2017年7月13日 更新

メイク落としおすすめご紹介|自分の肌や目的に合ったものを選ぼう!

メイク落とし おすすめ
「メイク落としがほしいけれど、どんなものを選んだら良いのかな…」と、お悩みではありませんか?

メイク落としは、多くのメーカーからさまざまな種類がつくられているため、購入する際にも迷ってしまいますよね。

そこで今回は、肌らぶ編集部がおすすめしたいメイク落としをご紹介します。




1.メイク落としは肌状態やメイクに合わせて選ぼう!!

メイク落とし おすすめ
メイク落としは、肌のコンディションやメイクの濃さなどに合わせて選ぶことをおすすめします。

メイク落としにはさまざまな種類があり、それぞれメイクの落としやすさが異なります。

また、スッキリと洗い流すことができるもの、肌に必要な潤いを残しながら洗ってくれるものなど、商品によって使用感にも違いがあります。

その日の自分の肌状態やメイクに合わせて使い分けてみましょう!

2.【肌悩み別】肌らぶ編集部おすすめメイク落とし

まずは、肌らぶ編集部がおすすめしたいメイク落としを「乾燥しやすい方」「テカリやすい方・べたつきやすい方」の肌悩み別にご紹介します。

2-1.肌が乾燥しやすい方におすすめのメイク落とし

メイク落とし おすすめ肌が乾燥しやすい方におすすめしたいメイク落としは「クリームタイプ」です。

クリームタイプのメイク落としは、油分が多く含まれていて、メイクを落とした後の肌がしっとりとするものが多いようです。

また、クリームタイプはテクスチャーに厚みがあり、メイクとなじませた際にクッションの役割を果たしてくれるため、肌への摩擦が起きにくいといわれています。

今回は、チューブタイプのメイク落としを選びました。

B.A(ビーエー) ザ クレンジングクリーム

B.Aクレンジングクリーム(メイク落とし おすすめ)
美容オイルのような感触の、クリームタイプのメイク落としです。

保湿成分「EGクリアエキス」「YACエキス」を配合。

肌の上でとろけるようになめらかに広がり、メイクをスピーディーに落とします。
公式HP

IGNIS(イグニス) ブラン クレンジング クリーム

IGNIS ブランクレンジングクリーム(メイク落とし おすすめ)
とろけるような心地よいテクスチャーの、クリームタイプのメイク落としです。

保湿成分「コメヌカエキス」配合。

メイクや汚れとよくなじみ、肌をやわらげながらメイクオフします。
公式HP

2-2.肌がテカリやすい方・べたつきやすい方におすすめのメイク落とし

メイク落とし おすすめ肌がテカリやすい方・べたつきやすい方におすすめのメイク落としは、「ジェルタイプ」です。

ジェルタイプのメイク落としは、みずみずしい使用感で洗い上がりの肌がさらっとするものが多いといわれています。

メイクをさっぱりと落とすことができ、油分が少なめのものが多いため、皮脂が気になる方にもおすすめです。

今回は、チューブタイプのメイク落としを選びました。

資生堂 ホワイトルーセント クレンジングジェル

資生堂ホワイトルーセント クレンジングジェル(メイク落とし おすすめ)
濡れた手でも使える、ジェルタイプのメイク落としです。

肌のうるおいを保ちながら、メイクや不要な角質を洗い落とします。

洗い流した後の肌は、べたつきのない感触です。
公式HP

skinvill(スキンビル) ホットクレンジングジェル

skinvill
心地よい温かさを感じる、ホットジェルタイプのメイク落としです。

とろみのあるテクスチャーが、メイクや余分な皮脂とよくなじみ、素早くすすぐことができます。

さわやかなオレンジの香りです。
公式HP

3.【目的別】肌らぶ編集部おすすめメイク落とし

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたいメイク落としを「ばっちりメイクを落としたい方」「ナチュラルメイクを落としたい方」の2つに分けてご紹介します。

