2019年6月28日 更新

乾燥肌を化粧水で満たしたい♡20代~50代&悩み別&プチプラ&メンズも

乾燥肌 化粧水 TOP

乾燥肌であることを忘れてしまうほど、相性の良い、しっくりくる化粧水があれば!
乾燥肌にお悩みならきっとそう願わずにはいられないですよね。

みずみずしいうるおいをたっぷりと与えて肌を角質層からきちんと満たしてあげると、乾きやすくカサつく乾燥肌も、しっとりなめらかに整います。

今回は、乾燥肌に悩む方が自分にあう化粧水を見つけられるよう、タイプの違う化粧水をさまざまな角度からご紹介していきますので、ぜひこの機会に今の自分にあう化粧水を見つけてください♡

20代から50代までの年代別
敏感肌やニキビ、シミ・そばかすなどのお悩み対策別
ドラッグストア市販のプチプラ
メンズ向け

また、あわせて【乾燥肌のスキンケアポイント】もご紹介します。
上手にお手入れして、乾きやすい肌をうるおいで満たし、みずみずしくキープしていきましょう。

1. 乾燥肌に必要なのは?

乾燥肌 化粧水乾燥肌に必要なのは、肌に必要なうるおいを奪わないで守るお手入れを心がけること、そして不足を補うケアを行うことです。

もちろん生活習慣を意識し体の内側から整えていくことも大事ですが、シンプルに、今すぐ自分で、肌に直接できることと言えばこの2つです。

化粧水にできるのは、「うるおい不足の肌にうるおいを補給するケア」です。

乾燥肌 化粧水乾燥肌は一般的に、肌の水分および油分が不足し、肌がカサついたり粉吹いてしまったりしやすい状態にあります。

そのままでは肌印象もくすんであまりよくないですし、肌がザラザラしたりごわついたりして感触もあまり心地よくありません。また、メイクのノリもイマイチになります。

まずは、化粧水で水分補給するケアからはじめてみましょう。肌がなめらかに整えば、一日のはじまりも終わりもきっとより快いものになるでしょう♪

●関連記事⇒【顔乾燥の原因と対策】

2. 乾燥肌に化粧水!年代別おすすめ

乾燥肌 化粧水ではさっそく、乾燥肌に悩む方におすすめしたい化粧水を年代別にご紹介していきます。

20代、30代、40代、50代…年代によって、肌のうるおいバランスは変化します。
年齢を重ねるほど乾燥しやすくはなりますが、20代でも乾燥肌に悩む方は意外と多いものです。皮脂は出ていて油分は足りているけど角質層の水分が足りていないインナードライ肌の方もいらっしゃいます。

乾燥に悩むからこそ、高保湿のイメージが強いブランドが気になってしまうかもしれませんが、まずは年代に合わせたケアができる化粧水をチェックしてみてくださいね。

乾燥肌に化粧水!
20代におすすめの保湿化粧水

乾燥肌 化粧水20代に入ると、10代に比べ少しずつ皮脂分泌は落ち着いてくるものの、まだ部分的なテカリ・べたつきは気になったり、そうかと思うとお肌の曲がり角なのか、頬やフェイスラインあたりの乾燥・肌荒れが気になる方も出てきます。

勉強・仕事・プライベートに忙しい20代は「まだ大丈夫」と、もしかしたらスキンケアの手を抜きがちかもしれません。
でも本当は、ゆらぎやすい肌をすこやかに保ち、キメの整ったみずみずしい肌に保っていくには、毎日の丁寧な保湿スキンケアが重要です。

保湿成分がきちんと配合された化粧水で丁寧なうるおい補給を行っていきましょう。

ETVOS(エトヴォス)モイスチャライジングローション
ETVOS(エトヴォス)モイスチャライジングローション詳細をチェック! 価格:3,200円(税抜)

うるおいが欲しい!乾燥が気になる!という方におすすすめの保湿化粧水です。保湿成分として植物由来成分の「ラベンダー花エキス」「アロエベラ葉エキス」「クズ根エキス」を配合しています。
トライアルセット1,900円(税抜)では、洗顔石鹸、化粧水、美容液、保湿クリームの4点が試せます。美容液とクリームには、ヒト型セラミドを5種類(保湿成分:セラミド1・2・3・5・6Ⅱ)配合。肌をやわらげながら、うるおいとツヤを与え、しっとりなめらかに整えてくれます。

詳細をチェック!

