メニューを開く

ツボで目の疲れを解消!疲れ目に効く7つのツボと正しい押し方


Pocket
LINEで送る

目の疲れ ツボ
目が疲れて仕事に集中できない…、なんだか目が疲れて重い…。
目の疲れをツボで解消したい!と思っていませんか?

パソコンやスマフォなどの使い過ぎで、目の疲れにお悩みの方も多いと思います。

そんな目の疲れは、ツボ押しで解消する事が可能です!

今回は多くの方が悩みである、目の疲れを解消するツボと押し方のポイントなどをご説明していきます。



1.目の疲れを解消する!7つのツボ

目の疲れを解消するのに効果的な、7つのツボをご紹介します。

比較的すべて目の周辺に集まっていますので、目が疲れたなあと思ったら、7つのツボを流れで押していくと良いでしょう。

すべてのツボを刺激しても5~10分程度あれば押す事が可能です。

①晴明/睛明(せいめい)

目の疲れを解消する事で、有名なツボです。
目が疲れたなと感じた時、この辺りをグッと押すと気持ちがいいと感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

このツボは目の疲れ解消だけでなく、目の不調全般に有効とされています。
目の疲れ ツボ 晴明

位置:目頭の少し上のくぼんだ部分にあります。

押し方:鼻筋をはさむような感じで、片手の親指と人差し指を左右の晴明にあてます。
鼻筋へ向かって垂直に力を入れます。

眼球の方に押すのではなく、必ず鼻筋に向かって押すようにしてください。

②攅竹(さんちく)

眉頭にあるツボで、目の疲れ解消、頭痛の緩和、老眼や眠気解消に効果的とされています。
顔・目元のむくみ解消など、美容面でも有効なツボです。

目の疲れ ツボ さん竹

位置:眉頭の眉間側、少しへこんでいる部分です。

押し方:左右の攅竹に左右の親指をそれぞれあてて、優しく上に持ち上げるように押します。
親指ではなく人差し指で行ってもOKです。やりやすい方の指を使いましょう。

③魚腰(ぎょよう)

目の疲れ、目のむくみやたるみ、頭痛などに良いとされるツボです。
老眼にも有効とされています。
目の疲れ ツボ 魚腰

位置:眉毛の中心辺り、黒目の真上にあります。
②攅竹から、眉部分の骨に沿っていったところにあります。

押し方:左右の魚腰部分に親指の腹を垂直に当てて、上に押し上げるようにします。
このツボは刺激が伝わりやすいので、あまり力を入れ過ぎないよう注意しましょう。

④糸竹空/絲竹空(しちくくう)

目の疲れ・偏頭痛・視力の回復などに効果的なツボです。

長時間目を酷使した時の解消に良いので、1時間に1回程度、このツボを刺激してあげると疲労の蓄積を予防します。

緊張をほぐしたり、気分をリフレッシュさせるのにも有効です。
目の疲れ ツボ 糸竹空

位置:眉尻辺りの少しくぼんだ部分にあります。

押し方:人差し指の腹をあてて、弱めの力で押します。
とても神経が過敏なツボなので、力を入れ過ぎないようにしましょう。

⑤太陽(たいよう)

目のかすみ、疲れ目からの頭痛・老眼に良いとされているツボです。

太陽を刺激していると眼病と無縁になるという意味から“眼医者ごろし”とも呼ばれています。
目の疲れ ツボ 太陽

位置:眉尻と目尻の中心部分の少し外側、骨のふちにあります。

押し方:左右の太陽に両手の人差し指の腹をあてて、中指・薬指を添えます。

⑥承泣(しょうきゅう)

目の疲れ・目のかすみ、目の周りのむくみ解消などに効果的なツボです。

目の周りの血行を促し、小じわや目のクマ、たるみなどにも良いといわれています。
目の疲れ ツボ 承泣

位置:真正面を向いた時の、眼球の瞳孔部分の真下にあります。
瞳孔部分から下にさがっていった、目の下にある骨のふちの辺りです。

押し方:目を閉じ、人差し指・中指・薬指を第二関節から曲げて、承泣部分に中指があたるように3本指をおきます。中指で、骨を下に押すように刺激します。

※目の方向に力を入れたり、目の下の骨の内側に指をひっかけないようにしてください。

⑦風池(ふうち)

