2017年10月11日 更新
【PR】

これで対策!顔の肌荒れを予防する3つの方法と原因

顔 肌荒れ

「顔の肌荒れがいつも気になる」「ちゃんとスキンケアをしているはずなのに、顔が肌荒れしてしまう」「顔の肌荒れを対策するにはどうすればいいか分からない」と悩んでいませんか?

1年を通して起こりやすい顔の肌荒れは、主に6つの状態に分けられると考えられています。

今回は、顔の肌荒れの6つの状態に合わせた対策方法や、肌荒れの原因などを詳しくご紹介していきます。

また、対策方法の中では、肌らぶ編集部おすすめのスキンケア化粧品もご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!




1.顔の肌荒れとは

shutterstock_422284729
顔の肌荒れとは、一般的に「肌が不健康な状態」をさし、主に6つの状態に分けられています。

「肌がカサカサする」
「赤くなる」
「かゆみが出る(湿疹)」
「ニキビができる」
「くすみ」
「毛穴が開く」

ここでは、顔の肌荒れの代表的な6つの状態について、詳しく説明します。

顔の肌荒れ①肌がカサカサする

乾燥 肌 洗顔フォーム⑥肌が乾燥することで起こるとされる、顔の肌荒れの1つです。

紫外線や外からの影響を受けて、肌が持っている肌を守る働きが弱まると、肌の水分が失われやすくなって乾燥し、肌がカサカサすると言われています。

顔の肌荒れ②赤くなる

顔 肌荒れ肌が薄くなることで毛細血管が浮き出て見えたり、体の免疫が弱まることなどで吹き出物やニキビができて赤みを帯び、顔が全体的に赤く見えることがあります。

顔の肌荒れ③かゆみが出る(湿疹)

季節の変わり目 肌荒れ湿疹やかぶれにより、かゆみが出てくることもあります。

これらは、なんらかのアレルギーや肌に合わないスキンケア化粧品などが主な原因で出てくることもあるようです。

顔の肌荒れ④ニキビができる

ニキビ 吹き出物 違いストレスや体調不良、生活習慣、月経前症候群(PMS)によるホルモンバランスの乱れなどで皮脂量が過剰になり、古い角質と合わさって毛穴に詰まることで、ニキビを誘発することがあると言われています。

また、前髪に付いているヘアスプレーやヘアワックスなどが顔につき、それらが肌への負担となって、額にニキビができる原因となることもあります。

顔の肌荒れ⑤くすみ

アラフォー スキンケアくすみとは、一般的に、肌がごわついてツヤがなく、なんとなく肌が暗く見えるような状態を指します。

血行が悪くなると、乾燥や毛穴の汚れを引き起こして、肌の明るさやツヤ・透明感が減ることで、肌がくすんで見えると考えられています。

顔の肌荒れ⑥毛穴の開き・黒ずみ

黒ニキビ 芯余分な皮脂が毛穴に溜まることで、開いたような毛穴になると言われています。

また、毛穴に詰まった皮脂と汚れを放置し古くなってしまうと、毛穴の黒ずみになりかねません。

2.顔の肌荒れを対策する3つの方法

シンプル スキンケア顔の肌荒れ対策には、主に3つの方法があります。

肌荒れの状態ごとに原因は異なる部分もありますが、基本的には以下の3つの対策を行うことをおすすめします。

①自宅でのスキンケアの見直し
②バランスの良い食事を取る
③ストレスや生活習慣の乱れを和らげる

2-1.自宅でのスキンケアの見直し

自身の肌に合わない化粧品を使用していると、顔が肌荒れしてしまう場合があります。

自宅でのスキンケアは、「落とすスキンケア(クレンジング・洗顔)」「加えるスキンケア(化粧水・美容液・乳液など)」に分かれ、それぞれのポイントが異なります。

「落とすスキンケア」では、肌のうるおいを落としすぎないことが重要とされ、「加えるスキンケア」では、保湿ができ、自身の肌に合うものを使うことが重要と考えられています。

2-1-1.落とすスキンケア(クレンジング・洗顔)

プチプラ 洗顔クレンジング料や洗顔料は、メイクや汚れを落とす役割があります。しかし、自分の肌質や肌状態に合わないものを使用してしまうと、肌に必要なうるおいまで落としすぎてしまう可能性があります。

まずは使ってみて、きちんと不要な汚れが落ちているか、肌が乾燥しないかなどを確認しましょう。

【クレンジング】

【PR】
フルリ クリアゲルクレンズ

顔 肌荒れ フルリ クリアゲルクレンズ価格:3,500円(税抜)
内容量:150g

美容皮膚科医とエステティシャンが、「日本一のクレンジング」を目指し共同開発した、ゲルクレンジングです。
肌だけではなく、自然環境にも配慮した製品作りをモットーにしています。メイクや、肌に不要な皮脂をさっぱりと洗い落としてくれます。
オイル、パラベン、合成香料、鉱物油、着色料、アルコール、フェノキシエタノール、旧表示指定成分、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、防腐剤、酸化防止剤不使用。

公式HPはこちら(大)

2-1-2.加えるスキンケア(化粧水・美容液・乳液)

加えるスキンケアの場合、どのアイテムがもっとも良いということは断定できないため、自身の肌に合うものを選ぶことが重要です。

加えるスキンケアでは、「保湿」がしっかりできることだけは意識していきましょう。

【美容液】

ETOVOS モイスチャライジングセラム
敏感肌 エトヴォス モイスチャライジングセラム
価格:4,000円(税抜)
内容量:50ml

人の肌にあるセラミドと同じ「ラメラ構造」を採用し、肌に必要な水分と油分を与えて肌をすこやかに保つ美容液です。
保湿成分に5種類ヒト型セラミド(セラミド1,2,3,5,6Ⅱ)、ヒアルロン酸、アミノ酸の天然保湿因子(NMF)を配合。肌に塗布すると、なめらかな美容液がすーっと肌の角質層まで浸透します。ほのかなラベンダーの香りも魅力的。
シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料不使用。

