2020年6月15日 更新

【話題沸騰中】地雷メイクとは?やり方やコツも

【話題沸騰中】地雷メイクとは?やり方やコツも

みなさん地雷メイクって聞いたことありますか?

今年に入ってから徐々に流行りだしていて、有名モデルやアイドルたちもこぞって写真をあげています。

なんとなく耳にしたことはあるけれど、一体どのような状態のことを指すのかいまいち分からない方も多いかと思います。

そこでこの記事では、

「地雷メイクって何?」

というところから、押さえるべきポイントも併せてご紹介していきます。

地雷メイクってなに?

地雷メイクとはどんなものなのでしょうか。

まず、言葉の意味について知っておきましょう。

地雷とは、

元々は、地中に埋められた爆弾の名称で、踏むと爆発して大きな被害を被ることから、ある物事に触れたために手ひどい損害を被ること

という意味合いを持っています。

そこから派生し、地雷女というワードも生まれました。
そのように言われる人たちの分かりやすい特徴は

「かまってちゃん」
「メンヘラ気質」

などが挙げられます。

そのイメージを捉えたものがいわゆる地雷メイクになります。

では具体的にどんなメイクなのでしょうか。
大きな特徴は肌と目元にあります。
まずは目元です。
メンヘラ=病んでいる

というイメージのもとで色白肌は必須になってきます。
加えてチークレスなのも地雷メイクの特徴でしょう。

もう一つの特徴である目元は、
ピンクまたは赤のアイシャドウと涙袋がポイントです。

ただ病んでいる雰囲気のメイクなわけではなく、かまってちゃんの部分である可愛さアピールにピンク系のアイシャドウが使われやすくなっています。

【話題沸騰中】地雷メイクとは?やり方やコツも

メイクの仕上がりはこのような感じです。
前髪やカラーコンタクトを変えるとさらに印象を変えることができます。

ここからはさらに地雷メイクのプロセスを詳しくご紹介していきます。

1.病気のような色白肌

まずはベースとなるお肌作りです。
その基本は真っ白な血の気のない肌です。

下地とファンデーション、それぞれ紹介していきますね。

下地

真っ白な肌を作るためにはとにかく色の白いファンデーションを塗る、という発想になりやすいかもしれませんが、それでは白浮きしてしまい違和感の原因になってしまいます。

そこで下地をカラー下地に変えることでベースを整えていきます。
色白肌を作り出すのにおすすめするのは以下の2色です。

・パープル系
 →透明感アップ
・グリーン系
 →赤みを消す

このカラーの下地を使っていきます。

ファンデーション

下地で血の気を消した後は、肌をセミマットに仕上げていきます。
ツヤ肌というよりはマットよりの方が病んでいる雰囲気が作りやすいです。お人形さんのようなイメージを持つと分かりやすいですね。

使うファンデーションの種類は以下のパターンがおすすめです。

パウダーファンデーション
リキッドファンデーション+フェイスパイダー

どちらでもマット感が出せるので、手持ちのコスメをぜひ活用してみてください。

1.病気のような色白肌

このようにしてベースを完成させ、平行眉を書いて土台を仕上げていきましょう。”

2.泣きはらしたような赤い目元

続いて目元の紹介です。
ここが今回の鍵を握るところになります。

必ず押さえるべきは以下の2点です。

赤系アイシャドウ

まずは赤系のアイシャドウを目の周りをぼかすようにのせていきます。
イメージは泣き腫らしたような目元です。

ここで注意しなければいけないのが、きれいにぼかすということです。
塗り方にムラができてしまったり濃くつけすぎてしまったりすると、あざができている、怪我をしているような目元になってしまい、可愛さとはかけ離れていってしまいます。

上まぶただけではなく涙袋にも薄く広げていきましょう。

いきなり赤系のシャドウで囲みメイクのハードルが高ければ、
ピンク系から取り入れてみてもいいかもしれません。

ぷっくり涙袋

目元でアイシャドウの次に重要なのが涙袋です。

涙袋はなるべくぷっくりと強調させていきます。
普段だと少しやり過ぎかな、と感じるくらいが丁度いいです。

ラメ感のあるものを使うと、泣いた直後のようなウルウル感を簡単に引き出すことができます。

涙袋全体に白系のシャドウを乗せた後に、よりぷっくりさせるために影を作るのもおすすめです。

この2点を意識して目元を作り、アイラインはタレ目気味にブラックでひきましょう。
全体的に
「いつもより少しやり過ぎかな?」
くらいで大丈夫です。

2.泣きはらしたような赤い目元

3.最後の仕上げとコツ

では、最後の仕上げに入りましょう。

顔で残すところはあとは口紅だけです。
口元は赤か、暗めのパープルまたはブラック味のあるカラーをのせていきます。

普段だと赤の方が取り入れやすいですが、よりメンヘラっぽさを引き出すのであれば、暗めのカラーをしっかりと輪郭に沿ってのせていくのがいいでしょう。

顔の仕上げはここまでですが、さらに髪型やカラコンまで意識すると大きく変化します。

カラコン

直径の大きい黒っぽいレンズが一番合います。
また、ハーフ系のカラコンも合わせやすいです。

髪型

黒髪の前髪ぱっつんが合わせるには相性がいいです。
また、目のすぐ上に前髪があることでより目を大きく見せる効果もあります。

触角を作るのもおすすめですね。

まとめ

ここまでの解説はいかがだったでしょうか。

1.真っ白なセミマット肌
2.泣き腫らしたような丸くうるうるした目元

この2点を最低でも押さえておけば誰でも簡単にチャレンジできます。

なんとなくハードルが高そうかなというイメージが和らぎ、少しでも取り入れやすくなれば嬉しいです。