2018年11月8日 更新

一重まぶた必見!アイラインの上手な引き方&選び方&おすすめアイテム10選

一重 アイライン

「一重まぶただけど、アイラインを引いて目元をパッチリみせたい!」「一重まぶたにおすすめのアイラインの引き方やアイライナーの選び方ってあるのかな?」と思っていませんか?

一重まぶたのアイラインは引き方が難しいように感じますが、ポイントを押さえるだけで簡単かつ綺麗に仕上げることができます!

そこで今回は、一重まぶたの方必見!肌らぶ編集部おすすめのアイラインの引き方&選び方、そしておすすめのアイラインなどをご紹介します!


1.一重まぶたにはリキッドアイライナーがおすすめ

一重 アイライン一重まぶたの方がアイラインで魅力的な目元を作るには、「リキッドアイライナー」の使用がおすすめです。

まずは、一重まぶたの方にリキッドアイライナーがおすすめである理由をご説明すると共に、リキッドアイライナーを含め、アイライナーの主な種類をご紹介します。

1-1.一重まぶたにリキッドアイライナーがおすすめである理由

一重 アイラインリキッドアイライナーとは、名前のとおりリキッド(液体)状のアイライナーのことで、一般的に筆ペンのような形状をしています。
リキッドアイライナーの特徴は、乾くと色落ちしにくい点にあります。

一重の方は比較的まぶたに厚みがある場合が多いため、アイラインがにじんだりパンダ目のように下まぶたに色移りしたりしてしまうことが少なくありません。

そのため、乾くと色落ちしにくいという特徴を持つリキッドアイライナーの使用がおすすめなのです。

一言にリキッドアイライナーといっても色々な種類がありますが、肌らぶ編集部では一重の方へ、以下のような特徴をもったリキッドアイライナーを選ぶことをおすすめします。

【一重の方におすすめのリキッドアイライナーの特徴】
・素早く乾く(速乾性)
・にじみにくい
・落ちにくい

1-2.アイライナーの主な種類

一重 アイラインアイライナーは一般的に、3つの種類に分けられます。

3種類のアイライナーにはそれぞれ、異なる魅力や特徴があります。
アイライナーの種類ごとの魅力や特徴を理解することは、アイライナーを使いこなす上でとても大切なことです。

一重まぶたの方には【リキッドアイライナー】がおすすめであることはご紹介済みですが、リキッドアイライナーとその他のアイライナーとの違いを確認することで、「リキッドアイライナーが何故、一重まぶたの方におすすめなのか」をよりはっきりと理解することができますよ。

①ペンシルタイプのアイライナー

一重 アイラインペンシルタイプのアイライナーは一般的に、鉛筆のように削って使うものと繰り出し式のものの2種類があります。
鉛筆タイプの場合、芯が柔らかいのでぼかしやすく、削り方によって芯の太さを自分好みに調整しやすい点が、扱いやすさに繋がっています。

発色が穏やかなので、失敗した時にぼかして修正しやすいですが、裏を返せば皮脂や汗、こすれなどによりにじみやすいといえるでしょう。

②リキッドタイプのアイライナー

一重 アイラインリキッドタイプのアイライナーは、先端が筆ペンのような形状になっており、太さはメーカーによりさまざまに異なります。
筆の当て具合や力の入れ加減により、太いラインも細いラインも自由自在に引きやすいので、アイライナー初心者の方でも使いやすいでしょう。

ツヤやかな質感で発色がよく、一度肌に定着すると落ちにくいというメリットがありますが、その分ぼかしたり馴染ませたりというメイク方法には不向きといえるでしょう。

③ジェルタイプのアイライナー

一重 アイラインジェルタイプのアイライナーには、ペンシル式やジェルアイライナーブラシを使うポット式のものがあります。
アイラインの濃淡の調節がしやすく、細く・狭くアイラインを引くことができるので、初心者でも失敗しにくいという点が魅力です。

一般的に見たままの色を再現できるアイテムが多いので、しっかり発色させたアイラインや、部分的に濃くしたアイラインを引きたいときにおすすめですが、しっかりとしたラインを引きたい場合、乾くまでに時間がかかることがあります。

2.一重まぶたにおすすめ!アイラインの引き方

一重 アイラインアイラインの魅力は、瞳に近いまつ毛の根元を黒く埋めることで瞳の大きさを増して見せ、くっきりとした目元を演出できることです。
また、まつ毛の根元を黒く埋めることで、フェミニンで魅惑的な印象をつくりやすくなるともいわれています。まつ毛の密度を濃くみせ、目元の存在感やボリュームを演出するためにもアイラインは大切です。

一重まぶたの方のに中には、アイラインをひくと「にじむ」「うもれる」「かくれる」というお悩みを持っている方も多いはず。一重まぶたの方におすすめのアイラインの引き方をマスターしましょう!

