メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社ディセンシア

肌のくすみが気になる!?くすみの原因と肌らぶセレクト美容液3選

くすみ 美容液
以前よりもワントーン暗い肌を鏡で見て「最近、肌のくすみが気になる・・・。原因は何だろう。くすみに良い美容液ってどんなものがあるの?」

と疑問に感じたことはありませんか?

肌の悩みを語る時、シミやシワと並んで、よく議題にあがる「肌のくすみ」。

今回は、肌がくすんでしまう本当の原因とくすみ対策の一つとして取り入れていただきたい美容液をご紹介します。
くすみ対策をしっかりと行いたい方、必見です!

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.くすみの原因

「くすみ」とは、一般的に肌がごわついてツヤ感がなく、肌色が暗く見えやすい状態の肌を指します。

ここで「くすみ」の主な原因を3つご紹介いたします。

①乾燥によるもの

乾燥
肌は、乾燥をして潤いが不足してしまうと、肌表面のキメが乱れやすくなります。さらに古い角質も溜まりやすくなることで、肌表面に凹凸が生じ、肌にみずみずしさや透明感がない印象を与えやすくなってしまうのです。

乾燥による「くすみ」は、「保湿」を行うことで対策することが可能なので、肌にたっぷりの潤いを与える保湿化粧品でのお手入れがおすすめです。

②メラニン色素によるもの

2シミ
メラニン色素によっても、肌は「くすみ」を生じやすくなります。

メラニン色素は、紫外線を浴びることや、肌に過度な摩擦(強く叩く、こする等のお手入れ)を加えてしまうことで、発生してしまうといわれています。

メラニン色素が過度に発生し、肌に蓄積されてしまうと、色素が沈着して肌が茶色っぽくくすみやすくなってしまうのです。

メラニン色素が原因の「くすみ」は、日ごろの日焼け対策と丁寧なお手入れがポイントです。メラニン色素を溜めにくくするという意味では、美白(※)化粧品での対策もおすすめです。(※美白とは、メラニンの生成を抑え日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを指します)

③生活習慣によるもの

生あくび
肌の「くすみ」は、日頃の生活習慣によっても現れやすくなります。

たとえば、睡眠不足や身体の冷え、喫煙によって血行が悪くなってしまうと、肌はくすみやすくなってしまうといわれています。

2.肌のくすみ対策!肌らぶセレクト美容液3選

ここでは、肌のくすみ対策をしたい方にご覧いただきたい、肌らぶ編集部が選んだ美容液を3つご紹介します。

今回は、肌に潤いを与えることのできる「保湿」と、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ「美白(※)」の両方が備わっている医薬部外品の中から選びました。
(※美白とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを指します)

①サエル ホワイトニングエッセンス クリアリスト【医薬部外品】

サエル ホワイトニングエッセンスクリアリスト
値段:6,500円(税抜)
内容量:30mL  約45日分
企業:ディセンシア

「サエル」は、ポーラ・オルビスグループの乾燥しやすい肌、デリケートになりやすい肌向けのスキンケアブランド「ディセンシア」からつくられた、保湿と美白(※)に着目した医薬部外品の薬用美白(※)シリーズです。

その中でも特にシミ・くすみが気になる方におすすめなのが、この薬用美白(※)美容液です。

肌をなめらかにする保湿成分「ヒト型ナノセラミド」が肌に浸透(角層まで)し、潤いを与えてキメを整えます。

また、「アルブチン」等の美白(※)成分も配合し、メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。

テクスチャーは軽く、肌なじみも良いので、乾燥しやすい方はもちろん、べたつきが気になる夏場のお手入れにもおすすめです。

現在、化粧水、クリーム、美容液が入った10日間分のトライアルセットが初回限定1,371円(税抜、送料無料)でお試しできますので、初めての方は、トライアルセットから試すことをおすすめします。

(※2016年7月現在の情報です)
(※美白とは、メラニンの生成を抑え日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを指します)

>>ディセンシア公式HPはこちら

②POLA(ポーラ)ホワイトショットCX 【医薬部外品】

ホワイトショット
値段:15,000円(税抜)
内容量:25ml/約45日分
企業:株式会社POLA

美白成分(※)「ビタミンC誘導体」と「ルシノール」が配合された薬用美白(※)美容液です。
(※美白とは、メラニンの生成を抑え日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを指します)