●関連記事⇒【20代に使いたい基礎化粧品とは?】

乾燥肌に化粧水!
30代におすすめの保湿化粧水

乾燥肌 化粧水肌の乾燥・カサつきがより頻繁に気になり始める30代。仕事に家事・育児、スキルアップの勉強にプライベート、忙しさは増すばかりですよね。

生活の変化で心も体もゆらぎやすい30代のスキンケアには、きちんと保湿できるのはもちろんのこと、使うことで気分が上がったり、納得感のもてる化粧水を使うことを、実はおすすめしたいです。

自分自身、そして肌への思いやりとして、ずっと気になっていたりあこがれていたりしたブランド化粧水を使ってみませんか?

SK-II フェイシャル トリートメントエッセンス
SK-IIフェイシャルトリートメントエッセンス詳細をチェック!価格:17,000円(税抜) 容量:160mL ★1mLあたり約106.3円

SK-IIブランドのアイコン的存在の化粧水です。
お酒を造る“杜氏”の手が美しかったことにインスピレーションを得て生まれた、整肌保湿成分「ピテラ」を配合しています。
フェイシャル トリートメント エッセンスは、35年以上変わらず愛され続ける、まるで美容液のような化粧水だといわれています。
うるおいを与えながら肌表面を保護し、すこやかでキメの整ったツヤ肌をサポート。乾燥を防いで、肌をなめらかに整えます。

詳細をチェック!

●関連記事⇒【30代のスキンケア|まとめ】

乾燥肌に化粧水!
40代におすすめの保湿化粧水

乾燥肌 化粧水40代はさまざまな経験を経て、大人の余裕を見せたいところ。だけど、肌のハリ不足・ツヤ不足で思い切り笑えない…そんな事態は避けたいですよね。

乾燥しがちな肌に、しっかりとうるおいを与えて、同時にハリ・ツヤ補給もしていきましょう!

また、エイジングケア*は継続が大事です。無理なく毎日、惜しみなく使えるコスパのよい化粧水にも注目してみてくださいね。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ

エリクシール シュペリエル リフトモイストローション(医薬部外品)
エリクシール シュペリエル リフトモイストローション詳細をチェック!価格:3,000円(税抜)

だんだん肌のハリが足りなくなってきた、肌の乾燥やカサつきが気になる。そんな肌におすすめしたいエイジングケア*化粧水です。
肌をうるおして、ハリとツヤを感じる、みずみずしい肌へ導きます。保湿成分に「クレソンエキスBG」や「コラーゲンGL」を配合。
心地よいアクアフローラルの香りがスキンケアタイムを明るく包んでくれます。
トライアルセット1,100円(税抜)でまずはエリクシールのハリ・ツヤ肌を試してみては?
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

詳細をチェック!
●関連記事⇒【おすすめエイジングケア化粧品】

乾燥肌に化粧水!
50代におすすめの保湿化粧水

乾燥肌 化粧水50代になると、普通肌の方でも肌のカサつきや乾燥による肌くすみ、ハリ不足といったエイジングサインが目立ちやすくなったりします。
乾燥肌タイプならなおさら、しっかりとうるおいを与えてケアしていくことが必要になってくるでしょう。

カサつき、ごわつき、くすみ、ハリ不足のもとになる乾燥をしっかりお手入れできて、肌にみずみずしさ・ツヤ感・やわらかなハリを与えてくれるエイジングケア*化粧水で日々のケアを行ってくださいね。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

ポーラ(POLA) B.A ローション
B.A ローション詳細をチェック!価格:20,000円(税抜)

