メニューを開く
アスタリフト;

しわが気になる方必見!おすすめ化粧品8選|スキンケアのポイント

しわ 化粧品しわが気になるとき、「どんな化粧品でスキンケアをしたらいいののかな。効くものはあるの?」と考えたことはありませんか?

ここでは、しわの種類と原因、おすすめの化粧品8選とスキンケアのポイントをご紹介します。

現在しわに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.しわの種類と原因

「しわ」とは、皮膚の表面にできてしまう年齢サインのひとつで、「浅いしわ」「深いしわ」「表情じわ」の3種類があるといわれています。

まずは自分の気になるしわが、どの種類なのか確認してみましょう。

1-1.浅いしわ

目元_しわ05
浅いしわは、お風呂上がりやスキンケアをした直後など、肌にうるおいがある状態では消えるのが特徴です。

目元や口元など、皮膚が薄く皮脂量が少ない部分にできやすくなります。

このしわは、肌のうるおいが不足して、乾燥することが原因だといわれています。

そのため、肌にしっかりとうるおいを維持できるように、保湿することをおすすめします。

浅いしわは、放っておくと深いしわになってしまうこともあるため、早めにお手入れによる対策をしましょう。

1-2.深いしわ

目元_しわ04
深いしわは、しわが太くはっきりとしていて、皮膚がたるんでいるのが特徴です。

特に、額や上まぶたのくぼみ、口の周りに深く刻まれやすくなります。

このしわは、加齢による肌のハリ・弾力の低下が原因といわれているため、一度できてしまうと解消することは難しくなります。

上手に肌にハリを与える化粧品やストレッチなどを活用しましょう。

1-3.表情じわ

目元_しわ06
表情じわは、表情をつくったときにできるしわが、表情をつくらない状態でも消えずに残ってしまうのが特徴です。

笑ったときに深くなる目尻のしわ、眉間に力を入れることでできる眉間のしわ、眉を上げ下げすることでできる額の横じわなどが、表情じわと呼ばれています。

このしわは、毎日の生活の中で繰り返している、表情の癖が原因でできてしまうといわれています。

表情じわも、肌のうるおいが不足すると、深いしわになってしまう可能性があります。

2.しわが気になる方へ!化粧品の選び方

高級化粧品

冒頭で、しわの種類と原因をお伝えしましたがここでは、しわが気になる方が意識すべき、化粧品の選び方をご紹介します。

2-1.浅いしわには保湿成分がメインで配合された化粧品を選ぶ

保湿イメージ

浅いしわには、保湿成分がメインで配合された化粧品を選びましょう。

浅いしわの主な原因は乾燥です。乾燥によりうるおいが不足してしまっている肌には、水分と油分をしっかりと与えることが必要です。

下記のような保湿成分が配合された化粧品を積極的に取り入れましょう。

◆保湿成分◆
・セラミド(成分表示例:セラミド1.セラミド2.セラミド3.セラミドNPなど)
・コラーゲン(成分表示例:水溶性コラーゲン.加水分解コラーゲンなど)
・ヒアルロン酸(成分表示例:ヒアルロン酸Naなど)
・リピジュア(成分表示例:ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン)
・アミノ酸(成分表示例:リシン.セリン.アルギニンなど)

2-2.深いしわには肌にハリを与える成分がメインで配合された化粧品を選ぶ

shutterstock_365083238

深いしわには、肌のハリや弾力を与える成分がメインで配合された化粧品を選びましょう。加齢により肌のコラーゲン量が減少してしまっている肌には、肌にハリや弾力を与える成分が必要です。

下記のような肌にハリを与える成分が配合された化粧品を積極的に取り入れましょう。

◆肌にハリを与える成分◆
・ビタミンC誘導体(成分表示例:リン酸アスコルビル.パルミチン酸アスコルビルなど)
・レチノール(成分表示例:パルミチン酸レチノールなど)
・ナイアシン(成分表示例:ナイアシンアミド)
・アルジルリン(成分表示例:アセチルヘキサペプチド‐8)

3.しわが気になる方必見!おすすめ化粧品8選

ここでは、しわが気になる方へおすすめしたい化粧品をご紹介します。

今回は、化粧品の中でも「美容液」に着目して、「保湿を徹底した化粧品」と「肌にハリを与える化粧品」に分けてご紹介します。

美容液は、化粧水や乳液などの他のスキンケア化粧品に比べても濃縮した美容成分が配合されているものが多いので、肌悩みの解決が期待できます。

3-1.保湿に着目|おすすめ化粧品4選

ここでは、肌の保湿ケアにおすすめの化粧品4選をご紹介します。保湿成分に着目して選びました。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ【美容液】

アスタリフト
【全成分】
水、グリセリン、ベタイン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、BG、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、加水分解シロバナルーピンタンパク、トコフェロール、コレステロール、エチルヘキシルグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ラウリルカルバミン酸イヌリン、オレイン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベdン

◆肌らぶ編集部 コメント◆
肌にうるおいを与える先行型ジェリー状美容液で、富士フイルム独自の技術によりナノサイズ化された保湿成分「ヒト型ナノセラミド」が配合されています。

