メニューを開く
2017年4月11日 更新

イメージ通りに仕上げる!チークの塗り方&入れ方とは?

チーク 塗り方

「チークの仕上がりがイメージ通りにいかない・・・。」そんな経験はありませんか?
チークは、顔の雰囲気をぐっと華やかに、綺麗に演出してくれるアイテムです。

今回は、イメージ通りに仕上がるチークの塗り方と入れ方についてご説明します。



1.チークの種類と特徴

外国人風メイク

チークには大きく分けて3つの種類があります。
好みの質感や雰囲気、ベースアイテムに合わせて選びましょう。

1-1.パウダーチーク(固形)

パウダーチーク

パウダーチークは、パウダー状のチークです。ブラシを使用することでふんわりとした仕上がりになります。

チークの中でも1番使いやすいといわれており、チークが苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

1-2.クリームチーク(練り状)

クリームチーク

クリーム状のチークは内側からにじみ出るような、自然な血色感ある仕上がりが魅力的です。

しっかりと発色させたい時におすすめです。

1-3.リキッドチーク(液体状)

リキッドチーク

リキッドチークは液体状のチークです。

肌の奥から湧き出るような柔らかな発色で、透明感のある肌を演出します。

2.チークの塗り方

二日酔いメイク 1

ここでは、【パウダーチークの塗り方】【クリーム・リキッドチークの塗り方】に分け、肌らぶ編集部おすすめのチークの塗り方をご紹介します。

2-1.パウダーチークの塗り方

■下準備
パウダーチークを塗る際は、ムラになることを避けるために、【フェイスパウダー】か【パウダーファンデーション】で顔の表面をさらさらの状態にしておきましょう。

1.チークブラシでチークをとる

9チーク

2.手の甲でチークをブラシに含ませて調整する

ち

3.ブラシを動かして往復する

78チークブラシは側面を顔につけるようにして塗ると、ムラなく綺麗に発色します。

控えめにチークを付けたい方は、顔の外側から内側に向かってブラシをスタートさせましょう。

チークのつけ過ぎを防ぐことができます。

【POINT】
チークは、黒目の中央よりも内側に入れてしまうと、肌の赤みに見えてしまう事があります。

黒目より内側につけないよう意識しましょう。

2-2.リキッド・クリームチークの塗り方

練り状や液体状のチークは、パウダーを使用する前に塗りましょう。

パウダーファンデーションを使用している場合は【下地⇒チーク⇒パウダーファンデーション】の順番がおすすめです。

1.チークを手の甲にのせる

手

2.指で顔の中心部分にチークを少しずつのせて、指かスポンジで周りをしっかりと馴染ませる

チーク練

3.最後にフェイスパウダーをのせる(ブラシの方がより薄付きになります)

チーク

3.【イメージと顔型別】チークの入れ方

ミネラルチーク

次に「イメージ別」と「顔型別」チークの入れ方をご紹介します。

3-1.イメージ別

ここでは、3つのイメージ別に肌らぶ編集部おすすめのチークの入れ方についてご紹介します!

■CUTE/可愛いイメージ

チーク_塗り方01愛くるしく可愛い印象にしたいときには、頬骨の高い位置に丸めに入れます。

チークの幅は広くしすぎると、顔が大きく見えてしまうので気を付けましょう。

■COOL/大人っぽいイメージ

チーク_塗り方02知的で大人っぽい印象にしたいときには、頬の高い位置よりもやや低めに、斜めに入れます。

■ELEGANT/品のあるイメージ

チーク_塗り方03特別な日のディナーや参観日などで上品な印象にしたいときには、耳の横から小鼻に向かって、やや平行気味に入れます。

3-2.【顔型別】チークの入れ方

ここでは4つの顔型別に、肌らぶ編集部おすすめのチークの入れ方をご紹介します。

■面長型

チーク_塗り方04面長型の方は、横幅を出して、縦長感を出さないようにしましょう。

斜めに入れてしまうとより面長に見えてしまいますので、縦や斜めではなく耳の横から小鼻に向かってやや平行気味にブラシを動かすと全体のバランスが良く見えるのでおすすめです。

■丸型

チーク_塗り方05丸型の方はチークの幅を狭く入れてシャープに見せることがポイントです。

頬の中央からこめかみに向けて斜めにチークを入れると、シャープな顔立ちを演出することができます。

■逆三角形型

チーク_塗り方06逆三角形型の方は、輪郭を柔らかく見せる事がポイントです。

頬骨の位置から「丸く・ふんわり・広く」チークを入れることで、頬をふっくら見せて柔らかさを演出することができます。

■ベース型(エラ張り型)

チーク_塗り方07ベース型(エラ張り型)の方は、エラの部分を目立たなくさせるのがポイントです。

頬の中央からこめかみに向かってやや斜めに入れるとエラの張りをさりげなくカバーできます。

4.チークをより綺麗に仕上げるための2つのポイント

リップグロス プチプラ

ここでは、チークメイクをキレイに仕上げるためのポイントを2つご紹介します。

4-1.ベースメイクを整える

30代 おすすめ ファンデーション ランキング

ベースメイクの仕上がりが整っていないと、チークがムラになりやすくなってしまいます。ベースメイクはムラなくキレイに仕上げておきましょう。

4-2.ツールを上手に使う

チークを上手につけるには、チークブラシやスポンジも大切なポイントです。

できれば付属のものではなく、専用のものを購入することをおすすめします。

■チークブラシを選ぶポイント

チーク 塗り方

・持ち手が長いもの
⇒余計な力が入らないので、チークがムラなく綺麗に塗れます。

・大きくてやわらかい毛質のもの
⇒無駄な力をかけずふわっとつける事ができます。

■スポンジを選ぶポイント

クリームファンデーション ランキング 選び方

・スポンジは肉厚なものを選ぶ
⇒余計な力がかからないので、チークを綺麗にぼかすことができます。

5.チークの持ちを良くする方法

アラサー 化粧水 30代 ランキング おすすめ 保湿 人気 プチプラ

日頃、チークが落ちやすい方やメイク直しをする時間がない方には、パウダーチークと液体チークのW使いをおすすめします。

■塗り方

1.ベースメイクを仕上げた後、パウダーを使う前に液体チークを薄めに塗ります。
(パウダーファンデーションの場合は下地の後、ファンデーションの前になります。)
2.通常通りのメイクを行い、最後にパウダーチークを重ねます。

これによって液体チークとパウダーチークの密着度がよくなり、チークが落ちにくくなることが期待できます。

6.チークの選び方

チーク 塗り方

チークを選ぶうえで重要なポイントのひとつが、自分の肌に合う色を選ぶことです。
チークには様々な種類があり、質感や色によって印象や仕上がりが変わります。購入する前にタッチアップをして、「色が似合うか」「質感が好みか」確認することをおすすめします。

7.まとめ

学校メイク 淡い色

チークは塗り方や入れ方のポイントを理解するだけで、様々な雰囲気を演出することができます。

チークの上手な塗り方をマスターしてメイクの幅を広げていきましょう!

この記事は2017年4月11日時点での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。