人気クレイ洗顔「アラヴィータ クレイウォッシュ」のテクスチャをのばした

とうふ

洗顔

2020.07.10 Fri

注目のクレイ洗顔とは?ニキビや毛穴への効果も?実際に使ってみた

#ALAVITA #ヴィーガンコスメ #ニキビ #毛穴

ミネラルをたっぷり配合した泥を使って、皮脂汚れや毛穴を洗浄してくれるクレイ洗顔。

泥が毛穴の奥の汚れまでしっかりと吸着してくれるため、ザラザラの角栓やニキビに悩んでいる女性の救世主的存在なのです。

この記事ではさまざまなメーカーから発売されているクレイ洗顔の中から、とくに人気を博している「アラヴィータ クレイウォッシュ」を実際に使ってレビューしていきます。

洗顔に泥を含ませることでどんな効果が得られるのかについても解説していくので、毛穴汚れやニキビでお悩みの方は最後までご覧ください。

クレイ洗顔とは?効果や特徴

洗顔に泥を配合していると聞いても、実際に使ったことがない方はそのメリットや効果がわからないと思います。

クレイ洗顔の効果や特徴をみていきましょう。

くすみのない透き通った肌が目指せる

そもそもクレイ洗顔とは、洗顔料の中に泥を含んだアイテムのことです。

泥は汚れの吸着力が強く、使用し続けることで毛穴汚れや角栓を除去し、角質汚れが気にならない透明感のある肌に近づけてくれます。

「肌がなんだかザラザラする」「なんだかくすんで見える」という方は、泥の力で改善させられる可能性があります。
ぜひ、毎日の洗顔にクレイ洗顔を取り入れてみてくださいね。

求める効果に合わせてクレイを選べる

一口にクレイ洗顔と言っても、配合されている泥の種類はさまざま。求める効果に合わせて泥を選ぶことで、美肌への近道になります。

①ホワイトクレイ
小さめの粒子で、優しい洗浄力。肌のコンディションを整えて、シミの元になるメラニンにもアプローチしてくれます。

②グリーンクレイ
医療用にも用いられる、殺菌作用が強いクレイ。脂性肌やニキビ肌を改善してくれます。

③レッドクレイ
グリーンクレイと同等レベルの洗浄力。滑らかで保湿力があるため、洗浄力と肌への優しさを両立したい方におすすめ。

④ピンククレイ
レッドクレイとホワイトクレイを混ぜ合わせたもの。刺激が少ないので初心者でも使用しやすく、肌を整えながらしっかりと洗浄もしてくれます。

⑤ガスール
高い吸着力があって保湿力もバッチリ。ミネラルが豊富なため、美容効果も期待できます。どんな肌タイプでも使えて、鎮静作用もあります。

⑥カオリン
マイルドな洗浄力なため、敏感肌や乾燥肌におすすめ。パックとしても活躍してくれます。

⑦ベントナイト
少ない量でもしっかりと皮脂汚れを吸着。デトックス作用があるので脂性肌やニキビ肌におすすめ。

とにかくニキビに効果的!

泥の高い洗浄力は、思春期ニキビや大人ニキビを改善してくれる効果も期待できます。

洗顔に配合される泥は粒子が非常に細かく、毛穴の汚れを吸着して詰まりを取り除いてくれます。
その結果、毛穴や肌が清潔な状態になり、ニキビの原因となるアクネ菌などの原因菌の繁殖を防いでくれるのです。

また、泥に含まれる天然のミネラル成分は、肌のターンオーバーを促してくれる作用があります。
ターンオーバーが整えば、肌が正常な状態に生まれ変わって健康な状態を保てますよね。

そういった点から、毎日の洗顔でニキビの改善や予防をしたい方には、クレイ洗顔がピッタリです。

人気クレイ洗顔「アラヴィータ クレイウォッシュ」を使ってみた

天然のアミノ酸5-ALAで肌のコンディションを底上げしてくれるALAVITAから出ている、人気のクレイ洗顔「アラヴィータ クレイウォッシュ」を試してみました!

人気クレイ洗顔「アラヴィータ クレイウォッシュ」を使ってみた
この商品は、中東のヨルダン原産の海泥をたっぷりと配合し、古くなった角質を洗い流してくれるクレイ洗顔です。

アルコールやパラベンなどの肌への刺激になる成分は含まれておらず、動物にも肌にも優しいヴィーガンコスメになっています。

まるでトリートメントをしたかのような、透明感のある肌を目指せます。

クレイ洗顔に興味があるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

まずはテクスチャをチェック

さっそく、「アラヴィータ クレイウォッシュ」がどんな商品なのかをみていきましょう!