角質層のすみずみまでうるおいとハリを与えて、乾燥・シワ対策を行います。
次の化粧品の肌なじみも良くなるので、肌全体の保湿ケアにもおすすめです。

エトヴォス モイスチャライジングセラム【美容液】

etvos

【全成分】
水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

◆肌らぶ編集部 コメント◆
保湿成分「セラミド」「ヒアルロン酸」配合の美容液です。

日中の乾燥しがちな肌にうるおいを与えて、キメを整え、シワを防ぎます。
みずみずしさのあるテクスチャーで、肌へのなじみのよさも魅力的です。

ブルークレール リペアモイストWエッセンス【美容液】

ブルークレール
【全成分】
水、ダマスクバラ花水、グリセリン、ビスグリセリルアスコルビン酸、αーアルブチン、水溶性コラーゲン、ダマスクバラ花エキス、ローマカミツレ花エキス、セラミド3、スフィンゴ糖脂質、アセチルヘキサペプチドー8(アルジルリン)、ヘキサペプチドー10、プラセンタエキス、アケビエキス(植物性プラセンタ)、ハナビラタケエキス、ハチミツ、オウゴン根エキス、クズ根エキス(カッコンエキス)、マグワ根皮エキス(ソウハクヒエキス)、ビワ葉エキス、ドクダミエキス、キハダ樹皮エキス(オウバクエキス)、ヒアルロン酸Na、褐藻エキス、ヨーロッパアキノキリンソウエキス、シロキクラゲ多糖体、アロエベラ葉汁、ダマスクバラ花油、ローズマリー葉エキス、PCAーNa、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、キサンタンガム、アニス酸Na、レブリン酸Na、クエン酸、クエン酸Na、イソステアリン酸

◆肌らぶ編集部 コメント◆
オーガニック原料と白神山地の湧水を使用して作られた、国産の無添加*美容液です。(*合成保存料・合成界面活性剤・合成ポリマー・合成紫外線吸収剤・シリコンオイル・鉱物油・合成着色料・合成香料フリー)

保湿成分「コラーゲン」「セラミド」「ヒアルロン酸」が配合されており、加齢による乾燥シワが気になる方にもおすすめです。

うるおいとハリ、ツヤを与えて、肌を整えます。柔らかいローズの香りも魅力的です。

アヤナス エッセンス コンセントレート【美容液】アヤナスエッセンス

【全成分】
水、グリセリン、ジグリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水添ポリオレフィン(C6-12)、プロパンジオール、BG、水添ナタネ種子油、水添レシチン、PEG-150、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

◆肌らぶ編集部 コメント◆
保湿成分「ヒト型セラミド」配合の美容液です。

肌にうるおいを与え、なめらかにしてうるおします。肌にすーっとなじんでやさしく包み込むようなテクスチャーです。

3-2.肌にハリを与える|おすすめ化粧品4選

ここでは、肌にハリを与える、おすすめの化粧品をご紹介します。

肌にハリを与える成分とエイジングサインに着目したブランドの中から選びました。

フラセラ アンフェイディングセラム【美容液】

フラセラ
【全成分】
水、BG、ヘキサンジオール、フラーレン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、セレブロシド、ユビキノン、スクワラン、プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルオリゴペプチド、グリセリルグルコシド、トラネキサム酸、エラグ酸、α- アルブチン、ザクロエキス、スギナエキス、ホップエキス、マツエキス、レモンエキス、ローズマリーエキス、エーデルワイスエキス、ハチミツ、ダイズエキス、グレープフルーツ果実エキス、レシチン、アルギニン、エナンチアクロランタ樹皮エキス、オレアノール酸、グリチルリチン酸2K、グリセリン、PVP、ポリソルベート20、カルボマー、キサンタンガム、マルトデキストリン、水酸化K、PEG-60 水添ヒマシ油、ジャスミン油、ティーツリー油、フェノキシエタノール

◆肌らぶ編集部 コメント◆
とろりとしたテクスチャーで、肌にハリとツヤを与える美容液です。

整肌成分「ビタミンC誘導体」「フラーレン」配合。乾燥小じわなどの年齢サインが気になる方におすすめです。

ビーグレン Qusome レチノA【美容液】

ビーグレン
【全成分】
水、 スクワラン、 グリセリン、 ローズヒップ油、 ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、 ジステアリン酸PEG-23グリセリル、 ゴヨウマツ種子油、 セテアリルアルコール、 マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、 ペンチレングリコール、 ジメチコン、 トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、 シア脂、 バチルアルコール、 レチノール、 レチノイン酸トコフェリル、 トコフェロール、 トリフルオロアセチルトリペプチド−2、 グルコシルルチン、 アルギニン、 ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、 セレブロシド、 コレステロール、 ジグリセリン、 シロキクラゲ多糖体、 マカデミアナッツ油ポリグリセリル-6エステルズベヘネート、 キサンタンガム、 BG、 ヤシ油、 パルミチン酸セチル、 ステアリン酸バチル、 ステアリン酸ステアリル、 ステアリン酸グリセリル、 ステアリン酸PEG-45、 ステアレス-20、 コレス-24、 エチルヘキシルグリセリン、 カルボマー、 カプリル酸グリセリル、 EDTA-2Na、ソルビン酸K

