2017年4月13日 更新

10代の化粧水どれ選ぶ?おすすめ化粧水と使い方のポイント

10代 化粧水 美白 必要 乳液 ニキビ おすすめ ランキング10代の自分に向いている化粧水はないかな?どんな化粧水を選べばいいかな?と悩んでいませんか?

成長期の10代はなにかとお肌の悩みも多いもの。自分に合った化粧水を探している10代の方のために、肌らぶ編集部おすすめの化粧水をご紹介します!

また、よりうるおいを実感しやすくなる化粧水のつけ方や洗顔方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。


1 10代注目!肌らぶ編集部おすすめ化粧水3つ

10代 化粧水 美白 必要 乳液 ニキビ おすすめ ランキングでは早速、肌らぶ編集部がおすすめしたい化粧水をご紹介します。

今回は、10代の方でも試しやすいよう、トライアルセットや初回限定のお得なセットなどが販売されている化粧水を集めました。
化粧水選びの参考にしてみてくださいね。

オルビス アクアフォースローション

オルビス アクアフォース化粧水

【トライアルセット情報】約3週間分
内容:洗顔料・化粧水・保湿液
価格:1,200円(税抜)

通販化粧品としてご存じの方も多いであろう、『オルビス』のオイルフリー化粧水です。
保湿成分、うるおいマグネットAQを配合。

肌にみずみずしいうるおいを与え、きめを整えてすこやかに保ちます。
顔の皮脂やテカリが気になる方でも試しやすい、さっぱりとしたテクスチャーです。

同シリーズの保湿液を重ねてもべたつきにくく、すべすべとなめらかな肌に整えます。ぜひ、トライアルセットでライン使いしてみてください。
界面活性剤・油分・香料・着色不使用。弱酸性。
公式HP

ルナメアAC スキンコンディショナー【医薬部外品】

ルナメア

【トライアルセット情報】約1週間分
内容:洗顔料、化粧水(医薬部外品)、ジェルクリーム(医薬部外品)
価格:1,000円(税抜)

ブルーのグラデーションが目にも美しい、『ルナメアAC』の化粧水です。

シリーズ共通の保湿成分、ハーバルモイストエキスを配合。
肌にうるおいを補い、肌荒れを防ぎます。

ルナメアACスキンコンディショナーは、使用感で種類が2つに分けられています。普通~少し乾燥気味の方向けのノーマルタイプ、乾燥がとくに気になる方向けのしっとりタイプの2つです。
自分の肌に合わせて、納得できるものを選んでみましょう。
公式HP

ネクア 薬用 トーニングローション【医薬部外品】

ネクア 薬用 トーニングローション

【定期初回キャンペーン情報】現品(肌の特徴に合わせて4タイプのセットから選択可能)
内容:洗顔料・化粧水・保湿液(すべて医薬部外品)
価格:初回限定3,440円(税抜)(2回目以降は5,160円税抜)

さっぱりタイプとしっとりタイプから選べる、ネクアの薬用化粧水です。
自分の肌に合わせて、好みの使用感を選ぶことができます。(画像はさっぱりタイプ)

さっぱりタイプには整肌成分アーティチョークエキス・ユーカリエキス、しっとりタイプには保湿成分カモミラエキス・ブドウ葉エキスなどを配合。
うるおいを補給しながら肌を引きしめ、肌荒れを防ぎます。

ラベンダーなどを中心にブレンドされたさわやかなアロマの香りで、心地よくお手入れできそうですね。
公式HP

2 化粧水のつけ方【手・コットン】

10代 化粧水 美白 必要 乳液 ニキビ おすすめ ランキング化粧水を顔につけるとき、手でつけたほうがいいのか、コットンでつけたほうがいいのか、使い始めたばかりの10代の頃は悩む方もいるかもしれません。

きちんと使えれば手でもコットンでもどちらでもいいので、まずはメーカーが推奨している使用方法を参考にしたうえで、好みで選ぶとよいでしょう。

どちらのつけ方にもメリットがあり、たとえば手なら肌状態を確認しながらつけることができ、コットンなら液だれもしにくくさっぱり感を得やすくなります。
また、肌状態に合わせて使用方法を変えるのもいいかもしれませんね。

ここでは一般的な化粧水のつけ方を、「手でつけるとき」と「コットンでつけるとき」の2パターンご紹介します。

■手での化粧水のつけ方

①化粧水を適量手に取り、手のひら全体に広げる

化粧水 つけ方1

②手のひらで顔をおおうようにして、顔全体にまんべんなくなじませる

10代化粧水 つけ方

③ハンドプレスをする(足りないようであればもう一度化粧水を手に取りなじませる)

10代化粧水 つけ方手のひらで肌に触れてみて、モチッと吸いつくような感触があるまでなじませましょう。

★目もとや小鼻などは、指の腹を使って重点的に化粧水をなじませるのがおすすめです。
10代 化粧水 つけ方3

■コットンでの化粧水のつけ方

①コットンが裏側まで濡れるまで化粧水をつける

10代 化粧水 つけ方 コットン

②コットンを人差し指と薬指、または人差し指と小指ではさむ

10代スキンケア 化粧水つけ方 コットン

③頬や額など広い部分を、内側から外側に向かってやさしく拭くようにつける

10代化粧水 コットン つけ方

④ハンドプレスをして完了

10代化粧水 ハンドプレス
★鼻やあごなどはコットンの持ち方を工夫してつけるのがおすすめです。
10代スキンケア 化粧水 つけ方コットン

3 化粧水をつける際のポイント

10代 化粧水 美白 必要 乳液 ニキビ おすすめ ランキングせっかく化粧水で肌をお手入れするのですから、より肌が喜びそうな化粧水のつけ方をしたいですよね。
化粧水をつける際のポイントを見ていきましょう。

3-1 化粧水をつけるタイミングは洗顔の直後!

洗顔後の肌はとくに乾燥しているといわれていますので、洗顔後はすぐに化粧水をつけるようにしましょう。

3-2 化粧水は2~3回に分けてつけるのがおすすめ!

化粧水は商品ごとに適量(使用目安量)が決められており、ボトルの裏面などに100円玉サイズ・何プッシュといった目安があらかじめ書いてあることが多いかと思います。

その適量を1度につけるのではなく、2~3回に分けてなじませるようにすると、より肌のうるおい感を味わいやすくなります。ぜひ一度試してみてください!

3-3 化粧水はとにかくやさしくつける!

10代 化粧水 美白 必要 乳液 ニキビ おすすめ ランキング顔の肌は身体のように服に覆われていないことから、つねに外の空気に触れ、刺激を受けやすい環境下にあるといえます。

このような理由から顔の肌はとくに繊細だといえるので、化粧水をつけるときもとにかくやさしく触れるということを忘れないでください。

トントンと指で肌を叩くようにしたり、毛羽立って使い心地の悪いコットンを使用するのは控えましょう。

4 化粧水の前に!肌を清潔に保つ洗顔方法

10代 化粧水 美白 必要 乳液 ニキビ おすすめ ランキング洗顔をして、顔の余分な皮脂やホコリなどの汚れをとることで、化粧水が肌になじみやすくなります。化粧水をつける前は、きちんと洗顔しましょう!
ここでは、一般的な洗顔の方法を手順とともにお伝えします。

4-1 洗顔の手順

①まずは手を洗って清潔にする

10代化粧水 スキンケア 洗顔方法 手洗い朝や帰宅後に洗顔する場合はとくに、手についている雑菌や汚れを落とすため、まずは手洗いからはじめましょう。

② ぬるま湯で顔を洗う

洗顔方法 すすぎ 10代スキンケアまずはぬるま湯で顔をかるく洗います。

③洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔泡たて 10代 化粧水洗顔料に少し水を足して泡立てます。たっぷりの泡で洗うことで、泡が肌と手の間でクッションのような役割をしてくれ、摩擦を防ぎやすくなります。
レモン1個分くらいの大きさになるまで、しっかり泡立てましょう。

④Tゾーン→Uゾーンの順で洗う

まずは、皮脂が多いといわれる額や鼻などの「Tゾーン」から泡を乗せていきます。
10代化粧水 スキンケア 洗顔方法 Tゾーン額に泡を付け、こめかみ部分まで少しずつ広げていきます。
汚れがたまりやすい小鼻などは、指でクルクルとマッサージするように洗いましょう。
その次はUゾーンなどの頬を洗っていきます。
10代化粧水 スキンケア 洗顔方法 UゾーンTゾーンに比べて乾燥しやすい部位なので、泡を転がすようにやさしく洗います。
最後に目や口などを洗いましょう。
10代スキンケア 洗顔方法 目元口元目や口の周りの皮膚は、他のパーツと比べて薄くデリケートな部分といわれています。こすらないように丁寧に洗いましょう。

⑤ぬるま湯で泡を洗い流す

ぬるま湯を顔に”つける”という感覚で、30回はすすぎましょう。
とくにあご・こめかみ・髪の生え際などのフェイスラインは、洗い残しやすい部分でもあります。最後に鏡で確認するようにしましょう。

⑥清潔なタオルを顔にあて水分を取る

10代化粧水 スキンケア 洗顔方法 タオル清潔なタオルを顔にあて、顔についた水分を吸収させましょう。
肌をこすってしまいがちなこのステップですが、タオルを顔に軽く押しあてるイメージでおこなうのがおすすめです。

4-2 朝の洗顔はかならずしも洗顔料を使う必要はない?

洗顔は顔の汚れや余分な皮脂を落とし、顔を清潔に保つためのものです。
ですので、乾燥した冬などあまり皮脂や汚れが顔にないときは、ぬるま湯だけの洗顔で十分なときもあります。

朝と晩に洗顔料でしっかり洗顔しているのになんだかイマイチ…といった場合は、洗顔のし過ぎで肌が乾燥していることもあるかもしれません。肌状態に合わせて洗顔の方法を変えるというのも賢いスキンケア方法の一つといえるでしょう。

5 まとめ

10代 化粧水 美白 必要 乳液 ニキビ おすすめ ランキング肌らぶ編集部が10代の方におすすめしたい化粧水、化粧水のつけ方や洗顔方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

成長期の10代は、肌荒れなどが起きやすい年代でもあります。
肌のせいでせっかくの学校生活が楽しめない…なんてことのないように、化粧水をはじめとしたアイテムで毎日のスキンケアをこつこつ続けていきましょう。

化粧水がより肌になじむよう、使い方や洗顔方法も意識してみてくださいね!

この記事は2017年4月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。