2017年1月16日 更新

おすすめフェイスマスクのご紹介!フェイスマスクは「ながら美容」の強い味方

フェイスマスク おすすめ

皆さまは「フェイスマスク」を使っていますか?
フェイスマスクは、イベントやパーティなど、特別な日の前日に使う方も多いのではないでしょうか。
ひんやりとした使用感が気持ち良いですよね。

しかし、フェイスマスクは種類がさまざまで、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともありますよね。
そこで今回は、おすすめフェイスマスクのご紹介と、フェイスマスクでのお手入れポイントをお届けします。


1.フェイスマスクの選び方ポイント

フェイスマスク

フェイスマスクの選び方について、2つご紹介します。

①保湿成分などの美容成分が配合されたものを選ぶ

肌に潤いを与える保湿成分をはじめ、美容成分がたっぷりとはいったものを選ぶようにしましょう。

保湿成分に着目することで、肌に効率よく潤いを与えることができるからです。

また、自分の肌悩みに合わせた美容成分が配合されているものを選ぶこともおすすめします。

【保湿成分の例】

■セラミド
■ヒアルロン酸
■リピジュア
■コラーゲン
■アミノ酸
■メーカー独自の保湿成分
■植物エキス   等

②肌に密着するものを選ぶ

フェイスマスクは、肌に密着するものを選びましょう。

フェイスマスクは、顔にのせたまま数分待つものなので、密着感のないものではすぐにはがれてしまいます。
決められた時間、しっかりと肌にのせていないと、十分なうるおいを与えることが難しくなります。

柔軟性のある、顔の形にフィットするフェイスマスクがおすすめです。

③続けられそうなものを選ぶ

スペシャルケアとして使う方の多いフェイスマスクですが、
いくら「スペシャル」と言っても、月に1回使えば肌がうるおっている、というわけではありません。

多くのフェイスマスクに、「週に1~2回を目安にお使い下さい」と記載されています。
「毎日でもお使いいただけます」と、記載されているものもあります。

手間や価格なども考え、さらに使用感の良いものを選びましょう。

2.【目的別】フェイスマスクおすすめ6選

ここでは、肌らぶ編集部が選んだ、目的別フェイスマスクおすすめ6選をご紹介します。

2-1.乾燥が気になる方におすすめのフェイスマスク

輝肌マスク

輝肌マスク

洗顔後すぐに使用する、顔全体用のフェイスマスクです。
大きめのサイズで、しっかりと顔をつつんでくれそうですよね。

「ヒアルロン酸」「プラセンタエキス」「コラーゲン」等の保湿成分を配合しています。

シートに美容化粧水をなじませる作業を手作業で行い、使用感の良さにこだわっています。
野バラ油の、ほのかな甘い香りです。

お得に購入できる、「定期コース」もありますよ!

⇒輝肌マスク 公式通販サイトはこちら

ママバター フェイスクリームマスク ピュア

ママバターフェイスマスク

保湿成分「シアバター」が配合されたフェイスマスクです。

化粧水・美容液・乳液の役割を兼ねていて、洗顔後のお手入れが1ステップで完了するため、忙しい方にもおすすめです。

オーガニックラベンダーのやさしい香りです。

お風呂で温めて使うこともできるので、ポカポカフェイスマスクでのお手入れも気持ちよさそうですね。

⇒ママバター 公式通販サイトはこちら

2-2.日焼けによるシミ・そばかすが気になる方におすすめのフェイスマスク

FTC ザ ホワイトニング 3D マスクWB(医薬部外品)

FTCフェイスマスク

たっぷり美容液を30mlしみこませた、首元までお手入れできる大きめサイズのフェイスマスクです。

「アーティチョークエキス」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」等の保湿成分配合です。

日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、肌をすこやかに保ちます。

白く凛と咲く華やかな花束をイメージした「ホワイトブーケ」の香りです。
フェイスマスクは10分ほど顔に置くので、香りもこだわりたいですよね。

⇒フェリーチェトワココスメ 公式通販サイトはこちら

ホワイティシモ 薬用シート パック ホワイト(医薬部外品)

