【行ってみた!】RIZAP監修のchocoZAPに行って体験したら本当にコスパ良かったのアイキャッチ画像。

2022.12.20 Tue

【行ってみた!】RIZAP監修のchocoZAPに行って体験したら本当にコスパ良かった

#チョコザップ #感想 #行ってみた

最近話題になっているしSNSでもよく投稿を見かけるchocoZAP(ちょこざっぷ)に行ってきました。

結論からいうと、chocoZAPに行ってみた感想としてはめちゃくちゃ良かったです。

chocoZAP(ちょこざっぷ)が良いなと思った点としては

  • 月額料金が安い。
  • コンビニ感覚で通える。
  • エステや脱毛器具も使える。
  • 運動が苦手でも関係ない。
  • パーソナルジムで有名なRIZAPが監修。

などがあります。

chocoZAP(ちょこざっぷ)に興味がある方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

ライザップ監修コンビニ感覚のジム /

チョコザップに行ってみた感想

chocozap(チョコザップ)成増店の入り口。

チョコザップに行ってみた率直な感想は、めちゃくちゃ良かったです。

「安いから何か裏があるのでは?」と入会するときは不安がありましたが、結論、何も裏はなく、初心者の私が安心して利用できるコスパ最強なジムでした。

入退会手続きも簡単で、自分のライフスタイルに合わせ、コンビニに行く感覚で通えるのが、面倒くさがりの私にとてもマッチしていました。

また、フィットネスだけでなく、エステや脱毛も月額2,980円(税込み3,278円)でやり放題なのが、女性からするとお得でしかないです。

実際に2か月通ってみて感じたことは、トレーナーがいないと頑張れない方や本格的に身体を鍛えたい方にはあまり向いていないと思います。

チョコザップは、運動が苦手な方でも自分でマイペースに進めていける人、ライフスタイルをあまり変えたくない人にマッチしている気がします。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

チョコザップに行こうと思った理由

chocoZAP(ちょこざっぷ)の施設の中の様子。

リモートワークが増え、体を全く動かしていなかったため、「そろそろ運動しないと体が腐る!」と思っていたときに、家の近くにあるチョコザップの前を通りました。

チラシがあったので、なんとなく手に取り、月2,980円(税込み3,278円)という安さに惹かれ、入会しました。

さらに、この安さで脱毛とエステがセルフで使い放題な点にも魅力を感じました。

RIZAPのライト版がチョコザップ

RIZAPと聞けば、皆さんあのCMがすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

肥満体系の人が音楽と共に、引き締まった体に変化する姿が印象的ですよね。

チョコザップは、あのRIZAPが監修したライト版ジムです。

入会するとき「有名なライザップが監修したジムなら大丈夫」という安心感がありました。

チョコザップはライザップと違い、専属トレーナーや食事管理のサービスはありません。

ですが、専用のアプリで、ライザップ監修のトレーニング動画が全て見放題です。

5分間だけの初心者向けトレーニング動画や、姿勢改善・腰痛解消など目的別に動画を視聴することができます。

動画は、ジムでのトレーニング、自宅でのトレーニングにも役立ちます。

また、ライザップのトレーナーさんが毎日朝、昼、夜にLIVE配信をしてくれます。

曜日と時間で同じトレーナーさんに当たることが多いので、お気に入りのトレーナーさんを見つけて一緒に体を動かすのも楽しいですよ。

顔出しや声出しも必要ないので気軽に参加でき、インスタライブと同じような感覚で視聴できます。

実際に私も参加しましたが、同じ悩みを持つ参加者が多く、共感しながら予想以上に楽しくフィットネスができました。

「同じ悩みを持つ人も頑張っているから私も頑張ろう」とモチベーションが上がったので、気分転換に一度参加してみるのもおすすめです。

スキマ時間にちょこっと参加できるので、ぜひチェックしてみてください。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

