2016年10月19日 更新

今すぐオフィス美人になれる!好感度抜群の正統派メイクのポイント

オフィス メイク
「オフィスにふさわしいメイクをするには、どんな化粧品を使ったらいいの?」「オフィスメイクってどんなことを意識してメイクしたらいいの?」と思ったことはありませんか?
ビジネスシーンにおいて、好印象を与えるメイクをしたいですよね。

今回は好感度抜群のオフィスメイクの方法、メイク直しのコツなどについてご紹介します。

1. オフィスメイクとは

仕事メイク(Clara)
オフィスメイクの定義はありませんが、社会人のマナーとして、初めて会う人に対しても好印象を与えるようなメイクを意識するとよいでしょう。

どんなに仕事ができても、オフィスで浮いてしまうような濃いメイクや、ノーメイクは避けたいものです。

プライベートでのメイクとは違って「ナチュラルさ」「清潔感」「清楚さ」などを重視しましょう。
色味や濃さなどにも気をつけたいものです。

次の項目以降で早速、オフィスで好感を与えるメイクについて見ていきましょう。

2. 好印象を与えるオフィスメイクのポイント

オフィスメイクは、メイク感を強く出しすぎずに自然な美しさをイメージして仕上げます。

ナチュラルな血色感や肌のツヤ感を出すことで、好印象を意識しましょう。

2-1. ベースメイクで美肌づくり

好感度を重視したいオフィスメイクにおいて、ベースメイクによる美しい肌づくりは重要です。

オフィスに合う清楚できちんとした印象を演出するには、肌本来のツヤや素肌感を活かすようなメイクを意識するとよいでしょう。

ファンデーションのタイプでリキッドとパウダーのどちらを選ぶか、スポンジを使うかブラシを使うかなど、ベースメイクにもさまざまな方法があります。

ここでは乾燥しやすいオフィスにもおすすめの、リキッドファンデーションを使ったツヤ肌ベースメイクの手順をご紹介します。

【用意するもの】

・リキッドファンデーション
・リキッドファンデーション用ブラシ

①手の甲にリキッドファンデーションを出し、ブラシに取る。

⇒量は手の甲で調整しましょう。小さめのパール一粒分が目安です。
少なすぎても多すぎてもムラになってしまいます。

②頬、額、顎の順に大きく伸ばすように塗布してから、ブラシを往復させてなじませる。

⇒始めはざっくりでOK!そのあとムラをなくすように広く伸ばしていきましょう。

③ブラシに残ったクリームを鼻・目もと・口もとなどの細かい部分につけていく。

⇒つけすぎに気をつけることで、ムラ・化粧崩れを防ぎます。

④全体を確認し、ムラがあればブラシでなじませていく。

⇒フェイスラインなどはムラになりやすいので、よく確認しましょう。

⑤フェイスパウダーを乗せて完成!

⇒パフでしっかりつけた後、何もついていないパウダー用ブラシで磨くように余計な粉を払いましょう。
つけ過ぎを防いで、ツヤを出すと同時に崩れにくくします 。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
■POLA(ポーラ)B.A ザ クリーミィファンデーション(SPF15 PA+++)

pola クリーミィファンデーション
価格:11,000円(+税)

肌にとけ込むようなテクスチャーのリキッドファンデーションです。
気になる肌悩みをカバーしつつ、美しく澄んだ肌を演出してくれます。

2-2.アイラインとアイシャドウで目を大きくはっきり見せる

オフィスメイクでは、アイラインとアイシャドウで目の印象を大きくはっきり見せるとよいでしょう。

①アイライン

アイラインは、まつ毛1本1本の隙間を埋めるようにやや細めに入れます。

まつ毛の生え際にアイラインを入れると、黒目と目のフレームがつながり目の印象が大きくはっきりと見えます。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
■POLA(ポーラ)ミュゼル ノクターナル アイライナー リキッド

POLAリキッドアイライナー
価格:3,000円(+税)

握りやすくぶれにくい、掻きやすさが魅力のリキッドアイライナーです。
コシのある筆先で細いラインが描きやすく、くっきりとした目元に仕上げることができます。

②アイシャドウ

色味の落ち着いた、上品に見えるベージュ系・ブラウン系が使いやすくおすすめです。
アイシャドウで美しいグラデーションをつくることで、まぶたの奥行き感が出るのでまつ毛や瞳の黒が引き立ちます。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
■DHC(ディーエイチシー)パーフェクトアイシャドウパレット  BE01

