2019年4月4日 更新

奥二重のアイラインの引き方&選び方のポイント!落ちるときの対策も

今回は、リキッドタイプとペンシル(ジェル)タイプ、どちらのアイライナーもセレクトしました。奥二重さんでも使えそうな特徴のあるものを選んでいますので、ぜひアイライナー選びの参考にしてみてください。

●関連記事
おすすめのリキッドアイライナー
おすすめのペンシルアイライナー

POLA ミュゼル ノクターナル アイライナーリキッド

tttttttt価格:3,000円(税抜)

くっきりとしたつややかなラインが描ける、筆ペンタイプのリキッドアイライナーです。皮脂・汗に強いウォータープルーフタイプでありながら、ぬるま湯で落とすことができます。ブラックとブラウンの2色展開。
詳細をチェック!

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー価格:950円(税抜)

極細で短めの筆が特徴的な、筆ペンタイプのリキッドアイライナーです。 落ちにくいウォータープルーフタイプで、くっきりとしたラインを引くことができます。ブラックとブラウンの2色展開。
詳細をチェック!

キワミフデ リキッドアイライナー

キワミフデ リキッドアイライナー価格:1,400円(税抜)

書道用の筆として有名な「奈良筆」を主に製造しているメーカー、あかしやの筆職人による筆先を採用したリキッドアイライナーです。描き心地を追求した筆先で、奥二重の方でもぶれずにラインが決まりそう。
詳細をチェック!

ラブ・ライナー リキッド

ラブライナーリキッド価格:1,600円(税抜)

汗や皮脂に強く、お湯でオフできるリキッドアイライナー。手ブレを防ぐために採用された、重量感のあるアルミボトルも特徴です。奥二重の方にはダークブラウンやグレージュブラウンがおすすめ。
詳細をチェック!

★レビューはこちら→《ラブ・ライナーリキッド》

ヴィセ リシェ カラーインパクトジェルライナー

ヴィセ リシェ カラーインパクトジェルライナー価格:950円(税抜)編集部調べ

ヴィセのジェルアイライナーは、とろけるようなタッチで描きやすさばつぐん!ツヤ感あふれる濃密美発色な仕上がりです。汗・水・皮脂で落ちにくいウォータープルーフタイプ。
詳細をチェック!

ヒロインメイク ロングステイ シャープジェルライナー

ヒロインメイク ロングステイ シャープジェルライナー価格:1,000円(税抜)

1.5mmの極細芯で、細かい部分にも思うままのアイラインが引けるジェルペンシル。奥二重の方には、黒よりもキツイ印象にならず、茶色よりもくっきりとした目元に仕上がる02 ダークブラウンがおすすめです。
詳細をチェック!

デジャヴュ ラスティンファインa(クリームペンシル)

デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル価格:1,200円(税抜)

0.65mmの極細芯と、とってもやわらかなテクスチャーで自由自在に描けるクリームペンシル。奥二重の方の日常使いに最適なダークブラウンのほか、ネイビーやカーキなどのカラーバリエーションもあります。
詳細をチェック!

ケイト レアフィットジェルペンシル

ケイト レアフィットジェルペンシル BK-1 ハイブラック価格:1,100円(税抜)編集部調べ

とろけるようなタッチでなめらかに描ける、ペンシルタイプのジェルアイライナー。奥二重の方でも扱いやすい1.5mmの極細芯です。ウォータープルーフ&スマッジプルーフなので、にじみにくいアイライナーをお探しの方にもおすすめ。
詳細をチェック!

5.奥二重のアイメイク|アイライン以外のポイント

最後に、アイラインの引き方とともにチェックしておきたい奥二重のアイメイクのポイントをご紹介します。ぜひ合わせて意識してみてくださいね。

◆アイシャドウで自然な抜け感を演出

奥二重 アイシャドウ 塗り方 5完成奥二重の方がアイシャドウを塗るときは、アイラインと同じく自然な抜け感を意識し、やりすぎに気をつけましょう。具体的なポイントは以下のとおりです。

【奥二重のアイシャドウのポイント】
・上まぶたのパールは入れ方注意
・万能カラーは薄いブラウン
・ミディアムカラーは目を開けたときに見える位置まで
・締め色の入れすぎに注意
・涙袋にハイライトをオン

関連記事でくわしく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

●関連記事
奥二重のアイシャドウの塗り方&選び方

◆マスカラはセパレートを意識

マスカラ 塗り方 ブラシ自然と大きな目元を演出するためには、まつげをきれいにセパレートさせることで目の縦幅を強調しましょう。
マスカラがダマになってしまうという方は、セパレートタイプのマスカラを選んだり、マスカラコームも活用してみてくださいね。

●関連記事
マスカラの上手な塗り方&使い方

6.まとめ

アイライナー 奥二重一見難しく感じる奥二重タイプのアイライン。あくまでも自然に、目の形を生かすことがポイントです!

今回ご紹介したようなコツを押さえれば、見た目がきれいなだけでなくにじみのない美しさをキープすることにもつながります。ぜひ参考にしていただき、奥二重が引き立つ印象的なアイラインを叶えましょう。

◆アイメイク 肌らぶ関連記事◆

目を大きく見せるメイク方法
マスカラの上手な塗り方&使い方
アイシャドウの上手な塗り方と選び方
アイラインの上手な引き方!

メイク初心者さん必見!基本のメイク方法

アイライナーの関連記事 新着一覧
コスメの全色レビュー記事特集
肌らぶレビュー記事 新着一覧

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!

⇒肌らぶ編集部員一覧を見る