2016年12月20日 更新

35歳以上なら必見!顔マッサージですっきり笑顔に!

顔 マッサージ

今まで何もしなくて、ぐっすり眠ればむくみもくすみもすっきり取れていたのに……。最近は顔が老けてきて、なんだか今までのメイクが似合わなくなったような……。
そんな方は、顔のマッサージを始めてみませんか?

高級な化粧品を使うだけでなく、毎晩自分の顔としっかりむきあって、自分の手でケアする時間を持つことは、美意識を高め、今の自分の状態を知るためにも大切なことです。

ここでは特に35歳以上でだんだん肌に自信が持てなくなってきた方におすすめの顔マッサージの方法と、マッサージ・クリームをご紹介します。

1.まずはここから、基本の顔マッサージ

顔のマッサージには、小顔マッサージ、リンパマッサージなど、いろいろな種類のメソッドがありますが、共通の基本ポイントがあります。そのポイントを押さえて、フェイスマッサージをはじめましょう。

1-1.顔マッサージの基本5ヶ条

マッサージの基本ポイントは次の5つです。

①力を入れすぎない
フェイスマッサージの力の入れ方は、顔の場所によって異なります。あごや首であれば痛気持ちいいくらいの強さでも大丈夫ですが、目の周りは非常に皮膚が薄いので、摩擦しないようにそっとやさしくマッサージします。

顔全体を同じ強さで、ぐいぐい押さないように気を付けましょう。

②長時間しない
マッサージ時間の目安はだいたい3~5分。そのかわり毎日続けることが大切です。過剰なマッサージは肌に負担を与えて、かえって逆効果になってしまいます。

③リンパの流れに逆らわない
顔の中心から外側へ、そしてフェイスラインはこめかみから首、鎖骨へと、顔にたまっているものを、押し流すような気持ちでマッサージします。

④マッサージに適したジェルやクリームを使う
クレンジング料や乳液は、最初は指のすべりが良くても、マッサージをしているうちに乾燥して、肌に摩擦が起きやすくなります。
マッサージには保湿できるクリームやジェルを使いましょう。

⑤ニキビ部分はマッサージしない
ニキビができている部分は避けてマッサージするようにしましょう。

1-2.基本の顔マッサージの方法

ここでは、どんな人にもおすすめの基本の顔マッサージをご紹介します。まずはここから始めてみてはいかがでしょう。

(1)洗顔後、フェイスマッサージクリームかジェルをさくらんぼ大、手のひらにとります。
マッサージクリーム

(2)クリームを額、顎、両頬、鼻、首の5か所にのせます。
顔マッサージ①

(3)手のひら全体で、フェイスラインから鎖骨に向かって、フェイスマッサージクリームをのばします。
顔マッサージ②

(4)クリームを顔の内側から外側に向かってのばします。指先だけでなく指全体を使って、初めは優しく、徐々に力を入れ、痛気持ちいいくらいの強さで顔の筋肉をほぐします。
顔マッサージ③

(5)額と目の周りは円を描くようにフェイスマッサージクリームをのばします。目の周りをマッサージするときは、眼球を押さないように注意しましょう。
顔マッサージ④

(6)あごから耳の前まで、円を描くように動かしながらマッサージします。最後に耳の前を3秒間軽く押さえます。
顔マッサージ⑤

(7)小鼻の横からこめかみまで手のひら全体で円を描くようにマッサージします。
最後にこめかみを3秒間軽く押さえます。
顔マッサージ⑥

(8)額の中央からこめかみまで手のひら全体で円を描くようにマッサージします最後にこめかみを3秒間軽く押さえます。
顔マッサージ⑦

(9)中指を使って目の下を、目頭から目じりへと指をすべらせます。このとき力を入れすぎないようにしましょう。
顔マッサージ⑧

(10)次に眉を眉間からこめかみに向かってなぞり、最後にこめかみを3秒間押します。
眉毛にそって、眉毛の下の筋肉をほぐすようにします。この筋肉は意外にこっている人が多いのですが、ここがこっていると表情が険しくなってしまいます。よくほぐしましょう。
顔マッサージ⑨

(11)手で口を覆うように、口角を上に向かって3秒間押し上げるように押さえます。
顔マッサージ⑩

(12)小鼻の横から指の腹を耳の前まで、引き上げるようにすべらせ、耳の前で3秒間押さえます。
顔マッサージ⑪

(13)手のひらで鼻を覆うように小鼻の横を3秒間押さえます。そのまま手のひらをこめかみまで引き上げるようにすべらせて、こめかみを3秒押さえます。そのまま、あごを上げ首筋をのばし、手を鎖骨まですべり下ろします。
顔マッサージ⑫