DHCアイシャドウBE01
価格:1,600円(+税)

ナチュラルなグラデーションが簡単につくりやすいパレットです。
繊細な輝きが、上品で女性らしい目元を演出します。

2-3. オフィスメイクの主役はリップ

唇は顔の中でも、品性や自然な血色感を表現できる重要なパーツです。
口紅は程よく赤みがプラスされた、肌なじみのよい色を選ぶとよいでしょう。

ベージュ系やローズ系は、上品で肌なじみもよくオフィスメイクにぴったりです。

実際に試してみながら、自分の肌色に合ったものを見つけましょう。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
■Attenir(アテニア)プライムルージュ

アテニアプライムルージュ
価格:1,500円(+税)

・チアーベージュ
アテニアプライムルージュチアーベージュ
血色感のある赤とブラウンの絶妙カラーで、甘すぎず可愛い色味です。
なめらかでツヤのある質感も、オフィスメイクにぴったりです。

・カシスベージュ
アテニアプライムルージュカシスベージュ
上品で洗練されたローズ系ベージュで、ポーチに1つ入れておきたくなるような口紅です。
華やかさがありながら、しっかりとした印象を与える唇を演出します。

2-4. チークは自然になじむコーラルピンク

チークも口紅同様に、ほどよく血色感のあるコーラル系をおすすめします。
ふわっと肌にとけこむような血色感を、頬にプラスすることができます。

チークをブラシにつけたら、一度手の甲に置いてから、頬→こめかみに向かって斜めに塗ってみましょう。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
■POLA(ポーラ)ミュゼル ノクターナル フェイスカラー

POLAポーラフェイスカラーハイライト
価格:3,500円(+税)

3色を混ぜ合わせて頬にのせると、ふんわりやさしい印象を演出することができます。
肌なじみのよいカラーで、自然な血色感を出すことができます。

3. オフィスでの簡単メイク直し攻略(5分編・10分編)

朝しっかりメイクをしても、日中や夕方になるとどうしてもメイクの崩れが気になってくることがあります。

しかし仕事中は忙しく、メイクを直す時間もゆっくりとはいかないものですよね。

ここでは短時間でもさっと仕上がるメイク直しの方法を、時間別に2通りご紹介します。

3-1. メイク直し5分編

5分程度のわずかな時間しかないときには、メイクアイテムを次の4点に集約して直しましょう。

・フェイスパウダー
・口紅
・綿棒
・ティッシュ

■綿棒で目元のヨレを直す
■ティッシュで顔のテカリが気になる部分を軽く押さえ、フェイスパウダーをのせる
■口紅を塗りなおす

3-2. メイク直し10分編

メイク直しに少し時間の余裕があるときは、次の7アイテムを駆使してキレイにメイクを直しましょう。

・フェイスパウダー
・口紅
・綿棒
・ティッシュ(またはあぶらとり紙)
・チーク
・アイライナー
・アイシャドウ

★あると便利なもの
・乳液
・リップクリーム

【ベースメイク】

ベースメイクが崩れてしまった場合は、あぶらとり紙かティッシュで顔を軽く押さえ、余分な皮脂を取り除いていきましょう。

浮いた皮脂の上からパウダーをはたくと、余計にメイクが崩れてしまうからです。

テカリが出やすい額と鼻筋、つまりTゾーン中心にパウダーを乗せましょう。
簡単な手直しはブラシ、しっかり直したい方はパフを使うとよいでしょう。

【ポイントメイク】

■目元
目元がパンダ目のように滲んでしまった場合は、乳液を付けた綿棒で気になる部分を軽くなぞると簡単にオフできます。

その後、フェイスパウダーかパウダーファンデーションを使います。

パウダーを目元に軽くのせてからアイシャドウを重ねると、メイク後のさらっとした肌に戻すことができます。

■口元
口元は、まずリップクリームで唇の保湿を行いましょう。
その後、口紅を塗ります。

■頬
チークも意外と落ちやすい部分です。
メイクのいちばん最後に、バランスを取る様に足しましょう。

4. まとめ

オフィスメイクで各パーツのポイントを押さえることができれば、好感度抜群の美人顔に仕上げることができます。

ビジネスシーンでも好印象を与えるメイクで、自信を持って仕事へのモチベーションを上げていきましょう。

この記事は2016年3月26日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。