ポーラが自社最高峰と謳うエイジングケア*ライン「B.A」の化粧水。
ポーラ独自の保湿成分として、黄金の繭から抽出した「ゴールデンLP(加水分解シルク)」をはじめ、「EGクリアエキス」や「YACエキス」を配合。みずみずしくコクのあるテスクチャーのローションが溶け込むようになじみ、肌をやわらげてしなやかなハリを与え、キメを整えます。
イランイランやブラックバニラ、ブラックペッパーをベースにブレンドしたフローラルウッディの香り。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

詳細をチェック!
●関連記事⇒【50代おすすめ化粧水】

3. 乾燥肌に化粧水!ドラッグストア プチプラ おすすめ

乾燥肌 化粧水乾燥肌だからこそ、顔にもデコルテにも、からだにも、化粧水をバシャバシャ惜しみなく使いたい!そんな方も多いと思います。

ここでは、乾燥肌におすすめの保湿化粧水の中から、ドラッグストアで市販されていて手に取りやすい、1,000円以下のプチプラ化粧水をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

乾燥肌に化粧水!ドラッグストアプチプラのおすすめ
ハトムギ化粧水 ナチュリエ スキンコンディショナー
ナチュリエ ハトムギ化粧水詳細をチェック!価格:650円(税抜)

天然植物成分ハトムギエキス(保湿成分)配合で、みずみずしい使い心地の化粧水。
化粧水としては大容量の500mlボトルが特徴的で、顔だけでなくボディケアにも、またコットンパックなどにもバシャバシャとたっぷり使いやすい化粧水です。ドラッグストアなどでも購入可能で、手に取りやすい価格ももちろん魅力。
無香料、無着色、オイルフリー、界面活性剤フリー。

詳細をチェック!
乾燥肌に化粧水!ドラッグストアプチプラのおすすめ
セラコラ 超しっとり化粧水
セラコラ 超しっとり化粧水詳細をチェック!価格:800円(税抜)

明色化粧品「セラコラ」シリーズの化粧水。とろとろでこくのあるテクスチャーが肌をしっとりと包みこみます。
保湿成分として「セラミド1」「セラミド3」「セラミド6Ⅱ」、「コラーゲン」を配合。肌にハリを与えてすこやかに保ちます。
乾燥肌向けの「超しっとり化粧水」のほか、普通肌~乾燥肌向けの「しっとり化粧水」も展開されていて肌の状態に合わせて使い分けることができます。
無香料、無着色、アルコールフリー。

詳細をチェック!
乾燥肌に化粧水!ドラッグストアプチプラのおすすめ
菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿
菊正宗_日本酒の化粧水_高保湿詳細をチェック!価格:840円(税抜)

日本酒由来の「コメ発酵液」を保湿成分として配合した保湿化粧水です。
サラサラのテクスチャーでライトなつけ心地が特徴のベーシックな「日本酒の化粧水」に、「セラミド」「プラセンタエキス」「アルブチン」の保湿成分を追加したのがこちらの高保湿タイプ。
しっとりと肌になじんで乾燥を防ぎ、肌にうるおいを与えてキメを整え、なめらかにします。
日本酒ならではのやさしい香りがクセになる、という方も多いのではないでしょうか。弱酸性、無着色、無鉱物油。

詳細をチェック!●関連記事⇒【おすすめプチプラ化粧水|肌悩み別】

4. 乾燥肌に化粧水!目的・肌悩み別おすすめ

乾燥肌 化粧水 乾燥肌はもちろん気になる。でも、化粧水に求めているのは、保湿だけじゃないの!という方も多いと思います。

そこでこの章では、敏感肌のお手入れ、ニキビ予防のお手入れ、美白*のお手入れというお手入れの目的別のおすすめ化粧水をご紹介します。

乾燥が気になる肌にみずみずしいうるおいを与えながら、お悩みを対策できる化粧水で賢いスキンケアを実践していきましょう!