時期によっては割引がある

私がチョコザップに入会するときは、「入会金+事務手数料の初期費用が0円!」のキャンペーンを行っていました。

2022年11月15日まで同じキャンペーンを行っていたようです。

当時は、入会された方全員に体組成計とヘルスウォッチがもらえました。

chocoZAP(ちょこざっぷ)の入会でもらえる体組成計とヘルスウォッチの専用キット。

こちらがchocoZAP(ちょこざっぷ)の専用キットです。

体組成計とヘルスウォッチがもらえるので、お得ですよね。

現在はキャンペーンに関係なく、chocoZAP(ちょこざっぷ)に入会すれば体組成計とヘルスウォッチがもらえます。

気になる人は早めにchocoZAP(ちょこざっぷ)に入会しちゃいましょう。

なお、chocoZAP(ちょこざっぷ)の入会でもらえるヘルスウォッチを利用すればこれらのことが分かるようになります。

chocoZAP(ちょこざっぷ)のヘルスウォッチでできること。

chocoZAPのヘルスウォッチでできること
血圧 心拍数 体温 歩数
体重 BMI 体脂肪率 基礎代謝量
肥満度 内臓脂肪レベル 体水分量 筋肉量
骨量 タンパク質量 体内年齢 除脂肪体重

chocoZAP(ちょこざっぷ)の入会でもらえるヘルスウォッチを利用すると、これらのことが分かるようになります。

「なんとなく体のことが気になるなぁ・・・」という状態から、明確に数字で把握できてしかも変化も管理していけるので、便利ですよね。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

体験は出来ない

残念ながら、入会前にジムの体験は出来ません。

ですが、月額2,980円(税込み3,278円)で24時間通い放題、もし満足できなくても、最短翌月に退会が可能です。

体験しなくても、一度入会して自分に合うかどうか試してみるのも十分にありだと思います。

チョコザップのメリット5つ

実際に通ってみて、チョコザップには5つのメリットがありました。

以下でご紹介します。

月額費用:コスパ最強

何と言っても、月額額2,980円(税込み3,278円)でフィットネスとエステ脱毛トータルケアができるのはチョコザップしかありません。

お財布にも優しく、いつまで入会していなければならないという縛りがないので、月の飲み会を1回我慢すれば払えちゃう値段です。

セルフエステ・脱毛ができる:美容目的もOK

セルフエステや脱毛ができるのは、女性にとってとても嬉しいですよね。

普通ならセルフエステ、脱毛専門店にいっても月額5,000円ほどしますが、チョコザップではフィットネスもできて美容効果も高められる、嬉しい限りです。

chocoZAP(ちょこざっぷ)のエステルームの初めて利用する人向けの案内。

セルフエステルームに入ると、このように使い方の案内があります。

chocoZAP(ちょこざっぷ)のセルフエステルームの使い方を詳しく教えてくれる張り紙。

こちらはさらに詳しく施術などを動画で教えてくれたりする案内です。

chocoZAPはスタッフさんがいないので、マニュアルの準備が充実しています。

これなら人と話す必要がそこまでないので、正直なところとっても楽でした。

chocoZAP(ちょこざっぷ)のセルフエステのやり方の画像。

全身の施術のやり方を案内してくれているので、この案内を参考にエステの施術をします。

セルフでできるので気になっているところを重点的にケアできるので良いなと思いました。

24時間使い放題:人が少ない時間を狙える

チョコザップは、「予約した時間じゃないとジムを利用できない」「夜中はジムを使用できない」などはなく、24時間、自分の好きな時間にジムを利用できます。あまり人が多い時間帯を好まない人は、空いている時間を狙えます。

他の人がいると、つい気になってしまいトレーニングに集中できない人もいますよね。

夜22:00すぎや朝方6:00頃は人が少なく、静かなのでおすすめです。

トレーナーがいない:マイペースで自由に通える

トレーナーさんがいると「必ずやらなくてはいけない」というプレッシャーがかかりますよね。もちろん、そういうプレッシャーがあってトレーニングを頑張れる人もいますが、プレッシャーに弱い方や人の指示を聞くことが苦手な方は、チョコザップが向いています。

服装が自由:仕事帰りに気軽に行ける

チョコザップは、スーツやオフィスカジュアルな恰好でジムに来る人がたくさんいます。

私も最初は驚きましたが、みなさん仕事終わりに5分〜10分だけ体を動かしに来る方が多いです。

家に帰ったらもう動きたくない人は、帰る前にチョコザップに寄り、ちょびっと汗をかいて、おうちでゆっくりお風呂に入るのもいいですよ。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

