メニューを開く
アスタリフト;
提供:サントリーウエルネス株式会社

ノコギリヤシのサプリのおすすめ2選!実際に飲んだ結果は?

ノコギリヤシ サプリ

「ノコギリヤシのサプリは、どれがいいんだろう?」、「ノコギリヤシのサプリは、飲むとどうなる?」と、お悩みではありませんか?

ノコギリヤシのサプリは、何かと悩みが出てくる中高年の男性におすすめのサプリです。

そこで今回は、「すっきりしない……」「キレがいまいち」とお悩みの方のために、ノコギリヤシのサプリの選び方や、おすすめのサプリ2つと、サプリの摂取と一緒にやっていただきたい生活習慣の改善などについてお話します。



astalift
astalift

1.中高年男性におすすめのノコギリヤシとは

中高年男性の抱える悩みの話になると、何かと登場することの多いノコギリヤシは、ヤシ科のハーブです。鏡を見るのも、出かけるのもおっくうだと感じている方に、おすすめとされています。

主に北アメリカ南東部に生息しており、古来より先住民のスタミナ源として親しまれていました。

健康な毎日のため、気軽にノコギリヤシを摂りたい方は、サプリから取り入れるのがおすすめです。

2.ノコギリヤシのサプリを選ぶ4つのポイント

ノコギリヤシは、日本でも注目されており、ノコギリヤシを使ったサプリも増えてきています。

数あるサプリの中から、失敗を防ぐためのサプリを選ぶ際のポイントをお話します。

葉酸 サプリメント

2-1.ノコギリヤシの配合量

ノコギリヤシの配合量は、サプリを選ぶ上で大切なポイントです。

ノコギリヤシの配合量が少ないサプリでは、期待感が薄れますし、かといって、ノコギリヤシが多いほど良いというわけではありません。

1日の摂取目安は、320㎎程度が好ましいと言われているので、選ぶ際はこの量を基準にしてみてください。

日本人の体や生活習慣を考慮して作られている、日本製のサプリを選ぶのがおすすめだと思います。

2-2.超臨界抽出法であること

「超臨界抽出方法」を、独自で取り入れているメーカーのものがおすすめです。

「超臨界抽出法」は、簡単に言うと、成分の品質が落ちないよう、酸化を防ぐ抽出方法を指します。

ノコギリヤシの果実に含まれる成分は、成分自体が酸化しやすい性質を持っているため、サプリへと加工する際に、成分のパワーが失われることがあります。

それを防ぐために、サプリ製造の際には、超臨界抽出法を採用している商品がおすすめです。メーカーのホームページに記載されていることが多いですが、見当たらない場合は、直接問い合わせてみても良いでしょう。

1日の摂取目安に達するノコギリヤシが入っていると言っていても、この抽出法で作っているかどうかで、成分の本来の良さが摂れるかが変わってくることがあります。

2-3.品質がしっかりしていること

ノコギリヤシのサプリに限らず、毎日体の中に取り入れるため、品質も選ぶ際のポイントになります。

商品の販売ページはご覧いただき、使われている原材料の栽培地・工場の環境・品質管理などが、しっかり説明されているかをご確認いただくのをおすすめします。

詳細に説明しているということは、原材料や製造の面など、品質に自信があることの表れでもあります。

2-4.ノコギリヤシ以外の成分

サプリ

ノコギリヤシのサプリは、ノコギリヤシ以外の成分を配合していることもあります。

何が配合されているかは、販売者によって異なりますが、ノコギリヤシの吸収を助けてくれる、ビタミンが一緒に配合されているサプリがおすすめです。

ノコギリヤシと一緒になることで、ノコギリヤシの体への吸収をサポートしてくれると言われています。

その他、あなたのお悩みに合った成分が入っていそうなサプリを選んでみても良いでしょう。

3.おすすめのノコギリヤシサプリ2選

前の章でご紹介した、4つの基準をクリアしたサプリを探し、実際に試した上で、おすすめしたいサプリを2つご紹介します。

今回は、このサプリの感想を書くにあたり、父に飲んでもらいました。ノコギリヤシは、体に良いのは間違いないと思いますが、20代の私が飲むよりも分かりやすいと思ったからです。

父のプロフィール
今年56歳。40代くらいまでは、とても活動的で、休日もじっとしていられないような父でした。しかし、50歳を過ぎた辺りから、休日になると、一緒にテレビを観ていたと思ったら、いびきをかいて寝ているような状態です。また、最近では長時間、長距離の移動が心配なんだと言っています。

■ノコギリヤシ+セサミンE
ノコギリヤシ サプリ
【商品特徴】
販売元:サントリーウエルネス
ノコギリヤシ果実エキスの配合量:320㎎(1日の目安量3粒あたり)
ノコギリヤシ果実エキス以外の成分:セサミン、ビタミンE
内容量:90粒入り(約30日分)
価格:価格:1回のみお届け 5200円(+税) 送料無料
定期お届けコース 4680円(+税) 送料無料

