2017年1月25日 更新

抜け毛本数が気になる?!抜け毛の常識をチェック!意外と…?

抜け毛 本数「抜け毛の本数が多い気がする…」「抜け毛の本数が増えた気がする…」
そんなふうにふと不安になることってありますよね。

今回はそんな抜け毛の本数が気になる方へ、抜け毛の本数を含めて、いつ・なぜ抜け毛が増えやすいのか、抜け毛対策で押さえるべきヘアケアのポイントは何か、まとめてご紹介します!

抜け毛の本数への不安な気持ちは他人に理解されにくい部分もありますが、決してあなただけに起きている悩みではありません。
抜け毛についての知識を得て、上手に対策を始めることで、晴れ晴れとした気持ちの未来を目指していきましょう!


1. 抜け毛の本数 1日にどのくらい抜ける?

抜け毛 本数 原因 対策 シャンプー抜け毛の本数は、個人差がありますが、一般的に1日平均100本以内であれば自然な抜け毛の範囲内と考えられているようです。

髪の毛には“毛周期(ヘアサイクル)”というものがあって、通常、数年かけて「成長期」「退行期」「休止期」という時期を経て最終的に抜け落ち、また新しく生えてきます。
つまり、特に頭皮や毛髪に問題がなくても、自然な毛周期(ヘアサイクル)にしたがってある程度の本数は抜け落ちるものなのです。

日本人の平均的な毛髪本数から考えた場合、自然な毛周期(ヘアサイクル)によって1日に抜けるとされている本数の平均は、約100本以内といわれています。
もちろん、100本は必ず抜けるということではありません。
50本程度しか抜けない人もいれば、80本くらいという人もいます。日によっても抜け毛の本数は変わるでしょう。
頭髪全体の本数にもちろん個人差があるので、自然な抜け毛の平均本数にも数十本単位で差は出てきます。

100本というのはなかなか多い本数ですよね。自然な抜け毛がそんな本数あるのかと驚く数字です。
髪の毛が長い方ならそうとうな見た目になるはずです。
心配になるのも当然かもしれませんね。

2. 抜け毛本数が増えやすいタイミング

抜け毛の本数が増えやすいといわれているタイミングについてご紹介します。
一時的なものである可能性もありますので、いつ、どんなときに抜け毛の本数が増えやすいのか、当てはまる要素がないかチェックしてみてください。

抜け毛本数が増えやすいタイミング
①秋に抜け毛が増えやすい

抜け毛 本数 原因抜け毛の本数は、秋に多くなることがあるといわれています。
原因については、「夏の紫外線が頭皮の負担になった」など諸説あるようですが、はっきりとはわかっていないようです。

抜け毛本数が増えやすいタイミング
②産後に抜け毛が増えやすい

抜け毛 本数 原因女性の場合は、出産後一時的に抜け毛の本数が増える場合があるといわれています。

妊娠に伴って体内の女性ホルモンのバランスが変わり、出産後に体内の女性ホルモンバランスが通常の状態に戻ることが原因とされています。
妊娠中はヘアサイクルが延長され抜け毛が減り、出産後に一気にあるべき毛周期(ヘアサイクル)に戻るので、そのタイミングで一時的に毛周期(ヘアサイクル)にあわせた自然な抜け毛が増えることがあるのです。

産後の抜け毛は一時的なもので、だいたい1年ほどで落ち着くといわれています。

抜け毛本数が増えやすいタイミング
③加齢で抜け毛が増えやすい

抜け毛 本数 原因男性は男性ホルモンが主な原因とされている男性型脱毛が、30歳を過ぎるころから、または早い人では思春期以降(10代後半~)に始まることがあります。
男性型脱毛は、主に前頭部から頭頂部にかけて毛が細くなり、抜け毛・脱毛の本数が増え薄毛になるといわれています。
抜け毛 本数 原因女性は更年期と呼ばれる40代後半からの時期に、抜け毛・薄毛が気になり始めることがあるようです。
女性は更年期と呼ばれる時期に入ると、体内の女性ホルモンのバランスが急激に変化するためです。
女性には避けられない体の変化が、髪の毛や頭皮に影響を与えることがあるのです。

髪の毛が細くなったり、ハリ・コシ・ツヤがなくなってきたり、パサつきやすくなったり、抜け毛の本数が増えて薄毛が気になったりなど、髪の悩みが増えやすくなるといわれています。
人によっては、30代から徐々に変化が現れ、髪悩みが増えてくることもあるようです。

3. 抜け毛の本数が増える原因

抜け毛 本数 原因第2章でご紹介したような、特定の時期に起きてしまう抜け毛は、避けがたい外的要因や、やむを得ない体の変化などが原因ですが、それ以外にも抜け毛本数が増える原因になる要素がいくつかあります。
抜け毛の本数が増える原因になるといわれている主な要素を5つご紹介します。

①間違ったヘアケア

抜け毛 本数 原因間違ったヘアケア、自分の髪の毛・頭皮の状態にあわないヘアケアが抜け毛を増やす原因につながっていることがあります。
例えば以下のような場合です。

・きちんと洗えていない

シャンプーできちんと洗えていないために、頭皮の皮脂や汗、整髪料などの汚れが蓄積して、抜け毛につながることがあります。
毛穴が詰まったり汚れたりした状態が続き、肌荒れを引き起こしてしまったり、フケが多くなってしまったりして、頭皮をすこやかに保ちにくくなるからと考えられています。

・洗い過ぎ

逆にシャンプーのし過ぎも、よくないといわれています。
シャンプーのし過ぎや頭皮の状態にあわないシャンプーを使うことで、本来は地肌をすこやかに保つために必要な頭皮の皮脂を洗い流し過ぎてしまうことがあるのです。

・ドライヤーの当てすぎ

ドライヤーを近距離から高温で当てることが頭皮・髪の毛や負担になることがあるといわれています。
抜け毛・切れ毛を招く遠因になることもあります。

②血行不良

抜け毛 本数 原因抜け毛につながる原因としてよくあげられるのが「血行不良」です。
血行が悪くなると、髪の毛をつくる土壌となる頭皮にうまく栄養が運ばれない可能性があり、抜け毛の原因になることがあります。

運動不足や冷え性などで血行が悪くなりがちな人は注意が必要です。

③ストレス

抜け毛 本数 原因ストレスは心と体の負担になり、血行を悪くしてしまうことがあるので、抜け毛の原因になることがあります。

また、子どもや思春期の女性などにまれにみられるケースで、強いストレスから無意識のうちに自分で髪の毛を抜いてしまっていることもあるといわれています。

④極端なダイエット

抜け毛 本数 原因極端なダイエットで体が栄養不足になることも、抜け毛の原因になることがあります。
髪の毛をつくるのも、食べたものから摂取した栄養という材料がなければうまくいかないのです。

⑤髪のひっぱり過ぎ

抜け毛 本数 原因きついポニーテールなど、長年同じヘアスタイルで髪の毛をひっぱり続けると「牽引性の抜け毛」を引き起こす原因になることがあります。

その他 病気や副作用

その他に病気や服用している薬の副作用によって、抜け毛が起きていることもあるといわれています。
心当たりことがある方や抜け毛以外にも気になる点などがある方は、病院を受診して医師に相談しましょう。

4. 抜け毛対策 ヘアケアのポイント

抜け毛 本数 原因 対策抜け毛の本数が気になり始めたら、ふだんのヘアケアを見直すよいタイミングかもしれません。
シャンプーの方法や髪の毛の乾かし方、頭皮ケアのポイントについてご紹介します。

①シャンプーの方法

抜け毛 本数 原因 対策抜け毛の本数が気になる方は、頭皮や髪の毛に摩擦などの余計な負担をかけないようなシャンプー方法を意識しましょう。
シャンプーの4つのポイントをご紹介します。

1 予洗い

洗髪時は、シャンプー液をいきなり頭につけるのではなく、お湯だけで十分な予洗いをしましょう。
予洗いで髪の毛全体と地肌をしっかりと濡らしておくことで、のちのシャンプーの泡立ちがよくなることが期待できます。