3-1.ばっちりメイクを落としたい方におすすめ

メイク落とし おすすめベースメイク、ポイントメイクともに、ばっちりメイクをすることが多い方には、「オイルタイプ」のメイク落としをおすすめします。

オイルタイプのメイク落としは、メイクとのなじみが早く、手早く洗い流すことができるようです。
また、ウォータープルーフのメイクも落としやすいでしょう。

今回は、ポンプタイプのメイク落としを選びました。

Attenir(アテニア) スキンクリア クレンズオイル

アテニア スキンクリアクレンズオイル
さらさらとしたテクスチャーの、オイルタイプのメイク落としです。

「バオバブオイル」「アルガンオイル」(保湿成分)が配合されています。

柑橘系のリラクシングアロマの香りです。
公式HP

PLAYLIST(プレイリスト) クイッククレンジングオイル

プレイリストクイッククレンジングオイル(メイク落とし おすすめ)
洗顔の役割も兼ねた、オイルタイプのメイク落としです。

とろみのあるオイルが素早くメイクになじみ、ウオータープルーフのアイメイクもすっきり落とします。

フレッシュフローラルシトラスの香りです。
公式HP

3-2.ナチュラルメイクを落としたい方におすすめ

メイク落とし おすすめベースメイクやポイントメイクが薄めで、ナチュラルなメイクをする方には「ミルクタイプ」のメイク落としをおすすめします。

ミルクタイプのメイク落としは、みずみずしくなめらかなテクスチャーで心地よくメイクを落とすことが期待できます。
マイルドな使用感なので、肌がデリケートになりやすい方にもおすすめです。

今回は、ポンプタイプのメイク落としを選びました。

Terracuore(テラクオーレ) ダマスクローズ クレンジングミルク

テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルク(メイク落とし おすすめ)
ぷるぷるとした心地よいテクスチャーの、ミルクタイプのメイク落としです。

「ダマスクバラ花エキス」「カモミール」等の植物エキス(保湿成分)を配合。

華やかな気分を楽しめる、ダマスクローズの香りです。
公式HP

HACCI(ハッチ) クレンジングミルク

HACCI クレンジングミルク(メイク落とし おすすめ)
やわらかく、まろやかなテクスチャーの、ミルクタイプのメイク落としです。

「はちみつ」「ローヤルゼリーエキス」「アルガンオイル」等の保湿成分を配合。

洗い流した後の肌はみずみずしく、キメが整います。
公式HP

4.メイク落としの際に気をつけるポイント

ここでは、メイクを落とす際に気をつけたいポイントをお伝えします。

①こすらず丁寧に化粧を落とす

メイク落とし おすすめメイクを落とす際には、ゴシゴシとこすらないように、優しい力加減で丁寧に落とすことを心がけましょう。

メイク落としの量が少ないと、指の滑りが悪く摩擦が起きがちです。さらに、メイクが落ちにくくなって肌をこすってしまうこともあります。

そのため、メイク落としは基本的にメーカー推奨の量を使用することをおすすめします。

何度か使用していく中で、自分のメイクに合わせて微調整していくようにしましょう。

②ぬるま湯でよく洗い流す

メイク落とし おすすめメイクを落とす際は、ぬるま湯で洗うことをおすすめします。

熱すぎるお湯で洗うことで、肌に必要なうるおいが奪われやすくなり、肌の乾燥につながることがあるからです。

逆に、冷たい水で洗うと、メイク汚れやメイク落としの油性成分などが落ちにくくなり、何度も洗い流すことになって肌に負担がかかってしまうこともあります。

触ったときに、少しぬるいと感じるくらいの温度のお湯で洗うことを意識してみてください。

また、髪の生え際やこめかみ、フェイスラインはメイク落としが残りやすい部分です。

すすぎ残しがないよう、顔のすみずみまでよく洗い流しましょう。

③ポイントメイク用リムーバーを使用する

メイク落とし おすすめアイメイクやリップメイクは、ポイントメイク用のリムーバーを使用して落とすことをおすすめします。

アイメイクやリップメイクは、はっきりとした発色のものや、ぴたっと密着するものが多いため、通常のメイク落としではやや落としにくいようです。

そのため、メイクを落とすのに時間がかかってしまったり、ゴシゴシとこすって摩擦が起きてしまうことがあります。

また、目元も口元も、皮膚が薄くデリケートになりやすい部分であるため、メイクを無理やり落とそうとすることで、肌に負担となってしまう可能性があります。

ポイントメイク用のリムーバーは、落としにくいメイクをスムーズにオフできるので、ぜひ使ってみてください。

5.まとめ

メイク落としは、お手入れの一番最初に使用するものであり、肌表面の汚れをリセットする大切な役割があるものだからこそ、自分に合ったものを選びたいですよね。

今回の内容を参考に、自分に合ったメイク落としを見つけ、肌のコンディションやメイクの濃さによって使い分けてみてください!

この記事は2017年5月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。