メニューを開く
アスタリフト;

若はげの6つの原因。今日からできる若はげ対策も紹介!

若はげ 原因1
「若いのにはげている原因はなに?」、「若はげの原因を知って、なんとか対策したい!」と、お考えではありませんか?

若はげの原因には、大きく分けて6つが考えられ、どれも共通して基本的な対策は同じです。

そこで今回は、若はげにお悩みの方向けに、若はげの原因と、若はげの進行を抑制する対策方法などをご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.若はげとは

女性 髪
若はげは、加齢とは関係なく、若いうちから始まるはげのことです。

早い方では、10代から始まることも少なくないそうです。

2.何歳までが若はげなのか

?
何歳までにはげると「若はげ」という決まりはありません。目安としては、30歳になるまでにはげが始まれば、若はげとと考えても良いかもしれません。

年齢が若すぎる時にはげが始まったから危険という訳ではありませんが、早いうちに対策を行うのがおすすめです。若はげを引き起こすと言われる原因をご紹介しますので、対策できるものは自分で対策してみましょう。

3.若はげの6つの原因

若はげを引き起こす原因には、6つのことが考えられます。ご自身の若はげの原因に当てはまるものがないかどうかご確認ください。

3-1.遺伝

ママ メイク
若はげをはじめ、はげには遺伝がかかわっていると言われていますが、はげ自体が遺伝するのではなく、はげやすい体質が遺伝すると言われます。

また、親子で生活習慣や食べ物の好みが似ることも影響していると考えられています。

そのため、日頃の生活を見直すだけでも、はげの進行を遅らせることにつながる可能性はあると考えられます。

3-2.頭皮への負担

市販ヘアカラー①
頭皮に刺激や負担を与えていることで、健康な髪が生えてこなくなることがあります。頭皮に負担を与えるものは、以下のような要因が考えられます。

・シャンプーによる刺激

自分の頭皮に合わないシャンプーを使うことで、人によっては頭皮に刺激を感じることもあります。

・誤った髪のお手入れ

髪の洗い方、乾かし方など、日常的なお手入れが、健康な髪が生える妨げになることがあります。

・紫外線

紫外線が頭皮に当たると、髪の成長サイクルが乱れてしまうことがあります。

・ヘアースタイル

ヘアカラー、パーマ、整髪料などが、頭皮に負担をかけることがあります。カラーやパーマは、頻度を減らしたり、間をあけるなどした方が無難です。

また、整髪料は毛穴のつまりを引き起こすこともあると言われているため、シャンプーでよく洗い流すようにしましょう。

3-3.栄養不足

オリゴ糖 効果 ダイエットサポート
私たちの体と同じように、髪も食事からの栄養を元に作られています。そのため、必要な栄養が不足すれば、健康な髪が生えてこなかったり、抜けやすい細い髪ばかり生えてしまうことがあります。

不摂生やダイエットなどで、栄養のバランスが偏っていると、若はげを引き起こすこともあると考えられています。

3-4.血行不良

運動不足
血行不良が起こると、血液によって運ばれる必要な栄養が頭皮に運ばれにくくなると考えられています。

血行不良を引き起こすものとして考えられるのは、

・ストレス
・喫煙
・運動不足

などです。

血行不良に陥っていると、栄養を十分にとっていても、頭皮に届かないということも起こるでしょう。

3-5.病気(円形脱毛症)

薄毛 病院
年齢に関係なく見られるのが、病気(円形脱毛症)によるはげです。円形脱毛症は、丸型に髪が抜けるのが特徴で、1か所ではなく数カ所に、体毛にあらわれることもあるとされています。

程度がひどい方や、心配な方は、皮膚科に相談するのをおすすめします。

3-6.出産(女性)

子育て ファンデーション
出産を期に髪が薄くなってしまった方の中には、「若はげかも?」と考える方もいるかもしれませんが、産後に起こるはげは、女性ホルモンのバランスの乱れによって引き起こされると言われています。

タイミングとしては、産後2~3カ月後くらいから始まることが多いです。

4.若はげの対策方法

若はげの原因を6つご紹介しました。すこやかな髪のためには、日頃のお手入れや生活習慣が大切です。そこで、若はげの対処方法をご紹介します。

一度にすべてやるのは難しいと思うので、できることから少しずつ、生活に取り入れていくことをおすすめします。

4-1.自分に合ったシャンプーを選ぶ

自分の頭皮に合わないシャンプーの使用は、知らぬ間に頭皮にとって負担となることもあります。
ぜひこの機会に、毎日使用するシャンプーの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

例えばアミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーなども、すこやかな頭皮を保つためにおすすめです。