チョコザップの利用方法

チョコザップは入会していれば、どの店舗でも24時間利用可能です。

入会すると、アプリに自分のQRコードが表示されるので、会員でない人は中に入ることはできません。チョコザップの入口ドアの横の機械にQRコードをかざし、読み取られると鍵が自動で開きます。

また、ジムの店舗ごとの混雑状況を確認したいときは、アプリからリアルタイムでみることができます。

行きたい店舗の混雑状況が「かなり空いている」となっていたときは、2人くらいしかジムにいなかったので、人が多い時間帯を避けたいときに、アプリで混雑状況を確認すると良いでしょう。

筋トレ、ランニング、エステ、脱毛ができる

チョコザップの魅力はなんといっても身体づくりから肌の管理までトータルで完了できる点です。「筋トレ」「エステ」「脱毛」の項目に分けて、詳しくご説明します。

筋トレ

チョコザップには約10種類の器具が備わっており、上半身を鍛えたい方、下半身を鍛えたい方それぞれおすすめの器具も準備されています。

上半身を鍛えたい方
ショルダープレス チェストプレス アブドミナル
ディップス アームカール ラットプルダウン

次は下半身を鍛えたい方向けのおすすめのマシンです。

下半身を鍛えたい方
レッグプレス アダクション アブダクション

女性や初心者でも利用しやすいマシンがそろっている印象です。

ただ、ダンベルなどのウェイトケイマシンはないので、ガチで身体を鍛えたい方は少し物足りないのかも。

店舗によって設備マシンは異なりますので、どの器具があるのか、しっかり調べてから行くことをおすすめします。

ランニング

チョコザップには、有酸素運動ができるマシンが2種類あります。

トレッドミル

トレッドミルはいわゆるランニングマシンです。

心肺機能向上、脂肪燃焼の効果が期待できます。

筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、消費カロリーが高くなるのでおすすめです。

エアロバイク

エアロバイクは、その名の通り自転車のペダルを漕ぐ有酸素運動マシン。

漕ぎ始めると自動でスタートします。

自分のレベルによって負荷のレベルを上げ下げできるので、ランニングをする前にどれくら少し体を動かしておきたい方は、エアロバイクで体を温めてから、ランニングマシンに移りましょう。

だいたい各店舗に2~3台が設置されていますが、この2つの器具は人気のため、空いている時間を狙うことがポイントです。

エステ

セルフエステマシンが使い放題というのも、チョコザップが人気の一つですよね。セルフエステは、事前にアプリから予約すると男女問わず利用することができます。

チョコザップのエステマシンは、美容サロンでも多く使われている1台130万円する「CELLZERO MAX(セルゼロマックス)」です。美容最先端の韓国で製造されており、美容に敏感な人には嬉しいマシンです。

フェイスとボディの2種類のアタッチメントが用意されており、その日の気分に合わせて、ほぐしたい部位に当てることができます。

2枠連続でとれば、顔・体の両方ほぐす時間はたっぷりあるので、全身をほぐしたい方は、余裕をもって2枠の予約をとると良いでしょう。

脱毛

チョコザップが気になっている人の中には、セルフ脱毛が出来るからという方も多いのではないでしょうか。しかし「入会したからには運動しなきゃいけないのかな」「セルフ脱毛目的で入会ってなんか問題なのかな」と不安に思われる人をちらほら聞きます。

結論、セルフ脱毛・エステ目的で入会しても全く問題ありません。

もちろん、フィットネス目的の方が多いのは事実ですが、セルフ脱毛だけ利用する人も多くいます。

最近話題のセルフセルフ脱毛店でも、月額5,000円程度が相場です。

なので、プラスでフィットネスができて月2,980円(税込み3,278円)は、他の店より断然お得です。

しかし、残念ながらVIOへの利用は出来ません。

衛生面も考えれば、VIOゾーンで使ったマシンをシェアするのは抵抗がありますよね。

おしりの脱毛は可能ですが、粘膜の近くは皮膚を傷つけてしまう恐れがあるため、しっかりとした専門機関で行うのがよいでしょう。

【料金】月額2,980円

チョコザップは、トレーニング・エステ・脱毛ができる充実した内容で、なんと月額2,980円(税込3,278円)の破格で入会できます。

最初は「なんだかんだ他にもお金がかかるのではないか」と半信半疑でしたが、本当にこの値段でびっくり。

しかも、入会金5,000円(入会金+事務手数料)は、キャンペーンで無料になったため、超お得でした。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