公式HPはこちら(大)

【乳液・クリーム】

dプログラム バランスケア エマルジョン R(医薬部外品)
dプログラム バランスケアエマルジョンR
価格:3,800円(税抜)
内容量:100mL

敏感な肌の方のことを想って開発されたスキンケアブランド『dプログラム』の乳液です。
肌にうるおいを補い、乾燥を防いでなめらかにします。独自の「なめらかエアリーミルク製法」により、肌のすみずみまですっとなじむ感覚が特長です。約7日間使えるトライアルセットから試してみるのも良いでしょう。
無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・弱酸性。

公式HPはこちら(大)

2-2.バランスの良い食事を摂る

食事
顔の肌荒れを防ぐためにも、バランスの良い食事で栄養を取ることはとても大切だと考えられています。

栄養素の中でも、ビタミンやミネラル、鉄分は肌に良いとされており、不足すると肌荒れが起きやすいとも言われています。

しっかりとバランスの良い食事を取ることで、肌に必要な栄養やうるおいを保ちましょう。

●ビタミンAを多く含む食品

レバー、うなぎ、人参、ほうれん草、かぼちゃ、など

●ビタミンB1を多く含む食品

豚肉、ピーナッツ、たらこや、玄米、ごま、など

●ビタミンB2を多く含む食品

レバー、納豆、卵、乳製品 など

●ビタミンCを多く含む食品

ピーマン、ブロッコリー、パプリカ、モロヘイヤ、など

●カルシウムを多く含む食品

牛乳、ヨーグルト、チーズ、わかめ、ヒジキ、煮干し、小魚、など

●鉄分を多く含む食品

レバー、赤身肉、カキ、煮干し、ヒジキ、青のり、ほうれん草、など

2-3.ストレスや生活習慣の乱れをやわらげる

ストレスが溜まったりや不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

ストレスを溜めないよう心がけ、生活リズムを整えていくことで、ホルモンのバランスが整いやすくなり、肌の健康も保ちやすくなると考えられています。

・早寝早起きをする

首がかゆい 睡眠

睡眠時間を十分にとることで、生活リズムが整いやすくなります。顔の肌荒れを防ぐためにも、まず早寝早起きを習慣にしていきましょう。

・ストレスを溜めこまない

ストレスためない

人間関係や仕事、学校、家族や恋人とのトラブル…ストレスの原因はさまざまです。

ストレスが溜まると、肌荒れだけでなく疲れを感じやすくなると言われているので、気持ちをうまくコントロールすることが大切です。

悩みごとなど、一人で考えすぎず、周りに相談できる人を見つけて、うまくストレスをコントロールしていきましょう。

・リフレッシュタイムを作る

ほくろ 原因

温かいお風呂にゆっくり浸かる、好きな音楽を聴く、趣味に没頭するなど、自分の好きなことや一番気持ちが落ち着くことをする時間作りましょう。

顔の肌荒れを防ぐには、身体も心もリフレッシュすることが大切です。

・運動をする

アサイー ダイエット

適度な運動をすることで、血行が良くなり、肌に栄養が行き渡りやすくなると言われています。

しかし普段運動をしない人は、運動する習慣を身に付けることを面倒に感じて、ストレスになるかもしれません。

まずはウォーキングやストレッチなど軽い運動から始めて、うまく習慣づけることが大切です。

3.顔の肌荒れを引き起こす5つの原因

顔の肌荒れを引き起こす原因は、主に以下の5つが考えられます。

原因①肌に合わないスキンケア

3化粧水
肌に合わない化粧品を使用すると、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

顔の肌荒れを防ぐためにも、自分の肌に合った化粧品を見つけましょう。

化粧品のトライアルセットやサンプルなどを活用し、自分の肌に合っているか試してみるのも良いですね。

原因②栄養の不足

ダイエット 朝食
栄養が不足すると、肌のリズムが乱れ、肌荒れを起こしやすくなると言われています。

バランスの良い食事をとることを心がけるようにしましょう。

原因③生活習慣の乱れ

黒ニキビ 洗顔
日常のストレスや疲労、不規則な生活による睡眠不足などで生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが乱れると考えられています。

ホルモンバランスが乱れることで、体や肌を守る働きが弱まって、体調が悪くなったり肌荒れとなって顔に出たりすることがあると考えられています。不規則な生活をしないように気をつけましょう。

原因④生理前・生理中

BBクリーム CCクリーム 違い
女性の場合、特に生理前は、ホルモンバランスの乱れにより顔の肌荒れが起きやすくなると言われています。
ある程度仕方のない部分もありますが、この期間は特に、不規則な生活の影響を受けやすくなるかもしれません。

●生理前の肌荒れについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

原因⑤妊娠中・産後

かっさ 使い方
妊娠中(特に妊娠初期)と産後にも、顔の肌荒れが起きやすくなると言われています。

生理同様、ホルモンバランスの乱れが要因の1つですが、妊娠中の場合は、赤ちゃんに栄養を届けるため、自身の肌にまで十分な水分・栄養が行き届かなかったり、産後に関しては慣れない子育てによるストレスも考えられます。

4.顔の肌荒れ まとめ

顔の肌荒れを防ぐ対策は主に3つ!
スキンケアを見直すこと・バランスの良い食事を摂ること・ストレスや生活習慣の乱れを和らげることです。

顔の肌荒れを防ぐためには、これらを意識することが大切です。
基本的なことではありますが、その基本を見直しすこやかな肌を目指しましょう!