2019年7月16日 更新

可愛くなるには「3要素」!コツをおさえて誰でも可愛さを増す方法

①メイクを学ぶ・ヘアスタイルを変える

可愛くなるには
可愛くなりたいと考えている方の中には、「自分の顔が嫌い」とお考えの方もいるかもしれません。

しかし、現代はメイクグッズやテクニックが、インターネットや本などで、手軽に手に入れられる時代です。

もし顔にコンプレックスがあるなら、顔のパーツごとにコンプレックスを隠すためのメイク方法を調べて、取り入れてみてください。
例として、よく話題にされる悩みに合わせたメイク法をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

◆一重

・一重まぶた必見!アイラインの上手な引き方&選び方&おすすめアイテム10選

・一重まぶたにおすすめのアイシャドウ14選!選び方・塗り方で一重を印象的に!

◆目が小さい

・目を大きく見せるメイク方法|マスターしてぱっちり目に♡

◆小顔になりたい

・シェーディングで小顔を演出!選び方&入れ方とは?

◆鼻の形が気になる

・団子鼻よ、さようなら。私はメイクで、鼻筋を手に入れる!

可愛くなるには

また、顔の形が気に入らない場合には、顔の形をカバーするヘアスタイルに変える方法もおすすめです。

髪型は、顔全体の印象を左右する大切な要素。可愛い雰囲気を叶えるためには、髪型を変えることもひとつの近道かもしれません。

・髪型の名前を種類別に解説!ヘアスタイル一覧から、お気に入りを探そう!

◆丸顔さん

・丸顔に似合う髪型は?丸さを活かしたヘアスタイル紹介!

◆面長さん

・【面長に似合う髪型!】ポイントをおさえて理想のヘアに!

②オシャレをする

可愛くなるには服装や髪形に気を遣ってみましょう。

ファッション誌を見て研究したり、美容室に行って髪形を変えてみたりすると、分かりやすく可愛くなっていきます。
周りからも褒められることが増えたら、どんどんオシャレが楽しくなっていって、気持ちまで明るくなってくることでしょう。

可愛くなるには、自分に自信を持つことが大切。きっとオシャレがあなたの背中を後押ししてくれます。

③笑顔を心がける

可愛くなるには“笑顔”こそ、もっともお金をかけずに可愛くなる方法ではないでしょうか。
笑顔でいることは、異性にも同性にも好かれます。笑顔を見ると、親しみやすさや、人柄のよさを感じますよね。

ムスッとしている人と比べて、笑顔の人の方を可愛いく感じるのは、もはや説明の必要がありませんよね。
普段から表情に気をつけ、笑顔でいられるように心がけましょう。特に、好きな人の前なら、たくさん笑顔を見せるように意識してみてください。

3.可愛くなるには ~性格編~

周りに可愛いと思ってもらうために、意識してもらいたいことを、性格にしぼって5つお話しします。

①明るくふるまう

可愛くなるには

明るい性格の人の周りには、たくさんの人が集まるような気がしませんか?

ネガティブで、なんでも否定したり、どうせ自分なんて…と、卑屈な人は、一緒にいる人まで暗い気分になってしまいます。

ネガティブな人に好感を抱くのは難しいですが、いつもニコニコしていて明るい人とは一緒にいたいと思いますよね。

②一生懸命になる

可愛くなるには

一生懸命に頑張っている姿は、男女問わず好感度が上がるポイントです。

みんなが嫌がる雑用を積極的にやったり、勉強やスポーツなど、どれも手を抜かず、一生懸命取り組む人は、人間的に魅力を感じますよね。

中途半端にやったり、何に対しても手抜きをしている人は、魅力が半減することがあります。

③誰にでも優しくする

可愛くなるには

可愛い人は、優しい性格を持ち合わせています。

誰にでも平等に接し、困っている人がいたら、助けてあげるようにしましょう。

異性に優しくされて、思わず好きになってしまったというのは、よくある話です。困っている状況だからこそ、ちょっとした気遣いが嬉しく感じるからかもしれません。

また、せっかく優しくても、陰口を言っていては印象ダウンにつながります。悪口を言うのも控えめにしましょう。

④素直でいる

可愛くなるには

嬉しいときは喜ぶ、何かしてもらったら「ありがとう」と言う、楽しいときは笑うなど、いつも自分の気持ちに正直にいられるようにしましょう。

素直で天真爛漫な人は、どこか子どものようで、可愛らしいと感じますよね。

普段がクールなキャラクターの人が、たまに素直な一面を見せると、その可愛さがより引き立つでしょう。

気持ちを素直に出すように、意識してみてください。

⑤自分を好きになる

可愛くなるには

可愛い人は、自分の魅力的な部分や、可愛いポイントを知っていることが多いです。

自分のセールスポイントが分かれば、周囲の人に対して、売り込んでいきやすくなります。

自分のことを否定し続けていたら、顔も性格も、”可愛い”から遠ざかってしまいます。

一日の終わりには、自分がその日頑張ったことを褒めたり、自分の顔や体のパーツで好きなところを褒めたりしてみてください。

きちんと向き合えば、自分のいいところも見つかって、少しずつ自分を好きになっていけるはずです。

4.可愛くなるには ~仕草編~

可愛くなるのに大切な、仕草のポイントを3つご紹介します。

①上目遣い

可愛くなるには

上目遣いにキュンとする男性は、じつはまだまだ多いようです。

一説には、上目遣いをすると目が大きく見えるため、いつもより可愛く見えるのだそうです。
気になる人の顔は、上目遣いでのぞきこんでみましょう。

②両手で物を持つ

可愛くなるには

飲み物を持つときや、人に何か手渡すときは、片手ではなく両手を使うようにしてみましょう。

幼さの中に、丁寧さを感じてもらうことができます。

頬杖も、片手よりも両手の方がはるかに可愛らしいですよね。誰かに見られていなくても、日頃から意識することで、自然と身についていきますよ。

③目を見て話をきく

可愛くなるには

話を聞くときは、話している相手の目を見て話をききましょう。

話を熱心にきいている感じが伝わり、好印象なのはもちろん、気分よく話すことができますよね。

さらに、見つめられ続けていると、「ひょっとして自分に気があるのかな?」と、相手をドキドキさせることも期待できます。

5.まとめ

可愛くなるには

可愛くなるために、「可愛い雰囲気」を構成する三要素から、実際にどんな行動をしていったらよいかについてお話ししました。

可愛くなるには、見た目だけでなく、性格や仕草などの可愛いポイントをおさえることも大切なコツです。
もし見た目が可愛くないなら、性格や仕草などでカバーすればよいのです。可愛くなるために、今日からやってみてくださいね!

◆恋愛・結婚 肌らぶ関連記事◆

色っぽいメイクのポイントとは?
男性が好きな女性のメイクと苦手なメイクとは?
合コンで盛り上がる話題&NGな話題とは?
合コン後に送るメールの内容とポイント♡例文集

彼氏がかわいい♡と思う甘え方
結婚を考える彼氏が見せるサインとは?

恋愛・結婚 関連記事 新着一覧
プレ花嫁応援 特集 記事一覧

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!