または、一定以上の使用額が求められているものもあるでしょう。

同じカード会社でゴールドカードとプラチナカードの両方を用意している場合は、プラチナカードの方が上位のカードとされていて、限度額も高いものとなっているでしょう。会社が違う場合は、必ずしもプラチナカードの方が、限度額が高いとは限りません。

保険や補償サービスが充実

プラチナカードの利点は、保険や補償サービスが充実していることにあります。買い物をした際に保険がきくことは多く、購入したものを返品する際の補償が受けられるカードもあります。

また、旅先や日常生活でのもしもの場面での補償も多く、事故に合った際の保険や弁護士費用を持ってくれるなどといった充実のサービスを受けることができます。プラチナカードを持つことによって、各種保険の代わりにすることもできます。

とくに、旅行に行った際の補償は充実していることが多く、旅行に頻繁に行く人や、海外旅行が好きな人には、うれしいサービスが多いでしょう。

ゴールドカードにはない独自のサービスが受けられる

ゴールドカードにはない独自のサービスが受けられる点も、プラチナカードの大きなメリットです。プラチナカードの中でも、コンシェルジェサービスは、旅行やレストランの際に、秘書的に利用できることから、非常に便利です。

カード会社によって異なりますが、かなり多くのことをカバーしてくれるコンシェルジュもあり、利用価値の高いものとなっています。

自分で調べる時間が短縮でき、忙しい人には大変ありがたいサービスとなっています。また、レストランなどの優待も多く、質の高いサービスを求める人はプラチナカードのサービスを好む傾向があります。

審査基準が比較的厳しめ

ゴールドカードや、その他の通常のカードと比べ、審査基準が比較的厳しいこともプラチナカードの特徴です。審査基準が厳しいことから、取得した際には、プレミアムなサービスを受けることができ、特別感も強いでしょう。

収入だけでなく、これまでの信用などが必要になる場合もあり、そもそも招待がない場合は、申し込みができないカードもあります。こういった部分が特別感につながり、取得したい理由のひとつともなっています。

厳しい審査に通れるように、最低限支払いの遅延などは起こさないようにしておきましょう。信用は、まず絶対に必要なものです。

受けられるサービスはどんなものがあるか

秘書のような「コンシェルジュサービス」

プラチナカードのサービスの目玉のひとつが「コンシェルジュサービス」です。「コンシェルジュサービス」は、簡単に言えば、日常生活に秘書がついてくれるようなものでしょう。お願いできることは、旅行やレストランのリサーチや予約といった、レジャーに関わる部分です。

レジャーの調べ物をすでに情報をたくさん持っている「コンシェルジュサービス」に頼むことで、質の良い施設を見つけてもらうことなどが可能になります。また、予約など、忙しい時には難しいこともまとめて頼めるので、日常生活に時間的余裕がない時は、大変便利なサービスです。百貨店の外商を利用しているようなぜいたく感が、プラチナカードにはあるのです。

空港でひといきできる「ラウンジサービス」

空港などで、特別なラウンジを利用できるプライオリティパスは、プラチナカードの代表的なサービスのひとつです。空港は、待ち時間が長いこともあり、その時間を少しでも快適に過ごしたいと考えることもありますよね。

とくに、海外旅行のような、時間に余裕を持って行動するときには、「ラウンジサービス」はありがたいものです。ラウンジでは、ひと息つけるような、飲み物などのサービスがあり、空港での待ち時間をゆったりと過ごすことができます。

レストランやホテルの招待や優待サービス

多くのプラチナカードにあるサービスが、レストランやホテルの招待や優待サービスです。価格の何割かが割引になることもありますし、年に1度、所定のレストランのコース料理1名分無料などといったサービスを受けることができるものもあります。

カードのよっては、かなりの優待価格になることもあり、年会費以上の価値がある場合もあるでしょう。宿泊施設での優待も多く、旅行好きな人には人気のサービスとなっています。

万が一に役立つ「旅行保険サービス」

プラチナカードの多くには「旅行保険サービス」がついています。国内旅行保険、海外旅行保険、航空遅延保険などが、プラチナカードを持つことでついてきますので、旅行に行くたびに保険に加入しなくてもすみます。