◆肌らぶ編集部 コメント◆
コクのある濃厚なテクスチャーの美容液です。

エイジングサインが気になる肌にハリを与え、なめらかにします。ハリを与える成分「レチノール」配合。

ジュランツ ウルトラセラムⅡ【美容液】

ジュランツ
【全成分】
水、シクロペンタシロキサン、センチフォリアバラ花水、BG、フェニルトリメチコン、水添ポリイソブテン、エタノール、グリセリン、リンゴ果実エキス、ヒアルロン酸Na、リンゴ果実培養細胞エキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、パルミチン酸アスコルビルリン酸Na、オタネニンジン根エキス、褐藻エキス、パルミチン酸レチノール、カミツレ花エキス、ハマメリス葉エキス、スギナエキス、トレハロース、グルコース、レシチン、ダイズ油、コーン油、ラウロイルラクチレートNa、コレステロール、ジメチコノール、アクリレーツクロスポリマー、アクリル酸アルキルクロスポリマー、アクリル酸アルキルC10-30クロスポリマー、キサンタンガム、カルボマー、カラメル、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

◆肌らぶ編集部 コメント◆
皮膚科医が開発した、みずみずしくなめらかなつけ心地の美容液です。肌にうるおいとハリを与えて、すこやかに保ちます。

保湿成分「セラミド」や整肌成分「ビタミンC誘導体」配合。

セルピュア エッセンス【美容液】

セルピュアエッセンス
【全成分】
水、BG、ペンチレングリコール、ベタイン、フラーレン、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、リン酸アスコルビルMg、カンゾウ根エキス、アセチルヘキサペプチド-8、ポリグルタミン酸、サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、アルゲエキス、グルコシルルチン、メマツヨイグサ種子エキス、マグワ根皮エキス、マヨラナ葉エキス、ワイルドタイムエキス、オタネニンジン根エキス、サッカロミセスセレビシアエエキ、ローヤルゼリーエキス、水添レシチン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ラフィノース、PCAイソステアリン酸グリセレス-25、1,2-ヘキサンジオール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルグルタミン酸Na、コレステロール、シリカ、キサンタンガム、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、PVP、エタノール、水酸化K、クエン酸Na、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果皮油

◆肌らぶ編集部 コメント◆
保湿成分「セラミド」や美容成分「フラーレン」が配合された美容液です。肌のキメを整えながら、うるおいとハリを与えます。
気になるシワにもなじみやすいテクスチャーです。

4.気になる「しわ」を予防対策|スキンケアのポイント

しわのできにくい肌を目指すためには、うるおいのあるすこやかな肌を保つことが大切です。

そのため、毎日のお手入れを丁寧に行うようにしましょう。ここでは、しわの予防対策として意識すべきポイントをお伝えします。

どれも基本的なことのように見えますが、この基本こそ、自分の肌を美しく保つためにとても重要なことです。自分が普段行っているスキンケアを振り返ってみましょう。

①肌にはやさしく丁寧に触れることを心がける

美白化粧水 40代50代
スキンケアを行う際は、常に、肌にやさしく丁寧に触れることを心がけましょう。

なぜなら、顔の皮膚はとても薄く繊細なつくりになっているので、肌をゴシゴシとこすったり、コットンで力を加えてふき取ったりすると、肌には大きな摩擦となって、ダメージを与えてしまうことがあります。

また、ピーリングやスクラブなども、強い力をくわえながら使用することで、肌を傷つけてしまう可能性があります。

さらに、マッサージでむやみにしわを引きのばそうとすると、かえって肌にダメージを与えてしまい、しわを深くする原因をつくってしまうことも。

コットンを使ってお手入れをすることや、ピーリング・スクラブ・マッサージなどは、本来は肌をより美しくするためのスキンケアです。

しかし、間違ったスキンケアにより肌にダメージを与えることもあるため、肌には極力刺激を与えないことを常に心がけましょう。

②正しい使用量・使用方法を守る

セラミド美容液
自分が使用している化粧品の使用量や使用方法を、再度確認してみましょう。

メーカーが定める化粧品の使用量は、その商品が角質層のすみずみにしっかりと浸透し、肌に十分なうるおいを与えるための目安量です。

そのため、まずは目安量通りに使用することをおすすめします。

その上で、物足りなさを感じたり、べたつきが気になったりした場合は、少量ずつ量を加減して、自分にとってベストな使用量を見つけましょう。

5.まとめ

毛穴ケア 自宅
しわが気になる方は、スキンケアの基本を守り、うるおいのあるすこやかな肌を保つことが大切です。

そのうえで、しわの対策ができる化粧品を上手に活用し、しわの目立たない、なめらかな肌を目指しましょう。

※この記事は2016年9月26日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る