確かめたい❤LINEの脈ありサインは6パターン!!

脈あり line TOP「脈ありのときのLINEの特徴は?」「LINEの返信が速いのは脈ありってこと?」と、LINEで好きな人の気持ちを計りたいとお考えではありませんか?告白をする前に、脈のアリ・ナシを判断したい人もいるでしょう。

そこで今回は、脈ありLINEの特徴をはじめ、LINEで脈ありかをチェックするための方法をご紹介します。

LINEでのやり取りの方法や返信パターンなどは、相手の性格によるところが大きいので、絶対と言い切ることは難しいですが、相手が脈ありのサインを出していないか、確認してみましょう!




1.脈ありのLINE 6パターン

脈ありのLINEの特徴は、以下のようなものがあります。

①返事が早い
②質問をしてくれる
③会話がなかなか途切れない
④相手の方から送ってくる
⑤スタンプのみのやり取りにも付き合ってくれる
⑥長文を送ってくる

それぞれ、簡単にご説明します。

脈ありLINEパターン① 返事が早い

脈あり line
LINEを送るとすぐに返事がくるときは、脈ありの可能性が高いです。

その人の性格や状況にもよりますが、返事をすぐに送るということは、あなたと積極的にコミュニケーションを取りたいという気持ちの表れかと思います。

どうでも良い人とのLINEは、できるだけすぐに終わらせたいものですし、何より返信も億劫になってしまうものです。

たまたま暇だったからすぐに返事をくれる場合もありますが、いつも返事を早くくれる相手は、脈ありと期待しても良いかもしれません。

脈ありLINEパターン② 質問をしてくれる

脈あり line
LINEの内容の中で、相手の方から質問をしてくれるのは、脈ありパターンのひとつです。

あなたのした質問に答えてくれるだけでなく、自分から質問をするということは、あなたに興味があるというサインだと思います。

だいたいの人は、自分の話をしているときが一番楽しかったりするものです。そんな中で、あなたの話を引き出そうとしているということは、あなたのことを知りたいのだと考えられますよね。

自分の話をしているときが一番楽しいと言いましたが、好きな人の話は別です。好きな人のことなら、どんな些細な情報でも知りたいと思うでしょう。

脈ありLINEパターン③ 会話がなかなか途切れない

脈あり line
LINEでの話が続いて、なかなかやり取りが途切れないのは、脈ありサインのひとつです。

ひとつの会話がなかなか終わらなかったり、なんとなく毎日LINEを送り合ったりするのは、「つながっていたい」という気持ちの表れとも考えられるでしょう。

特別な好意のない相手とは、それほど毎日LINEを送り合うこともないですし、あったとしてもどちらかが面倒になってきます。会話があまりに長く続くと途中で終わらせたくなるでしょう。

途切れないLINEを相手も楽しんでいるようなら、脈ありなのかもしれませんね。

脈ありLINEパターン④ 相手の方から送ってくる

脈あり line
LINEを相手の方からも送ってくるのは、脈ありサインのひとつです。

片思いのときは、どうにか相手とLINEがしたくて送るものですよね。ですが、こちらばかりではなく、相手からもLINEが来るということは、相手もあなたに好意があると考えられます。

好意のない相手に、自分からLINEを送ることはあまりないのではないでしょうか?

自分のことを好きだと思われる人とLINEをするのは楽しいですが、ただの暇つぶしなら、しょっちゅう自分から送ることは少ないはずです。

よく相手からLINEが来る場合は、脈ありを期待しても良いかもしれませんね。

脈ありLINEパターン⑤ スタンプのみのやり取りにも付き合ってくれる

脈あり line
意味のないスタンプの送り合いにも付き合ってくれるのは、脈ありサインのひとつかと思います。

果てしなく続く中身のないやり取りや、意味のないスタンプの送り合いは、それなりの親しさがないとできないものです。

何度も言いますが、好意のない相手とのLINEを続けるには、根性や大きな器が必要かと思います。

いつ終わるか分からない無意味なやり取りも楽しめるのは、相手が好きな人だからかもしれませんね。

脈ありLINEパターン⑥ 長文を送ってくる

脈あり line
LINEのやり取りの中で、長い文章を送ってくるのは、脈ありサインのひとつと考えても良いでしょう。

文章が長くなるのは、「丁寧に答えたい」「自分を知ってもらいたい」という気持ちの表れかと思うのです。

時間をかけて、言葉を丁寧に選びながら打っている情景が浮かびますよね。

特に男性だと、何を送るにも長くなってしまう人や、誰に対しても丁寧な人は多いですが、脈ありかを判断するための材料にしてみても良いでしょう。

2.まとめ

脈あり line
LINEの脈ありパターンについてお話ししました。

LINEは、豊富なスタンプと既読機能などで、コミュニケーションをよりスムーズにしてくれています。

しかし、そんな便利なはずのスタンプや既読機能のせいで、相手の気持ちを変に勘ぐって悩むこともあるでしょう。

脈あり・脈なしを図るためでなく、相手と関係を築くためのコミュニケーションツールとして、LINEを楽しく使いたいものですね。

⇒こちらの記事のロングバージョンはこちら