メニューを開く
アスタリフト;
提供:サントリーウエルネス株式会社

DHA EPAサプリメントを選ぶ3つのポイントとおすすめ

DHA EPA サプリメント

「毎日の健康維持や、仕事や受験勉強のサポートとしてDHAとEPAが入ったサプリを探しているけど、どれが良いんだろう?」とお探しではありませんか?

口に入れるものですし、継続するためにも、できるだけ自分に合った商品を選びたいですよね。

そこで本日は、DHA・EPAサプリメントを選ぶ上で注目していただきたい3つのポイントと、おすすめのサプリメントを紹介します。効率的に摂取するために、そもそもDHAとEPAって何‥?という基礎情報もお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

きなり300×250


astalift
astalift

1.DHAとEPAはまず食事から摂取する

食事

DHAとEPAは、毎日の食事から積極的に摂り入れることを意識した上で、足りない分はサプリで補うことが、最も効率よく摂取する方法だといえます。

DHAとEPAは、健康維持のためには重要な栄養素ですが、体内では作り出すことができないため、食品から摂取する必要があるといわれています。

DHA・EPAは青魚の頭の部分などに多く含まれますが、魚を焼いたり揚げたりすることで、熱によって減少してしまう場合があるようです。

また、食事の欧米化が進んでいる現在、魚を毎日食べ続けるのは難しいという方もいるかもしれません。

そこで、毎日の食事から意識することが大前提ではありますが、不足を補うという意味でサプリメントも上手に取り入れて、毎日の健康維持に活かしましょう。

2.DHA・EPAサプリメントを選ぶ3つのポイント

DHA・EPAサプリメントを選ぶうえで、ぜひ注目していただきたい3つのポイントについてお伝えいたします。

①DHA・EPA両方の含有量の記載がある

まずは、含有量の記載があるかどうかを確認しましょう。

パッケージに「EPA」「DHA」の記載があっても、含有量がどこにも載っていない、または片方の記載しかない商品もあるようです。
せっかく購入したのに、ほんの少ししか入っていなければ、もったいないですよね。

主要メーカーのDHA・EPAサプリメントでは、含有量は300mg~500mg程度のものが一般的です。

含有量だけがポイントではありませんが、あまりにも少なすぎてはたとえ質が良くても補うことができません。

②DHA・EPAの酸化を守る働きのある成分が配合されている

DHAとEPAは酸化しやすいため、含有量が多かったとしても、酸化してしまっていたら期待できる成分を十分に摂取できません。

そのため、DHA・EPAだけに着目するのではなく、製品自体の酸化対策を行っているかを確認することをおすすめします。

製品の酸化対策として配合する成分は、具体的には「ビタミンE」が有名ですが、「セサミン」「アスタキサンチン」なども着目されています。

③GMP認証を取得している

GMPマーク
GMP認証は、安全な製品が一定の品質で保たれるように設計されていると認められた場合にのみ取得可能です。

Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略で、原料の受け入れから出荷までを厳密に調査しています。

見た目では違いが分からないサプリだからこそ、判断する基準がほしい‥という方は、こちらのマークを参考に選んでみてください。

3.おすすめ DHA・EPAサプリメント3選

2でお伝えした3つの条件を満たしたサプリメントを3つご紹介いたします。

DHA&EPA+セサミンEX

DHA&EPA+セサミンEX

商品名:DHA&EPA+セサミンEX
販売元:サントリーウエルネス株式会社

チェックポイント

①含有量(1日の目安4粒あたり)
DHA 300mg
EPA 100mg

②酸化対策
セサミン、オリザプラス、ビタミンEの3つの成分の力で、DHA・EPAを酸化から守ります。

③GMP認証
取得

特徴

とにかく質にこだわりたい!健康も美容も全部対策したい!という方におすすめのサプリメントです。

まず、GMP認証を取得しているだけでなく、なじみのある「サントリー」製造のサプリメントであるという点で、信頼感が持てる方も多いと思います。

商品名にも入っている通り、DHAとEPAを酸化から守るために、ビタミンEだけでなく「セサミン」と「オリザプラス」という成分を配合しています。その中でも「セサミン」がポイントです。

セサミンのDHAとEPA保護効果(出展:サントリーウエルネスオンライン)

