2017年5月19日 更新

赤ちゃんも日焼け止めが必要?日焼け対策についてご紹介

赤ちゃん 日焼け止め
「赤ちゃんにも日焼け止めを塗るべきなのかな…」とお困りではありませんか?

夏の強い日差しから、赤ちゃんの柔らかく透き通るような肌を守ってあげたいですよね。

そこで今回は、赤ちゃんの日焼け止めや、暑い季節に意識してほしい点についてご紹介します。

ぜひ参考にして、赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね!



1.赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由

c

日焼け止めは、私達だけでなく赤ちゃんにとっても重要なアイテムです。そのため、世の中にはさまざまな種類のベビー用日焼け止めがありますよね。

赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の約2分の1程度しかないため、紫外線の影響でデリケートに傾きやすく、乾燥しやすいと言われています。

大人よりもデリケートに傾きやすい赤ちゃんの肌に、日焼け止めは欠かせないアイテムなのです。

2.肌らぶ編集部おすすめ!赤ちゃんの日焼け止め

赤ちゃん 日焼け止め1

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい赤ちゃんの日焼け止めをご紹介します。

暑い季節にママが対策したいことに、虫よけもありますよね?

赤ちゃんの肌に、日焼け止めも虫よけも塗るのは大変です。

そのため、今回は、虫よけもできる日焼け止めを選びました。ぜひ参考にしてくださいね!

ALOBABY UV&アウトドアミスト

aro
販売会社:株式会社N&O Life
容量:80ml
価格:2,350円(+税)

手軽に使用することのできるミストタイプの日焼け止めです。

お湯で洗い流すことができます。ローズマリーの爽やかな香りも魅力的です。

アロベビー公式HPはこちら

MAMA BUTTER(ママバター)UVケアクリーム
キャプチャ

販売会社:株式会社ビーバイイー
容量:45g/140g
価格:1,300円(+税)/3,400円(+税)

みずみずしいテクスチャーでべたつかない、乳液タイプの日焼け止めです。

石けんで洗い流すことのできるタイプ。保湿成分シアバター配合。

ママバター公式HPはこちら

3.赤ちゃんの外出!日焼け止め以外にも意識したいこと

紫外線 対策

暑い季節の赤ちゃんとのお出かけ。日焼け止めを塗ること以外にも、意識したいことがたくさんあります。

ここでは、暑い季節にも赤ちゃんがなるべく日焼けをしないよう、意識してほしいことをご紹介します。

①帽子をかぶせる

赤ちゃんには帽子をかぶせてあげましょう。

赤ちゃんは、あまり髪の毛が多くないため、頭皮の日焼けをしやすいためです。

また、同様の理由で熱中症にも気をつけなくてはいけません。

②日焼け対策グッズを使用する

赤ちゃんの日焼け対策グッズを使用しましょう。

UVパーカーやUVカーディガンを着用させたり、ベビーカーであればUVブランケットを使用したりするのもおすすめです。

ベビーカーによっては、幌を利用して、ベビーカー用UVカーテンをつけることなどもできるため、検討してみましょう。

ドライブ中も、チャイルドシートが屋根つきのものであれば利用し、なければ窓の方に紫外線カットカーテン等を付けることをおすすめします。

③お出かけの時間帯を調整する

よっぽどの理由がなければ、炎天下にお出かけするのは避けた方が良いでしょう。

10時~14時は、紫外線が強いと言われているので、その時間帯のお出かけを避けられたら理想的です。

4.まとめ

赤ちゃん 日焼け止め

いかがでしたか?

初めて赤ちゃんに日焼け止めを塗る際は、必ず首や腕にパッチテストを行い、肌に赤みや湿疹が出ないか確認しましょう。

紫外線対策や水分補給に気を付けて、赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね!

この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。