2016年10月19日 更新

自宅頭皮ケア始めてる? 髪を守るなら頭皮から! 自宅頭皮ケアの方法徹底解説!

頭皮ケア 方法

みなさんは自宅で頭皮ケアをしていますか? また、正しい方法を知っていますか?

最近、髪をきれいにすることだけを考えるヘアケアから、髪の土壌である頭皮を美しく保つためのお手入れ、「自宅での頭皮ケア」へ移行する人が増えています。

美しい髪は美しい頭皮から生まれます。頭皮が美しく保たれていれば、そこから生えてくる髪は当然、美しく健康な状態であるはずです
今回は、美しい髪を守るためにできる、自宅でできる頭皮ケアの正しい方法をご紹介します。
みなさんも、正しい頭皮ケアの方法を覚えて、頭皮と髪の美しさを見直しましょう。


1 健康な頭皮ってどんな頭皮?

みなさんは、健康的な頭皮の状態を知っていますか?

理想的な頭皮とは、適度な皮脂と十分なうるおいを持った状態のことを指します。
よく、皮脂は全て洗い流すべき、と勘違いをしている人がいますが、頭皮には適度な皮脂が必要です。
そのため、自宅で正しい頭皮ケアを行う際は、皮脂を洗い流しながらも、うるおいを残すことがポイントになります。

「適度な皮脂と十分なうるおいを持った頭皮」は、皮脂とうるおいのお手入れを行うことで、近づけることができます。

2 自宅頭皮ケアに取り入れたい「スカルプシャンプー」

健康な頭皮を保つためには、「頭皮を洗う」ために作られた、「スカルプシャンプー」を使うことも大切です。

そこで、肌らぶ編集部が「保湿」と「使い心地の良さ」で選んだ、おすすめのスカルプシャンプーをご紹介します。
スカルプシャンプー選びの参考にしてみてください。

ポッシュ ヘアケアシャンプー
url

多くの植物種子エキスを配合した、スカルプシャンプーです。
素髪から整えることを目的とし、髪に自然なハリ、コシを与えます。

ベルガモット果実油の爽やかな香りが、風になびく度ほのかに感じられます。

アスタリフト
アスタリフト
アミノ酸系洗浄料配合で、必要な皮脂は残しながらも、頭皮をさっぱりとやさしく洗うシャンプーです。
アスタキサンチンやヒアルロン酸といった保湿成分を配合。
髪の土壌である頭皮を洗うことでうるおわせ、髪にツヤやうるおいを与えます。

patron
url
髪と頭皮をともに健やかに保つことを大切にしたシャンプーです。
アスタキサンチン、ザクロ、ジオウなどの保湿成分配合。
髪にうるおいを与え、ハリのある健康的な姿へ。

黒髪スカルプharu
url
頭皮ケア、髪のボリュームに着目したノンシリコンシャンプー。
洗うことで頭皮をうるおわせます。

モンゴ流シャンプー
モンゴ
天然植物成分を配合した、スカルプシャンプーです。
洗浄することで、頭皮と髪にしっとりとしたうるおいを与えます。

3 スカルプシャンプーを使った自宅頭皮ケア方法

ここでは、スカルプシャンプーを使った自宅頭皮ケアを行う際に、気をつけたいポイントをご紹介します。
覚えておくと、スカルプシャンプーをしっかりと使いこなすことができますよ。

① スカルプシャンプーは夜に行う
頭皮ケアは夜に行うことをおすすめします。
髪は、午後10時から午前2時の間が最も成長しやすい時間帯といわれています。

② スカルプシャンプーはぬるま湯で使う
頭皮ケアは35度~37度程度のぬるま湯で行うようにしましょう。
冷水や熱すぎるお湯で頭皮のお手入れを行うと、かえって余分な負担をかけてしまう場合があるので、注意しましょう。

③ スカルプシャンプーは、頭皮を指の腹で丁寧にマッサージするように洗う
頭皮ケア用シャンプーは、頭皮を指の腹で丁寧にマッサージをするように洗いましょう。

頭皮をしっかりとマッサージするように洗うことで、落とすべき頭皮の汚れをしっかりと落とすことができます。

④ 頭皮ケア用シャンプーは丁寧に洗いながす
頭皮ケア用シャンプーは、すすぎ残しがないよう、丁寧に洗い流しましょう。
頭皮ケアは頭皮を清潔に保つことが必要です。
すすぎ残しは、頭皮の乾燥を引き起こす原因となる可能性があります。
すすぎ残しがないように、耳の後ろや襟足あたりも丁寧に、シャワーを当てるようにしましょう。
すすぎ洗いをする際は、やや弱めの水圧にしたシャワーヘッドを、頭皮から10㎝の距離まで近づけて洗い流すことをおすすめします。

4 シャンプー以外の自宅頭皮ケア方法

次に、シャンプー以外の、自宅で行う頭皮ケアの方法をご紹介します。

4-1 頭皮マッサージ

指の腹で頭皮マッサージを行うことで、頭皮をすこやかに保つことができます。
ここでは、基本的な頭皮マッサージの手順をご紹介します。

① 両手の指で頭を包むように掴み、指の腹で頭皮を撫でるようにやさしく揉みます。
② 一か所を揉んだら指の力を緩め、次の場所に移動してから、また指の腹で揉みます。
この動きを繰り返し、頭部をまんべんなく揉んでいきます。
③ 特に薄毛が気になる部分や、頭皮が硬いと感じる部分は重点的に行います。
力を強めるのではなく、やさしく何度も、繰り返し揉むことが大切です。
④ 最後に、手のひら全体を使って頭を包むように掴み、やさしくマッサージをします。

頭皮マッサージはお風呂上りに行いましょう。
お風呂から上がってすぐ~5分以内に行うことをおすすめします。

4-2 日常生活の見直し

日常生活における習慣を見直すことも、頭皮環境のために良いといわれています。
例えば、十分な睡眠をとること。
人間にとって、11時から0時の間に就寝し、6時から7時の間で起きる、というタイムスケジュールが理想的な睡眠時間といわれています。
生活リズムには個人差がありますが、深夜2時までには眠るように心がけることをおすすめします。

5 まとめ

さまざまな自宅でできる頭皮ケアの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
頭皮の状態を常に清潔に保ち、規則正しい生活を心がける。
それだけでも、頭皮を健やかに保つ助けになるはずです。

頭皮に違和感を感じたり、そろそろ自宅頭皮ケアがしたいな、と思ったら、特別なことをする前に、まずは今の生活を振り返ってみることもよいかもしれませんね。

※この記事は2016年3月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。