メニューを開く

髪が抜けるのはこの行動が原因!女性が気になる対処法をチェック!

髪 抜ける「髪が抜ける本数が多い気がする…」「クシでとかすと何でこんなに髪が抜けるんだろう?」とお悩みではないですか?

お風呂で髪を洗うときや、髪を結っているとき、自分だけがこんなに大量に髪が抜けているのではないかと、いつも不安が付きまとうと思います。

髪が毎日抜けるものだと知っていても、量が多いと他の人の抜け毛事情が気になりますよね。

そこで今回は、髪が抜ける原因や対処法、1日に抜ける髪の量についてご紹介します。


1.髪が抜ける平均本数と抜け毛の種類

髪 抜ける髪の抜ける量は、毎日気になりますよね?
ただ、頭皮や髪がすこやかに保たれている人も、毎日髪は抜けると言われます。この章では、抜け毛の平均本数と種類に関してご説明します。

①髪が抜ける平均本数

成人した日本人の髪は、平均約10万本と言われていて、人により多少の幅があります。

そして、髪が抜ける平均の量は、1日50~100本だと考えられており、秋などの季節の変わり目には、倍の本数の200本以上抜けることもあるとされます。

秋は、夏に受けた紫外線などの影響が出るために、一時的に髪が抜けやすくなる方が多いようです。

②抜け毛の種類

髪 抜ける 抜け毛 種類
髪が抜ける本数のみに、着目してしまいがちですが、本当は抜けてしまう本数ではなく、抜けてしまった髪の状態にこそ注目するべきだと言われています。

なかなか肉眼では確認しにくいと思いますが、上記の図のような毛根の特徴がある髪がたくさん抜けていたら、専門家への相談を検討してみてもよいかもしれません。

2.髪が抜ける原因

髪 抜ける髪が抜けると「あぁ…またこんなに抜けた」と心配になり、要注意な抜け毛を発見したときは「なんでこんな状態の髪があるの?」と、不安な気持ちが湧き上がってきますよね。

髪が抜けるたびに原因が気になる方も多くいると思います。
そこで次に、髪が抜ける主な原因を5つご紹介します。

①頭皮ケアが疎か

頭皮や髪を傷めてしまうと、髪が生えてくるサイクルに影響を与え、髪が抜けてしまう原因になることがあります。

シャンプーで頭皮をよく洗っていないと、頭皮に皮脂が詰まってしまい、髪が抜ける以外にも切れ毛やくせ毛の原因になることもあるので、注意が必要です。

すこやかな頭皮を保てていないと、髪が抜けやすくなる可能性があります。

②生活習慣の乱れ

睡眠不足やアルコールの過剰摂取、運動不足や喫煙など乱れた生活を送っていると、頭皮の血行が悪くなり、髪が抜けてしまう原因になると考えられています。

血行が悪くなると頭皮や髪に栄養などが行きわたらなくなり、髪の生え変わりのサイクルも止まってしまうことがあると言われます。

③無理なダイエット

無理なダイエットなどで食事をしっかりと摂らないと、髪の毛に栄養が行き届かず、髪が抜けてしまうことがあります。髪の原料が不足してすこやかな髪が生まれにくくなってしまうためです。

髪や爪など体の末端にあるものは、体が栄養不足になると栄養が届けられにくくなる場所だと考えられています。そのため、無理なダイエットや偏食を続けていると髪が抜けやすくなってしまうのです。

④ホルモンバランスの乱れ

加齢や出産後のホルモンバランスの乱れが原因で、髪が抜けてしまうことがあります。

髪の成長と深い関係にある女性ホルモンは、加齢に伴い量が減ってしまうと考えられており、その結果髪が抜けたり、髪の毛が細く痩せてしまうと言われています。

また、妊娠中に減少していたエストロゲンが、出産後元に戻ろうとする急激な変化で、ホルモンバランスが乱れ、髪が抜けることに繋がってしまうと考えられています。

⑤ストレス

ストレスはホルモンバランスを乱してしまったり、体を緊張状態にして血行を悪くし、髪が抜けてしまう原因になることがあるとされます。

また、髪の生育に重要な栄養素に「亜鉛」があると言われています。ストレスを感じると、身体ではこの亜鉛が大量に消費されます。すると、髪に必要な亜鉛が十分に供給されなくなると言われているのです。

