2018年8月3日 更新

美人の条件「ジョーライン」とは?その意味や美しく見せるためにできること

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭皆さま、「ジョーライン」という言葉を耳にしたことはありますか?

まだ日本ではなじみのない言葉かもしれませんが、海外では美男・美女の条件を語るときに欠かせない要素のひとつとして、広く浸透しているようです。

今回は、日本でもきっとこれから注目されるであろう「ジョーライン」を特集。そもそも「ジョーライン」って何?という疑問から、美しいジョーラインを目指すためのヒントまでご紹介していきます。




1.「ジョーライン」とは?

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭「ジョーライン(jawline)」とは、「あごの輪郭」という意味の英語。

単に「あご先」だけを指す chin とは異なり、jaw は上下のあごと歯を含めた部位を指します。

日本ではまだまだ認知度の低い言葉ではありますが、海外ではこの「ジョーライン」の美しさこそが印象に影響を与えると考えられているようです。
その関心の高さは、インターネットで「jawline」と検索してみるとヒットするページ数の多さからも如実に伺えます。

日本においてなじみのある似た単語として「フェイスライン」があげられますが、「ジョーライン」はより骨格まで意識していると言えるでしょう。

2.美しいジョーラインの条件とは?

では、もしあなたが「美しいジョーラインとは?」と聞かれたら、どんなジョーラインを思い浮かべますか?

理想的なジョーラインの定義は人によって異なるであろうことを鑑みても、まず外せない条件が「整ったライン」です。

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭そしてその「整ったライン」からイメージできるのが、首と顔の境目がしっかりあり、骨格を感じられるジョーラインではないでしょうか。

さらにハリのある引き締まった肌であることもポイントであると言えるでしょう。

顔から首にかけての輪郭が美しいことに加え、肌にハリがあること。
それらの条件を満たすことで、美しいジョーラインを目指すことができるのです。

3.ジョーラインを美しく見せるためにできること

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭生まれつきの骨格を変えることはなかなか難しいのが現実ですが、ジョーラインを美しく見せるためにできるいくつかのことがあります。

ここでは、ジョーラインを美しく見せるために心がけたい日常生活でのポイントをお伝えします。

① 丁寧なスキンケアでハリ肌を目指す

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭スキンケアでは、肌にハリを与えることを重視しましょう。
毎日の丁寧な積み重ねが、ジョーラインをはじめとする肌全体のハリ感や引き締まった印象を左右します。

スキンケアの際はつい顔の中心部にばかり意識がむきがちですが、ジョーラインまでしっかりお手入れすることを意識しましょう。同時に、デコルテにまでなじませるのが理想的です。

スキンケアアイテムはけちらずに適切な量を使い、角質層まで浸透するように丁寧になじませます。ワンステップごとに丁寧なハンドプレスで仕上げることも忘れないようにしましょう。

② 表情豊かで健康的な生活を意識する

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭笑顔を絶やさず表情豊かに過ごすことも、顔や顔周りの筋肉のために大切です。
朝晩のスキンケアには思わず笑顔になれそうな香りのアイテムを選ぶなど、自分らしい笑顔で明るい毎日を過ごしましょう。

また、すこやかな肌はすこやかな生活によって育まれます。
美容に関心のある方ならこれまでに耳が痛くなるほど聞いてきたことかもしれませんが、基本中の基本であることは事実です。

生活習慣の乱れは全身にさまざまな影響をもたらします。この機会に、あらためて健康的な生活を意識しましょう。

③ クセを見直す

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭ジョーラインに影響を与えることが考えられる「クセ」として、姿勢の悪さや噛みぐせ、頬づえなどがあげられます。
毎日の生活を振り返ってみて、思い当たる節はありませんか?

特に、毎日触れるパソコンやスマートフォンを操作するときの姿勢は注意したいもの。
自分で習慣を変えるのが難しいという場合は、周りの人に協力を仰ぐのもいいかもしれません。

4.まとめ

ジョーライン jawline フェイスライン 輪郭海外で浸透し、日本でもきっとこれから注目されるであろうワード「ジョーライン」。
その意味や美しいジョーラインの条件、毎日の生活で意識したいポイントなどをお伝えしてきました。

普段のケアでは見落としがちなパーツかもしれませんが、美しいジョーラインは表情の印象を大きく左右することでしょう。

「ジョーライン」という単語を初めて耳にしたという方も、ぜひこの機会に「ジョーライン」を意識してみてはいかがでしょうか。