目の疲れ、疲れ目からくる首・肩のコリ、頭痛、不眠などに期待できる後頭部のツボです。

風邪の初期症状などにも有効とされています。
目の疲れ ツボ 風池

位置:うなじの髪の生え際の少し上あたりにあります。
首の中心の太い筋肉から指2本分外側の少しくぼんだ部分です。

押し方:親指の腹を風池にあて、頭の中心に向かって押しこむように刺激します。

2.正しいツボの押し方&目のツボを押す時のポイント

ここでは基本の正しいツボの押し方と、目のツボを押す時のポイントをご紹介します。

目のツボは、ほかのツボと比べてとても繊細です。
通常のツボ押し方法に加えて、注意するポイントなどがあります。
目の疲れ ツボ 目

必ずこちらを確認してから、ツボ押しを始めてください。

2-1.正しいツボの押し方

ツボ押しは、正しく行う事が大切です。

間違った押し方をすると働きが充分に感じられない場合があるので、今からご説明する基本の方法を確認して正しくツボを刺激しましょう。

■手を清潔にしてから行う
目の疲れ ツボ 手洗い

目元のツボは眼球に近く、菌などが入ってしまう恐れがあります。
必ず手を清潔にしてから押しましょう。

■ツボに対して垂直に押す
基本は、ツボに対して指の腹で垂直に刺激します。
目の疲れ ツボ 押し方

指の先などで押すと、爪があたったり正しくない場所に力がかかる事があるので注意しましょう。

■適度に刺激を感じる程度の強さで押す
心地よいと感じるくらいの力で刺激します。

ただ目元は強く押しすぎたり眼球を刺激すると、かえって目の疲れが増してしまったり、痛みが生じる場合があります。

適度に刺激を感じる程度の強さが最適です。

■ゆっくり力を入れて2~3秒程度押し、また2~3秒程かけてゆっくり力を抜く
押して離しての一定のリズムを繰り返すと、脳に刺激になり視力回復などにより効果的になります。

2~3秒の刺激でも、脳には刺激がきちんと伝わります。
長時間同じ場所を押していると、血流が悪くなってしまうので長く押しすぎないよう注意しましょう。

■ツボ1か所につき5~10回ずつ繰り返す
1か所を重点的に何度も何度も押すと、痛みが出てしまう場合もあります。

1か所のツボは、5~10回を目安に、刺激すぎないよう注意してください。

刺激が足りないと感じた時は、続いて繰り返さずに、数時間おいてから再度行ってください。

■押すときはゆっくり息を吐きながら、離すときは息を吸いながら
目の疲れ ツボ 呼吸

深くゆっくり呼吸をしながら行う事で、全身がリラックスするため、ツボ押しはより効果的になります。

2-2.目のツボを押すときのポイント

正しいツボ押し方法にプラスして、目のツボを押す時のポイント・注意点が4つあります。

①目元を軽く手で温める
目の疲れは、目元の血流が悪くなってしまう事が原因でもあります。

目のツボを押す前に、目をつぶって手の平で目元を覆って軽く温めると、血流を促すのにより効果的です。

②首・肩を軽くほぐしておく
肩や首を少しほぐして血流を良くしておくと、目元の血行が良くなります。
目の疲れ ツボ 肩・首をほぐす

目が疲れている時は肩・首にもコリがある事が多いので、ツボを刺激する前に柔らかくしておくと良いでしょう。

③眼球を揉んだり刺激しない
眼球の組織は柔らかいので、軽い力がかかるだけでも負担になります。

また習慣的に眼球に刺激を与えていると、白内障・緑内障など、眼病を起こす恐れがありますので、刺激しないように注意してください。

④なにかしながらツボを押さない
目のツボは、少しずれてしまうと眼球を傷つけてしまう場合があります。
歩いたり食事をしている時はツボを押さないようにしてください。

座っている時・立っている時・寝ている時など、振動を受けない状態の時に行いましょう。

3.目の疲れをためないポイント

ツボ押しで目の疲れを解消するだけではなく、日ごろから目の疲れをためないよう、以下のことを取りいれてみてください。

■目を閉じる
目の疲れ ツボ 目を閉じる

目が疲れやすい方は、こまめに目をギュッと閉じると良いでしょう。
これだけでも目は少し休まります。

パソコンやスマフォなど1点を見続けると、目の周りの筋肉が硬くなり目の疲れがひどくなります。
目の疲れ ツボ パソコン

まばたきを多くするように意識するだけでもおすすめです。

■目の体操をする
大きくゆっくり円を描くように目をくるくるまわすだけでも目のまわりがほぐれます。
目の疲れ ツボ  目の体操

数回ずつ、目がスッキリしたと感じる程度に行いましょう。

■目元を温める
疲労で硬くなった目元の筋肉をほぐすには、温めるのも有効な方法です。

目の疲れをためず、疲れ目を悪化させないためには、ホットアイマスク・ホットタオルなどで目の筋肉をほぐしてリラックスする事も効果的です。

■しっかり睡眠を取る
当たり前のことですが、睡眠を取って目を休ませてあげないと目の疲れはどんどん蓄積されていきます。
目の疲れ ツボ 睡眠

充分な睡眠によって、目の疲れは回復しやすくなります。

目のツボを正しく刺激する事で、目の疲れを解消する事が可能です。

今回紹介したツボは眼球に近い場所なので、強く刺激しすぎないように注意してください。

ツボの押し時のポイントをしっかりおさえて、目の疲れをスッキリ解消させましょう!

この記事は2015年8月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る