メニューを開く
アスタリフト;

ブルーベース肌の美しさを引き立てる!!メイクのポイントとは?

ブルーベース メイク「ブルーベースの肌の人は、どんなメイクをしたらいいのかな…?」「肌色がブルーベースだと言われたけれど、自分に合った色のメイクってどんな感じだろう?」と気になってはいませんか?

ブルーベースの肌の方は、肌の色が明るい方が多く、透明感のある印象の肌の方が多いといわれています。

今回は、ブルーベースの方の美しさを引き立たせる、メイクのポイントをお伝えします!!



astalift
astalift

1. あなたの肌はブルーベース?イエローベース?

ここでは、肌のタイプの一種である「ブルーベース」について、お伝えします。

1-1.ブルーベースとイエローベースの違い

ブルーベース・イエローベース一般的に、肌の色は、「ブルーベース」と「イエローベース」の2つに分けることができます。

肌や髪、瞳や唇の色などから、自分の色タイプを確認することができます。

自分ではよくわからない…という方は、次のリストをチェックしてみましょう。

より多くチェックの入った方が自分のベースカラーです。

【ブルーベースの特徴】

□肌の色は、青みがかっているか、ピンクみがある
□髪の毛の色(地毛の場合)は、黒色に近い
□瞳の色は、黒・ダークグレイ・こげ茶などの落ち着いた色である
□唇の色は、赤みがある
□日焼けしたときに肌が赤くなり、比較的すぐに色が戻る
□アクセサリーはシルバーが似合う
□手首の血管の色が、青っぽく見える

【イエローベースの特徴】

□肌の色は、黄みがかっている
□髪の毛の色(地毛の場合)は、こげ茶か、茶色がかっている
□瞳の色は、茶色・こげ茶である
□唇の色は、肌色に近い
□日焼けしたときに肌が小麦色になることが多い
□アクセサリーはゴールドが似合う
□手首の血管の色が、緑っぽく見える

1-2.ブルーベースにおすすめのカラー

チーク口紅02

ブルーベースの方に似合う色は、「寒色」「パステルカラー」「モノトーン」です。

これらの色は、ブルーベースの方に映えるため、肌を美しく見せることができます。

①寒色

「ブルーベース」というネーミングからもわかるように、ブルーベースの方は寒色系の青や緑、パープル、ネイビー、ロイヤルブルー、ブルーグリーンなどがよく映えます。

また、青色を基調とした赤・ピンク系の色などもよく似合います。

ワイン、ボルドー、マゼンダ、ベビーピンク、フューシャピンク、ローズピンク、チェリーピンクなどの青みがかった赤やピンクは、ブルーベースの肌の透明感を引き立てて見せます。

②パステルカラー

ブルーベースの方は、もともとの肌色が明るい方が多いため、パステルカラーも似合うといわれています。

水色やラベンダー、ミントグリーンなども、ブルーベースの方におすすめです。

パステルカラーは、上品でエレガントな印象を与えます。

③モノトーン

ブルーベースの方は、白や黒、グレーなどの「無彩色」と呼ばれる色もおすすめです。

モノトーンカラーは、シャープでクールな印象を作れます。

また、シルバーも肌によくなじむため、肌の透明感を引き立てて見せることができます。

2.ブルーベース必見!!キレイに見えるメイクのポイント

ここでは実際に、ブルーベースの方におすすめのメイクポイントをお伝えします。

2-1.ベースメイク

ブルーベースの方のベースメイクカラーは、ピンクオークル系の化粧下地やファンデーションがおすすめです。

ブルーベースの肌は、青みが強いので、ピンク系を使用することによって血色感が生まれ、肌になじみます。

2-2.アイメイク

ブルーベース アイカラーブルーベースの方のアイメイクは、寒色系や、落ち着いた深みのあるダークブラウン、シルバーのパールやラメが入った色がよく似合います。

また、エレガントな印象はパープル系、知的な印象はブルー系、クールな印象はグレー系など、色によってなりたいイメージを演出することもおすすめです。

さらに、ブルーベースの方は、瞳の色が黒っぽく、白目は濁りのない白色に近い方が多いので、黒のマスカラやアイライナーを使用すると、色のコントラストが生まれるので、目元の美しさを引き立てることができます。

【おすすめアイカラー】
ミュゼル アイカラー
POLA  ミュゼル ノクターナル アイカラー BL01

2-3.チーク

ブルーベース チークブルーベースの方のチークには、ピンクやローズ系、レッド系の色を使用するのがおすすめです。

チークに使用する色味も、少し青みがかった色にすることで、チークだけが浮いて見えてしまうことが少なくなり、自然な血色感に見せることができます。

【おすすめチークカラー】
RO01
ミュゼル ノクターナル フェイスカラー RO01

2-4.リップ

ブルーベース リップブルーベースの方のリップカラーは、チークと同様に、ピンク・ローズ系の色を使用すると、肌なじみが良く華やかに見えます。

また、肌の色が明るいブルーベースの方には赤リップも似合うため、唇をポイントにしたメイクをしたい場合には、赤リップを使用するのもおすすめです。

【おすすめリップカラー】
ミュゼル
POLA ミュゼル ノクターナル リップスティックF RO01

3.ブルーベースの肌をより美しく見せるポイント

ブルーベースの肌の美しさをより引き立てるためには、メイクだけでなくファッションにも、ブルーベースに似合う「寒色」「パステルカラー」「モノトーン」を取り入れてみましょう。

ブルーベースの肌に似合う色を、洋服でも取り入れることで、自分が本来持っている美しさを表現することができるからです。

一方で、ブルーベースの方が、オレンジ、サーモンピンク、コーラルピンクなどの黄みの強い色をメイクやファッションで取り入れると、肌が暗く見えてしまう可能性もあります。

こうした色を取り入れたい場合は、小物などでポイント使いしてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

ブルーベースの方におすすめのメイクや色をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ブルーベースの方の特徴である、美しい透明感を生かしたメイクができるように色選びを行い、品のあるメイクを仕上げましょう!!

※この記事は2017年3月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る