メニューを開く
アスタリフト;

目の疲れを感じたら押してみよう!7つのポイントと正しい押し方

目の疲れ ポイント目が疲れて仕事に集中できない…、なんだか目が疲れて重い…。
目の疲れをポイントで解消したい!と思っていませんか?

パソコンやスマフォなどの使い過ぎで、目の疲れにお悩みの方も多いと思います。

そんな目の疲れは、ポイント押しで和らげる事が可能といわれています!

今回は多くの方が悩みである、目の疲れを和らげるポイントと押し方のポイントなどをご説明していきます。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.目の疲れを和らげるための7つのポイント

目の疲れを和らげるために効果的とされている、7つのポイントをご紹介します。

比較的すべて目の周辺に集まっていますので、目が疲れたなぁと思ったら、7つのポイントを流れで押していくと良いでしょう。

すべてのポイントを刺激しても5~10分程度あれば押す事が可能です。

①目頭の上

目の疲れを和らげることで、有名なポイントです。
何となく目の疲れを感じた時に、この辺りをグッと押すと気持ちがいいと感じたことがある方も多いのではないでしょうか。
目の疲れ ポイント 晴明位置:目頭の少し上のくぼんだ部分にあります。

押し方:鼻筋をはさむような感じで、片手の親指と人差し指を左右の晴明にあてます。
鼻筋へ向かって垂直に力を入れます。

眼球の方に押すのではなく、必ず鼻筋に向かって押すようにしてください。

②眉頭

眉頭にあるポイントで、目の疲れや眠気解消に良いとされています。
顔・目元をすっきりさせるなど、美容面でもおすすめされているポイントです。

目の疲れ ポイント さん竹位置:眉頭の眉間側、少しへこんでいる部分です。

押し方:左右のポイントに親指をそれぞれあてて、優しく上に持ち上げるように押します。
親指ではなく人差し指で行ってもOKです。やりやすい方の指を使いましょう。

③眉毛の中心あたり

目の疲れや目のむくみなどに良いとされるポイントです。
目の疲れ ポイント 魚腰位置:眉毛の中心あたり、黒目の真上にあります。
②攅竹から、眉部分の骨に沿っていったところにあります。

押し方:左右のポイントに親指の腹を垂直に当てて、上に押し上げるようにします。
このポイントは刺激が伝わりやすいので、あまり力を入れ過ぎないよう注意しましょう。

④眉尻あたり

長時間目を酷使したときに特におすすめなので、1時間に1回程度、このポイントを刺激してあげると疲労の蓄積の予防になるといわれています。

緊張をほぐしたり、気分をリフレッシュさせるのにも良いといわれています。
目の疲れ ポイント 糸竹空位置:眉尻辺りの少しくぼんだ部分にあります。

押し方:人差し指の腹をあてて、弱めの力で押します。
とても神経が過敏なポイントなので、力を入れ過ぎないようにしましょう。

⑤眉尻と目尻の中心部分

目のかすみや疲れ目に良いとされているポイントです。

太陽を刺激していると眼病と無縁になるという意味から“眼医者ごろし”とも呼ばれています。
目の疲れ ポイント 太陽位置:眉尻と目尻の中心部分の少し外側、骨のふちにあります。

押し方:左右のポイントに両手の人差し指の腹をあてて、中指・薬指を添えます。

⑥眼球の瞳孔部分の真下

目の疲れ、目のかすみ、目元のむくみなどによいといわれるポイントです。

目の周りの血行を促し、目元の小じわやたるみ、クマによいとされています。
目の疲れ ポイント 承泣位置:真正面を向いた時の、眼球の瞳孔部分の真下にあります。
瞳孔部分から下にさがっていった、目の下にある骨のふちの辺りです。

押し方:目を閉じ、人差し指・中指・薬指を第二関節から曲げて、ポイント部分に中指があたるように3本指をおきます。中指で、骨を下に押すように刺激します。

※目の方向に力を入れたり、目の下の骨の内側に指をひっかけないようにしてください。

⑦うなじの少し上あたり

目の疲れ、疲れ目からくる首・肩のコリなどに期待できる後頭部のポイントです。
目の疲れ ポイント 風池位置:うなじの髪の生え際の少し上あたりにあります。
首の中心の太い筋肉から指2本分外側の少しくぼんだ部分です。

押し方:親指の腹をポイントにあて、頭の中心に向かって押しこむように刺激します。

Pocket
LINEで送る