人気クレイ洗顔「アラヴィータ クレイウォッシュ」のテクスチャ
「アラヴィータ クレイウォッシュ」を手に出してみると、まさに泥が配合されていそうなグレーの洗顔フォームが出てきました。

人気クレイ洗顔「アラヴィータ クレイウォッシュ」のテクスチャをのばした
伸ばしてみるとこっくりとした濃厚なテクスチャ。泥が入っているからといってザラザラすることはありません。

滑らかな手触りなので、いつも使っている洗顔フォームと同じ使用感です。よく見ると、泥成分だと思われる小さく粒々したものが見えます。

香りはオーガニックハーブの優しい香りで、人工的な香りが苦手な人でも使いやすそうです。

実際に洗顔してみる

それでは、「アラヴィータ クレイウォッシュ」で実際に顔を洗ってみようと思います。

【使い方】
①1cmほど出す
②洗顔ネットなどでしっかりと泡立てる
③Tゾーンから泡を顔に乗せ、汚れを吸着させるイメージで泡を転がす
④頬に素早く泡をひろげて優しく洗う
⑤泡が残らないようにしっかりとすすぐ

クレイ洗顔は洗浄力が強く乾燥させてしまうリスクがあるため、時間差洗顔で洗浄力を調整しましょう。

人気クレイ洗顔「アラヴィータ クレイウォッシュ」を泡立てた
さっそく、クレイウォッシュを泡立ててみました。
この商品はかなり泡立ちがよく、少量でもこんなに泡が立ちました。

濃密な泡で、ふわふわもちもちです。

洗顔前の肌の状態はこちら。
洗顔前の顔
写真ではわかりにくいですが、触ると鼻周辺のザラつきが気になる状態です。
私は敏感肌で、角質ケアがなかなかできていないのが悩みでした。

泡立てたクレイ洗顔を顔に乗せていきます。
泡が肌に密着
泡が本当にもちもちで、写真を撮影している間もへたったり垂れてくることはありませんでした。

滑らかな触り心地で、敏感肌でも刺激は感じません。優しいハーブの香りが心地良いです。
洗い流すときの泡切れもよく、肌にべったり残って流しにくいということもありません。

洗い上がりがこちら。
クレイ洗顔の洗いあがり写真
全体的にくすみが取れ、肌がワントーン明るくなったような気がします。

洗顔時は角栓が気になる鼻を重点的に洗ってみると、洗顔後はザラザラ感がだいぶ改善されました。目で見てわかるくらい、毛穴の黒ずみが薄くなっています。

ベタつきがちなおでこや顎周りがさっぱりしたので、本当にニキビの予防にも役立ちそうです!

クレイ洗顔なのでもっと乾燥するかと思いましたが、この商品は汚れを落としつつしっとりと仕上がるため、乾燥肌の私でも使いやすかったです。

ただし、クレイ洗顔はどんな商品でも洗浄力は強めなので、使用後はしっかりと保湿をしました。

クレイ洗顔を使用するときの注意点

毛穴汚れをさっぱりと洗い上げてニキビを予防してくれるクレイ洗顔。
一見メリットしかないように思えますが、クレイ洗顔には注意が必要な点もあります。

正しくクレイ洗顔を使わないと、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルに発展することもあるので要注意です。
クレイ洗顔を使うときに守って欲しい注意点を解説していきます。

使用頻度に気をつける

クレイ洗顔は、吸着力が高い泥を配合した洗顔です。その洗浄力の高さゆえに、頻繁に使うと肌にとって刺激になってしまうこともあります。

低刺激のものであれば毎日使用しても問題ありませんが、敏感肌や乾燥肌の方は1から2日程度間隔を空けながら使うことをおすすめします。

肌が強い方も、乾燥や刺激を感じる場合は使用頻度を調節しながら、自分に合った使い方を見つけてくださいね。

よく泡立てて優しく洗う

洗顔フォームに含まれる泥は滑らかで、肌への刺激になる印象はそこまでありません。

しかし、実際は泥の粒子を肌の上に乗せているため、ゴシゴシ洗うと肌への負担となってしまいます
その結果、肌荒れやニキビができてしまう可能性もあるでしょう。

クレイ洗顔は、優しく洗ってもしっかりと汚れを吸着してくれます。
必ずしっかりと泡立て、肌の刺激にならないように泡を転がすように優しく洗うことを心がけてくださいね。

保湿をしっかりと行う

クレイ洗顔には保湿成分が含まれているものが多いですが、泥は吸着力が強いため、通常の洗顔を使うときよりも乾燥気味の洗い上がりになります。

洗顔後は、通常の洗顔時と同様にしっかりと保湿をして肌を潤しましょう。

また、泥の力できれいになった肌は、化粧水の浸透もよくなっています。
スキンケアの効果を引き出すという意味でも、洗顔後はすぐに保湿ケアを行ってくださいね。

まとめ

クレイ洗顔は、毛穴汚れや古くなった角質を洗浄して透き通った肌に導いてくれる素敵なアイテム。
毎日の洗顔として取り入れれば、くすみやザラつき、ニキビが気になる方のお悩みを改善するお手伝いをしてくれますよ。今まで使ったことがないという方も、ぜひ試してみてください!

使用の際は、肌への刺激にならないように、この記事で紹介した注意点を守って使用してくださいね。

クレイ洗顔で透明感のある美肌を目指しましょう。

この記事をシェア

とうふ とうふ フリーライターをしているズボラな主婦です。 読みやすくてためになる記事が作成できるよう、日々奮闘中です。 詳細を見る

あわせて読みたい記事

肌らぶ人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター