2018年11月8日 更新

理想的な眉毛に近づける!眉毛の基本の整え方

眉毛 整え方眉毛を上手に整えるのって難しいですよね。

しかし、眉毛は基本の整え方さえマスターすれば、失敗することなくキレイに仕上げることができます。そこで今回は、理想の「眉毛」に近づける、正しい眉毛の整え方についてご紹介します。

男性にも女性にもおすすめしたい基本の眉毛の整え方と用意するべき道具、トレンド眉に整えるポイントや眉毛の濃い方向けのポイントなど眉毛の整え方を徹底的にお伝えしていきます。

「眉毛を整えるのは初めて」というビギナーさんも、「眉毛はいつも整えているけど苦手意識がある」という方も、ぜひチェックしてみてください。


1.「眉毛」を整える前に知っておくべきポイント

眉毛 整え方バランスの良いキレイな眉毛は、約50%が「眉の整え方」で完成するといってもよいでしょう。

理想の眉毛を叶えるためにも、まずは以下のポイントを理解しておきましょう。

1-1.自分の眉毛の「黄金バランス」を確認する

眉毛の長さと形には、顔の骨格に合わせた「黄金バランス」が存在し、この「黄金バランス」より長い眉は老けて見えやすく、短いと幼い印象を与えると言われています。

基本的な眉の長さと形の「黄金バランス」は男性も女性も共通なので、現在の自分の眉毛の「黄金バランス」を確認してみましょう。

【眉毛の黄金バランス】
眉毛 整え方

●眉頭

眉頭のスタートポイントは、小鼻のキワから目頭の延長上です。眉頭の位置は、自然に仕上げるために重要なポイントです。

●眉山

眉山は、眉のカーブの1番高い部分のことです。黒目が正面の位置にあるとき、黒目の外側から目尻までの間にあります。

眉を上に動かしたときに上がる部分(指で触れてみて高い部分)を眉山にすると、表情に合わせて眉も動くので自然な仕上がりになります。

●眉尻

眉尻は、眉山よりも下にある部分です。小鼻のキワと目尻の延長線上にあるとバランスが良くなります。眉頭よりも眉尻の位置を下げないのがポイントです。

1-2.眉毛の黄金バランスに合わせた形を確認する

眉毛の黄金バランスを確認したら、次は自身の眉毛のベストな形をチェックしましょう。

骨格に合わせた基本の眉毛バランスを作るポイントは次の通りです。
眉 整え方

【眉毛の形を決めるポイント】
・眉頭は目頭の上に合わせる
・眉山は黒目の外側~目尻部分を目安にする
・眉尻は目尻の延長線上の長さにする
・眉尻が眉頭より下がらないようにする

1-3.眉毛を整えるために必要なアイテムを用意する

整った理想の眉毛を実現するためには、次のアイテムを使うことをおすすめします。

アイテムによって役割もそれぞれ異なるので、正しく理解して使用していきましょう。

●眉ハサミ

眉毛を整えるために最も重要な役割があります。より細いハサミの方が細かい部分も綺麗にカットできます。
はさみ資生堂

資生堂 アイブローシザーズ212 2,700円(税抜)

●スクリューブラシ(アイブロウブラシ)

眉毛の毛流れを整えるブラシです。
スクリュー

資生堂 シュエトゥールズ ブロー&アイラッシュブラシ 1,200円(税抜)

●コーム

眉毛をカットするときに使用することで、眉毛の切り過ぎを防ぎます。
資生堂   シュエトゥールズ ブローブラシ&コーム

資生堂 シュエトゥールズ ブローブラシ&コーム 1,200円(税抜)

●トゥイザー(毛抜き)

余分な毛を抜くために使用します。眉専用のタイプや細い毛にも使えるタイプの方がピンポイントで抜くことができます。
資生堂   アイブローニッパーズ 211

資生堂 アイブローニッパーズ 211 1,300円(税抜)

●眉毛用のシェーバー

ムダな眉毛を剃る電動シェーバーです。眉毛用のシェーバーは普通のシェーバーより小さめのつくりで、肌の負担を軽減しながらムダな眉毛を処理することができるようにつくられています。

2.【基本】眉毛の整え方

基本的な眉毛の整え方は男性も女性も変わりません。自分の思い描く眉毛に近づくためにも基本の整え方をマスターしていきましょう。

毛の処理をする前には、乳液などの基礎化粧品で肌にうるおいを与えてやわらげておくようにしてください。

2-1.眉毛の整え方:手順

①自分の眉を見て明らかに不要な毛を確認する

眉の形を大きく変えようとはせず、本来の眉のラインを活かしていくのが基本です。

眉毛 整え方

②スクリューブラシ(アイブロウブラシ)で毛流れを整える

眉毛2

③眉上と眉間の不要な産毛を剃り、はみ出る長い毛も眉ハサミでカットする

切りすぎを防ぐためには、眉コームをあわせて使用するのがおすすめです。

眉毛1

④眉毛の毛量が多い方は、量を整える

毛量が多いと感じる部分は、その部分の毛流れに合わせてコームを当て、コームからはみ出した毛をタテにハサミを入れて1本づつカットします。毛流れに合わせないと眉毛を切りすぎてしまうことがあるので気をつけましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

⑤眉下の不要な毛をトゥイザー(毛抜き)で抜く

特に眉下の毛は目立ちやすいので明らかに不必要な毛は抜きましょう。ただし、抜きづらい毛は無理に抜かず、シェーバーで処理してください。

2-2.眉毛を上手に整えるためのポイント

眉毛 整え方

眉を整えると、全体的に輪郭もすっきりとしてクリアに見えることがありますが、整えすぎは禁物です。

あくまでも「不要な毛」を取り除くことが目的なので、眉の形全体を細くしすぎたり毛を切り過ぎたりしないように気をつけましょう。

特に女性は「お風呂に入る前」や「クレンジンングをする前」のメイクをした状態のときに眉毛を整えると、やりすぎを防ぎやすくなります。

全体のバランスを見ながら処理できるので、眉毛カットのやりすぎを防ぐこともできるでしょう。

2-3.眉毛で印象を変えるポイント

眉毛 整え方

眉毛は顔からうける印象を大きく左右するパーツの1つ。眉山の角度や眉全体の幅を調整するだけで人に与えるイメージを大きく変えることができます。

ただし、何度もお伝えしているように整えすぎはNGです!あくまでも黄金バランスを意識しながら、ポイントをおさえて微調整してみてください。
少し調整するだけで印象の違いをかなり感じることができるはずです。

【詳しくはこちらの関連記事をご覧ください】

眉毛で決まる顔印象!なりたい顔は眉毛で目指す!

眉毛迷子を脱出!5つの顔型から似合う眉毛を手に入れよう!

男性が眉毛のデザインで印象を変えたい場合はこちらをご覧ください。

3.【タイプ別ポイント】眉毛の整え方

ここまでは眉毛の基本の整え方について詳しくご紹介してきました。ここからは、より具体的な3つのタイプ別に眉毛を整えるポイントをお話していきます。

● 濃い眉毛を自然に整えるポイント
● トレンドの並行眉(水平眉)に整えるポイント
● 男性が眉毛を整えるポイント

眉毛を整える基本はしっかりと実践しつつ、ポイントもおさえて理想の眉毛に近づきましょう!

3-1.濃い眉毛を自然に整えるポイント

濃い眉毛を自然に整えたい場合のポイントは、①毛流れをしっかり整えて濃い部分をチェックすること、②濃い部分のみ1本ずつ抜いていくことです。

①眉毛が濃く、黒々しいところをチェックする

スクリューブラシで、毛流れに沿って眉毛を整えてみると濃い眉毛にもところどころムラがあることに気がつくと思います。
濃い眉毛を整えるときには眉毛のムラを見極めましょう!

眉毛 整え方

②濃い部分のみ1本ずつ抜いていく

利き手と反対側の手でスクリューブラシを持ち、毛流と反対方向にとかして薄くしたいチェック箇所でストップします。
余分な眉毛をスクリューブラシでキャッチすると、まわりの眉毛を巻き込まずに無駄な眉毛をスムーズに抜くことができます。

眉毛は1本抜くごとにスクリューブラシで整え、全体のバランスをチェックしましょう。抜きすぎ防止のための大切なポイントです!

眉毛 整え方

★濃い眉毛の整え方についてもっと詳しく知りたい場合はこちらの記事をチェック!

3-2.トレンドの平行眉(水平眉)に整えるポイント

自分にぴったり合う眉毛の黄金比を理解した上で、トレンドの眉毛を意識したいというオシャレさんも多いのではないでしょうか。
眉毛の形は意外なほど時代を反映する、まさにトレンドの最前線。現在は、韓国発祥の”オルチャンメイク”がもとになったといわれる「太め」「まっすぐ」の並行眉(水平眉)が人気です。

ここでは、トレンドの並行眉(水平眉)に眉毛を整えるためのポイントはガイドラインを決めること!詳しくお話していきます。

①最初にガイドラインを決める

自分の眉毛の形を並行にするに当たって、どの部分が不要なのかをガイドラインを引いて確かめましょう!
眉毛の形を活かしながらガイドラインを引くことが大切です。本来の眉毛の形を無視してアイメイクをすると、毛感のない「のっぺり」した印象の眉毛になってしまいます。

眉毛 整え方

②はみ出た眉毛をカットする

このガイドラインからはみでた不要な眉毛を剃って形を整えていきます。ガイドラインの枠内でも、長すぎで枠からはみ出してしまう場合には適切な長さにカットします。眉毛 整え方

★並行眉のつくり方についてもっと詳しく知りたい場合はこちらの記事をチェック!

3-3.男性が眉毛を整えるポイント

すでにお伝えしたとおり、男性も女性も眉毛の整え方の基本は一緒です。
ここでは応用編として、生まれ持った眉毛の形を活かしつつ、理想のイメージを人に与えるための眉毛の整え方についてご紹介していきます。

●基本のかたち

眉毛 整え方

黄金バランスで整えた眉毛は、自然体な印象です。

●男性的なイメージ

眉毛 整え方

眉山を下げて直線的にすることで、りりしい男性的な雰囲気になります。

●知的なイメージ

眉毛 整え方

全体をやや細めにし、眉山を鋭角に整えることでシャープで知的な男性像を演出しやすくなります。

●やさしいイメージ

眉毛 整え方

眉山をゆるやかにすることで、おだやかでやさしい感じに仕上がります。

★濃い眉毛の整え方についてもっと詳しく知りたい場合はこちらの記事をチェック!

4.眉毛の染め方

眉毛 整え方眉毛の色は、髪色やアイブロウアイテム(眉毛を描き足すアイテム)に合わせることで自眉と良く馴染み、より自然に見せることが期待できます。
眉毛の色は、一般的に眉毛用のマスカラを使って簡単に変えることができますが、髪と同様に染めることも可能です。

眉毛を染めるメリットとしては、①毎日のメイク時間を短縮できること、②髪色と一緒に染めることでカラーの統一感がでることが挙げられます。

眉を染めたい方は、眉毛専門のサロンや眉カラーを行っている美容院で染めてもらうことをおすすめします。

5.眉毛の描き方(書き方)

眉毛 整え方「眉毛」を綺麗に整えることができたら、足りない部分は描き足していきましょう。

「基本眉」の描き方は、①ペンシルで軽く輪郭を整え、②パウダーで全体を補正し、③眉マスカラで整えます。

★眉毛の描き方について、詳しくはこちらの記事をチェック!

眉毛メイクをするにあたって揃えておきたい、基本的な道具を3つご紹介します。

●アイブローペンシル

眉毛の輪郭を描くのに使用します。鉛筆タイプと繰り出しタイプがありますが好みの使い心地のものを選んでください。

インテグレート アイブローペンシルインテグレート アイブローペンシルN 700円(税抜)

●アイブローパウダー

ペンシルだけでなくパウダーを使用することで、眉毛をふわっとやわらかい、ナチュラルな印象に仕上げやすくなります。
髪色より1トーン明るいカラーを選ぶようにしましょう。

プチプラアイブロウパウダー①インテグレート ビューティートリックアイブロウインテグレート ビューティートリックアイブロー 1,000円(税抜)

6.眉毛を整えるのが苦手な方はプロに相談しよう

眉毛 整え方眉毛の形がどうしても自分のイメージ通りにできなかったり、左右のバランスが取れなかったりという悩みがある方は、一度プロの手を借りてみることをおすすめします。
現在は、眉毛を整えてくれる美容院や、眉毛のお手入れから自分の骨格に合った書き方の提案をしてくれる専門のサロンもあります。
また、眉毛のサロンは女性用だけでなく男性用もあり、ヘアサロンと併設になっていることもあります。

眉毛専用サロンの最大の魅力は、プロに相談して、自分の骨格に合った眉毛の整え方と描き方をしっかりとレクチャーしてもらえるところです。

余分な毛はワックスで除去してくれることが多いので、個人差はありますが、約3週間は自分でお手入れをしなくても、綺麗な眉の状態を維持することが期待できます。
眉毛のお手入れに自信がない方や、自分の眉の形に悩みがある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

7.まとめ

眉毛 整え方眉毛は顔全体の印象を決める重要なパーツの1つであり、メイクをする上でも大切な要素です。
初めてのときは不慣れでも、繰り返し整えるうちに黄金バランスの眉毛を簡単に維持出来るようになるので定期的に眉毛のお手入れをするようにしてくださいね。

基本の「整え方」をマスターして、自身の魅力を引き出すことのできる理想の「眉毛」に仕上げましょう!