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

◆乾燥肌に化粧水!敏感肌向け

乾燥肌 化粧水乾燥で肌がデリケート(敏感)な状態に傾いてしまっている方の場合、化粧品を使うことに億劫になっている方もいるかもしれません。でも、肌にうるおいを与えるお手入れは、肌をすこやかに保つためにもとても大事です。

敏感肌向けや低刺激タイプなど、自分の肌にあう化粧品を選び、日々のお手入れを丁寧におこなっていきましょう。

乾燥肌に化粧水!敏感肌向け
キュレル 化粧水 III とてもしっとり (医薬部外品)

キュレル 化粧水 III とてもしっとり (医薬部外品)詳細をチェック!価格:オープン価格

乾燥性敏感肌のためのブランド「キュレル」の高保湿タイプの薬用化粧水。有効成分「アラントイン」配合。
肌にうるおいを与えてしっとりと整え、肌荒れを防いですこやかに保ちます。
うるおい成分には「ユーカリエキス」を配合。
弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)。
「とてもしっとり」タイプのほかに、「しっとり」と「ややしっとり」タイプがあり、好みの使い心地が選べます。

詳細をチェック!

乾燥肌に化粧水!敏感肌向け
アクセーヌ AD コントロール ローション

アクセーヌ AD コントロール ローション詳細をチェック!価格:3,500円(税抜)

乾燥で敏感に傾き、刺激を受けやすくなっている肌にお悩みの方におすすめのしたいアクセーヌの「AD コントロール」シリーズの化粧水。
「AD コントロール」シリーズは、低刺激であることを追求して生まれた保湿化粧品ラインです。
乾いた肌に水分を与えてみずみずしく整え、すこやかに保ちます。
無香料・無着色・界面活性剤フリー・パラベン(防腐剤)フリー・アルコール(エタノール)フリー。

詳細をチェック!]

乾燥肌に化粧水!敏感肌向け
ミノン アミノモイスト モイストチャージ ローション II もっとしっとりタイプ

ミノン アミノモイスト モイストチャージ ローション II もっとしっとりタイプ詳細をチェック!価格:オープン価格

ゆらぎやすい敏感肌・乾燥肌の方向けのスキンケアライン「ミノン アミノモイスト」の化粧水。
とろりとしたテクスチャーでやわらかく肌になじみ、角質層をうるおします。
保湿成分として9種類のアミノ酸を配合。
無香料、無着色、アルコール(エチルアルコール)無添加、パラベンフリー、紫外線吸収剤フリー。弱酸性。

詳細をチェック!
●関連記事⇒【敏感肌向け化粧品の選び方】

◆乾燥肌に化粧水!ニキビ予防に

乾燥肌 化粧水

乾燥肌でもニキビってできてしまうんですよね。10代の肌やメンズのように皮脂が過剰多いわけでもないのに、なぜ?と思うと悲しくなりますよね。

ニキビを防ぐためには、肌を清潔に保つことと同時に、角質層にうるおいを抱えたすこやかな肌を維持することが大事です。

ニキビ・肌荒れを防いでくれる薬用化粧水を取り入れて、乾燥肌をうるおいで満たしながら、ニキビ予防を実践していきましょう!

乾燥肌に化粧水!ニキビ予防に
オルビス 薬用クリアローション(医薬部外品)

オルビス クリアシリーズ 薬用クリアローション詳細をチェック!価格:1,500円(税抜)

ニキビ予防に着目してつくられたスキンケアシリーズ「オルビスクリア」の薬用化粧水です。有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」配合。
うるおいが皮脂にもなじんで、角質層のすみずみまで浸透。肌をすこやかに保ち、ニキビを防ぎます。
みずみずしいテクスチャーでさっぱりと心地よい使用感ながらも、しっとり肌に整います。無油分、無香料、無着色、弱酸性。
洗顔料・化粧水・保湿液(すべて医薬部外品)の3点を約3週間分たっぷり試せるトライアルセットでぜひ肌との相性を試してみては?

詳細をチェック!

乾燥肌に化粧水!ニキビ予防に
ノブ  AC アクティブ フェイスローション モイスト(医薬部外品)

NOVフェイスローション詳細をチェック!価格:3,000円(税抜)

有効成分「BHA(サリチル酸)」「アラントイン」「ビタミンB6誘導体」を配合した、ニキビ・肌荒れを防ぐ薬用化粧水。
保湿成分として「AHA(グリコール酸)」「リピジュア®」を配合。うるおいが角質層にすっと浸透して、肌をしっとをなめらかに整えます。
無香料、無着色。ノンコメドジェニックテスト済み。※すべての方に、コメド(にきびのもと)ができないということではありません。

詳細をチェック!