【日割りあり】損しない入会のタイミング

チョコザップは、入会した初月は日割り計算になるので、いつ入会しても損はしません。

利用日の締めは月末締めで、入会のタイミングで初月の月額料金が決定します。

私がおすすめする入会のタイミングは、月末入会です。

体験入会が出来ない分、ちょっとだけお試ししたいという人は、月末に入って翌月の10日までにプランの解約を行えば、3,500円ほどでお試しできます。

Chocozapの持ち物はスマホだけ

チョコザップの持ち物として必須なのは、スマホだけです。

スマホがなければ、会員QRコードを表示することができず、入室することができません。

スマホだけで十分ですが、実際に私が利用してみてあった方がよかった物をご紹介します。

あれば便利な物
  • タオル
  • 飲み物
  • イヤホン

chocoZAP(ちょこざっぷ)は本当にライトな感じで通えるので、持っていくものも少なくて済みます。

タオル

運動量にもよりますが、汗はかくので、タオルを持っておくべきだなと個人的に思いました。かさばるので、フェイスタオルの大きさくらいがポッケにも入っておすすめです。

また、エステ後のクリームのふき取りが、備え付けのペーパーだと物足りなさがありました。なので、自分のタオルを持って行って拭きとりすると良いかもしれません。

飲み物

やはり運動していると喉は乾きます。

施設内に自販機は設置されていません。

「喉が乾いた」と思ってもわざわざ買いに行くのは面倒くさいですよね。

運動して喉が乾きやすい人は、ドリンクを持っていくといいでしょう。

イヤホン

私はただ単に音楽を聞くのが好きなのもありますが、チョコザップは音楽は流れていません。周りの静けさが気になったりする人は、イヤホンをもっていくことをおすすめします。

特に、ワイヤレスイヤホンならコードが邪魔にならず、快適に運動することができますよ。

無料ロッカーがある

チョコザップには、鍵付きのロッカーはありませんが、鍵なしのオープンロッカーがあります。上着やカバンなど、トレーニング中邪魔になるものはおいておくことが可能です。

また、盗難防止のためにロッカー回りには最新の防犯カメラが設置されていますので、トレーニング中も安心です。

ですが、やはり心配という方は、貴重品だけ手元に持っておくのが良いでしょう。

服装

チョコザップはみんなどんな服装でトレーニングに行ってるのか、気になりますよね。

チョコザップ(Chocozap)に行くときの服装は、基本的にスーツ・パジャマ、なんでもOKです。(露出がひどすぎるものはダメらしいです)

ビジネスマンの方は、毎日仕事で疲れて、「平日は家に帰ったらもう動きたくない」と思う人が多いはずです。

そんな時、退社後ほんの5分だけでも気軽に通えるのが、チョコザップです。

手ぶらでいけて、スーツ姿でもトレーニングを行えるジムは中々ありません。

私が初めてチョコザップに行った時は、なんと10人中7人の方がスーツ姿でした。

他人の格好は気にせず、みなさん黙々と体を動かしていました。

服装に気を遣わなくていいので、いつでもどこでも通いやすいのが、チョコザップの大きな魅力です。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

シャワー

チョコザップのジムには全店舗にシャワールームがありません。

ジムと言ったらシャワーがあるイメージなので、最初は私も驚きましたが、よく考えたら「なくてもいいのかな」と思いました。

なぜなら、チョコザップのジムは運動が苦手で、時間をあまり確保出来ない人のためのジムだからです。ジムに行く時間を確保したり、着替えを準備したりというこの準備が面倒くさいんですよね。

