メニューを開く

寝る前ストレッチがダイエットに効果的!?睡眠や美容にも❤

寝る前 ダイエット寝る前の簡単ストレッチが、ダイエットに効果的と聞いたことはありませんか?

「ダイエットや睡眠に効果的な習慣を何か取り入れたいな。」
「忙しい毎日だけど、簡単にできるダイエット方法が知りたい。」

ダイエットしたいと考えている方には特に寝る前のストレッチがおすすめです!

ストレッチを行うことで身体も柔軟になり、代謝もアップすると言われています♪

また、身体をゆったりとほぐすことでリラックスでき、快眠にもつながります。

寝る前にストレッチを取り入れて、効果的にダイエットを続けましょう!



ぷるぷるピン!あのアスタリフトが1,000円(税抜)でしっかり試せる!!
astalift
astalift

1.寝る前のストレッチはダイエットにつながる!?

寝る前 ダイエット
寝る前にダイエットに効果的な習慣を取り入れる際、一番すぐに実践できるものがストレッチです。

ストレッチは場所も道具も特別準備する必要はありませんし、時間も長くても10分程度で終えることができます♪

それでも、ストレッチが本当にダイエットのサポートをしてくれるのか、ダイエットのどんなサポート効果があるのか気になりますよね。

ここでは、その2点について詳しくご説明していきます!

1-1.寝る前のストレッチがダイエットにつながるのは本当?

結論から言うと、寝る前のストレッチはダイエットにつながると言われています。

なぜなら、寝る前のストレッチには身体の疲労を回復しやすくする効果があり、快眠や代謝のアップが期待できるためダイエットに効果的とされているからです。

「ダイエットのためにストレッチをする時間を取るよりも、睡眠時間に充てたほうが疲れは取れるんじゃない?」と思った方は、まず一日10分だけでもストレッチを取り入れてみましょう。

身体のめぐりが良くなり、ダイエットへの効果だけでなく美容や健康のためにも、また、朝起きたときのスッキリとする感じが全く違いますよ♪

1-2.寝る前のストレッチによるダイエットのサポート効果3つ

寝る前のストレッチによるダイエットのサポート効果を3つお伝えしていきます。

脂肪燃焼を促進

寝る前にストレッチをすることで身体がリラックスすることができ、質の良い睡眠につなげることができます。

質の良い睡眠によって成長ホルモンやコルチゾールが正常に分泌され、代謝の促進や体脂肪のエネルギー変換をサポートするためダイエットのサポート効果があると言われています。

基礎代謝をアップ

寝る前にストレッチをすることで筋肉のこわばりがほぐれやすくなり、筋肉がほぐれると血行が良くなることでダイエットのサポートになります。

血行が良くなることで、基礎代謝の向上を促し、ダイエットのサポート効果があると言われています。

食べすぎを防止

寝る前のストレッチには食べすぎを防止するというダイエットにうれしいサポート効果があります。

食べすぎの防止には「睡眠」が大きく関わってきます。

ストレッチをすることで良質な睡眠につなげることができるとお伝えしてきましたが、良質な睡眠は、食欲を左右するグレリンやレプチンなどのホルモンバランスをサポートしてくれるのです。

