そのベタベタはインナードライ?【原因・対策】20代の気になるテカリ

オルビス アクアフォース

朝起きたら肌がベタベタ、お化粧しても午後にはテカテカ、そして帰る頃にはドロドロ…。

「私、オイリー肌だ!」と思っている20代女性の皆さん、じつはそれ乾燥が原因かもしれません。今回は、20代に多いインナードライの原因と対策、おすすめ化粧品まで徹底的にお伝えします!

オイリーな原因は、インナードライ?

「オイリー肌ってことは、うるおいは十分でしょ?」そう思っている方へ、まずはインナードライとオイリー肌の関係について解説します。

20代のオイリー肌…じつは乾燥しているかも!

肌のうるおいは、大きく水分と油分に分けられます。
そして、肌がテカテカ、ベタベタな20代は肌の油分量が高めだと考えられます。

テカテカになるくらいたっぷり油分があるなら、うるおいは十分のはず?じつはそうではないんです!

拭き取り化粧水 使い方 おすすめ

肌がうるおってすこやかな状態とは、水分と油分のバランスがとれていること。
油分が十分でも、水分が不足した肌は乾燥している可能性があります!

肌は乾燥すると、油分を多く出そうとします。インナードライとは、角質層が乾燥することで油分過多になり、肌表面のベタつきやテカリが気になる肌をさして使われる言葉です。

インナードライが気になる肌に必要なスキンケアとは?

鼻の下 ニキビ肌のテカリが気になる方におすすめのスキンケアは、①肌表面の不要な油分を丁寧な洗顔で洗い流すこと、②その後の肌にしっかりとうるおいを与えること。

でも、肌がベタつきやすい方は化粧水や保湿液をたっぷりと付けるお手入れに抵抗を感じる方も多いはず。
ここでは、そんな方へおすすめしたい化粧品選びのポイントをご紹介します。

■油分控えめの化粧品を選ぶ

アボカドオイル 効能 食べ方

保湿は大事!でも、すでに肌には油分がたっぷり…という方は、油分控えめにつくられた化粧品を使うのがおすすめです。
スキンケアアイテムも、油分量の多いクリームを避けるなど肌状態にあわせて使い分けましょう!

■使い心地や香りが好みのものを選ぶ

ワキガ どんな臭い

肌のベタつきが気になる方は、たっぷり使っても違和感のないさっぱりした使用感の化粧水がおすすめ。さらに、いきなり本商品を購入するよりも、リーズナブルにお試しできるトライアルセットを活用して香りや肌との相性を確かめるようにしましょう。

おすすめの保湿化粧品はこちら!

肌のベタつき・テカリが気になる20代へ、使い心地にもこだわったおすすめの保湿化粧品をご紹介します。

オルビス アクアフォース
アクアフォース肌に大切なのは、やっぱり”水”!そんな思いから生まれたのがオルビスのオイルカット化粧品「アクアフォース」。

“肌本来のうるおいに近い保湿成分”を理想に、3種のアミノ酸を独自ブレンドした保湿成分「ピュアアクアエッセンス」を配合しているのが特徴です。水分を補い保つことでキメを整え、乾燥を防いですこやかに保ちます。

使い心地は?詳しくレポートします!

前章でお伝えしたとおり、使い心地や香りも化粧水選びの大切なポイントです。
そこで今回は、肌らぶ編集部員が実際にオルビスのアクアフォースを使用した感想を詳しくレポートしていきます。

◆試した肌らぶ編集部員◆
Tゾーンはテカり、頬は乾燥する混合肌

オルビス アクアフォース

今回のレポートで使用するのは、1,200円(税抜)で販売されているアクアフォースのトライアルセットです。

こちらは、なんと約3週間分の内容量*!使い心地はどうかだけでなく、肌との相性をじっくり試すことができる点もポイントです。

公式HPはこちら

*洗顔料 20g/化粧水 40ml/保湿液 14g

レポート①アクアフォース マイルドウォッシュ(洗顔料)

オルビス アクアフォース

説明書きによると、適正量は約1cm。さっそく泡立ててみましょう!

