メニューを開く
アスタリフト;

ヒリヒリ痛い!唇が日焼けしたときの対策&お手入れ方法

唇 日焼け1 唇を日焼けしちゃったみたい・・・ヒリヒリして痛い!とお困りではありませんか?唇は皮膚がとても薄くデリケートで日焼けしやすいのに、対策を忘れられがちな箇所でもあります。

今回は日焼けしちゃった唇のお手入れ方法と、日焼けしないための方法をご紹介します。


astalift
astalift

◆肌らぶセレクション◆

MAMA BUTTER(ママバター) UVケアリップトリートメントSPF12 PA+

MAMA BUTTER UVケアリップトリートメント販売会社:株式会社ビーバイ・イー
容量:5.5g
価格:800円(税抜)

SPF12PA+とUVカットの役割も持ったリップトリートメントです。
自然由来の保湿成分・シアバターを配合。
唇に潤いを与えつつ、紫外線から唇を保護します。
シリコン、紫外線吸収剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベン不使用。

公式HP

1.日焼けした唇のアフターケア

唇 日焼け唇は肌と違って日焼けして黒くなるといったことはないようです。
しかし、唇は皮膚が薄く皮脂も少ないので、紫外線の影響を受けると荒れやすくなると言われています。

そのため、紫外線を多く浴びたり日焼けをしたりして唇が荒れてしまったら、唇パックを行ってお手入れしましょう。

■唇パック
日焼けによって唇が荒れてしまったら、しっかり潤いを補給してあげることが大切です。

なお、日頃から唇の乾燥対策として、唇パックを定期的に行うこともおすすめです。

【用意するもの】
・ラップ(唇より少し大きめ)
・ワセリンとはちみつ

【唇パックの方法】
①ワセリンとはちみつを1:1で混ぜ、唇にたっぷり塗る
②ラップをのせる
日焼け 唇 ③5~10分置いたらラップをはがす

痛みが引かない場合や不安なことがある場合は、病院の皮膚科などで専門医に相談してみましょう。

2.唇の日焼け直後に注意したい3つの行動

唇 日焼け⑥ 1で紹介した唇パックと合わせて、以下の3つを頭に入れておきましょう。

唇に負担をかけないように意識することで、その後の唇の状態に違いがでるかもしれません。

1.皮をむかない

唇 日焼け日焼けをすると唇が乾燥して皮がめくれることがありますが、手でむいたり、歯で引きちぎらないようにしましょう。

日焼けをした唇はいつも以上にデリケートになっていると考えられるため、摩擦などによる負担を与えないようにすることが大切です。

保湿を念入りに行い、お手入れしましょう。

2.刺激のある食べ物は控える

唐辛子を使った辛い食べ物や塩分の多い食べ物などは、日焼けした唇には負担になることがあると考えられるので、日焼け直後は控えるようにしてみてください。

もし食べた場合は、唇に残らないように、食事後に唇を水で洗うとよいでしょう。

3.リップメイクは控える

唇 日焼け紫外線を浴びたり日焼けをしたりして荒れた唇には、できるだけ口紅やリップグロスなどのリップメイクは控えるようにしましょう。

メイクをしないといけない状況の場合は、保湿をしたあとに、色付きのリップクリームを使うことをおすすします。

ただし、忘れずクレンジングで洗い落として、唇に残らないように注意してください。

3.唇の日焼けを防ぐ方法

唇 日焼け⑤ ここからは今後日焼けによる唇のお悩みを防ぐために、日頃からできる対策をご紹介します。

1.SPF・PA表示のあるリップクリームを使う

唇 リップクリーム 外に外出するときは、リップクリームをSPF・PA表示のあるものに替えて、唇を保護するようにしてみてください。

香りやテクスチャー、つけ心地などから、自分の好みの1本を見つけておくとよいでしょう。

2.パウダーファンデーションを少量唇に塗る

唇 日焼けUVカットの役割をもつリップクリームを塗っても唇が荒れがちだと言う方は特に、パウダーファンデーションを少し唇に塗って、唇の紫外線対策を行うのもおすすめです。

ワセリンなどで唇を保湿してから、パウダーファンデーションを軽く塗ってみてください。

なお、パウダーファンデーションのあとに、口紅で色づけしてあげるとよいでしょう。

3.帽子・日傘で直射日光を避ける

帽子 女性 唇に塗るケアも大切ですが、そもそも日を浴びないようにすることが大切です。

レジャーなどで太陽の下で過ごす場合は、ツバのある帽子を被る、スポーツをする時はサンバイザーをする、移動の時は日傘を使うなどして、唇を直接日に当たらないよう工夫しましょう。

4.唇の日焼けまとめ

唇 日焼け日焼けしてしまった唇は潤いの補給がとても大切です!

プルプルな唇は女性の魅力のひとつ♡

唇の皮がむけたり、カサカサしてしまうことを避けるためにも、日頃から丁寧に唇の保湿を意識したお手入れを行いましょう。

この記事は2017年3月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。


Pocket
LINEで送る