メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社生活総合サービス

コラーゲンとは一体どんなもの!?気になるコラーゲンの知識

コラーゲン 効果「コラーゲンを日常的に取り入れることがよいと言われているけれど、結局、コラーゲンってどういうものなんだろう・・・」
「コラーゲンをもっと効率的に毎日取り入れたいけれど、どんな方法がある?」
など、コラーゲンに対して疑問に感じていることはありませんか?

「コラーゲン」の存在は知っていても、実際にそれがどのようなものかというところまで、きちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。

今回は、肌らぶ編集部から、コラーゲンとは何かというところからコラーゲン摂取に関する疑問、よりその魅力を実感するための方法まで、ご紹介していきたいと思います。

佐賀県産はがくれすっぽんのコラーゲンサプリ『すっぽん小町』はコチラ>>>


astalift
astalift

1.コラーゲンとは

洗顔石鹸 おすすめ3まずは、コラーゲンの特徴、ゼラチンやコラーゲンペプチドとの違い、さらに体内におけるコラーゲンの働きをご紹介します。

1-1.コラーゲンの特徴

コラーゲンとは、皮膚などを構成するタンパク質の一種です。タンパク質の中でも弾力性があり、細胞と細胞を結ぶ働きを持っていると言われます。

人間の体内のタンパク質のうち約30%はコラーゲンが占めており、人間の身体を作るうえでは欠かせない成分だと考えられます。

コラーゲンはセラチンやにかわの原料として、さらに動物や魚の皮や骨にも含まれており、古くから食材としても身近なものです。コラーゲンが多く含まれる代表的な食べ物には、鶏の手羽先や、モツ、レバー、フカヒレ、すっぽんなどがあります。

1-2.コラーゲン・ゼラチン・コラーゲンペプチドの違い

コラーゲンはそのままでは水に溶けづらく、消化吸収に時間を要するため、一般的に健康食品へは消化吸収しやすくなるよう加工がされて配合されているようです。

コラーゲンを消化吸収しやすくするため、水を加えて加熱し、抽出・精製したものが「ゼラチン」です。

ゼラチンを酵素分解し、分子量を小さくして、さらに消化吸収しやすい形にしたものが「コラーゲンペプチド」と呼ばれるものです。

コラーゲンペプチドは水に溶けやすく、冷却しても固まりにくいとされることから、健康食品によく使用されるようです。

一般的にサプリやドリンクなどに書かれている「コラーゲン」は、この「コラーゲンペプチド」を指していることが多いと言われます。

1-3.体内におけるコラーゲン

体内のコラーゲン量は、20歳前後をピークに徐々に減少していく傾向にあると言われます。

また、量だけでなく質も年齢とともに低下するとされ、硬くなったコラーゲンが正常に分解されないことで、変形・変質したコラーゲンが増えてしまうと言われています。

コラーゲンの量・質ともに徐々に低下していくことで、年齢とともに肌のハリがなくなったり、関節や骨などの身体の悩みが増える傾向にあると考えられます。

2.コラーゲン摂取は意味があるのか無いのか

髪の毛 チリチリ前章までに、コラーゲンが人の身体にとって大切な役割を担っていることをお伝えしました。
この章では、コラーゲンを口から摂取することの意味について、考えていきたいと思います。

コラーゲンに関して、多くのメディアで語られている「コラーゲンは口からの摂取では意味がない」という意見が気になっている方も多いでしょう。

コラーゲンは口から摂取しても、分解されてアミノ酸として吸収されると言われているため、コラーゲンとしての働きが期待できないと一説には言われています。

コラーゲンの口からの摂取についてはさまざまな説があり、現段階で十分にその魅力が証明されているとは言いがたいでしょう。

ただ、コラーゲンはすこやかさを保つために必要である、ということは確かなのではないでしょうか。

化粧品、食べ物や飲み物でも、自分に合った方法でコラーゲンを取り入れることがおすすめです。

日頃からコラーゲンが摂取できるよう食材に気をつかったり、「最近コラーゲンがきちんと摂れていないな」というときの栄養補給としてサプリメントやコラーゲンドリンクなどで補うとよいでしょう。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、食生活の不足を補う食品として、目安量を参考にし、摂りすぎに気をつけましょう。

3.コラーゲンのおすすめの摂取方法

オールインワンゲル ランキングこちらでは、コラーゲンの魅力をより実感するための摂取方法を3つご紹介します。

①ビタミンCを一緒に摂取する

コラーゲンを摂取するときは、ビタミンCを一緒に摂ることをおすすめします。コラーゲンを構成するアミノ酸の生成にはビタミンCのサポートが必要だとされるため、不足しないように心掛けることが大切だと言われています。

ビタミンCが多く含まれた食材

レモン

キウイ
いちご
赤パプリカ
ブロッコリー
ほうれん草

②継続して摂取する

コラーゲンは、毎日継続して摂取することが大切だと言われています。無理なく継続的に摂取できるよう、自分の生活スタイルに合った方法やタイミングで摂り入れることをおすすめします。

コラーゲンを摂取する方法は、食材、サプリメント、ドリンク、ゼリーなどさまざまあります。どの方法が1 番効率的かということに関しては、コラーゲン含有量や価格、手軽さなど、方法によって異なり、どれが合っているかは、人によって異なります。

迷った場合は、まずはどれなら自分でも続けられそうか?という点を1番に考えてみてはいかがでしょうか。

③脂っぽい食事・糖分は摂り過ぎない

コラーゲンを摂取するときだけに限ったことではありませんが、脂っぽい食事や糖分の摂り過ぎには十分に注意しましょう。

脂っぽい食事の摂り過ぎは、コラーゲンの合成を低下させることがあると言われています。

また、糖分の摂り過ぎは、体内のタンパク質が糖分と結びついて分解されずに体内に蓄積されてしまう可能性があると言われています。

4.コラーゲン摂取と併せて行いたい生活習慣改善

加齢臭 どんな臭い 虹 すっきり健康な身体をサポートするために、コラーゲンの摂取に合わせて意識してほしい3つのことをお伝えします。基本的なことではありますが、コラーゲンの魅力をより実感するために、日々の生活でできるだけ意識していきましょう。

①紫外線対策を行う

コラーゲンの減少を防ぐために、日々の紫外線対策は忘れずに行いましょう。

紫外線を浴びたときに発生すると言われている活性酵素は、増えすぎることでコラーゲンの生成に影響を与えると言われています。

紫外線は、強さの違いはありますが年中降り注いでいるものなので、夏だけでなく、年間を通して日焼け止めを塗るなどして対策を行うとよいでしょう。

②ストレスを定期的に発散する

過剰なストレスは健康・美容共に影響を与える場合があると言われます。

まったくストレスのない生活を送ることは難しいと思いますので、ストレスを溜め込みすぎないようにするために、自分なりのストレス発散方法を見つけ、定期的に発散しましょう。

ストレス発散の例
・散歩で日光を浴びる
・好きな音楽を聴く
・泣ける映画を見て思いっきり泣く
・好きな人と話をする
・ゆっくりお風呂に入る

③睡眠をしっかりとる

疲れを蓄積しすぎず、すこやかな心と身体を保つためにも、日々の睡眠を大切にしましょう。

時間を確保することが難しい場合は、できるだけ質の良い睡眠をとるように心掛けることが大切です。

寝る直前のスマートフォンを控えたり、パジャマの素材にこだわるなど、寝る環境を整えることから始めてみてはいかがでしょうか。

5.コラーゲンとは一体どんなもの!?気になるコラーゲンの知識 まとめ

気になるコラーゲンについて、ご紹介してきました。

周囲に魅力的な印象を与えるすこやかな身体は、毎日の積み重ねがとても大切です。

コラーゲンをサポートアイテムとして摂りいれる際は、ぜひ自分自身のライフスタイルに合った摂取方法で、無理なく続けてみてください。

この記事は2017年2月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

佐賀県産はがくれすっぽんのコラーゲンサプリ『すっぽん小町』はコチラ>>>


すっぽん小町
毎日輝いていたい女性に着目してつくられた「すっぽん小町」は、佐賀県産のはがくれすっぽんを使ったサプリメントです。

30日間返品保証付き、送料無料で、いつでもお届け日の変更やお休みができるのが嬉しいですね。
通常価格2,800円(税抜)のところ、定期コースは2,380円(税抜)とお得に購入できます。

さらに今なら、定期コース申込み限定で、すっぽんエキス配合のオールインワンゲル「ミニSPプレミアムコラーゲンゲル」がプレゼントで付いてきます!(2017年1月現在)
>>すっぽん小町公式HPはこちら


Pocket
LINEで送る