メニューを開く
アスタリフト;

香水の種類~香りまでの全てを徹底解説!

香水 種類

香水が欲しい!でもどんな香水があるのか分からない。合わなかったらどうしよう。また、どんな風に香水を選べば良いのか基準が分からない。そんな方は香水の種類や香りの系統、持続時間などを参考に選んでみてはいかがですか?今回は香水の種類を細かく詳しく分かりやすくお伝えします!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.香水の種類と特徴

香水を選ぶ上でまず覚えておいた方がよいのは香水の種類と特徴です。
香水のボトルの裏には「オーデコロン」「オードトワレ」「オーデパルファン」「パルファン」の4種類いずれかの記載があり、それがその香水の呼び名です。
この呼び名は香水の種類を表していて、それぞれ香りの濃度と持続時間が異なります。

①パルファン
一番濃度、香りが濃いのがパルファンです。香水とは本来このパルファンのみを表します。
しかしこのパルファンはほとんど世間に出回ってなく種類もごくわずかです。
・濃度・・・20~30%
・持続時間・・・5時間~半日程度

②オーデパルファン
「オーデ」とは薄いという意味でパルファンよりも濃度が薄いことを表しますが一番パルファンに近くなります。
シャネルやクロエなどの濃厚な香りはオーデパルファンが多く、しっとりとした重みのある香りが長時間続きますので、しっかりと香りをまといたい方はこのオーデパルファンを選ぶと良いでしょう。
・濃度・・・・7~15%
・持続時間・・・5時間程度

③オードトワレ
オーデパルファンよりも軽やかに香ります。
普段使いや香水をあまりつけ慣れていない方にもおすすめの種類です。
しかしメーカーによってはオーデパルファンのようにしっかり香るものもありますので、テスターでしっかり確かめてください。
・濃度・・・5~10%
・持続時間・・・3時間程度

④オーデコロン
オーデコロンは一番濃度が薄くつけ心地もライトです。
メーカーによってはとても安く手に入るコロンもありますので香水自体は苦手だけどほんのりと香りをつけたい方はオーデコロンをとり入れてみてはいかがでしょうか?
・濃度・・・2~5%
・持続時間・・・2時間程度

Pocket
LINEで送る