その他にも、保湿成分「ヨモギエキス」「大豆リン脂質」などを配合。
さらりとしたテクスチャーで、肌に溶け込むよう、すーっとなじみ、角層のすみずみまで浸透します。

>>POLA公式HPはこちら

③アスタリフト ホワイト エッセンスインフィルト【医薬部外品】

エッセンスデスティニー
値段:7,000円(税抜)
内容量:30ml/約45日分
企業:富士フイルム株式会社

特徴:肌に潤いを与える美白(※)美容液です。
美白(※)成分「ビタミンC誘導体」に加え、保湿成分「コラーゲン」や「酵母エキス」、「アスタキサンチン」を配合。
(※美白とは、メラニンの生成を抑え日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを指します)

肌にたっぷりの潤いを与えながら、日焼けによるシミ、そばかすを防ぎます。テクスチャーはさらりとしているので、肌がべたつきやすい方にもおすすめです。

>>ASTALIFT(アスタリフト)公式HPはこちら

3.くすみ対策の美容液を選ぶポイント

3-1.肌が潤うものを選ぶ

保湿 化粧水
くすみ対策として、おすすめなのが、「保湿成分」が配合された美容液を選ぶことです。
肌に潤いを与えることで、キメが整い、ツヤも出やすくなります。

保湿成分は、メーカー独自に開発されたものから植物エキスまでさまざまなものがあります。
ぜひ、下記の成分なども参考に選んでみてください。

さらに、美白(※)成分が配合された美容液を使用することも、くすみ予防として期待ができるのでおすすめです。

◆保湿成分の一例

セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・リン脂質など

◆美白(※)成分の一例

ビタミンC誘導体・トラネキサム酸・コウジ酸・エラグ酸・アルブチンなど
(※美白とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを指します)

3-2.使い続けられる価格のものを選ぶ

貯金のコツ(クララ)
くすみ対策の美容液は、できるだけ使い続けられる価格のものを選びましょう。
美容液は使い続けることがとても大切です。
自分の肌に合った美容液を購入しても「もったいないから…。」と、適量より少ない量を使い続けると美容液本来の魅力を実感しにくくなってしまいます。
また、「高価な美容液=肌に合う」とも限りません。

購入する前に予算を決めて、無理せず使い続けられるものを選ぶことが大切です。

4.日常でも意識しよう!くすみ予防について

肌のくすみは、できる前の予防をすることも大切です。
ここでは、くすみを予防するために、日常生活で意識すべきことを3つご紹介します。

4-1.日焼け対策を行う

紫外線の年間の量
肌のくすみを予防するためにも、紫外線の浴びすぎは禁物です。

紫外線は、肌の乾燥やメラニン色素によるくすみを招く可能性があるので、日焼け止めや日傘などのアイテムを活用し、年間を通して日焼け対策を行うようにしましょう。

4-2.スキンケアは優しく丁寧に行う

肌断食
肌に負担を与えないためにも、自宅でスキンケアを行う際は優しい力で丁寧に行うことが大切です。

クレンジングや洗顔の際は、ゴシゴシと強くこすったりせず、オイルやミルク、洗顔料の泡などをクッション代わりにして、肌のうえを優しくなでるような力で洗うようにしましょう。

4-3.冷え対策をする

身体を温める
女性は男性と比べて一般的に筋肉量が少ないため、血行も悪くなりやすく、冷えやすいといわれています。

日常の中でも、冷たいものの飲み過ぎや食べ過ぎを避け、常温もしくはあたたかい飲み物を飲むようにしたり、入浴はシャワーで済ませず湯船に浸かったりするなど、身体を温めるよう心がけましょう。

5.まとめ

くすみの原因はさまざまですが、美容液は「保湿」と「美白(※)」に着目されたものを選ぶことがポイントです。

肌に潤いとツヤを与える美容液を使用したうえで、普段のお手入れや生活習慣も見直して、くすみにくい健康的な肌を目指しましょう!
(※美白とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを指します)

※この記事は2016年7月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る