ホワイティシモ 薬用シート パック ホワイト

日焼けによるシミ・そばかすが表れやすい、目の下から頬のあたりにかけて貼る、部分用のフェイスマスクです。
気になる部分にピタッと貼りつき、うるおいを角質層まで届けてくれます。

保湿成分として「アキレアエキス」「クジンクリアエキス」等、植物由来のものが配合しています。
ひんやりマスクは、顔のほてりが気になったときにも使いやすいです。

⇒POLA 公式通販サイトはこちら

2-3.ハリが気になる方におすすめのフェイスマスク

エピステーム コンセントレイトマスク

エピステーム コンセントレイトマスク

洗顔後に使用するタイプのフェイスマスクです。
マイクロファイバー素材のセパレートマスクが、立体的なフェイスラインにぴったりと密着してくれます。

32ml分の美容液を含んだマスクで、肌の角質層にうるおいを届けてくれます。

保湿成分「月見草油」「ウメ果実エキス」「スイカズラ花エキス」等が配合されています。
肌にハリと潤いを与え、キメを整えます。

⇒ロート製薬 公式通販サイトはこちら

エリクシール シュペリエル レチノバイタル アイマスク(医薬部外品)

レチノバイタル アイマスク

部分用フェイスマスクです。
乾燥による小じわやハリ等のお悩みが出やすい目元をお手入れすることができます。

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」等の保湿成分が配合されています。

目の下や目尻にぴったりフィットし、肌にハリを与えてなめらかに整えます。
フェイスマスクをはずした後のお肌のハリが楽しみですね!

⇒資生堂 公式通販サイトはこちら

3.フェイスマスクの魅力

女性キラキラ3

ここでは、フェイスマスクの魅力についてお伝えします。

■潤いや美容成分を角質層に届けることができる

フェイスマスクは、潤いや美容成分を肌(角質層)にたっぷり届けることができる点が大きな魅力と言えます。

肌にシートを密着させることで密閉するため、保湿成分等が肌(角質層)に浸透するのをサポートしてくれます。
使用頻度は商品によって異なりますが、肌にとっての栄養ドリンクのような存在として、イベントやパーティーの前日等、特別な日に使用することもおすすめです。

■「ながら美容」ができる

フェイスマスクの魅力の1つは、「ながら美容」ができることです。
フェイスマスクをしたまま、ボディケアやちょっとした用事を済ませることができるので、忙しい方でもスペシャルケアとして取り入れやすいのではないでしょうか。

また、フェイスマスクは「夜」に使うイメージが強いかもしれませんが、朝のお手入れとして使うこともできます。
特に、オールインワンタイプのマスクであれば、朝の時間節約に一役買ってくれそうですね。

4.フェイスマスクを使用する際のポイント

フェイスマスクを使用する際には、次の2点に注意して使用しましょう。

①フェイスマスクの種類を確認する

自分が使用するフェイスマスクは、どんな種類なのか確認してから使用するようにしましょう。
フェイスマスクは種類が豊富で、美容液タイプ・化粧水タイプ・オールインワンタイプ等、商品によって役割が異なります。
フェイスマスクの種類によって、使用するタイミングやその前後に行うお手入れが変わってきます。
また、朝の使用をおすすめできないフェイスマスクもあるので、よく確認してから使用するようにしましょう。

②使用時間を厳守する

フェイスマスクは、記載されている使用時間(肌に乗せている時間)を必ず守って使用しましょう。
まだ化粧水や美容液がフェイスマスクに残っているからと、乾燥するまで時間をおいてしまうと、かえって肌の潤いが奪われてしまう可能性があります。
せっかく使うのであれば、フェイスマスクの良さを実感したいですよね。
そのためにも、時間通りに使用することをおすすめします。

5.まとめ

フェイスマスクは、手軽に美容成分を角質層へ浸透させることができる、「ながら美容」にぴったりのうれしいアイテムです。

フェイスマスクでパックをしているだけで、「私、今美容に良いことしてる気がする!」という気分になれるのも、フェイスマスクの特典かもしれません。

ぜひ今回ご紹介したおすすめのフェイスマスクを参考にしてください。
そして自分に合ったフェイスマスクを見つけ、美肌女子を目指しましょう♪

フェイスマスクをはがしたあとの顔、どうなっているかわくわくしちゃいますね!

※この記事は2016年10月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。