メニューを開く
アスタリフト;

話題の成分!ハイドロキノン化粧品おすすめ6選

ハイドロキノン 化粧品
「ハイドロキノンの配合された化粧品を使ってみたいけれど、どれを選んだら良いのかな?」と疑問に感じてはいませんか?

ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶときにはいくつかポイントがあります。

今回は、ハイドロキノン配合化粧品を選ぶポイントと、おすすめ化粧品6選をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.ハイドロキノン化粧品を選ぶポイント

ハイドロキノン配合化粧品は、肌悩みのある箇所に合わせて「部分用」もしくは「顔全体用」のアイテムを選ぶことをおすすめします。

部分的な対策をしたい場合には、気になる部分のみに使用する「部分用」のアイテムを選びましょう。

部分用アイテムは、集中的にお手入れできるように成分の濃度の高いものが多いため、ハイドロキノンの魅力をより実感することが期待できます。

一方、全体的な肌の対策をしたい場合には、「顔全体用」のアイテムを選びましょう。

2.おすすめハイドロキノン化粧品6選

ここでは、肌らぶ編集部が選んだ、ハイドロキノン配合化粧品おすすめ6選をご紹介します。

2-1.部分的に使いたい方におすすめ!ハイドロキノン化粧品4選

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

アンプルール
【全成分】
ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、DPG、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、BG、ビサボロール、水、エチルセルロース、カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス、チオクト酸、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、フェノキシエタノール、香料

アンプルールは、皮膚科医が開発に携わったドクターズコスメブランドです。

肌にピタッと密着し、なめらかに整える、夜用のスポット集中美容液です。

トライアルキットがあるので、まずは肌に合うか試してみたい方にもおすすめです。

>>アンプルール 公式ホームページはこちら

セルピュア ブライトニングクリスタル

セルピュア

【全成分】
水、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドデシル、ハイドロキノン、PEG-40水添ヒマシ油、セタノール、パルミチン酸セチル、ステアリン酸、ステアリン酸グリセシル(SE)、アルギニン、サリチル酸、ピロ亜硫酸Na、ペンチレングリコール、パルミチン酸レチノール、コーン油、アスコルビルグルコシド、トコフェロール、アルブチン、カミツレ花エキス、ヒマワリ種子油、ラベンダー油

セルピュアは、皮膚科医監修のドクターズコスメブランドです。

気になる部分によくなじみ、肌を整える集中ポイントケアクリームです。

まとめ買いでお得になる2本セットもあり、コストパフォーマンスを重視したい方にもおすすめです。

>>セルピュア 公式ホームページはこちら

オバジ ブライトニングナイトセラム

Obagi ブライトニングナイトセラム
【全成分】
ジメチコン、PG、ミネラルオイル、グリセリン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(ラウリルジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー、水、ハイドロキノン、ジオウ根エキス、ミクロコッカス溶解液、トコフェロール、アスコルビン酸、レシチン、BG、香料

オバジは、ロート製薬が培った技術により、肌そのものを活かして、健康的で美しい素肌を目指すためのスキンケアブランドです。

濃密なテクスチャーで肌にぴったり密着し、肌を整える夜用集中美容液です。

>>オバジ 公式ホームページはこちら

エピステーム HQレーザークリア

episteme HQレーザークリア
【全成分】
ジメチコン、グリセリン、PG、ミネラルオイル、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(ラウリルジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー、水、ハイドロキノン、トコフェロール、ツボクサエキス、アスコルビン酸、水添ポリイソブテン、香料

エピステームは、ロート製薬の先端研究を応用した化粧品が揃った、エイジングケア(※)ブランドです。
※年齢に応じた肌のお手入れのこと

気になる部分に密着して潤いを与える、こっくりしたバーム状の夜用集中美容液です。

>>エピステーム 公式ホームページはこちら

2-2.顔全体に使いたい方におすすめ!ハイドロキノン化粧品2選

サンソリット ホワイトHQクリーム

サンソリット
【全成分】
水、ハイドロキノン、ペンチレングリコール、セテアリルアルコール、ラベンダー花水、パルミチン酸イソプロピル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、BG、セタノール、ホホバ種子油、乳酸、リンゴ酸、クエン酸、サリチル酸、クエン酸Na、カンゾウ根エキス、レチノイン酸トコフェリル、ビサボロール、クレアチン、ジメチコン、セテアリルグルコシド、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/メタクリル酸ベヘネス-25)クロスポリマー、グリセリン、窒化ホウ素、EDTA-2Na、グルコン酸亜鉛、グルコン酸銅、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グルコース、キサンタンガム、セレブロシド、リゾレシチン、t-ブタノール、エチドロン酸4Na、レシチン、セージ葉エキス、チャ葉エキス、アカツメクサ花エキス、ペポカボチャ種子エキス、アスパラギン酸Mg、エタノール、フェノキシエタノール