また、補償の内容も充実していることが多く。トラブルが起きたときの弁護士費用を負担するサービスなどもあります。これらのサービスは、頻繁に旅行をする人にとっては非常にありがたく、年会費以上の価値があることも多いでしょう。

購入品の破損などを保証する「ショッピング保険サービス」

買ったものの破損などを保証する「ショッピング保険サービス」は、高額な買い物をすることが多い人にとっては、非常にうれしいサービスです。高額な買い物をして、万が一破損していたり、購入後の破損してしまったりした場合に、補償をしてくれるサービスとなります。

プラチナカードによっては、購入店舗が返金に応じない場合に、カード会社が代金を保証してくれるサービスを持っているところもあり、安心して買い物ができる仕組みとなっています。カードを使用する際のトラブルを補償することもあり、とても嬉しいサービスです。

一般よりお得な「ポイントサービス優待」

一般よりお得な「ポイントサービス優待」も、プラチナカードの特徴のひとつです。カードの還元率が非常に高く、使用金額によっては、年会費以上の還元ポイントがある場合もあるでしょう。

マイルがたまりやすくなっているものも多いです。マイルは、飛行機を使用することが多いひとにとっては、非常にうれしいものですので、こういった点も、プラチナカードの人気の理由となっています。

プラチナカードは旅行に有利なサービスが多いため、旅行好きの人に好まれることが多いです。マイルがたまりやすくなる点も、旅行好きの人にとっては嬉しいメリットですので、コンシェルジュサービスと合わせてうまく利用するなどするとよいでしょう。

旅行好きにうれしい「飛行機無料アップグレード」

プラチナカードの旅行時にお得なサービスのひとつとして、旅行好きにうれしい「飛行機無料アップグレード」サービスがあります。プラチナカードを持っていれば、飛行機の座席を無料でワンランクアップグレードできるサービスで、快適な空の旅を送りたい時には非常にうれしいサービスです。

エコノミー症候群になる心配が少ない、広い座席で旅行や出張にいけるのは、飛行機に乗る機会が多い人にとっては非常に大きなメリットと言えるでしょう。出張で頻繁に飛行機に乗る場合にも、利用したいですね。

手ぶらで帰れる「手荷物無料宅配サービス」

手ぶらで帰れる「手荷物無料宅配サービス」は、旅行時の負担を軽減してくれるサービスとして、プラチナカード取得の大きなメリットのひとつです。プラチナカードには多くの旅行にうれしいサービスがついています。

手ぶらで帰れる「手荷物無料宅配サービス」は、お土産などを購入して、自宅まで持って帰る際の負担を大きく減らしてくれます。気兼ねなく買い物ができる点などは、非常のありがたいサービスと言えるでしょう。

手荷物のことを考えずにいられるので、出張などで、次の場所に行かなくてはいけない時にも、うまく利用しましょう。

困ったときの「医療相談サービス」

困った時の「医療相談サービス」は、プラチナカード利用者が、体調不良などを相談できるサービスです。医療機関にかかる前に、相談ができることで、適切な医療を受けやすくなるなどのメリットがあります。

具体的な体調不良ではなく、漠然とした不安を抱えているときなどにも、利用できますので、安心感のあるサービスと言えるでしょう。カウンセリング的なサービスを行っているところもあり、多様化しています。

こういった、サービスによる安心感を得られることが、プラチナカードを持つメリットのひとつです。また、多くのサービスに個別に加入しなくても、プラチナカードのサービスで補てんできる点も、メリットと言えますね。

コンシェルジュサービスを上手く活用しよう

満室のホテルでも予約が取れることも

プラチナカードを取得したら、コンシェルジュサービスをうまく活用しましょう。コンシェルジュとは、日常生活に秘書がつくようなもので、利用することで、ホテルやレストランの予約などを行ってくれることもあります。

