2017年5月22日 更新
PR

薄づきでもきれいに仕上げる!おすすめファンデーション&使い方

薄づき ファンデーション
「薄づきのファンデーションってどれだろう?」「ファンデーションって、どう使えば薄づきに仕上がるのかな?」と、お考えではないでしょうか?

「気になる部分はしっかりカバーしているのに、薄づき」という仕上がりは、理想的ですよね。

今回は、薄づきのファンデーションを選ぶポイントや、肌らぶ編集部おすすめの薄づきファンデーション、上手な使い方のポイントなどをご紹介していきます。

ナチュラルな薄づきファンデーションで、素肌を活かした上品な肌を目指しましょう!



1. 薄づきファンデーションを選ぶポイント

まず、理想の薄づきファンデーションを選ぶときの簡単なポイントを2つご紹介します。

1-1. 付け心地が軽く、ナチュラルに仕上がるものを選ぶ

shutterstock_437756866
薄づきのファンデーションをお探しなら、付け心地が軽く、さりげなく顔色を明るく演出してくれるものを選んでみましょう。

ファンデーションを必要以上に重ねなくても、きれいにかつナチュラルに仕上がるのは理想的ですよね。

例えばルースタイプのファンデーションやCCクリームなどは、どちらも軽い付け心地でありながら、ナチュラルできれいな肌を演出します。

さらに商品によっては、ひとつでベースメイクを仕上げられるものもあります。

薄づきのファンデーションをお探しの方は、ぜひこれらのアイテムも選択肢に入れてみてください!

1-2. 自分の肌の色に合った色を選ぶ

ファンデーションのタイプ(リキッド、パウダーなど)に関係なく、あらゆるファンデーション選びで特に重要なのが色選びです。

自分の肌色に合ったファンデーションを使うことで、より自然で薄づきな印象を演出しやすくなります。

ファンデ 色
肌の色に合うか確認するには、ファンデーションを顔と首の境目であるフェイスラインに塗ってみると良いでしょう。

顔にも首にもなじんで、自然に見える色がおすすめです。

2. 肌らぶ編集部おすすめ薄づきファンデーション

【1. 薄づきファンデーションを選ぶポイント】でお伝えしたポイントを軸に、肌らぶ編集部が選んだおすすめのファンデーションをご紹介します。

自分の肌色に合ったものが見つけやすいよう、カラー展開の豊富なファンデーションを選びました。

レイチェルワイン ミネラルファンデーション
レイチェルワイン ファンデーション
販売会社:株式会社ウィンフィールド・ライフリサーチ

レイチェルワインのファンデーションは、ルースタイプのミネラルファンデーションです。
(パッケージに記載されている成分表示内容:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al)

とっても軽いつけ心地で、気になる肌悩みを自然にカバーしてくれます。

専用の大きめブラシでくるくると磨くようにつけることで、ファンデーションの厚塗りを防ぎ、薄づきに仕上げます。

また、日本人の肌色に合わせた12色のカラー展開なので、自分の肌にぴったりな色を探すことができます。

単色使いはもちろん、異なる2色を混ぜ合わせて自分だけの色を作れるのも、ルース状のファンデーションならではの魅力です。

下地いらずなうえ、石けんで落とすことができるというお手軽さも特徴の一つです。

【レイチェルワイン トライアルセット】
レイチェルワイン
価格:1,834円(税抜)
内容:ミネラルファンデーション0.5g×2色、アクセントフェースパウダー0.3g、ソフトフィットブラシ(現品)

トライアルセットでは、異なる2色を試すことができるので、ファンデーションの色選びでいつも悩んでしまう…という方にもおすすめです。

通常価格が4,200円(税抜)のブラシ(現品)がセットに入っているという点も、かなりお得感があります!

アクセントフェースパウダーは、ファンデーションの後Tゾーンなどに軽くのせるだけで、自然なツヤ感を演出します。
仕上がりの好みに合わせて、使ってみてください♪

⇒レイチェルワイン公式HPはこちら

3. ファンデーションを薄づきに仕上げるポイント

納得のいくファンデーションを選んだら、使い方にも気を配ってみましょう。

ここでは、どの種類のファンデーションにも共通する、ファンデーションを薄づきに仕上げるポイントをお伝えします。

3-1. スキンケアで肌にうるおいを与える


ベースメイクをする際に大切なのは、土台となる素肌だと言われています。

ファンデーションを塗る際、スキンケアの行き届いたキメの整った肌のほうが、より透きとおるような瑞々しい印象に仕上げやすいでしょう。

薄づきに仕上げたファンデーションを引き立てるためにも、事前のスキンケアでしっかりと肌を保湿しておくことを心掛けてくださいね。

【ファンデーションを付ける際の注意】
ルースタイプやパウダータイプのファンデーションは、肌がべたついている状態でつけると、よれや崩れの原因になりやすいと言われています。

保湿のお手入れをした後は、化粧水や乳液が肌になじむまで待つか、軽くティッシュオフしてからファンデーションをつけるようにすると良いでしょう。

3-2. ファンデーションはブラシで薄くつける

メイクブラシ 洗い方
ファンデーションを薄づきにするには、ブラシで塗るのがおすすめです。

どのタイプのファンデーションも、ブラシを使うことで、より薄く、軽く仕上げやすいと言われています。

大きめのフェイスブラシで、円を描くようにクルクルとファンデーションを肌に広げていきましょう。

ブラシを使って顔全体に「薄すぎるかな」と感じるくらいナチュラルにファンデーションを塗ります。

そのあと、特に気になる部分にファンデーションを重ねて調整していくと、自然できれいな仕上がりになります。

3-3. ファンデーションは顔の中心から外側に向かってつける

ファンデーションは、顔の中心から外側に向かってつけましょう。

顔の内側から外側に向かってつけることで、より薄づき・ナチュラルに仕上げることができるとされています。
ファンデ 順番1
【ファンデーションをつける順番】ほお→ひたい→あご

ムラや厚塗りに気をつけながら指先の力を抜き、ブラシでスーッと塗布していきます。

最後に、フェイスラインと首の境目がないか、鏡でチェックするのも忘れないようにしましょう!

4. まとめ

オーガニック ファンデーション
薄づきのファンデーションを選ぶポイントや、そのポイントを押さえた商品、使い方のポイントなどをご紹介してきました。

ファンデーションを薄づきにすることで、素肌を活かした好感をもたれやすいベースメイクに仕上げることができるでしょう。

自分に合ったファンデーションを上手に使い、ナチュラルな美人を目指してみてくださいね♪

この記事は2016年10月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。