【おすすめのシャンプー】

haru 黒髪スカルプ・プロ
haru 黒髪スカルプ・プロ
ボリューム、黒髪、頭皮にお悩みの方のために開発されたシャンプーです。

植物由来の保湿成分、サクラ葉エキス・カミツレエキスなどを配合。頭皮や髪にハリ・コシを与えます。

>>「haru 黒髪スカルプ・プロ」の公式HPはこちら

INZEALシャンプー(INZシャンプー)
INZEAL
植物由来の素材を原料として使用しているシャンプーです。

話題の保湿成分「ゼイン」がキューティクルを保護し、毛髪にハリ・コシを与えます。

シリコンや石油系界面活性剤は不使用、弱酸性。

>>「INZEALシャンプー」の公式HPはこちら

4-2.正しく髪のお手入れをする

ヘアアイロン
毎日の髪のお手入れは、下記の4つのポイントをおさえて行いましょう。

・頭皮を強くこすらない
・シャンプーをよく泡立ててから頭皮につける
・シャンプーやコンディショナーをよくすすぐ
・髪を洗ったらすぐに乾かす(雑菌やカビなどの繁殖を防ぐ)

4-3.紫外線を防ぐ

帽子 女性
帽子をかぶるなどして、紫外線が直接頭皮に当たるのを防ぎましょう。

4-4.バランスの整った食事を心がける

貧血 食事油っこいものを避け、バランスの整った食事を心がけてください。この際、髪を作る主成分となる、たんぱく質やミネラル類が不足しないように心がけると良いでしょう。

4-5.ストレスをためない

ストレスがたまらないよう、意識的にリフレッシュする時間を取るようにしましょう。

湯船にゆっくりと浸かる、好きな音楽を聴くなど、自分なりのリラックス方法を見つけてください。

4-6.タバコを控える

末端冷え性 改善_タバコ
タバコをやめるのが難しい方は、本数を減らすことから始めるのをおすすめします。

4-7.適度に体を動かす

運動習慣
体を動かすことで、血行をよくしたり、ストレス解消、安眠などが期待できると言われています。

4-8.育毛剤を使う

育毛剤を使うことで、頭皮をすこやかに保ちましょう。

【おすすめの育毛剤】
チャップアップ(医薬部外品)
チャップアップ
男女兼用でお使いいただける育毛剤です。

保湿作用にセンブリエキス、頭皮をすこやかに保つグリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンなどが配合されています。

香料、鉱物油、石油系界面活性剤、着色料不使用。

>>「チャップアップ」の公式HPはこちら

グローイング ショット エス(医薬部外品)
polaグローイングショットエス
男性ホルモンに着目した、男性用の頭皮用薬用育毛育毛剤です。
男性の髪にハリ・コシを与え、健やかな頭皮を保ち、脱毛を予防します。

塗布しやすいボール入りノズルやマイルドな香りなど、使いやすさも考慮してつくられています。
ボトルに表示されている「セルフチェックポイント」で、1ヵ月半の使用実感を確認しましょう!

>>「グローイング ショット エス」の公式HPはこちら

5.心配な方は専門のクリニックへ行く

このまま若はげが進行していくのではと心配な方や、若はげの原因をはっきりさせ、効率良く対処をしたい方は、毛髪専門のクリニックに行くことをおすすめします。

専門のクリニックに行くと、さまざまなはげを専門に治療してきた、髪の知識が豊富な医師が相談に乗ってくれるそうです。

メールでの無料相談が可能なところや、初回のカウンセリングが無料のクリニックもあるので、気軽に相談してみても良いでしょう。

【初回カウンセリング無料の専門クリニック 例】

親和クリニック
「優しい医療」を患者さまに提供するため、医師やスタッフが全力でサポートします。
無料のカウンセリング時に、患者さま一人ひとりに合わせた頭皮のケアや、日常生活でのアドバイスが受けられるのも嬉しいですね。

>>「親和クリニック」の公式HPはこちら

東京ビューティークリニック
東京ビューティ
前髪の薄毛は、女性でもお悩みの方が多いようです。こちらは女性専用の、髪専門クリニックです。

女性でも気軽に利用できるよう、スタッフも女性です。

提携院が全国にあり、東京ビューティークリニックと同じ治療を受けることができます。

>>「東京ビューティークリニック」の公式HPはこちら

6.まとめ

今回は、若はげの原因と、原因に合わせた対処の方法などをご紹介しました。若はげへの対策をお考えの方は、生活習慣の見直しや、毎日のお手入れが基本となります。

今日始めて明日で実感できるものではありませんが、できることから生活に取り入れていきましょう。

この記事は2016年12月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る