5分軽く運動できれば十分と思っている人が多いので、わざわざシャワーをあびる必要もありません。

男性でも通いやすい

セルフエステやセルフ脱毛と聞くと、チョコザップは女性専用のイメージがある方がいるかと思います。

私が土曜日の朝10時頃にチョコザップに行ったときは、男性4人、女性が5人で、他の日の同じ時間では若干男性の方が多めでした。

何回か行ってみた私の印象としては、男女比は5:5か4:6で女性の方が多いです。

女性専用のセルフエステルームがある点が、女性が若干多い理由なのではないかと思います。

chocoZAP(ちょこざっぷ)のセルフエステルームの画像。

こちらがchocoZAP(ちょこざっぷ)で利用できるセルフエステルームです。

予約制で利用できるので、エステマシンを利用したい人は予約を忘れないようにしましょう。

利用方法はアプリ

チョコザップは、入会もジムを利用する際も、すべてアプリで行います。

アプリから入会が完了すると、すぐにQRコードが付与されます。そのQRコードがあれば、自分が行きたいチョコザップのジムに行って扉を開錠し、身体を動かせます。

また、アプリでは、セルフエステ・セルフ脱毛の予約やその日の運動した記録などを行うことができます。

アプリ自体は入会しなくても無料でダウンロードできるので、まずはアプリをダウンロードして合うかを試してみるのがおすすめです。

チョコザップの使用時間は24時間

チョコザップは24時間いつでも好きなだけ滞在することができます。

毎日通ってもOKです。

ただし、エステマシンの利用時間は1回20分、最大2枠連続で40分間の利用が可能です。

利用時間が終了すると、また別の時間で2枠をとることができます。

チョコザップが安い理由

ここでは、チョコザップが安い理由についてご紹介していきます。

1.シャワー・トイレ(店舗による)がない

チョコザップには、通常のフィットネスジムにあるようなシャワーの設備がありません。

シャワーの維持管理費がかからないのが、安さの理由の1つです。

また、店舗によってはトイレがないところがあります。

私が行った成増店には、トイレはありませんでした。

各店舗の設備については、アプリから確認することができます。

2.スタッフがいない

チョコザップは、スタッフがいない無人ジムです。

「セキュリティは大丈夫なのか」と不安に思う方がいるかとおもいますが、業界初の高精度監視AIカメラが、24時間ずっと作動しているので、安心してジムを利用できます。

人件費がかかっていないので、料金が安いのは納得です。

3.鍵付きのロッカーがない

チョコザップには、鍵付きのロッカーがありません。

その代わり、オープンロッカーが設置されています。

着替える必要がない人が多いので、そもそもロッカーも不要というシステムなのかもしれません。

4.音楽がかかってない

これはチョコザップに行って気づいたのですが、音楽が流れていませんでした。

有線をつなげないことで、費用を削減していることが分かります。

初めていったときは、静かすぎて物音を立てないようにするのに緊張しましたが、周りの人たちはなにも気にしていない様子でした。

「音がなく静かで変な感じ」と感じる方は、自前のイヤホンを持っていくとよいでしょう。

5.管理はすべてアプリ

入会や退会の手続きは、対面で行う印象が強いですが、チョコザップは全てアプリで完結します。ここでも人件費を削減できているのが、安さの秘訣です。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

チョコザップの支払い方法は現金、クレカ、銀行引き落とし

チョコザップの支払方法はクレジットカードのみです。

アプリを使って登録を行うのですが、登録画面に進むとクレジットカード登録の画面が表示されます。

利用できるクレジットカード
  • visa
  • mastercard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • Diners Club
  • DISCOVER

上記6種類のクレジットカード会社が利用可能です。

クレジットカードを持っていない人も、デビットカードも利用可能です。

Chocozapの引き落とし日は毎月20日

チョコザップの締め日は10日で、決済日は毎月20日となっています。

クレジットカード会社によって引き落とし日が異なるので、翌月になる可能性もあります。

チョコザップを解約したい場合は、毎月10、11日で1か月分の料金が変わってくるので注意しましょう。

食事管理はしてくれない

チョコザップはライザップのように食事管理のサービスはありません。

ですが、アプリからダイエットサポートするチップスが買えたり、ダイエットにおすすめなアイテム特集があったりと、情報が豊富で、日々の食生活に役立ちます。

アプリから視聴できる「ライザップ式食事プログラム」の動画は、自分で食事管理を行うときに役立つのでおすすめです。

おすすめのプロテインの販売がある(ない場合はないに変更)