サンソリットは、全国の医療機関でも取り扱いのあるスキンケアブランドです。

顔全体に使用できる、伸びの良いクリームです。

肌にハリ・ツヤを与え、なめらかに整えます。

>>サンソリット 公式ホームページはこちら

ビーグレン QuSome ホワイトクリーム1.9

b.glen Qusome ホワイトクリーム1.9

【全成分】
水、 グリコール、 シクロペンタシロキサン、 トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、 スクワラン、 ハイドロキノン、 セタノール、 ジメチコン、 ステアリン酸グリセリル、 ベヘニルアルコール、 バチルアルコール、 ジステアリン酸PEG-150、 ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、 オリゴペプチド-68、 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、 ゲンチアナ根エキス、 トウキ根エキス、 シャクヤク根エキス、 センキュウ根茎エキス、 ジオウ根エキス、 ショウガ根茎エキス、 キサンタンガム、 タマリンドガム、 パルミチン酸セチル、 ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、 ステアロイルラクチレートNa、 ステアリン酸PEG-45、 リナロール、 BG、 エタノール、 EDTA-2Na、 ピロ亜硫酸Na、 カプリリルグリコール、 ソルビン酸K

ビーグレンは、独自の浸透テクノロジー「QuSome」によって、角質層のすみずみまで浸透しやすいようにつくられたアイテムが魅力のスキンケアブランドです。

さらりとした軽いテクスチャーが、なめらかに肌になじみます。

乾燥を防ぎ、潤いとツヤを与える顔全体用のクリームです。

>>ビーグレン 公式ホームページはこちら

3.ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンは、とても魅力的な成分であると同時に、肌への負担がかかりやすい成分ともいわれているため、使用する際には注意が必要です。

ハイドロキノン配合の化粧品を使用する際には、以下のことを必ず守りましょう。

■必ずパッチテストを行う
パッチテスト
ハイドロキノンの配合された化粧品を使用する際には、必ずパッチテストを行いましょう。

ハイドロキノンは、人によっては負担となり、ピリピリとした痛みや赤み、かぶれなどが起こる可能性があるともいわれています。

ハイドロキノン配合の化粧品を使用する際には、肌が敏感に傾きやすい方はもちろん、今まで化粧品によって肌が荒れた経験がない方でも、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

また、肌に異常を感じた場合は、すぐに使用を中止して、皮膚科を受診し、医師に相談してください。

■必ず日焼け止めを使い、紫外線の影響を受けないようにする
166176
ハイドロキノン配合の化粧品を使用する場合は、必ず日焼け止めを塗って紫外線から肌を徹底的に保護しましょう。

日中も日焼け止めを塗り直すことが理想ではありますが、メイクをしていて塗り直しが難しい場合は、SPF・PA表記のあるフェイスパウダーやパウダーファンデーションでこまめに化粧直しをして、紫外線から肌を保護しましょう。

■保管場所に注意し、なるべく早めに使い切る
ハイドロキノン配合の化粧品を開封したら冷暗所で保管し、なるべく早いうちに使い切るようにしましょう。

ハイドロキノンは不安定な成分であり、光や熱、酸素の影響をうけると劣化しやすいといわれています。

商品によっては、冷蔵庫での保管が必要なもの、使用期限があるものもあるため、自分の使用している化粧品をよく確認して使うようにしましょう。

4.まとめ

ハイドロキノン配合の化粧品は、部分用と顔全体用を使い分けることがおすすめです。

また、使用する際は、商品に記載された使用方法や使用量をよく確認して、正しく使用しましょう。

今回ご紹介した商品を参考にして、自分の肌に合ったハイドロキノン化粧品を選び、ぜひ理想の肌を目指してくださいね!!

※この記事は2016年7月12日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る