また、疑問にも丁寧に回答してもらえますし、特別なサービスをつけてくれることもあるのです。たとえば、通常の予約方法では満室で予約が取れないホテルでも予約が取れることもあります。これは、カード会社が特別なルートや枠を持っていることがあり、こういったサービスも、プラチナカード取得の大きなメリットと言えます。

プラチナカード取得のメリットは、なんといっても特別扱いされることです。コンシェルジュサービスをうまく利用して、特別なサービスを堪能しましょう。

行きたいお店や欲しい物の在庫確認などの調査をしてくれる

コンシェルジュサービスを利用することで、行きたいお店や欲しい物の在庫確認などの調査をしてくれることもあります。先回りして調べてもらえることで、効率的に動くことができますので、ぜひ、利用したいサービスです。

うまく利用することで、入手が難しいものを手に入れることもできますし、自分で調べる時間を短縮することもできます。とりおきなどのサービスが利用できることもあるのです。

こういったサービスは、カード会社にとっても、カード使用の機会をつくるきっかけになりますので、非常に丁寧に対応してもらえるでしょう。コンシェルジェサービスは、自分の秘書だと思って、うまく利用しましょう。

365日24時間受付してくれることも

プラチナカードのコンシェルジェサービスの中には、365日24時間受付してくれるものもあります。これは非常に便利で、仕事で遅くに帰ってきたときや、祝日でも対応してもらえます。いつでもよいということも、大きなメリットですね。

忙しい人にとって、このようなサービスがあることは、非常に大きなメリットです。年会費が高くても、日常生活をよりよいものにするためのサービスとして、手に入れたいと思うことでしょう。プラチナカードは、もともと富裕層向けのサービスですので、こういった至れり尽くせりの執事的なサービスも充実しているのです。

ネット通販やインターネット検索などが充実した時代にはなっていますが、こういった人によるサービスは、相変わらずうれしいものです。

旅行のパックやツアーを組んでくれる

旅行のパックやツアーを組んで、すべてスケジューリングしてくれるのも、コンシェルジュサービスのうれしいところです。旅行にはいきたいけれど、計画を立てるのは苦手、または細かな計画を立てている時間がないといった場合には、うまくコンシェルジュサービスを利用して、旅行を気軽に楽しいものにしていきましょう。

コンシェルジュに希望を伝えることで、旅行の予定をうまく組んでくれ、ホテルなどの予約も行ってくれます。さらに、プラチナカードの特典で、旅行自体も割引がきくこともあり、プラチナカードを持つことで、旅行に行きやすくなるでしょう。

毎年旅行に行く人などは、こういったサービスをうまく利用することで、負担を減らし、楽しみに使う時間を増やすことができるでしょう。

プレゼントの手配もしてくれる

コンシェルジュサービスはプレゼントの手配をしてくれることもあります。多数の人に、贈り物をする際など、自分ですべての手配をすることは非常にたいへんです。こういったときには、コンシェルジュサービスをうまく利用するとよいでしょう。

複数の人に、条件に合ったプレゼントを贈る、または定期的に贈り物をする必要があるなど、希望を伝えておくことで、コンシェルジュが適切な手配をしてくれます。とにかく、お付き合いの多い人には、非常にありがたいサービスですね。お歳暮やイベントごとの贈り物にも利用できるでしょう。

各社のプラチナカードの紹介

楽天プレミアムカード

年会費1万円と、プラチナカードの中ではハードルの低い価格となっています。通常の楽天カードと同様に、カードを使用することによって楽天ポイントが還元されます。ですが、楽天ポイント還元率が通常の楽天カードよりもよく、楽天市場での買い物であれば、送料分のポイントが還元されるなど、得になっています。

楽天市場での買い物が多い人にむいているカードと言えるでしょう。さらに、海外空港でのラウンジサービス、プライオリティパスがついているなど、プラチナカードらしい、プレミアムなカードとしての側面も持っています。

エポスプラチナカード

丸井カードのプラチナカードがエポスプラチナカードです。基本的には招待制でありながら、年会費2万円と比較的低めの年会費で、手が届きやすい感覚はあります。国内の所定のレストランで使えるグルメクーポンは、2名以上で利用することで1名分無料になるお得なクーポンです。エポスプラチナカードは、自分で申し込むこともでき、その場合は年会費が3万円になります。自分で申し込める点も、招待を待たずに取得可能なので、うれしい点です。