2.寝る前にストレッチをする際の3カ条

寝る前にダイエットのためにストレッチをする場合、方法を確認する前に、気をつけていただきたいことが3つあります。

寝る前のストレッチは、リラックスした状態で行うことがダイエットのためには重要です。

運動着に着替えて「よし!やるぞ!」という気持ちで行うのではなく、パジャマを着てベッドや床の上でリラックスしながらストレッチを行いましょう。

ダイエットはストレスに感じることも多いので、気を休める時間が作れるといいですね。

ストレッチが終わった後、「なんだかもっと眠くなっちゃった」という気持ちになることができれば、ダイエットのための寝る前のストレッチは成功ですね♪

お風呂に入った後に行いましょう

寝る前 ダイエット
寝る前にダイエットのためのストレッチを行う際は、必ずお風呂に入った後に行いましょう。

湯船に浸かることで筋肉がほぐれやすくなり、疲れを取りやすい状態になるのです。

熱すぎるお風呂は交感神経を活性化させてしまうので、38~39度程度のお風呂に20分程度浸かることが効果的とされています。

頑張りすぎないようにしましょう

寝る前 ダイエット
寝る前にダイエットのためのストレッチをする際は、頑張りすぎないようにしましょう。

寝る前にダイエットのためにストレッチを取り入れると言っても、ストレッチ自体の消費カロリーで痩せるわけではありません。

また、頑張りすぎると眠りにつきづらくなり、睡眠の質も落としてしまうことがあります。

ダイエットのために、リラックスして行うことを心がけましょう。

少し暗めの部屋で行いましょう

寝る前 ダイエット
寝る前にダイエットのためにストレッチをする際は、照明も少し落とし、暗めの部屋で行いましょう。

特に赤やオレンジのような色の照明は、睡眠の質をあげてくれると言われているのでおすすめです。

寝る前のストレッチの目的は、眠りを誘うためのもので、身体や脳を起こしてしまってはダイエットに良くない影響も与えてしまいます。

ダイエットのために、あくまでもリラックスして行うことのできる環境を整えましょう。

3.寝る前に行いたいストレッチ方法7選

寝る前にダイエットのために行いたいストレッチ方法を7つご紹介していきます。

寝る前に行うストレッチって、とりあえず柔軟体操を行えばいいのかな?と思いがちではありませんか?

しかし、ダイエットのために行うストレッチは何よりもリラックスすることが重要です。

寝る前のストレッチをダイエットに活かせるように、ポイントを抑えてストレッチを行いましょう。

①全身のストレッチ

寝る前 ダイエット
全身をめいっぱい上下に伸ばすストレッチです。
深呼吸をしながらリラックスして行いましょう。

[ストレッチの方法]
1.大きく息を吸いながら全身を伸ばします。
2.体いっぱい息を吸ったら、今度は息を全て吐ききってください。息を吐きながら、手足を楽な体勢に戻しましょう。
3.1&2の動作を4~5回行いましょう。

②ゴキブリ体操(手足ブラブラストレッチ)

寝る前 ダイエット
手足のむくみを感じる時におすすめのストレッチです。
1分間で少し手足がスッキリと感じるかもしれませんね♪

[ストレッチの方法]
1.手足を天井に向けて垂直に上げます。
2.1分間ほどブラブラと手足をその状態で振り続けます。

ひっくり返った昆虫を連想すると、わかりやすいかもしれません。

③片足引き寄せストレッチ

寝る前 ダイエット
足をぎゅっと自分に引き寄せて、太ももをストレッチします。

[ストレッチの方法]
1.あおむけの状態で寝転がります。
2.息を吐きながら左右の足どちらかの足を抱え込んで、胸に引き寄せ5秒キープしましょう。

④ヒップと腰、脇腹のストレッチ

寝る前 ダイエット

[ストレッチの方法]
1.あおむけになって、両肩は床に着けたまま腰から下を左右にひねります。
2.ひねった方の逆の手で膝を抑えましょう。

左右のバランスを保つためにも左右交互に行いましょう。

⑤チャイルドポーズストレッチ

寝る前 ダイエット
ヨガのポーズとしても知られている、チャイルドポーズを行うストレッチです。

[ストレッチの方法]
1.正座をして、足を肩幅に開きます。
2.両手を前に伸ばしながら上半身を倒して息をゆっくりと吐きます。
3.お尻が浮き上がらないように、お腹を太ももに密着させるようなイメージで倒します。
4.その体勢のまま大きく深呼吸を5回ほど繰り返しましょう。

⑥女の子座り(ぺたんこ座り)ストレッチ

寝る前 ダイエット
[ストレッチの方法]
1.膝立ちの状態から肩幅に足を広げ、腰を曲げずにゆっくりと床にお尻を下ろしましょう。
2.この動作を、10秒間×5回行いましょう。

