メニューを開く
アスタリフト;

イメージ通りに仕上がる!チークの塗り方&入れ方とは?

チーク
「チークの仕上がりがイメージ通りにいかない・・・」。そんな経験はありませんか?

チークは、顔の雰囲気をぐっと華やかに、綺麗に演出してくれる優秀なアイテムです。

今回は、イメージ通りに仕上がるチークの塗り方と入れ方についてご説明します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.チークの種類と特徴

チークには大きく分けて3つの種類があります。
好みの質感や雰囲気、ベースアイテムに合わせて選びましょう。

1-1.パウダーチーク(固形)

パウダーチークは、パウダー状のチークです。ブラシを使用することでふんわりとした仕上がりになります。

チークの中でも1番使いやすいといわれており、チークが苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

chi-ku

例)POLAミュゼル ノクターナル フェイスカラー

1-2.クリームチーク(練り状)

クリーム状のチークは内側からにじみ出るような仕上がりが魅力的です。

しっかりと発色させたい時におすすめです。

ウィセ

例)Visee(ヴィセ)リップ&チーククリーム

1-3.リキッドチーク(液体状)

リキッドチークは液体状のチークです。

肌の奥からにじみ出るような柔らかな発色で、透明感のある肌を演出します。

マジョリカマジョルカ

例)マジョリカマジョルカ クリーム・デ・チーク

2.チークの塗り方

2-1.パウダーチークの塗り方

■下準備
パウダーチークを塗る際は、ムラになることを避けるために、【フェイスパウダー】か【パウダーファンデーション】で顔の表面をさらさらの状態にしておきましょう。

1.チークブラシでチークをとる

9チーク

2.手の甲でチークをブラシに含ませて調整する

ち

3.ブラシを動かして往復する

78チーク
ブラシは側面を顔につけるようにして塗ると、ムラなく綺麗に発色します。

控えめにチークを付けたい方は、顔の外側から内側に向かってブラシをスタートさせましょう。

チークのつけ過ぎを防ぐことができます。

【POINT】
チークは、黒目の中央よりも内側に入れてしまうと、肌の赤みに見えてしまう事があります。

黒目より内側につけないよう意識しましょう。

2-2.リキッド・クリームチークの塗り方

練り状や液体状のチークは、必ずパウダーを使用する前に塗りましょう。

パウダーファンデーションを使用している場合は【下地⇒チーク⇒パウダーファンデーション】の順番になります。

1.チークを手の甲にのせる

手

2.指で顔の中心部分にチークを少しずつのせて、指かスポンジで周りをしっかりと馴染ませる

チーク練

3.最後にフェイスパウダーをのせる(ブラシの方がより薄付きになります)

チーク

Pocket
LINEで送る