メニューを開く
アスタリフト;

赤ちゃんのベビーソープって何を使えばいいの?おすすめ4選

赤ちゃん ボディソープ

「赤ちゃんのベビーソープって、どんなタイプを選んだら良いのかな?」と、お悩みではありませんか?

赤ちゃんをお風呂に入れる際は、手際よくきれいに赤ちゃんの汚れを洗い流せるアイテムを選ぶと、赤ちゃんもママもお風呂の時間を楽しめますよね。

そこで今回は、スムーズなお風呂タイムになるよう、おすすめのベビーソープや、赤ちゃんを洗う手順をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 忙しいママにおすすめ!泡タイプのベビーソープの魅力とは?

ベビーソープとは、赤ちゃんの肌に合わせて、優しく作られた石鹸のことです。
ベビーソープには、泡タイプ、固形タイプ、液体タイプがありますが、忙しいママには泡タイプがおすすめです。

ここで、泡タイプのベビーソープの魅力をご紹介します。

■泡タイプのベビーソープの魅力

① 泡立てる手間と時間がかからない!
泡タイプのベビーソープは、泡立てる手間と時間がかかりません。
赤ちゃんを片手で抱っこしながら、もう片方の手でポンプを押せば泡が出てくるので、スムーズに赤ちゃんを洗うことができます。

② ふわふわ泡のベビーソープで赤ちゃんをキレイに!
泡タイプのベビーソープは、常にきめの細かい、洗いやすい状態の泡が出てきます。
赤ちゃんの肌にふわふわの泡をのせて、泡をクッションのようにして、手でくるくると洗うので、強くこする必要がなく、肌をやさしく洗うことができます。

③ 泡切れが良い
泡タイプのベビーソープは、泡切れが良いのも特徴です。シャワーで流すとすぐにスッキリ泡が流れるので、すすぎ残しが起こりづらいところもおすすめです。

④ 保湿成分配合のアイテムが多い
泡タイプのベビーソープには、保湿成分が配合されているものが多いです。保湿成分配合のベビーソープで赤ちゃんを優しく洗うことで、しっとりとした潤いも感じられるでしょう。入浴後の赤ちゃんの保湿ケアだけでなく、ベビーソープで潤いを感じられたら嬉しいですよね。

⑤ ベビーソープに触れることがないので衛生的
泡タイプのベビーソープは、ポンプを押すと泡が出てくる構造のため、ソープの液体が水に濡れたり、空気に触れたりすることがありません。そのため、衛生的にボディソープを保つことができます。

2 赤ちゃんにおすすめのベビーソープ3選

ここでは、肌らぶ編集部おすすめのベビーソープをご紹介します。しっとりとした使用感のアイテムをピックアップしたので、参考にしてください。

ドルチボーレボディソープ

ドルチおすすめ ベビーソープ 

ドルチボーレのベビーソープは、保湿成分の「ヒアルロン酸」、「PCAーNa」、「コメヌカスフィンゴ糖脂質」を配合。きめ細かく、伸びの良い泡立ちです。洗いあがりは保湿アイテムを塗ったような、しっとりとした使い心地です。乾燥が気になる赤ちゃんの肌に、潤いを与えます。

ママ&キッズベビー全身シャンプーフレイチェ

ママおすすめ ベビーソープ 

ママ&キッズベビー全身シャンプーフレイチェは、保湿成分「アミノ酸」を配合。ママのおなかの中の羊水にも含まれるものなので、肌なじみの良さが期待できます。弾力のある泡なので、赤ちゃんのおでこや頬にのせても、泡がへたれず洗いやすいです。ボトルに、窓が付いているので、残量がわかって便利です。

 キューピー しっとり全身ソープ

キューピーおすすめ ベビーソープ 

キューピーしっとり全身ソープは、皮ふ保護成分の「スクワラン」「シアバター」、保湿成分の「ヒアルロン」を配合。キメ細かくクリーミな泡です。目にしみにくく、泡切れも良いアイテムです。

3 赤ちゃんを洗う際のポイント

ここでは実際に赤ちゃんをベビーソープで洗う手順をお伝えします。

① 頭の洗い方のポイント
赤ちゃんを膝にのせて片手で抱っこし、空いている手でベビーソープをプッシュして泡をとります。赤ちゃんの頭を、指の腹でしっかりと洗います。洗い終わったら、シャワーか、かけ湯で流しましょう。

② 顔の洗い方のポイント
赤ちゃんのおでこ、ほっぺ、あごに泡をのせて、指で円を描くようにくるくると洗います。
耳の後ろも汚れが溜まりやすいので忘れずに。
シャワーかかけ湯で流しても良いですし、目や鼻に水が入るのが心配でしたら、ひたひたに水を含ませたガーゼハンカチで優しく拭き取ってあげましょう。

③ 首と身体の洗い方のポイント
赤ちゃんのしわになりやすい部分(首など)や、手指の間は汚れが溜まりやすいポイントです。泡を使って、ママの指を肌に滑らせ、しっかり洗ってあげましょう。身体の表側が終わったら、背中側を洗い、シャワーかかけ湯で流しましょう。

4 赤ちゃんはいつまでベビーソープを使うのか

ベビーソープは、商品によっては大人が使うものより価格が高いアイテムもあり、いつごろまで使えば良いのか気になるママも少なくないようです。

ベビーソープは、何歳までという決まりはありませんが、1歳過ぎまでは使っているママが多いようです。いきなり大人と同じものにはせず、デリケートな頭と顔だけはベビー用にして、身体は大人と同じボディーソープにしてみたりと、赤ちゃんの様子や肌の状態をみて決めていきましょう。

5 まとめ

今回は赤ちゃんのボディソープについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

お気に入りのベビーソープを見つけて、ママと赤ちゃんにとって、スムーズで気持ち良いバスタイムにしましょう。

※この記事は2016年4月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る