2 泡立て

シャンプー液は手のひらでよく泡立ててから頭にのせましょう。
よく泡立てることで、頭皮や髪の毛をムラなく洗いやすくなりますし、髪の毛同士がこすれる摩擦を軽くすることにつながります。

3 指の腹

決して爪を立てたりせず、指の腹をつかって頭皮を傷つけないように洗いましょう。
指の腹をつかって、マッサージするような気持ちで全体をまんべんなく洗ってください。

洗う順番は後頭部・側頭部から始めて、頭頂部へと順番になじませながら洗っていくのがおすすめです。

4 すすぎ

洗い終わったら、丁寧にすすぎ、しっかり洗い流しましょう。
耳の後ろや襟足、生え際などがすすぎ残しやすいといわれているので、意識的によくすすぐようにするとよいですね。

②髪の毛の乾かし方

抜け毛 本数 原因 対策髪の毛を乾かすときは、タオルドライでしっかり水分をふきとってからドライヤーで仕上げることが大事です。
濡れた状態の髪は、熱に対して、乾いた状態より弱いことがあるといわれているからです。

タオルドライでは2つのポイントに注意しましょう。
・地肌の水分をしっかり吸い取るようにふく
・濡れた髪の毛同士を擦り合わせないように、髪の毛をタオルではさみこんでポンポンと押さえるような感じで水分を吸い取る

ドライヤーをかける際は、髪から10cm以上できれば20cmほど離して、一点に熱が集中しないようにかけることを意識しましょう。
髪の毛の根元あたりに指をいれて、小刻みに動かしながらドライヤーの風を送り、乾かすのがおすすめです。

③頭皮ケア

抜け毛 本数 原因 対策抜け毛本数が気になり始めたら、抜け毛対策として、頭皮ケア(スカルプケア)を取り入れてみましょう。
頭皮ケアにおすすめのアイテムは育毛剤です。

育毛剤は「脱毛の防止及び育毛を目的とする外用剤」で、ドラッグストアや通販で手に入れることができる、抜け毛・薄毛対策の心強い味方です。

【おすすめの育毛剤】

資生堂 薬用アデノゲンEX【医薬部外品】

資生堂 薬用アデノゲンEX 抜け毛 本数 原因 対策内容量:150ml 参考価格:6,500円(+税)

抜け毛・薄毛が気になって、頭皮ケアを始めたい男性におすすめの育毛剤です。
フケ・かゆみを対策したい方にもおすすめです。

朝晩2回、清潔な頭皮に適量をつけ、あわせて軽く指の腹で頭皮マッサージをするのがポイントです。
頭皮をすこやかに保ち、育毛・養毛をサポートしてくれます。

ポーラ グローイングショット BK【医薬部外品】

POLA(ポーラ) グローイングショット BK 抜け毛 本数 原因 対策内容量:170ml 参考価格:6,000円(+税)

髪の毛のハリ・コシや抜け毛・薄毛などが気になり始めた女性におすすめの育毛剤です。
頭皮の血行をよくするための頭皮マッサージをあわせて行うことで、髪の毛をすこやかに保ち、育毛・養毛をサポートしてくれます。

パウダルコエキス・ワレモコウエキス・黒米エキスなどの保湿成分配合。

5. まとめ

抜け毛 本数 原因 対策抜け毛の本数が気になる方へ、抜け毛の本数を含めて、いつ・なぜ抜け毛が増えやすいのか、抜け毛対策で押さえるべきヘアケアのポイントは何かについてご紹介しました。

100本程度なら自然に抜けることがあると知ってほっとした方も多いのではないでしょうか。
でも、抜け毛の本数が以前より多い気がする…そんなときは不安で、何か対策をせずにはいられないものですよね。

ストレスは髪の毛にあまりよくないですから、難しく考えず、できることから始めてみるとよいですね。
まずはヘアケアを見直して、できれば頭皮ケアを取り入れてみることをおすすめします。

快適なシャンプー&スタイリング時間を過ごしてくださいね!

この記事は2017年1月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。