3.髪の抜け毛を防ぐために意識したいこと

髪 抜ける髪が抜ける原因は、日常の些細なことなどさまざまあり、日頃からヘアケアを意識して行っておくことが大切です。

髪の抜け毛が気になる方にぜひ意識していただきたいことを、肌らぶ編集部から5つご紹介します。

①頭皮のセルフマッサージをする

髪が抜けるのが気になるときは、頭皮のセルフマッサージで血行をよくすることもおすすめです。頭皮のセルフマッサージをすると血行がよくなり、頭皮に栄養がいきわたりやすくなると考えられています。

セルフマッサージは、いつ行ってもよいですが、一押しのタイミングは入浴時やお風呂上りなど、血行がよく、体が温まっているときです。

頭皮をセルフマッサージする際に、育毛剤やオイルを付けるとすべりがよくなるので、おすすめです。

手順

1.両手の指の腹を使って生え際から頭頂部、後頭部にかけて揉みほぐします。
2.耳の周りのリンパ節を指の腹でほぐして血行をよくします。

~肌らぶ編集部おすすめアイテム~

今回は、通信販売で購入可能かつ塗りやすいノズル式の育毛剤の中から、肌らぶ編集部おすすめとして選んでいます。

マイナチュレ(医薬部外品)
マイナチュレ(医薬部外品)
販売会社:株式会社レッドビジョン(Red Vision,Inc.)
通常価格:5,095円(+税)
通常定期コース 4,742円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
ベタつかずさらっとなじみやすいテクスチャーで、スキンケア感覚で頭皮のお手入れができる、無添加薬用育毛剤です。

他のスキンケアアイテムと自然になじみ、一見して「育毛剤」とは分かりづらいシンプルかつナチュラルなパッケージデザインを採用しているところも嬉しいですね。

頭皮に直接塗布できるノズル式で、スムーズに頭皮に塗布することができるでしょう。

香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・タール色素・紫外線吸収剤・合成ポリマー・動物性原料・酸化防止剤・シリコンは不使用。

マイナチュレ(医薬部外品)

②シャンプーを見直す

洗髪のときは、汚れや皮脂が落ちるようにしっかり頭皮を洗いましょう。頭皮の洗浄を行い頭皮や髪をすこやかに保つことが大切です。

頭皮の毛穴に汚れや皮脂を残さないように、洗髪の前にブラッシングをしてホコリなどの汚れを落としておき、シャンプーを泡立ててから頭皮を洗うのがポイントです。

頭皮の皮脂が落とせてもシャンプーの使いすぎで、頭皮にシャンプーが残ってしまうことは髪にとって、良くない状態です。洗髪後は、よくシャワーですすぎましょう。

人によって頭皮や髪の状態はさまざまです。髪が抜けるのが気になるときは、思い切ってシャンプーを変えてみるのもよいですね。

③栄養バランスの取れた食事をする

髪が抜けないよう、すこやかな頭皮や髪を保つために、栄養のバランスが取れた食事をとることも大切です。

一般的にすこやかな毛髪に必要な栄養素と言われるたんぱく質やビタミン、ミネラルなどを含んだバランスの良い食事を摂りましょう。

【たんぱく質を含む食材】

しらす干し、いわし、いくら、牛肉、たらこ、あじ、まぐろの赤身

【ビタミン】

赤ピーマン、レモン、ケール、いちご、ブロッコリー、カリフラワー

【ミネラル】

カキ、牛肉、しじみ、きゅうり、かぼちゃ、アーモンド、レバー、

④生活習慣を整える

生活習慣を整えるために、規則正しい生活を送ることが大切です。

眠り始め3時間の睡眠の深さが、睡眠の「質」を決めると言われています。深く充実した睡眠を取れるよう、入眠前の環境づくりを意識するように心掛けましょう。

さらに、朝は陽を浴びて、体に朝が来たと認識させることを続けるなど、すこやかな生活リズムを体に刻めるような工夫をしましょう。

⑤適度にストレス発散をする

髪や頭皮のために、普段からストレスをためないように心がけることが大切です。

適度な運動や歌を歌うことで、簡単にストレスが発散できることがあります。また、普段から「自分の好きな読書をする」など趣味の時間を作ったり、十分な睡眠をとり、体も心もリラックスできるようにすることも一つの手です。

自分に合ったストレス発散方法を見つけましょう。

4.まとめ

髪 抜けるいかがでしたでしょうか?

髪が抜けることで、不安な気持ちを持っていたと思いますが、原因やお手入れ方法を知ったところで1つずつ行動を起こしてみることが大切です。

自分に合う方法を試して、髪が抜けるのが気にならない、楽しい毎日を送れるようにしましょう!

この記事は2017年3月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る