⑦女の子座りから寝転がるストレッチ

寝る前 ダイエット
⑥の女の子座りを行ったあとに、そのまま後ろに倒れるストレッチです。

足首と前太もも、腰がよく伸びることで、下半身のストレッチ効果が感じられます。

4.寝る前に行うとダイエットにつながる痩せ習慣5つ

寝る前に行うとダイエットにつながる痩せ習慣を5つご紹介していきます。

痩せている人に「普段何かダイエットをしているの?」と聞いても、「特に何もしていないよ~」と言われることもしばしばですよね。

しかし、痩せている人たちは何もしていないわけではありません。

痩せている人たちは、普段から自然と痩せ習慣を生活に取り入れているのです。

ダイエットにつながる痩せ習慣を取り入れて、痩せやすい体質に近づけましょう!

寝る前ダイエット習慣①寝る3時間前には食事を済ませる

寝る前 ダイエット
寝る3時間前には食事を済ませるようにしましょう。

ダイエットは運動や睡眠ももちろん大切ですが、極端に言うと食べすぎなければ太ることは、病気などを除いてほとんどありません。

食べたものが消化しないまま眠りにつくことで、エネルギーが蓄積され、太る原因となってしまいます。

ダイエット中はできる限り早めに夕食を済ませ、ある程度空腹な状態で眠りにつくようにしましょう。

寝る前ダイエット習慣②寝る前に白湯を飲む

寝る前 ダイエット
寝る前に、白湯を飲むようにしましょう。

ダイエット中だけでなく、寝る前に白湯を飲むことで身体が温まり、副交感神経が活性化されやすくなります。

副交感神経が優位な状態になるとリラックス効果が期待しやすくなり、質の良い睡眠につなげることができます。

「白湯が苦手」という方は、ハーブティーなどのノンカフェインのお茶などでも身体を温めることができるので、おすすめです♪

寝る前ダイエット習慣③スマホやPCは寝る2時間前には済ませる

寝る前 ダイエット
ダイエット中、寝る2~3時間前にはスマホやPCなどブルーライトを発生する電子機器の使用を控えるようにしましょう。

なぜなら、ブルーライトはサーカディアンリズム(概日リズム)に影響を与えると言われているからです。

サーカディアンリズムが崩れることで、体内時計のバランスが乱れ、眠りにつきづらくなるのです。

また、ブルーライトを15分間見続けることで、空腹感がアップすることや糖の代謝を遅らせることがあると言われているため、ダイエット中は意識しましょう。

寝る前ダイエット習慣④寝室の照明や香りを意識する

寝る前 ダイエット
ダイエット中は寝る前、寝室の照明や香りも意識して、寝る環境を整えましょう。

ストレッチ時の照明も大切だとお伝えしましたが、寝る前は自然な眠気の妨げになるような明るい照明は避けてくださいね♪

ラベンダーやローズ、シダーウッドなどの香りがリラックスできると人気なので、お気に入りの香りを見つけましょう。

寝る前ダイエット⑤寝る前にはちみつを取り入れる

寝る前 ダイエット
ダイエット中、寝る1時間前にはちみつを小さじ1杯取り入れてみましょう。

はちみつには、トリプトファンというアミノ酸が豊富に含まれています。

トリプトファンは脳内でセロトニンという物質を生成すると言われています。

セロトニンにはメラトニンという睡眠ホルモンの材料となり、良質な睡眠をとるサポートをしてくれると考えられているので、ぜひ摂り入れてみてくださいね♪

5.まとめ

寝る前のストレッチによるダイエットのサポート効果や、ストレッチの方法、寝る前におすすめの痩せ習慣などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

寝る前に少し時間を使ってストレッチをするだけで、快眠やダイエットにつなげることができるなんて、取り入れる価値はありそうですね♪

ゆったりとした気分でストレッチを行い、ダイエットを成功させられるようにがんばりましょう!

この記事は2016年10月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る