乾燥肌に化粧水!ニキビ予防に
オードメディカ 薬用スキンコンディショナー(医薬部外品)

オードメディカ 薬用スキンコンディショナー詳細をチェック!価格:1,300円(税抜)

保湿成分「ヒアルロン酸」が配合された薬用化粧水です。
乾燥と肌荒れを防ぐことで、ニキビ予防にアプローチ。揺らぎがちな肌のことを考えて成分が配合されています。
400mLと大容量且つお手ごろ価格なので、気兼ねなく全身にも使いやすい点も魅力です。
有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」「イソプロピルメチルフェノール」配合。
オイルフリー、鉱物油フリー、着色料フリー、弱酸性。

詳細をチェック!
●関連記事⇒【ニキビ予防化粧水】

◆乾燥肌に化粧水!シミ・そばかす予防に

乾燥肌 化粧水乾燥対策とシミ・そばかす対策。どっちを優先すべきか…。

化粧品選びにおいて、これは意外と頻繁に問われる選択ではないでしょうか?

でも答えはやっぱり、「両方!」ですよね。

ここでは、乾燥しやすい肌にきちんとうるおい補給しながら、シミ・そばかす予防のお手入れができる美白*化粧水をご紹介します。

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

乾燥肌に化粧水!シミ・そばかす予防に
ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト(医薬部外品)

ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト詳細をチェック!価格:4,500円(税抜)

みずみずしいうるおいで肌をやわらげ、なめらかに整えてくれる美白*保湿化粧水です。
美白*有効成分として「ビタミンC誘導体(アスコルビン酸2-グルコシド)」配合。
保湿成分には「甘草エキス」「クジンエキスクリア」「マジョラムエキス」「ルイボスエキス」「クリアモイスチャー」を配合。
角質層の隅々までうるおいを届けながら、肌にハリを与えます。年齢を重ねた大人の女性にもおすすめ。
詰替えリフィルもあるのでコスパアップが期待できるのも嬉しいポイント。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

肌らぶ編集部が【ホワイティシモ】を実際に試したレビューはこちら>>>
詳細をチェック!

乾燥肌に化粧水!シミ・そばかす予防に
米肌(MAIHADA) 澄肌美白化粧水(医薬部外品)

米肌 澄肌美白化粧水詳細をチェック! 価格:5,500円(税抜)

“発酵美白*”がコンセプトの薬用美白化粧水です。美白有効成分ビタミンC誘導体を配合。
保湿成分として、米発酵液や米ぬか酵素分解エキス、ハトムギ発酵液、乳酸Na、グリコシルトレハロース、グリセリン配合。
角質層のすみずみにうるおいを与え、キメの整ったみずみずしい肌に整えます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

詳細をチェック!

乾燥肌に化粧水!シミ・そばかす予防に
ディセンシア サエル ホワイトニング ローション コンセントレートサエル エッセンス詳細をチェック!

敏感肌向けブランド「ディセンシア」の美白*ケアシリーズ、「サエル」の薬用美白化粧水。美白有効成分「アルブチン」を配合し、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を押さえます。
とろみのあるテクスチャーで、角質層のすみずみまでうるおいを届けます。保湿成分「セラミドナノスフィア」「グリセリン」配合。美白ケアもしながら、保湿ケアができる1品です。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

詳細をチェック!
●関連記事⇒【おすすめ美白化粧水】

5. 乾燥肌に化粧水!メンズ向けおすすめ

乾燥肌 化粧水男性にも乾燥肌でお悩みの方は意外と多いものです。

昔から乾燥肌だ、秋冬になると乾燥肌だ、会社のエアコンで肌が乾燥する、または、髭剃り後の乾燥が気になる、年齢を重ねて乾燥が気になり始めたなど、いろいろな状況があると思います。
最近はメンズ向けスキンケアブランドも充実してきていますから、ぜひ化粧水での保湿スキンケアを取り入れてみてください。

乾燥でガサガサだったり、ごわついたり、くすんだりしていた肌も、しっかりうるおいで満たすことで、なめらかでみずみずしい質感に整います。ぜひ実践していきましょう!

