メニューを開く

眠いだけじゃない! 6つのあくびの原因と出にくくする方法

あくび 原因

「どうしてあくびが出るんだろう?」、「やっぱりあくびの原因は寝不足なのかな?」と、考えたことはありませんか? あくびが出る原因は、いくつかあるといわれています。

今回はあくびの原因と、あくびを出にくくする方法についてご紹介します。



1.あくびが出る原因

あくびが出てしまう原因は、いくつかの種類があるとされています。
同じあくびでも、原因は違います。それぞれのあくびの原因についてお話しします。

1-1.眠気、退屈

眠い時、または退屈だと感じているとき、脳は働きを低下させてしまうといわれています。低下した脳の働きを正常に戻そうとして、あくびが出てしまうとされているのです。

1-2.緊張

気が緩んでいる時だけでなく、緊張を感じているときにもあくびは出ます。これは、緊張をほぐすために脳から信号が送られて起こるといわれています。

また、緊張しているとき人は、肩や胸近辺の筋肉に余計な力を込めてしまう傾向にあります。そのため呼吸が浅くなってしまいがちですが、それを回避するために、酸素をしっかり吸うことができるあくびを出すのだともいわれています。

1-3.脳疲労

脳疲労により、鈍った脳の働きを活性化させるためにあくびが出ることもあるとされています。

疲労

1-4.脳の温度調節

脳は温度が上がりやすいため、呼吸することで冷たい外気を脳に送り込み、脳の温度を低下させようとすることもあるそうです。そのため、あくびをするのだといわれています。

1-5.感情移入

あくびしている人を見て、あくびが出てしまった経験がありませんか? これは、脳が「感情移入」という働きを行った結果だといわれています。

そのためこの現象は、感情が移入しやすい間柄の相手、例えば家族や友人、恋人などの間でしばしば見受けられるようです。

1-6.病気

あくびは、病気を原因として出ることもあります。違和感を感じたら病院へ行きましょう。
ストレス マカ サプリ

2.あくびを出にくくする方法

あくびは生理現象で、出るからには何かしらの理由があるとは言え、会議中などに出てしまうと、なんとか止めたいと思いますよね。

ここでは、私が実際にやってみた、おすすめのあくびを出にくくする方法をご紹介します。

・鼻から息を吸う

あくびが出る度に、鼻から思い切り息を吸い、吸いきったら一瞬止める、というのを何度か繰り返してみてください。息を吸うことで、脳の血行をよくすることができるとされています。

・ポイントマッサージ

小指の爪の外側
少沢ポイントマッサージです。親指と人差指を使ってはさむようにして押してみてください。

頭の中央
ポイント耳のちょうど延長線上の、頭のてっぺんを押してみてください。

頭の付根
ポイント うなじの髪の生え際のあたりをポイントマッサージしてください。美容室なので、よく美容師さんがマッサージしてくれるポイントです。

・あごをつまむ

あくび 原因

歯を押すようにして、唇の両端の下あたりの皮膚をつまみます。無意識に動こうとする筋肉の動きを止めるといわれています。

3.まとめ

あくびの原因や、あくびが出にくくする方法などについてお話ししました。あくびのほとんどは、意味があるものなので、無理に我慢せず、思いっきりあくびをするのが理想です。

しかしながら、堂々とあくびをできない場合は、息を吸ったり、顔やポイントを刺激したりして、乗り切りましょう。

※この記事は2017年3月6日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る