オリコカードザ・プラチナ

オリコカードザ・プラチナは年会費2万円でありながら、ポイント還元率が1パーセント以上と非常に高く、誕生日月はポイントが2倍になります。クラブオフ、ラウンジキー、レストランが1名無料になるダイニングBY招待日和などのサービスが充実しており、プレミアム感のある内容となっています。オンライン申し込みが可能ですので、取得しやすさも魅力のひとつです。プラチナカードの中では、ハードルの低いもので、身近な存在と言えるでしょう。

MUFGプラチナアメックスカード

MUFGプラチナアメックスカードは年会費2万円のプラチナカードです。グルメセレクション、スーペリアエキスペリエンス、家族カード1人目無料など、多彩で充実したサービスがあります。コンシェルジュサービスがついているところも、プラチナカードならではのサービスで、うれしいメリットです。旅行やレストラン利用が多い人には使いやすくメリットの多いカードでしょう。

セゾンアメックスプラチナ

セゾンアメックスプラチナは『ビジネスオーナーのために特別に設計されたカード』というキャッチフレーズで、年会費2万円です。ショッピングマイルプラン、オントレというショッピングやレストラン、ホテルで使える特別な優待サービスがあります。パーティー招待などの特典もあり、充実したサービス内容です。ゴルフのプレミアムサービスもあり、ビジネスオーナー向きのサービスも充実しています。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード年会費2万2000円のプラチナカードですが、ウェブ入会限定で初年度年会費無料キャンペーンを行っていることもあります。マイル無期限、手荷物無料宅配、ごひいき予約など、旅行が好きな人にはお得なサービスが充実しています。他にもグルメや生活のシーンで利用できる優待サービスもあり、うまく使うことで年会費以上の優待を受けることも可能です。

JALアメックスプラチナ

JALアメックスプラチナは年会費3万1000円のプラチナカードです。通常のカードに比べ、マイル高還元となっており、グルメセレクション、ショッピングマイルプレミアムなどのサービスも充実しています。マイルが貯めやすいのが特徴のひとつとなっていますので、定期的に旅行などで飛行機の乗る人には非常にお得なカードとなっています。旅行時のカード付帯保険も嬉しいサービスです。保険がついていることで、旅行への安心感が高まります。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカードは年会費3万5000円かかりますが、有効期限のないポイントプログラムがあり、ポイントも高還元率となっています。ダイニングセレクションで充実したディナーが楽しめるなどの特典もあり、サービスが充実したプラチナカードです。貯まったポイント豊富なサービスやアイテムに交換できるため、年会費以上の価値があるかもしれません。

スカイトラベラー・プレミアカード

スカイトラベラー・プレミアカードは年会費3万7800円のプラチナカードです。マイル付与率5%と非常に高い還元率で、空の旅を頻繁に行う人にとっては、年会費以上の還元が見込めるかもしれません。また、オーバーシーズアシストといった緊急時に支援を受けられるサービスもあり、旅先でのもしもの事態に備えることができます。さらに、プロテクションの充実も嬉しい点で、買い物などの際の不安を減らすことができます。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードは三井住友VISAカードのプラチナカードです。年会費5万円と、やや高額ですが、銀行ブランドということで、信頼性の高さも魅力です。グルメクーポン、USJ優待などの、楽しめる特典もついています。コンシェルジェサービスも充実しており、旅の予約などを任せることもできますので、上質のプランニングを求める人にむいているカードです。

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスは、招待制のプラチナカードです。年会費5万円、グルメベネフィットという、年1回レストランを利用でき、1名無料になるというサービスがあり、コンシェルジェサービスも充実しています。保険の保証が厚いこともメリットのひとつです。ザ・クラス メンバーズ・セレクションという、年1回利用できる上質なサービスもあり、好きな商品を選んで楽しむことができます。

ラグジュアリーカード(チタン)