乾燥肌に化粧水!メンズ向けおすすめ
マージェンス マルチ コンディショニング ジェル
POLA マージェンス マルチ コンディショニング ジェル詳細をチェック!価格:3,000円(税抜)

大手化粧品メーカー「POLA」のメンズスキンケアブランド「マージェンス」の、ジェルタイプ化粧水です。カサつきがちな肌にも、ベタつきが気になる肌にもどちらにも使えます。
保湿成分「S-ヒアルロン酸」を配合。角質層にうるおいを浸透させみずみずしく保ちながら、肌表面はさらりと整えてくれます。
特に乾燥が気になるところへは重ねづけするのがポイント。大人の男を思わせる落ち着いたボトルデザインも素敵です。

詳細をチェック!
乾燥肌に化粧水!メンズ向けおすすめ
資生堂メン ハイドレーティングローション
資生堂メンハイドレーティングローション メンズ化粧水 おすすめ 洗顔 乾燥ケア詳細をチェック!価格:3,000円(税抜)

資生堂のメンズスキンケアライン“資生堂メン”から出ている、さっぱりした使い心地のメンズ化粧水です。
肌に水分を補い、みずみずしくマイルドに整えてくれます。保湿成分として、「ポリクオタニウム-51」「PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル」「エリスリトール」「グリセリン」の複合成分を配合。乾燥・肌荒れから肌を守ります。
フローラルグリーンの微香性。

詳細をチェック!
乾燥肌に化粧水!メンズ向けおすすめ
オルビス ミスター スキンジェルローション
オルビス ミスター スキンジェルローション価格:1,600円(税抜)

洗顔後のスキンケアがこれひとつで完了できる、オールインワンタイプの化粧水です。
オイルフリーのスキンケアアイテムで知られるブランド「オルビス」の「メンズスキンケアMr.シリーズ」から出ていて、ジェルローションならではのみずみずしい使い心地が魅力。アフターシェービングの後のスキンケアにもおすすめです。水分が不足しがちな男性の肌にもうるおいを与え、すこやかに保ちます。
整肌成分「グリチルリチン酸2K」、保湿成分「ユーカリエキス」「キウイエキス」「コラーゲン」を配合。
使いやすいポンプタイプなので、パパッと使えて、スキンケアが億劫な男性にもおすすめ!

詳細をチェック!

●関連記事⇒【肌悩み別メンズ化粧水】

6. 乾燥肌のスキンケア

乾燥肌 化粧水冒頭でお伝えしたように、乾燥肌に必要なのは、必要なうるおいを奪わないで守るお手入れを心がけること、そして不足を補うケアを丁寧に行うことです。

化粧水はとても手軽にうるおい補給を行えるありがたいアイテムですが、肌の乾燥を防ぎみずみずしいすこやか肌を維持していくためには、化粧水を取り入れるだけでは残念ながら心もとないのです。

ふだんのお手入れを見直し、肌への負担をできる限り軽減、そして与えたうるおいをキープしていきましょう。

●関連記事⇒【スキンケア攻略~限られたお金と時間ですこやか美肌を保つ~】

乾燥肌のスキンケア
①クレンジング

乾燥肌 化粧水クレンジングは、メイク汚れをキレイに洗い流し、素肌を整えていくうえで欠かせないスキンケアの工程です。

ですが、乾燥肌にとっては、実は慎重に行ってほしい重要なお手入れのひとつです。不要な汚れは落としつつも、肌に必要なうるおいは守っていくようにポイントを押さえたクレンジングを行っていきましょう。

アイテム選びの際は、ある程度厚みを持たせられて滑りのよいなめらかなテクスチャーで、肌への摩擦が軽減できるものを選びましょう。

加えて肌を乾燥から守るために、保湿成分配合のものを選ぶようにしてください。

実際にクレンジングを行う際は、下記の3点にぜひ気をつけましょう。

①濃いポイントメイクは、部分用メイクリムーバーでふき取ってから、顔全体のクレンジングを行うこと。
②肌をゴシゴシこすらず、クレンジング料の厚みを活かしてなめらかになじませること。
③ぬるま湯ですすぎ流すこと。(熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。)

ぜひ実践してみてくださいね!

●関連記事⇒【乾燥肌の方へ!クレンジング方法を確認】

乾燥肌のスキンケア
②洗顔

乾燥肌 化粧水素肌を清潔にし、すっぴんのまっさらな状態へと導く洗顔も、クレンジング同様に、乾燥肌にとっては注意すべきプロセスです。

洗顔のたびに肌のうるおいを奪ってしまうなどということがないように、洗顔料を選ぶ際は、保湿成分配合で、肌に余計な摩擦をかけないで洗えるよう、泡立ちのよいものを選びましょう。泡立てが苦手な方は泡で出てくるボトルタイプの洗顔料を選んだり、泡立て不要タイプのなめらかなテクスチャーの洗顔料を選んでくださいね。

実際に洗顔する際は、クレンジング同様に、「不要なゴシゴシ摩擦を避けること」と「ぬるま湯ですすぐこと」を意識して行ってみてくださいね。

●関連記事⇒【おすすめ洗顔料|悩み別】

乾燥肌のスキンケア
③化粧水

乾燥肌 化粧水乾燥肌の方は化粧水をつける際に、ぜひ以下の基本のポイントを意識してみてください。
手でつける場合と、コットンでつける場合に分けてご紹介します。

★手でつける場合★
①適量を2~3回に分けてつける。
②手のひらの温度で少し温めてからつける。
③顔全体にムラなくつける。Uゾーン(あご~頬)からTゾーン(おでこ~鼻)の順でなじませていくのがおすすめ。
④乾燥がひどく気になるところは重ねづけする。
⑤ハンドプレスする。
★コットンでつける場合★
①コットン全体にまんべんなくしみこませる。(コットンの大きさによってはメーカー推奨の量よりも多く必要になるかもしれません)
②顔の中心から外側に向かって、丁寧に押し当てるようにつけていく。強くこすったりしないのが大事なポイント。
③乾燥が気になるところは重ねづけする。化粧水をしみこませたコットンでコットンパックするのもおすすめ。
⑤ハンドプレスする。

化粧水がしっかりなじめば、肌にあてた手のひらがぴたっと吸い付くように密着する感触が楽しめるはず!ぜひ実践してみてくださいね。
●関連記事⇒【化粧水の使い方|付け方の基本を知る!】

乾燥肌のスキンケア
④美容液

乾燥肌 化粧水美容液を使って、さらに積極的に肌に保湿成分や整肌成分などを与えることも、肌をみずみずしく保つためにおすすめです。

季節の変化や環境の変化にあわせて、乾燥がつらくなりそうな時期だけ保湿美容液をプラスするというのも、乾燥肌対策の賢い選択かもしれません。

美容液を使う際は、「適量を使うこと」「継続して使うこと」を意識してください。

美容液を化粧水の後に使う場合は、化粧水がしっかり肌になじむのを待ってから、美容液を重ねるようにしましょう。
洗顔後最初に使うタイプの導入美容液の場合は、美容液が肌になじんでから、次の化粧水を重ねてくださいね。

●関連記事⇒【美容液の基本|選び方から使い方まで】

乾燥肌のスキンケア
乳液

乾燥肌 化粧水クレンジング・洗顔でうるおいを奪いすぎないことを意識し、化粧水・美容液で乾燥気味の素肌にうるおいを補給したら、次はそのうるおいを包み込んで守っていくことが乾燥肌対策の重要なポイントです。

乳液を選ぶ際は、乾燥肌にふさわしい保湿成分配合の乳液を選ぶのはもちろんですが、夜用乳液・朝用乳液などのタイプを確認し、それぞれの使い心地などをチェックするようにしましょう。

朝用乳液なら、UVカット効果や、つけたあとにべたつきにくいかなどのポイントをチェックするのがおすすめです。
夜用乳液ならば眠っている間の乾燥を防ぐために、しっかり肌に密着してくれそうなものを選ぶとよいでしょう。

乳液を使う際は、以下のポイントが大事です。

①適量を使う。
②手のひらの温度で温めて使う。
③ムラなくつける。
④べたつきが気になったら軽くティッシュオフ。

乳液よりだけでは足りない方は、より油分の多いタイプのクリームを使ったり、それでも足りなければ、乳液+クリームの重ね使いもおすすめです。
クリームについては次章でご紹介します。

●関連記事⇒【乳液とは?乳液の使い方・役割】

乾燥肌のスキンケア
⑥クリーム

乾燥肌 化粧水乾燥しやすい肌を包み込んで保護してくれる保湿クリームは乾燥肌の心強い味方です。

いつもは乳液派という方も、手元に持っていると、今日はなんかいつもより乾燥しそう…というときにさっと取り入れることができるので、ミニサイズなどで持っておくのもおすすめです。

保湿クリームを選ぶ際は、乾燥肌向けの保湿成分配合のクリームを選ぶのはもちろんのこと、テクスチャーや塗り心地、肌なじみ、べたつきの有無、香りなどを確認しておくとよいでしょう。
使用感によって2タイプ持ち、朝と夜で使い分けるのもおすすめです。夜はリッチな使用感のナイトクリーム、朝は軽いつけ心地のクリームというふうに分けるとよいでしょう。

クリームは通常、スキンケアの最後に使うアイテムなので、他のアイテムよりも香りが残りやすいアイテムです。心地よくスキンケアを仕上げるために、好みの香りのものを選びましょう。

●関連記事⇒【おすすめ保湿クリーム】

乾燥肌のスキンケア
⑦日焼け止め

日焼け止め 乾燥肌 化粧水うっかり忘れそうですが、一応スキンケアアイテムの一部として押さえておきたいのが日焼け止めです。

日焼け止めを使うと肌がカサつく・乾燥したと感じたことがある方は意外と多いのではないでしょうか?

日焼け止めもスキンケアの一部として、しっかり保湿成分配合で、肌のうるおいを守ってくれるタイプのものを選びましょう。
UVカット効果の高低も、シチュエーションにあわせて確認し選ぶとよいでしょう。

また、顔用とからだ用を使い分けるのがおすすめです。顔用には白浮きしないものを意識して選ぶとよいですね。
顔用の日焼け止めの中には、化粧下地を兼ねていて色のついているものもあります。色ムラカバーや、肌色のトーンアップ、血色感の演出など好みのものを選びましょう。

●関連記事⇒【顔用日焼け止めの選び方・使い方】

7. まとめ

30代 スキンケア TOPいかがでしたでしょうか?
今回は、肌らぶ編集部が乾燥肌の方にお伝えしたい、乾燥肌におすすめの化粧水をはじめ、スキンケアの方法・コツをまとめてご紹介しました。

肌の乾燥は本当に悩みの種ですよね。

化粧水は手早く肌をうるおしてくれる強い味方ですから、ぜひ、あなたの肌を満たしてくれる化粧水を納得できるまでとことん探してみてください。いろんな化粧水を試してみることも時に必要かもしれません。

また、あらゆる角度から乾燥対策を意識したお手入れの習慣を身につけることも、みずみずしい美肌を保っていくためには大事な要素です。

面倒に感じるかもしれませんが、肌はかけがえのない、あなた自身のものです。たっぷりの愛情を注いで、守っていってくださいね。

◆乾燥肌化粧水 肌らぶ関連記事◆

実は乾燥してる?インナードライ肌
セラミド配合乳液で充実保湿♡
乳液とクリームの違いとは?
日中の乾燥対策!メイクの上から保湿したい方必見♡
お風呂上りの保湿ポイント

作成者情報

肌らぶ編集部
キレイになりたいあなたに価値ある情報を提供する美容メディア「肌らぶ」編集部。スキンケア・メイクを中心に、みなさまのキレイに寄り添った記事を日々執筆中。肌のお悩みからコスメの最新トレンド情報までお任せください!