【編集部コメント】
ビールやトクホ飲料などで馴染みのある、サントリーから出ているサプリです。

ノコギリヤシ果実エキスだけでなく、中高年の健康をサポートする成分として注目される、セサミンも配合されており、年齢を言い訳にせず、頑張りたい方には嬉しいサプリになっているかと思います。

主な成分である、ノコギリヤシ果実エキス、セサミン、ビタミンEの配合バランスも絶妙で、「素材のパワーを良い状態でお客様に届ける」という思いでサントリーが開発した商品で、サントリーならではの組み合わせとなっています。


【ノコギリヤシ+セサミンEを飲んでもらった感想】

飲みやすさにこだわったしずく型のサプリは、普段サプリを飲んでいない父でも、抵抗感なく飲めたそうです。

毎日飲むからこそ、飲むたびに負担とならないこの工夫にはメーカーさんの優しさを感じますね。

朝も気分は爽快だと言っていました。すっかり気に入り、5本目に突入しています。

晩酌している父をみるとなんだか楽しそうで。毎日、晩酌ができるなんて幸せだと言っています。

朝も快調らしく、休日は趣味のバイクいじりや、ツーリングなど、活動的に過ごしています。

自分の楽しみに没頭している父の姿を見るのは、娘としても嬉しいです。ささやかな親孝行をしたような気分です。

>>「ノコギリヤシ+セサミンE」の公式HPはこちら


■ノコギリヤシEX
ノコギリヤシEX
販売元:小林製薬
ノコギリヤシの配合量:320㎎(1日あたり)
ノコギリヤシ以外の成分:トマトリコピン、水利通快源
内容量:60粒入り(約30日分)
価格:価格:通常価格 2500円(+税) 送料無料

※中国で伝統的に育てられてきた植物成分の中から7種類(春黄金鼻の実エキス、オオバコの種子エキス、ヤマイモエキス、ニラの種子エキス、ニッケイエキス、クコの実エキス、オランダビューの種子エキス、デキストリン)をバランス良く組み合わせたもの。

【編集部コメント】
ノコギリヤシと摂ることで、中高年男性の悩みと、いつまでも若々しさをサポートしてくれるトマトリコピンを配合しています。

どちらも、中高年男性の将来を明るくするような、頼もしい成分です。

製薬会社として、長年培われた研究力と技術力を強みとし、成分同士の組み合わせにこだわったサプリです。

【ノコギリヤシEXを飲んでもらった感想】
1日に何粒の飲む必要がなく、2粒(目安)で良いのが楽で良かったとのことでした。

良さそうな成分がぎっしり入っている印象ですが、ニオイは気にならなかったようです。

すべて飲みきったところで感想をきいてみると、「まだよく分からない」という微妙な返事でしたが、1日約90円という価格が嬉しいね、とのことでした。

初めて購入される方には、手を出しやすい価格設定かもしれませんね。

>>「ノコギリヤシEX」の公式HPはこちら

4.ノコギリヤシサプリとあわせてやりたい2つのこと

ノコギリヤシのサプリは、悩みの多い中高年男性を頼もしくサポートしてくれます。

しかし、サプリはあくまで補助なので、飲んでいるだけで悩みが解決するものではありません。

ノコギリヤシのサプリを飲むのとあわせてやっていただきたいことについてお話します。

適度に体を動かす

シニア1

長時間同じ姿勢でいることや、体の冷えは、体の不調に影響すると言われています。

日頃から運動不足を自覚されている方や、仕事柄同じ姿勢が続くような方は、意識して体を動かすようにしてみましょう。

明日からウォーキングを始めてください!と言われても、なかなか大変だと思いますので、まずは積極的に階段を使ったり、遠回りして歩いたりするクセをつけてみてはいかがでしょうか。

和食中心の献立にする

和食

体の不調や悩みには、やはり食べ物から摂る栄養が欠かせません。

特に、中高年男性の悩みには、和食中心の献立がおすすめだと言われています。和食は、昔から日本の土壌で育った野菜や獲られる魚などを使った、日本人の体質に適した食事です。

血圧や脂肪が気になる方にも良いでしょう。

日本で肥満の割合が増えているのも、動物性脂肪分の多い、欧米の食べ物を気軽に食べられるようになったことが、多少関係していると言われています。

5.まとめ

ノコギリヤシのサプリを選ぶ際のポイントと、おすすめのサプリなどをご紹介しました。

ノコギリヤシが配合されたサプリは、徐々に健康に悩みを抱え始める中高年の男性におすすめのサプリです。

子どもも手を離れ、いざ楽しもう!という時期だからこそ、体の悩みで行動が制限されるのは避けたいところですよね。

ノコギリヤシのサプリを飲んで、もっと第二の人生を楽しみましょう。

この記事は2016年4月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る