(出展:サントリーウエルネスオンライン

実際、セサミンがあるのとないのとでは、30%も摂取後のDHA・EPAの量に違いがあることが試験で明らかにされています。

セサミンそのものも、若々しさを保つ力をサポートしますので、健康・美容共に嬉しいサプリです。

>>DHA&EPA+セサミンEXの公式HPはこちら

きなり

きなり

商品名:きなり
販売元:さくらフォレスト株式会社

チェックポイント

①含有量(1日の目安4粒あたり)
DHA・EPA 500mg

②酸化対策
抗酸化作用のあるアスタキサンチン配合のクリルオイルを使用。

③GMP認証
取得

特徴

納豆の力であるナットウキナーゼが配合されているのが特徴です。ナットウキナーゼもサラサラパワーを秘めているので、ダブルの力で健康サポートを応援します。

GMP認証も取得しており、酸化対策もされています。

>>きなりの公式HPはこちら

DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン

DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン

商品名:DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン
販売元:UMIウェルネス株式会社

チェックポイント

①含有量(1日の目安4粒あたり)
DHA 300mg
EPA 40mg

②酸化対策
ゼラチン膜で密封して充填するソフトカプセル化

③GMP認証
取得

特徴

健康維持はもちろんですが、どちらかというと仕事や勉強のサポートをメインとして求めている方におすすめのサプリメントです。

GMP認証も取得しており、酸化対策もされています。

>>DHA&EPA+N-アセチルグルコサミンの公式HPはこちら

4.より効率的に摂取するためのDHA・EPA基礎知識

ここで改めて、より効率的に摂取するために、そもそもDHA・EPAとは何なのか?についてお伝えいたします。

4-1.DHA EPAとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、共に「オメガ3」と呼ばれる必須脂肪酸です。(オメガ3にはもう1つ、アルファリノレン酸があります。)

必須脂肪酸とは、油に含まれる栄養素で、体をつくるうえで必要不可欠な栄養素といわれています。
必須脂肪酸は体内で合成することが出来ないので、食事などで補う必要があります。

脂肪酸を分かりやすく図にすると、下記のようになります。
脂肪酸 説明図

4-2.青魚から摂ることが1番効率的

青魚
DHAとEPAは、青魚に多く含まれるといわれているため、まずはバランスの良い食事のなかで、青魚から摂るようにするのがおすすめです。

その中でも特に多く含まれているとされるのが下記の魚です。DHAもEPAも両方摂取することができます。
■マグロ
■ブリ
■サバ
■イワシ
■サンマ
■ウナギ

摂り方の注意点として、DHA、EPAは熱に弱いため、できるだけ生のまま食べることが望ましいので、お刺身が最適だといわれています。

また、目の周りや皮部分にも多く含まれているので、積極的に食べると良いでしょう。

生では食べられないものについては、焼く場合は油が落ちないように気をつけ、煮る場合は出汁もいただくことをおすすめします。

4-3. 魚が苦手な方の摂取方法

どうも青魚は苦手、毎日食べることは難しい、という方は、青魚に比べると量は少なくなってしまいますが、下記の食品(油)からも摂取することが可能です。

■亜麻仁油
■インカインチオイル
■ナッツ類(くるみ、アーモンド)

これらの食品には、DHA・EPAと同じオメガ3である「アルファリノレン酸」が含まれており、体内に入ると一部がDHA・EPAに変換されます。

これらも加熱には弱いので、できるだけ生の状態のまま摂取しましょう。亜麻仁油やインカインチオイルはドレッシングに使うと食べやすいのでおすすめです。

もちろん、魚で摂取する量をこれらの食品で摂るのは大変なので、サプリメントの力を上手に活用しましょう。

4-4.同時に控えるべきは「オメガ6」

実は、DHA・EPAを効率的に摂り入れるためには、今までお伝えしたことを意識するのと同時に、「オメガ6」の摂取を控える必要があります。

具体的に控えてほしいものは下記です。
■サラダ油
■ごま油
■マヨネーズ

オメガ6も、オメガ3(DHA・EPA)と同様に必須脂肪酸ではあるのですが、適度に摂取するべきだといわれています。

理想のバランスは「オメガ3」:「オメガ6」=1:4ですが、現代の日本人の食生活の摂取比率は【1:10~50】と「オメガ6」が過剰に摂取されてしまっている場合が多いようです。

脂っこい食べ物を控えたり、油を使う時はできるだけインカインチオイルや亜麻仁油に変えるなど、日常でも気をつけるようにしましょう。

5.最後に

いかがでしたでしょうか?

DHAとEPA、ぜひ食事とサプリメントを上手に活かして、効率的に摂り入れるようにしましょう。

この記事は2016年12月6日時点での情報になります。
また、使用感や感想には個人差がございますのでご了承ください。

【肌らぶ参考商品】
きなり320×50

きなり300×250


Pocket
LINEで送る