2020年6月11日 更新

ブルべ・イエベは関係なし?エテュセのリップで日替わりメイク

ブルべ・イエベは関係なし?エテュセのリップで日替わりメイク

2020年3月、エテュセがブランドを刷新するというニュースが入ってきました。

人気商品の継続販売は嬉しいニュースですが、やはり新商品も気になってしまうものですよね。

8色展開となっている新商品のリップエディション(グロス)では、ブランドが提案するコンセプトに「肌色にとらわれず、好きな洋服を手に取るような感覚で選べる新感覚グロス」とあります。

昨今メイクの話題にのぼりがちな「ブルベ・イエベ」だけにとらわれず、自由にラフに自然体に、というブランドからのメッセージがとても素敵ですね。

今回は新商品のリップエディション(グロス)のご紹介と、新感覚グロスを使った日替わりメイクのご提案です。

全色スウォッチとシームレスフィニッシュの秘密

パッケージは全て艶消しの素材になっていて、それぞれ中身のカラーを反映したパッケージになっています。
さらりとした触り心地の可愛いパッケージにテンションも上がりますね。

全色スウォッチとシームレスフィニッシュの秘密
チューブタイプになっていて簡単に塗布できるのもポイントです。

実際にメイクで使う前に腕に塗ってみました。
実際にメイクで使う前に腕に塗ってみました

クリアベースの01と02の比較です。角度を変えると02のグリッターがギラッと光るのが分かりますね。
クリアベースの01と02の比較です

腕に塗ってみた状態だと01と02はほぼ透明ですが、03から08は色がはっきりしているので、「この色は得意!」「この色は苦手かも…」とちょっと先入観を持ってしまいました。

しかし今回の商品コンセプトは「肌色にとらわれず、好きな洋服を手に取るような感覚で選べる新感覚グロス」です。

この8色のリップエディション(グロス)には、自由な楽しみを実現する特徴、シームレスフィニッシュを叶える秘密が2つあります。

★ハーモナイズカラーパール
見る角度によって黄色からピンクに変化するパールが入っています。黄色のパールは肌、ピンクのパールは唇とのなじみを実現して、肌と唇を自然に調和させてくれます

★透明感のある処方
透け感のあるツヤと彩りなので、ビビットなカラーもダークなカラーも肌色に左右されず、なじみやすくなっています

また、べたつかず軽い付け心地で唇にしっかりフィットし、うるおいも長時間持続してくれるので、気になる縦ジワもこれ一本で解消されます。無香料なのも使いやすいポイントです。

日替わりでいろんな「私」を楽しもう

さて!
それでは順番にそれぞれのカラーとそれに合わせた日替わりメイクの紹介をしていきますね!
(※今回はリップの色味がなるべく見たままの色で写るように画像の色味等を調整しています。)

01 ミントグリーン

日替わりでいろんな「私」を楽しもう ミントグリーン
01はほんのりグリーンですが、実際に唇に乗せてみると完全に透明です。
塗っているけど発色はしないので、手持ちのリップに合わせて少しツヤ感を足してみたり、すっぴんに近いメイクの時にささっと塗って自然なツヤ感を演出してみてもいいかもしれませんね。

目元はすっぴん風にマスカラのみにしています。

02 グリッターピンク

日替わりでいろんな「私」を楽しもう。グリッターピンク
ベースはクリアカラーですが、ピンクのグリッターがむちっと入っていてとても可愛いです。

唇に乗せてもグリッターの主張はそこまで強くないので、これだけで使っても他のリップと合わせても便利な一本です。

クリア感の強いミント系のグリッターシャドウをささっと塗って、シンプルなメイクに仕上げました。

03 ビタミンオレンジ

日替わりでいろんな「私」を楽しもう。ビタミンオレンジ
透け感が何ともジューシーで春夏向きの爽やかなオレンジ色です。

オレンジと言えばイエベが得意なカラーの代表格ですが、この透け感があれば、他のポイントメイクでバランスをとったり、こってり塗りを避けたりすればブルベでも挑戦しやすいかなと感じました。

目元はゴールドラメたっぷりベージュ×マットオレンジのアイシャドウです。

04 ホットピンク

日替わりでいろんな「私」を楽しもう。ホットピンク
かなり青みが強いピンクです。

この色に強いのはやっぱりブルベかな…と思いましたが、イエベのわたしが塗ったところ、想像していたよりも浮きませんでした!

気分転換で塗るとわくわくしてしまうような、ぱきっとした可愛いピンクです。

よく見るとゴールドラメが入っているのも肌色になじみやすいポイントです。
ホットピンクに近い色合いのピンクとゴールドラメのアイシャドウを使い、目元と口元の色をお揃いにしてみました。

05 ピュアレッド

ピュアレッド
王道ド真ん中レッド!な赤です。
透け感がほどよく軽やかに見えるので、今までこの王道レッドに挑戦したことがない人でも手を出しやすいと思います。

目元のカラーは、ブルベ・イエベ関係なく自分に一番似合うハッキリとしたシンプルなブラウン系の色を乗せるとかっこよく見えるかなと思います。

今回はリップにも入っているピンクラメ多めのアイシャドウをベースで塗りつつ、深めのチョコレート色を二重幅に、下瞼には濡れツヤ感のあるシャンパンベージュを塗ってみました。

06 コーラルピンク

日替わりでいろんな「私」を楽しもう。コーラルピンク
可憐な女の子らしくて可愛いコーラルピンクです。

塗ってみるとなんだか顔色が健康的に見えます!発色は比較的ナチュラルなので、ブルベでもイエベでも手を出しやすい王道カラーだなと思いました。

ピンクベージュとオレンジ味が強いブラウンシャドウを使った柔らかい印象の囲み目を合わせて、媚びない自然な甘さを意識しました。

07 モカベージュ

日替わりでいろんな「私」を楽しもう。モカベージュ
唇に乗せてみるととてもヌーディーなカラーで、溶かしたキャラメルのような色になります。

もう少しローズ寄りだとブルベ向きなのかな?と感じましたが、ブルベ・イエベ関係なく挑戦しやすい、大人で旬なカラーだと思います。

目元はモカやキャラメル系のマットシャドウをグラデーションにし、大人っぽいワントーンメイクにしてみました。

08 レディッシュブラウン

日替わりでいろんな「私」を楽しもう。レディッシュブラウン
ワインのような深みのある赤が混ざったブラウン
一見秋冬向きの重ためカラーですが、透け感のあるレディッシュブラウンを塗るだけで色っぽさ倍増!という感じでした。

可愛さより色っぽさが欲しい日にはこれですね。

目元は、イエロー×オレンジ×シャンパンゴールドを使って華やかで軽めな感じにしつつ、イエベ寄りのカラーで色味のバランスをとっています。

感想

合計8通りの日替わりメイクをやってみましたが、どれも色の主張が強すぎないので、他にもいろんなメイクで活躍してくれそうだなと感じました

分類としてはグロスですが、筆でしっかり塗ればリップとしても使えるので、薄塗りでもしっかり塗りでも楽しめます。

それでいて変にベタベタしないのも良かったです。

まとめ

さて、普段なかなか手が伸びないカラーにも挑戦してみようかな?という気持ちになっていただけましたか?

自分に似合う色でしっかり決めるのも素敵だけど、元々の肌色にとらわれ過ぎずに自由にメイクを楽しんで、「あ、いつもと違う私もいいかも」とわくわくしてみるのも、とても素敵なことです。
たまには無難さを抜け出して、冒険してみてはいかがでしょうか?