ここはちょっとわかりませんでした

チョコザップの退会は簡単

チョコザップの退会手続きはアプリで簡単に完結し、契約期間の縛りはありません。

最短で入会した翌月に解約できます。

チョコザップアプリを起動
メニュー⇒「プラン契約」を選択
アンケートに答える
退会完了

他のジムのように、退会を引き留めることはなく、簡単なアプリ操作でサクッと退会できるのはありがたいですね。

退会手続きの締め日は毎月10日で、翌月末に退会です。

例えば、9月11日~10月10日の期間に退会手続きを行えば、11月30日いっぱいで退会です。

11月30日までは、チョコザップを利用できます。

日割りの返金はありませんので、注意してください。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

チョコザップのある店舗一覧

チョコザップは、現在急激に店舗を拡大中で、すでに全国100店舗近くあります。

そのうち50店舗以上は東京にあり、関東地方に多いです。

東京: 55店舗

杉並区、板橋区、千代田区、新宿区、渋谷区、文京区、台東区、足立区、港区、墨田区、豊島区、世田谷区、練馬区、江戸川区、中央区、葛飾区、東久留米市、清瀬市、狛江市、東村山市、稲城市、西東京市、国分寺市、多摩市、八王子市、府中市

埼玉県:13店舗

川越市、川口市、さいたま市、春日部市、所沢市、狭山市、ふじみ野市、草加市、越谷市、和光市

神奈川県:14店舗

横浜市、横須賀市

千葉県:12店舗

千葉市、柏市、船橋市、市川市、松戸市、我孫子市、流山市

大阪府:11店舗

大阪市

茨城県:1店舗

つくば市

愛知県:8店舗

名古屋市、安城市

高知県:1店舗

高知市

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

【トレーナー不在】本家のライザップとの違い

本家ライザップは、トレーナーさんが万全のフォロー体制で、普段の食生活から生活習慣までアドバイスや指導を行ってくれます。

チョコザップは、トレーナーさんは存在せず、自分のライフスタイルに合わせて自主的にフィットネスを行います。

チョコザップ

ライザップ

月額費用

3,378円(税込み)

全16回327,800円~

無料体験

なし

あり

トレーニング期間

契約の縛りなし

2か月(全16回~)

営業時間

24時間

7:00~23:00

トレーナー

なし

あり

シャワー

なし

あり

アメニティ

なし

あり

エステ

あり(セルフ)

なし

脱毛

あり(セルフ)

なし

生活の全てを捧げて身体の体質を改善したい方は、ライザップに向いているでしょう。

逆に、普段の生活は変えずに、プラスでちょこっと運動を取り入れたいという方は、チョコザップをおすすめします。

>> 仕事帰りに気軽に通えるchocoZAPはこちら

wi-fiがある

⇒私の通っている店舗は、エステルームに入るとWi-Fiがつながるようになっていますが、他の店舗は普通にあるみたいなので、次行ったときに確認します。

運営企業

社名 RIZAP株式会社
所在地 〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー31F

まとめ

月額2,980円(税込み3,278円)で24時間どの店舗でも使い放題のチョコザップは、コスパが最強のジムだなと思いました。

面倒くさがり屋で他のジムが続かなかった人も、チョコザップなら通えちゃいます。

現に面倒くさがり屋の私もチョコザップに入会してから早2か月が経ちましたが、週に2回、チョコザップに通えています。

縛りがないため、コンビニに行く感じで、気軽に通える点が、続いている証拠です。

アプリをダウンロードして入会し、ぜひ明日の仕事帰りからジム通いしちゃいましょう!

ライザップ監修コンビニ感覚のジム /

この記事をシェア

肌らぶ編集部 肌らぶ編集部は、美容のプロとして1記事1記事にプライドを持ち、あなたのキレイに寄り添う情報・知識を分かりやすく伝えるために日々執筆をしています。 詳細を見る

あわせて読みたい記事

2017.11.14 Tue 100均のつけまつげが進化している!?おすすめ10種レビュー♡ #100均 #つけまつげ #プチプラ #レビュー 2017.06.09 Fri 大切なのは自分らしさ!パリジェンヌに学ぶナチュラルメイク #ナチュラルメイク #メイクHowTo リフトセラム kanebo 2018 秋冬 新作 2018.05.31 Thu 【KANEBO(カネボウ)】2018秋冬 新製品発表会レポート #レビュー

肌らぶ人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター