2017年4月12日 更新

20代はファンデーション選びが大切♡肌らぶ編集部おすすめご紹介

20代 ファンデーション「20代ってどんなファンデーションを使えばいいの?」

「年齢に合わせてファンデーションも変えるべき?」とお悩みではないですか?

メイクを覚えたての10代の頃は、手頃に買えるファンデーションをなんとなく使っていた方も、20代にもなるときちんと自分に合ったファンデーションが欲しくなるかもしれません。

しかし、山ほどあるファンデーションの中から選ぶのは、なかなか大変です…。

そこで今回は、肌らぶ編集部が20代のファンデーション選びをお手伝い!

選び方のポイントから、肌らぶ編集部がおすすめしたいファンデーションまで、ご紹介いたします♪



1.20代のファンデーション選びのポイント

20代 ファンデーションファンデーションを選ぶ際には、以下の2つのポイントを押さえておきましょう。

①ファンデーションのタイプをチェックする

ファンデーションは、さまざまなタイプがありますが、主なタイプは「パウダーファンデーション」「リキッドファンデーション」「クリームファンデーション」の3つです。

それぞれに良さがあるので、自分が求める質感や使いやすさなどに応じて選ぶと良いでしょう。

■パウダーファンデーションはこんな人におすすめ!

20代 ファンデーションパウダーファンデーションは、比較的薄付きで塗りムラができにくいので、ナチュラルメイクの方やメイクを手軽に済ませたい方におすすめ。

また、コンパクトに入っているものが多いので、化粧直し用にも重宝するアイテムです。

■リキッドファンデーションはこんな人におすすめ!

20代 ファンデーション
リキッドファンデーションは、肌なじみがよくぴたっと密着するため、シミや毛穴などの肌悩みをしっかりとカバーしたい方におすすめ。

また、みずみずしい使用感なので、手軽にツヤ肌を演出することができます。

■クリームファンデーションはこんな人におすすめ!

20代 ファンデーション
クリームファンデーションは油分が多く含まれていて、しっとりとした使用感なので、乾燥しやすい肌の方にもおすすめ。

気になる肌悩みもしっかりカバーするため、きちんとした品のある肌を演出することもできます。

②保湿成分が配合されているかチェックする

20代 ファンデーションファンデーションを買う前にパッケージをチェックして、保湿成分が配合されているかチェックしてみるのもおすすめです。

20代の肌は、10代の頃と比べると水分・皮脂量が減少しやすいと考えられています。

加えて、冷暖房の効いた大学やオフィスで、メイクをしたままの時間が長くなるため、肌が乾燥しがちです。

スキンケアによる保湿だけでなく、保湿成分が配合されたファンデーションを活用して、メイク中の肌の乾燥を防ぎましょう。

選ぶ際には、以下の保湿成分を参考にしてみてください。

【保湿成分の例】
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・スクワラン
・ワセリン
・メーカー独自の保湿成分 など

2.【肌らぶ編集部セレクト】20代におすすめのファンデーション

ここでは、肌らぶ編集部が20代の皆様におすすめしたいファンデーションをご紹介します。

保湿成分配合のミネラルファンデーションを選んだので、ぜひ、自分に合ったファンデーション選びの参考にしてみてくださいね!

エトヴォス タイムレスミネラルファンデーション
エトヴォス タイムレスミネラルファンデーション販売会社:株式会社エトヴォス
全6色
SPF26・PA++

ふんわりとしたマット肌を演出するパウダーファンデーションです。

ミネラルファンデーションながら、毛穴や肌の赤みを自然にカバーします。

保湿成分として「ヒト型セラミド」「ヒアルロン酸」等を配合。

クレンジング不要で、石けんで簡単にメイクオフできます。

また、化粧下地も不要なので、時短メイクがしたい方にもおすすめです。

>>>エトヴォス 公式HPはこちら

エトヴォス ミネラルリキッドファンデーション
20代 ファンデーション
販売会社:株式会社エトヴォス
全2色
SPF18・PA++

透明感のある肌を演出するリキッドファンデーションです。

ナチュラルなツヤ・ハリを与え、みずみずしさを感じるうるおい肌に仕上がります。

保湿成分として「ヒト型セラミド」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」等を配合。

クレンジングいらずで、石けんでメイクオフできるのも嬉しいポイント。

化粧下地も不要なので、手軽にメイクしたい方にもおすすめです。

>>>エトヴォス 公式HPはこちら

エトヴォス クリーミィタップミネラルファンデーション
20代 ファンデーション
販売会社:株式会社エトヴォス
全3色
SPF25・PA++

肌をポンポンと軽くタップするだけでベースメイクが完成する、コンパクトタイプのクリームファンデーションです。

うるおいを感じる、輝くようなツヤ肌を演出します。

保湿成分として「植物性セラミド」「カミツレ花エキス」「ホホバ種子油」等を配合。

化粧下地・クレンジング不要なので忙しい方にもおすすめしたい一品です。

>>>エトヴォス 公式HPはこちら

3.ファンデーションは季節に合わせて切り替えよう

ファンデーションは、3~4月を目安に春夏用へ、9~10月を目安に秋冬用へ切り替えることをおすすめします。

20代 ファンデーション
3~4月は紫外線量が増えるのと同時に、気温が上がり始め、汗や皮脂が増える時期。

9~10月は気温・湿度が下がり始め、乾燥しやすくなる時期です。

多くの化粧品メーカーでは、汗や皮脂で崩れにくく、日焼け対策に力を入れた春夏用ファンデーションと、肌の乾燥を防ぐことに力を入れた秋冬用ファンデーションが販売されています。

これは、季節が変わると肌状態も変化するため、ファンデーションも季節に合わせて切り替えることで、より美しく仕上げることができると考えられているからです。

ファンデーションの切り替え時期は、自分の肌状態を見直す機会にもなります。

自分の肌に合ったファンデーションを選ぶためにも、ぜひ使い分けをしてみてくださいね。

4.まとめ

今回は、20代のファンデーション選びのポイントと、肌らぶ編集部がおすすめしたいファンデーションをご紹介しましたがいかがでしたか?

年齢が変われば、肌や環境も変わるもの。

そのときどきの自分に合ったファンデーションを使うことが大切です。

今回の内容を参考に、自分に合ったファンデーションを見つけて、輝く20代ライフを過ごしましょう!

この記事は2017年4月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。