(14)手のひらで額を引き上げるようにすべらせ、こめかみを3秒押さえます。あごを上げ、首筋をのばし、こめかみから鎖骨へと首筋に手のひらをすべり下ろします。
顔マッサージ⑬

(15)顔のポイントを、次の順番にゆっくりと指の腹で押さえます。
・口角
・耳の前
・小鼻の横
・こめかみ
・眉頭
・額
・髪の生え際(引き上げるように)
・こめかみ
顔マッサージ⑭

(16)両手のひらで顔全体を覆い、髪の生え際を引き上げるように、3秒間押さえます。
顔マッサージ⑮

(17)マッサージ後は、肌に残ったフェイスマッサージクリームが肌になじんでから、通常のスキンケアを行います。クリームのべたつきが気になる場合は、ローションを含ませたコットンで軽くふき取るか、ぬるま湯で洗い流します。

コールドクリームでマッサージを行った場合は、しっかりオフしましょう。
顔マッサージ⑯

2.マッサージクリームの選び方

ここでは、「いよいよ私もフェイスマッサージ」という、35歳以上でフェイスマッサージ初心者の方に、おすすめのマッサージクリームをご紹介したいと思います。

指のすべりをよくし、マッサージ中に肌が乾燥するのを防ぐことだけを目的とするなら、1000円以下で購入できるコールドクリームでもフェイスマッサージはできます。

そこで、マッサージの後、そのまま塗っておくだけで、ナイトパックにもなる美容成分たっぷりのマッサージクリームをここではご紹介したいと思います。

【医薬部外品】オールインワン ホワイトニングリフトケアジェル
朝の洗顔後に使うのにおすすめのマッサージジェルです。マッサージ、パック、化粧水、乳液、クリーム、アイクリーム、美容液、保湿、美白、化粧下地と、これ1本で10役のオールインワンジェルです。
マッサージで肌にうるおいとハリを与えてくれます。
オールインワンジェル


販売元:メビウス製薬

■B.Aマッサージクリーム
こっくりとした質感のクリームが、肌の上でとろけるようによく馴染みます。

手にとったときはクリームとしては少し固めに感じるかもしれませんが、マッサージでは指先が滑りすぎず、肌の状態を確かめながら行うのにはぴったりです。

フローラルウッディの香りで、アルニカエキス、マジョラムエキス、クジンエキスクリアが配合され、肌のハリ感をサポートします。

また、ポーラオリジナル保湿成分EGクリアエキスやYACエキスが配合されていて、ハリ・弾力感のある明るい肌を目指します。
brilliage


販売元:株式会社ポーラ

夜、メイクをオフし、洗顔した後に使います。マッサージの後、クリームが十分になじんだら、いつものスキンケアをその上からしてください。

マッサージした後のクリームは塗ったままでも大丈夫です。べたつきが気になる場合は洗い流してください。

■RED B.Aマッサージクリーム
濃厚なクリームなのに、とてもなめらかで、まだマッサージに慣れていない人には、B.Aマッサージクリームよりも、こちらの方がマッサージしやすく感じるかもしれません。マッサージで顔のコリをときほぐし、うるおい満たしてくれるクリームです。
POLAREDBAマッサージ


販売元:株式会社ポーラ
フルーティフローラル調の香りで、リラックスできます。

■エスティナ アルヴィータ ヴァイタライジングマッサージ
RED B.Aよりも、さらに使い心地の軽いマッサージクリームです。肌の上でよく伸び、なめらかな質感を楽しみながらマッサージをすることができます。

保湿成分であるバシャンベエキス、ヤナギランエキス、ポンカン果実エキスを配合しています。

マッサージしている間も、肌がしっとりとうるおいます。
エスティナアルヴィータ


販売元:株式会社ポーラ

3.プロの手わざを体験!

フェイスマッサージを始めて、美意識が高まってくると、今までなんとなく受けていたエステの施術にも興味がわくようになります。
プロの手わざを体験して、セルフマッサージに生かしてみてはいかがでしょう。

■エルセーヌ 小顔ハリ美肌コース
フェイスラインのリフトアップ、顔から首、デコルテまでコリをほぐして、顔全体をすっきり引き締めてくれるエステコースを体験価格で受けられます。
エルセーヌ

4.まとめ

スキンケアの化粧品はそろっていて、ちゃんと順番通りに毎日使っているのに、今までのように、ひと晩眠っても肌の調子が回復しない。
くすみやむくみが、なかなか良くなりにくい……。
30代半ばになると、それまでになかった肌の悩みが出てきます。

そんなときこそ、フェイスマッサージを始めてみてはいかがでしょう。1日1回、5分ほどのマッサージで、「あれ、まだいけるかな」と思えるかもしれませんよ。
この記事は2016年2月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。