アイクリーム ランキング年齢を重ねるにつれて気になるのが、目元の乾燥などの肌悩み。日々のお手入れに使えるアイクリームが欲しいけど、どう選べば良いの?」とお困りではありませんか?

アイクリームの選び方にはいくつかポイントがあり、悩みによって重視すべきところも異なります。

そこで今回は、肌らぶ編集部おすすめのアイクリームをご紹介します。

1.肌らぶ編集部おすすめのアイクリーム

クリームセラミド
それでは早速、目元の乾燥などにお悩みの方へ、肌らぶ編集部員おすすめのアイクリームをご紹介します。

今回は、肌にハリやうるおいを与えるものを選びました。ぜひアイクリーム選びの参考にしてみてくださいね!

自分に合ったアイクリームの選び方は、【2.アイクリームの基本的な役割と選び方】をご覧ください。

【PR】
POLA B.A ザ アイクリーム

BA
◆販売会社:株式会社ポーラ
◆内容量:18g
◆価格:20,000円(税抜)

ポーラが誇る最高峰エイジングケア*ブランド「B.A」の、濃密アイクリームです。

保湿成分として「グリセリン」「月桃葉BAリキッド」「アケビ茎エキス」などをを配合。濃密でコクのあるクリームが、スーッと広がり心地よくフィットし、角質層のすみずみまでうるおいとハリを与えます。

目元に使用する際には、目頭からこめかみに向かって目元を引き上げるようにのばし、手の指全体で目元を包み込むように密着させるのがポイントです。

夜に咲く花「夜来香(エイライシャン)」をイメージした、みずみずしく香り立つブーケフローラル調の香り。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

公式HPはこちら(大)

【PR】
目元とまつ毛のご褒美

目元とまつ毛のご褒美
◆販売会社:株式会社TREE
◆内容量:15g
◆価格:4,700円(税抜) ⇒定期初回価格980円(税抜)送料無料

まぶたもまつ毛も、目元のお手入れをトータルでできるアイクリームです。

整肌成分として「ビタミンC誘導体(APPS)」や「プラセンタエキス」を配合。
美容成分をまぶたの角質層のすみずみまで届け、しっとりと整えます。

濃厚ながらもべたつきにくいクリームが、まぶたにはうるおいやツヤを、まつ毛にはハリ・コシを与えてすこやかに保ち、理想の目元環境へと導きます。

マツエク中の使用もOK!目元に伸ばしてマッサージをすることで、目元の疲れや凝りの緩和も期待できます。
柑橘系のさわやかな香りがふんわりと感じられる、香りも使用感も心地よいアイテムです。

公式HPはこちら(大)

アテニア アイエクストラセラム

アテニア アイエクストラセラム
◆販売会社:株式会社 アテニア
◆内容量:15g
◆価格:3,048円(税抜)

するりと肌になじみながら「ぴたっ」と密着して、うるおいを与えるアイセラム(目もと美容液)です。

保湿成分として「スクワラン」「レシチン」などを配合。肌の乾燥を防ぎます。
合成香料、鉱物油、パラベン、アルコール無添加。

今なら、アイエクストラセラムに、アテニアのエイジングケア*ライン「ドレスリフト」のトライアルセットが付いた「アイエクストラセラムセット」が販売されています。

アテニアの購入が初めての方限定&お一人様1セット1回限りなので、初めての方はぜひトライアルセットから試してみてください。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

公式HPはこちら(大)

キラリエアイクリーム

キラリエアイクリームⅢ
◆販売会社:株式会社オリガミ
◆内容量:20g(約2か月分)
◆価格:1,833円(税抜)(定期お試し価格)/2,760円(税抜)(通常価格)その他定期コースも有り

肌にハリとうるおいを与え、乾燥を防ぐ目元用クリームです。

保湿成分として「ペプチド」「プロテオグリカン」や整肌成分「レチノール」を配合。肌をなめらにかし、キメを整えます。

ふんわりとトロけるようなやわらかなクリームは、肌なじみがよく角質層のすみずみまで浸透。ジェルに近いテクスチャーなので、ベタつかずみずみずしい使用感です。のびが良く、1本で1~2ヵ月持つのも嬉しいポイント。

ネロリの香りをベースに、ベルガモット果実油やダマスクバラ花油などの精油をオリジナルブレンドした、穏やかな香り。

公式HPはこちら(大)

MUNOAGE ミューノアージュ リペアアイクリーム

ミューノアージュ リペアアイクリーム
◆販売会社:株式会社アドバンスト・メディカル・ケア
◆内容量:15g
◆価格:5,518円(税抜)(10日間お試しサイズ(初回限定)は907円(税抜))

東京ミッドタウンに美容クリニックを構える「ノアージュ」の医師との共同開発で生まれたドクターズコスメ「ミューノアージュ」のアイクリームです。

整肌成分として「アセチルヘキサペプチド-8」「アセチルテトラペプチド-5」などを配合。スーッと伸びて肌を整え、ハリを与えます。

肌にのばした後は、しっとり感があるのに驚くほどサラサラ。メイクの上からも使えるので、日中肌の乾燥が気になるときやメイク直しのときにも活躍しそう。
エタノール、パラベン、石油系界面活性剤、着色料、鉱物油、香料不使用。

初めての方は、たっぷり10日間試せるお試しサイズから始めてみては?

公式HPはこちら(大)

b.glen トータルリペア アイセラム
bi
◆販売会社:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社
◆内容量:15g
◆価格:8,000円(税抜)

肌にうるおいを与えながらキメを整える目元用美容液です。

保湿成分として「セラミド」「ペプチド」などを配合。肌にうるおいとハリを与え、乾燥を防ぎます。

みずみずしく軽やかなテクスチャーでのびがよく、快適な使い心地です。

公式HPからの購入なら、365日間の返金保証付き。さらに、注文や配送・製品についての質問などができるカスタマーサポートは、24時間・365日体制で受け付けてくれます。

気になる方は、ぜひ公式HPをチェックしてみてくださいね!

公式HPはこちら(大)

2.アイクリームの基本的な役割と選び方

ここでは、アイクリームの基本的な役割と選び方をご紹介します。
アイクリームの知識を高めて、自分に合ったアイクリームを選ぶことも大切です。

2-1.アイクリームの基本的な役割は【保湿】である

アイクリームの基本的な役割は、肌の乾燥を防ぎ、うるおいを与えること。つまり『保湿』です。

もともと目元の皮膚は顔の他の部分より薄いとされており、乾燥しやすい部分であるといわれています。
アイクリームは、しっかりと肌にうるおいを与えられるものを選び、そのうえで目的に合わせて選ぶようにしましょう。

◆保湿成分の例◆
・セラミド(表示例:セラミド1/セラミド2/セラミドNPなど)
・コラーゲン(表示例:水溶性コラーゲン/加水分解コラーゲンなど)
・ヒアルロン酸(表示例:ヒアルロン酸Naなど)
・リピジュア(表示例:ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンなど)
・アミノ酸(表示例:アルギニン/グリシンなど)

2-2.アイクリームに取り入れるべき、その他のおすすめ成分

オーガニック ハンドクリーム
アイクリームの基本は保湿ですが、+αで取り入れるべきおすすめの成分は、肌を整える整肌成分です。

肌にうるおいを与えるだけでなく、肌のキメを整えることも意識してお手入れを行うと良いでしょう。

◆整肌成分の例◆
・レチノール(表示例:パルミチン酸レチノール/酢酸レチノールなど)
・ビタミンC誘導体(表示例:ステアリン酸アスコルビル/アスコルビン酸グルコシド/アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸など)
・ナイアシン(表示例:ナイアシンアミドなど)

3.アイクリームの基本的な使い方

アイクリームは、ただ塗れば良いというものではありません。アイクリームの魅力を引き出すためにも、基本的な順番や使い方を見直しましょう。

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめする、アイクリームの使い方をご紹介します。

3-1.アイクリームを使う順番

アイクリーム 使い方
アイクリームを使う順番は、メーカーによって異なりますが、基本的に化粧水→美容液→乳液の後、フェイスクリームの前です。

化粧品は、比較的テクスチャーの軽いものから付けると肌への密着度や、角質層までの浸透も良くなるといわれています。

3-2.アイクリームの塗り方

クリーム

①手の甲にあずき粒大のアイクリームを出します。
②反対の手ですくい、上まぶたと下まぶたに3箇所ずつのせます。
③こすらずに指の腹で押さえ込む様にしながら、なじませます。
④特に気になる部分には重ね付けをします。

さらに詳しくアイクリームの使い方が知りたい方は「アイクリームの使い方を解説!使う順番や塗り方を見直そう♡」をご参照ください。

4.まとめ

ノーズシャドウ
アイクリームは、肌にうるおいとハリを与える魅力的なアイテムです。

まずは、自身の好みのテクスチャーや保湿成分を確認し、毎日使いたくなるようなお気に入りのアイクリームを見つけましょう!