オルビス アクアフォース

サラサラと繊細な、きめ細かい泡ができます。肌当たりはやわらかく、すっきりと爽やかな洗い心地。洗い流したあとに乾燥しないか気になりましたが、肌がツッパるような感じはありません。

ベタつきや皮膜感がないのに肌がカサつく感じもなく、適度にしっかり肌の汚れを落としてくれている印象です!

レポート②アクアフォース ローション(化粧水)

オルビス アクアフォース

今回、私が選んだ化粧水はしっとりタイプですが、かなりウォータリーなテクスチャーです。肌に伸ばしているときに少しとろみを感じつつ、まるで水のようにスルスルとなじんでいきます。

驚いたのは肌になじませたあとです。包み込むようにハンドプレスすると、肌がもっちりと手に吸い付くような触り心地に!
つけたての使用感はさっぱりと言ってもいいほどベタつかないのに、つけたあとはモチモチです。

レポート③アクアフォース モイスチャー(保湿液)

オルビス アクアフォース

オイルカットの保湿液は、化粧水とジェルのあいだのようなみずみずしいテクスチャーです。
通常の乳液やクリームが油分で肌にうるおいの膜をはるのに対し、こちらは、水のヴェールでうるおいをキープすることが目指されています。

オルビス アクアフォース

肌に伸ばしたかんじはとても軽く、とろみのある化粧水のような感じです。かなりスッキリしていて、なじませたあとの肌はベタつきなしのすべすべな触り心地。

化粧水の使用感がモチっとしているので、このくらいサラッとした保湿液の方がさっぱり使えて相性がいいと思います!

公式HPはこちら

実際に使ってわかったアクアフォースの感想まとめ

アクアフォースを使用した感想をまとめました!

■”さっぱり”と”モッチリ”の両立がいい感じ

つけた瞬間はさっぱりしているのに、なじませた後はモッチリうるおいを感じる独特の使い心地が印象的でした。

「肌に水分を補うお手入れがしたい」「さっぱりした使い心地のもので、しっかり保湿したい」そんな方にアクアフォースをおすすめしたいです。

■無油分、無香料、無着色で使いやすい

アクアフォースシリーズは「無油分、無香料、無着色」です。今回トライアルセットを使用しても、原料由来のような香り以外にはとくに香りは感じませんでした。

ライトでナチュラルな使い心地は、使う人を選ばなそうです!

■2つのタイプはどちらを選ぶ?

オルビス アクアフォース

オルビスのアクアフォースには「しっとりタイプ(M)」「さっぱりタイプ(L)」の2種類が販売されています。

しっとりタイプは乾性肌~普通肌、さっぱりタイプは普通肌~脂性肌の方におすすめされています。今回、私がレポートしたのはしっとりタイプですが、比較するためにさっぱりタイプも使ってみました!

オルビス アクアフォース

もっとも違いを感じたのは化粧水です。しっとりタイプの化粧水が少しとろみがあるのに対し、さっぱりタイプは本当にウォータリー!しっとりタイプの化粧水よりもスッキリと使うことができそうです。

肌になじませたあとも、しっとりタイプがモチっとした使用感なのに対してさっぱりタイプは”しっとり”。肌のベタつきが気になりやすい方は、さっぱりタイプの方がやはり使いやすそうです。

保湿感がほしい冬にはしっとりタイプ、湿気が多い季節にはさっぱりタイプなど、使い分けるのもよさそうです!

20代の肌に必要なのは、うるおい補給!

「肌がオイリーがちでテカリやすいから、うるおいは十分足りてる」そう思っていても、水分と油分のバランスが崩れた肌はじつは乾燥しているかも…。

肌のベタつきが気になる方も、まずはしっかり水分補給!肌にきちんとうるおいを与えて整えることが、オイリー対策に大切です。

アクアフォース トライアルセット
オルビス アクアフォース価格:1,200円(税抜)・送料無料
【セット内容】洗顔料 20g/化粧水 40ml/保湿液 14g
公式HPはこちら