ラグジュアリーカード(チタン)は年会費5万円のプラチナカードです。マスターカードですので、使用できるところが多いのもメリットのひとつです。ラグジュアリーダイニングといった、ダイニングのアップグレードなどが可能なサービスや空港のラウンジ無料サービスがあります。

また、金属カードであり、高級感と独特の質感が魅力の新生プラチナカードとしても人気です。持ち歩く際に、プラスチック製のカードとは違う質感があり、魅力のひとつと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは招待制で年会費13万円といった最高ランクのプラチナカードのひとつです。その分サービスは充実しており、とくにコンシェルジェサービスが充実していることで知られています。

ファインホテルアンドリゾートといった、リゾートなどの宿泊時に夕食代などが一部無料になるサービスや、航空券アップグレード、購入した電化製品保証、などといった旅のときに嬉しいサービスが充実していますので、非常に人気のあるカードです。

自分に合ったプラチナカードの選び方

系列カードの利用実績も重要

プラチナカードと言っても、各社から出ており、サービスも年会費も大きく違います。せっかく年会費を払うのですから、自分に合ったカードを選ぶようにしましょう。まずは、日ごろから使用しているカードの利用実績もみていきましょう。

日ごろよく使っているカードは、それだけ自分に合っているサービスエアる可能性が高いので、使いやすいものがどれか、使用頻度なども見直してみましょう。

また、招待制のカードの場合、そもそも、系列カードの利用実績がないと招待が来ないこともあります。目指すカードがあるのであれば、まずは系列カードの使用実績を積み重ねることから始めてみるとよいでしょう。招待にはある程度の実績と信頼が必要になる場合もあるのです。

何を重視するか検討する

カードを利用する際に重視する点が何かを検討しましょう。旅行や出張で飛行機に乗る機会が多いのであれば、そういったサービスに強いプラチナカードを選ぶとよいでしょう。ラウンジサービスや手荷物の宅配サービスなど、ありがたいサービスが充実したカードは、持っているとお得感があるでしょう。

また、特定の場所で買い物をする際の優待を受けたい場合は、ショッピング優待が充実しているカードを選ぶとよいでしょう。単純に、人気があるというだけでなく、自分の生活に必要なサービスがあるものを選んで、年会費以上の価値を享受できるようにしていきます。しっかりと検討することで、よいサービスを受けることができるようになるでしょう。

また、持ち歩くものでもあるので、見た目を重視して、質感やデザインの良いものを選択するのもひとつの方法です。プラチナカードは特別感が重要ですので、自分にとっての最優先事項を見極めましょう。

活用の仕方で年会費以上の特典が受けられる

プラチナカードを入手するなら、ただ持っているだけではもったいないです。プラチナカードは活用の仕方で、年会費以上の特典を得られることもあります。年会費が非常に高額なものもありますが、その分サービスがよくなっていますので、うまく活用するようにしましょう。

自分が受けやすいサービスが多いカードを選び、サービスや特典を頻繁に利用するようにしましょう。とくにコンシェルジュサービスは、機会があればぜひ、利用し、活用していくとよいでしょう。日常生活に秘書がつくという、ぜいたく感や特別感を堪能できます。

使えるサービスが少ないと、プラチナカードのメリットを感じにくいので、損をしないように、よく調べておきましょう。とくに、家族の有無や旅行の頻度などは、大きく影響してきます。

プラチナカードを賢く利用しよう

プラチナカードを賢く利用して、生活をさらに潤しましょう。プラチナカードは一部の富裕層しか持てない特別なもの、と思っていままで敬遠してきたとしたら、それはもったいないことです。

プラチナカードには、招待がなくても取得できるものも増えており、年収もそれほど高収入でなくとも、プラチナカードの審査に通ることもあるようになっています。希望するカードがあるのであれば、ためらわず申請をしてみてもよいでしょう。

うまくプラチナカードを活用して、なるべく多くのサービスを利用し、年会費以上の価値を享受できるとよいですね。自分に合ったサービスがあるものを見つけ、キャンペーンなどを実施している場合は、少しでも得になるように、取得しましょう。