メニューを開く
提供:株式会社ジョイフルライフ

【酵素を味方に!】食生活でダイエットサポート&酵素サプリレビュー

酵素 ダイエット 口コミ2
「酵素がダイエットのサポートにいいって口コミを見たけど本当かな?」「そもそも酵素ってどんなもの?」「酵素サプリを実際に試した人のレビューが知りたい!」と、お考えではないでしょうか。

数年前から話題の「酵素」ですが、特にダイエット中の食生活のサポートとして注目を集めているようです。

そこで今回は、酵素がなぜダイエットサポートにおすすめなのか、酵素のサプリメントを実際に試してみた感想などを、レビューとしてご紹介します。

ダイエット中の食生活サポートとして「酵素を試してみたい!」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください!

※ダイエットには、バランスのとれた食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。


1. 酵素について~ダイエットとの関係~

そもそも「酵素」にはどのような特徴や役割があるのか、ダイエットサポートに良いと言われている理由などについて、ここで簡単におさらいしていきましょう。

1-1. 酵素がダイエットサポートにおすすめの理由

痩せたらモテる①なぜダイエット中の食生活のサポートに酵素がおすすめなのでしょうか。
それは、人間の体と酵素が大きく関係しているからです。

もともと人間の体には、大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類の酵素が存在しているといわれています。どちらも人間の体の健康に大事なものです。

しかし、酵素は加齢、生活習慣、ストレスなど、さまざまな原因で減ってしまうと言われています。
体内の酵素が減少すると、代謝がわるくなることがあります。

そのため、食品から摂取できる「食物酵素」を積極的に摂ることが健康サポートによいといわれています。

1-2. 一日に必要とされる酵素の量

野菜食物酵素は、生の野菜、果物などから摂ることができます。

しかしながら、酵素の量そのものの摂取目安量は実ははっきりしないのです。

そこで今回は、健康のために、1日に摂ったほうがよいとされている野菜の量および果物の量を目安としてご紹介します。

①1日に摂りたい野菜の量

野菜は、1日に350g が目標と言われています。

これを仮に生野菜で摂るとすると、350g分の野菜とは以下のようなものになります。

【野菜350gの例】
トマト 約3.5個 (中1個100gとして)
セロリ 約3.5本 (1本100gとして)
大根 約0.4本 (1本800gとして)
ねぎ 約2.3本 (中1本150gとして)
レタス 約0.8個 (中1個450gとして)

さまざまな調理法であればできない量ではないですが、これを“生”で摂るというのは、なかなかたいへんですよね。

②1日に摂りたい果物の量

果物は、1日に200g が目標と言われています。

【果物200gの例】
みかん 約2個 (1個100gとして)
もも 約2個 (1個100gとして)
バナナ 約2本 (1本100gとして)
さくらんぼ 約33粒 (1粒6gとして)

できなくはないですが、かなり意識的に摂らないと毎日は続けにくい量ではないでしょうか?

この量の生野菜と果物を毎日欠かさず摂ろうとすると、時間や手間、費用などが負担となることもあるかもしれません。

不足気味だな、食生活が偏りがちだなと感じる方は、サプリメントやドリンクなどで酵素を補う方法も、時には活用することをおすすめします。
ライフスタイルに合わせて活用し、体に必要な成分を上手に補いましょう。

2. ダイエットサポートに!酵素サプリ レビュー

酵素 ダイエット 口コミ2先にお伝えしたとおり、酵素不足を防ぐことは、ダイエット中の食生活において大切なポイントの一つです。

とはいえ、何かと忙しかったり外食が増えたりして、なかなか通常の食事から十分な量の酵素を摂るのは難しいですよね。
通常の食生活で酵素が不足しがちな方は、サプリを活用して補うこともひとつの手段です。

今回は、ダイエット中の体内環境を一緒にサポートできそうな、「乳酸菌」もあわせて配合されている酵素サプリメントをご紹介します。

商品特長とあわせて、実際に試した感想もレビューとしてご紹介します!
自分に合った酵素サプリ・ドリンクを選ぶ際の参考にしてみてください♪

酵素サプリメント レビュー

今回レビューする酵素サプリはこちら!