2-1.【基本】一重アイラインの引き方

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめする、一重まぶたの魅力を引き出すアイラインの引き方についてご紹介します。

■用意するもの

・アイライナー
・綿棒

■アイラインを引く部分

一重 アイライン

<一重アイラインの引き方>

①アイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋める

一重 アイラインまぶたを軽く押さえるように上に引っ張り、アイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋めることを意識しながら、【目尻⇒中央】【目頭⇒中央】へ向かってアイラインを引いていきます。
アイラインは一気に引かずに少しずつ動かすのがポイントです。
はみ出したら、綿棒で丁寧にふき取りましょう。

②①で引いたラインのゆがみを整える

一重 アイライン【黒目⇒目尻】【目頭⇒黒目】の順に、まつ毛のふちをなぞるようにラインを引いて、①で引いたラインをまっすぐに整えます。

◆一重まぶたメイクのポイント◆
一重まぶたの方が目尻にアイラインを引く際は、目尻の延長線上をやや長め(目尻から5mm~7㎜)に引くと魅力的な目元を演出しやすくなります。
③綿棒でラインを軽くなぞる

一重 アイラインアイラインが完全に乾ききる前に、綿棒でラインを軽くなぞります。
こうすることでアイラインが肌に密着しやすくなり、アイライナーの「にじみ」が予防されます。

④微調整しながらラインを太くしていく

一重 アイライン微調整しながらアイラインを重ねて太くしていきます。アイラインがにじまないように、乾かしながら行いましょう。

◆一重まぶたメイクのポイント◆
一重まぶたの場合、アイラインが細すぎてしまうとまぶたに埋もれてしまいがちです。目を開けたときのアイラインを確認しながら微調整し、アイラインを太くしていきましょう。
太いアイラインに抵抗がある方はブラウン系の柔らかい色を使ってみてください。一重まぶたのラインの太さは、目を開けた時にアイラインが見えるくらいが目安です。

2-2.【応用】一重まぶたさんが目元を大きく見せるポイント

一重 アイライン一重まぶたさんが目元をより大きく見せたい場合は、下まぶたの目尻3分の1程度の部分にブラウン系のアイライナーかアイシャドウを入れましょう。

自然と目元全体を強調し、大きく見せることができます。やわらかい印象をつくりやすいのでブラウン系カラーを使用するのがおすすめです。上まぶたのアイラインから自然に繋げるように入れましょう。

3.一重アイラインのパンダ目を防ぐ対策ポイント!

一重 アイライン

アイラインがにじんで目周りが黒くなってしまう「パンダ目」はお化粧直しも大変です。

特に一重まぶたさんの場合はアイラインがにじみやすく、パンダ目になりやすいといわれています。
パンダ目にならない【対策ポイント】を、2つご紹介するので、一重まぶたさんはぜひ実践してみてください!

①アイメイクの前は、目元をサラサラな状態にする

一重 アイライン一重まぶたさんのアイライナーがにじんでしまう主な原因は、まばたきをした時にアイライナーの成分が目元の油分(乳液や下地などの油分)と混ざり合うためだといわれています。

メイク前には目元の油分をティッシュなどで軽くオフし、フェイスパウダーをのせるなどしてサラサラな状態に整えておきましょう。

②アイライナーを引いた後にもう一度アイシャドウを重ねる

一重 アイラインアイメイクの順番は①アイシャドウ②アイライナーですが、アイラインを引いた後、一重まぶたさんはもう一度アイラインの上に軽くアイシャドウをのせましょう。

アイラインの密着度が高くなるのでアイラインが落ちにくくなるといわれています。

4.一重まぶたにおすすめのリキッドアイライナー

一重 アイラインこの章では、一重まぶたの方に肌らぶ編集部がおすすめするリキッドアイライナーをご紹介します。

今回は、1章でご紹介したように「素早く乾く」「にじみにくい」「落ちにくい」リキッドアイライナーを集めました。
リキッドアイライナーを選ぶ参考にしてみてくださいね。

レブロン カラーステイ リキッド ライナー

プチプラ アイライナーレブロン カラーステイ リキッド ライナー価格:1,200円(税抜)
濃密な黒で目元を彩る、ウォータープルーフのリキッド アイライナーです。お湯でオフできるタイプ。 耐水性インクを採用した独自のポリマー処方は乾きが早く、つややかな質感が持続。 適度なコシと柔軟性のあるフロックチップ製で、ひと塗りで美しくなめらかなラインを描くことができるので一重まぶたさんにおすすめです。


ヒロインメイクスムースリキッドアイライナー スーパーキープ

プチプラ アイライナーヒロインメイクスムースリキッドアイライナー スーパーキープ価格:1,200円(税抜)
ウォータープルーフで汗や水に強いリキッドアイライナーです。落とすときは簡単にお湯でオフが可能。細いラインも引きやすい0.1㎜の極細筆で、目じりの跳ね上げも思いのまま。まつ毛の間を埋めることも簡単です。高い耐水性で、涙・汗・皮脂に強く、美しいラインを長時間キープしてくれます。


メイベリン ハイパーシャープライナー

プチプラ アイライナー メイベリン価格:1,200円(税抜)
先端0.01㎜という極細筆ながら、手ブレしにくい安定感のある筆が特徴的なリキッドアイライナーです。深みのある色合いながら、やや透け感があるのでやりすぎ感のないナチュラルなラインを描くことができます。ウォータープルーフタイプなので、狙ったラインを夕方までしっかりとキープ。お湯でオフが可能です。


レアナニ ウォータープルーフ リキッド アイライナー

ウォータープルーフ アイライナー レアナニ アイライナー価格:1,300円(税抜)
毛先0.1mmの細さながら、なめらかな描きやすさを持つリキッドアイライナーです。速乾性に優れ、簡単に重ね描きすることができるので、一重まぶたさんのメイク直しにも便利です。まぶたの間の細かな部分への書き足しも簡単。耐水性ポリマー配合で、一日中にじまずメイクしたての漆黒ラインが続きます。


DHC リキッドアイライナーEX

ウォータープルーフ アイライナー DHC リキッドアイライナーEX価格:1,143円(税抜)
汗・水・皮脂に強く、こすれても崩れにくい、ウォータープルーフのリキッドアイライナーです。コシのある極細筆は描きやすく、ぶれにくいため思い通りのラインを描くことができます。速乾性で色移りしにくいため、時間のない朝でも快適に使用可能。メイクしたてのくっきり濃密なラインが長持ちします。


フローフシ モテライナーリキッド

プチプラアイライナ ⑥フローフシ モテライナーリキッド価格:1,500円(税抜)
八角形のボトルで、おしゃれかつ手に馴染みやすく描きやすい、リキッドアイライナーです。リキッドアイライナーに不慣れな方でも思い通りのラインを簡単に描くことができる、やわらかくコシのある筆。描いた美しいラインがいつまでも持続する、耐水性のある高密度ハイブリッドポリマーです。


K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP価格:1,200円(税抜)
落ちにくく高発色の漆黒ラインを描くことができる、ウォータープルーフタイプのリキッドアイライナーです。初心者でもラインを引きやすい、なめらか筆が特徴です。保湿成分ヒアルロン酸、センブリエキスなどを配合。漆黒ラインの仕上がりだけでなく、肌やまつ毛のケアにもこだわったアイライナーです。


ミュゼルノクターナルアイライナーリキッド

tttttttt価格:3,000円(税抜)
グリップが安定していて扱いやすく、書きやすい点が特徴的なリキッドアイライナーです。力の強弱で太いラインと細いラインを簡単に描き分けられる、「筆先」のコシも魅力の1つ。保湿成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「リピジュア」などを配合。皮脂、汗に強いウォータープルーフタイプです。

5.まとめ

一重 アイライン

一重まぶたのアイラインは「引き方」のポイントを押さえるだけで、簡単で、綺麗に仕上げることができます!

アイラインを敬遠せずに、一重まぶたならではの美しさを引き出すアイラインにぜひチャレンジしてみてくださいね。
自分に合ったアイラインの引き方をマスターし、魅力的な目元をつくりましょう。