【酵素サプリ・ここがポイント】

体内酵素の中の「消化酵素」に着想を得てつくられたという酵素サプリメントです。

植物性発酵素材、野草発酵エキス末、乳酸菌を配合しています。

①植物性発酵素材
小麦ふすま(小麦ブラン)をベースにアミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼ、ラクターゼ、セルラーゼの5つの消化酵素を含んでいます。
②野草発酵エキス末
ヨモギや高麗人参、レイシなど、複数の素材から抽出した野草発酵エキスです。
③乳酸菌
1粒に500億個(ヨーグルト5個分*)の乳酸菌(EC-12)が含まれており、体内環境をサポートしてくれます。*1個あたり100億個として算出 (株式会社ジョイフルライフ調べ)

「消化酵素」を含む酵素類を摂取することで、ダイエット中の食事制限などによって不足しがちな酵素を補うことができます。

また、酵素成分だけでなく、乳酸菌もプラスしているのが特徴です。

「すっきりしない毎日をどうにかしたい!」という方におすすめのサプリです。

⇒スルスルこうそ公式HPはこちら

【酵素サプリ・レビューレポート】

オリジナルキャラクターの、なんともいえない表情がかわいい酵素サプリメントです!
スルスルこうそ
右にあるのは、一緒についてきた手のひらサイズのパンフレットです。
商品説明や酵素についての豆知識が丁寧に記載されています。

パウチタイプのパッケージなので、持ち運びにも便利です。
スルスルこうそ
袋から出してみると、カプセルが思っていたよりも小ぶりだな、と思いました。

しかし、カプセルの中をよく見てみると、細かいパウダーがギッシリ詰まっています!

1日の目安量は2粒~12粒ということなので、今回はまず2粒を飲んでみました。
自分の体調などによって量を調節できるのも魅力的ですね!

パッケージを開けると酵素の発酵したにおいがしますが、飲むときは気にならない程度です。

また、サイト内には炭水化物と酵素の動画が載っているのですが、インパクトがあり思わず見入ってしまいます!
炭水化物に不思議な変化がある動画なのですが、まずは一袋飲み続けてみようと思えました。

今までいろいろなサプリメントを試してきた方にはもちろん、初心者の方でも飲みやすいかと思います。

(個人の感想です)

⇒スルスルこうそ 気になる動画はこちら

【酵素サプリ・レビューまとめ】

スルスルこうそ
管理栄養士の方が開発にかかわったサプリメントである点や、酵素だけでなく乳酸菌も配合されている点などに、メーカーのこだわりを感じました。

パッケージもかわいらしくかさばらないので、持ち運びにも便利です。
小ぶりでにおいも少しする程度なので、気軽に取り入れられる酵素サプリメントだと思います。

いつでも好きなときに簡単に飲むことができるので、食事からは不足しがちな酵素を手軽に補いたい方におすすめです!

(個人の感想です)

⇒スルスルこうそ公式HPはこちら

3. 酵素をダイエットサポートに取り入れるときのポイント

ここでは、ダイエット中のサポートとして酵素を取り入れるときに意識しておきたい、3つのポイントをお伝えします。

3-1. 健康的な生活習慣を意識する

サントリー 健康食品いくら酵素を摂っても、まず基本となるのはご自身の生活習慣です。

酵素はあくまでもダイエット「サポート」をしてくれるものであり、理想のボディに近づくためには全身の健康が第一だということを忘れないようにしましょう。

食生活は主食・主菜・副菜を基本に、バランスを大切にしてください。
和食中心のメニューにするのもおすすめです。

ダイエットにおいて重要な運動も、いきなりがんばりすぎるのではなく、自分の身体と相談しながら行いましょう!

酵素を取り入れることが、毎日の生活習慣を見直すきっかけになると良いですね。

3-2. 酵素はなるべく継続して摂取する

カレンダー酵素は、ダイエットを始めたらなるべく継続して意識的に摂ることをおすすめします。

せっかく摂りはじめても実感を得られないまますぐに中止してしまっては、時間もお金も無駄になりかねません。

毎日の食生活で不足する分を酵素サプリメントで上手に補いつつ、継続することを心がけましょう。

3-3. 商品に記載の目安量を守る

洗顔 フォーム ニキビサプリメントやドリンクを活用して酵素を取り入れるときは、商品に記載の目安量を守りましょう。
たくさん飲んだからといって、はたらきが強まったり、より痩せやすくなるというものではありません。

商品ごとに定められた量の範囲をまもり、体調や食生活に合わせて酵素を補いましょう。

4. まとめ

酵素 ダイエット 口コミ酵素がダイエットサポートにおすすめできる理由や、肌らぶ編集部員が実際に酵素サプリを試してみた結果をレビューとしてご紹介してきました。

酵素はダイエット中の身体に必要な栄養を補うためにとてもおすすめの成分です。
しかし、あくまで「サポート」する役割であることを忘れないようにしましょう。

美しい身体は、健康的な生活習慣や食生活があってこそです。
普段の生活に酵素を取り入れることで、基本を見直すきっかけにできたらいいですね。

酵素を上手に活用しながら適切な食生活を送り、適度な運動をして、理想のボディラインを目指しましょう!今回のレビューもぜひ参考にしてみてくださいね。

※ダイエットには、バランスのとれた食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。
この記事は2017年3月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る