メニューを開く
アスタリフト;

美を追求する女性のための女性ホルモンの増やし方|頑張り過ぎは逆効果!?

女性  笑顔

女性ホルモンを増やす方法ってあるのかな?とお探しではありませんか?

いつまでもキレイでいたいというのは、女性の永遠のテーマでもありますよね。その上で話にあがるのが「女性ホルモン」です。

外見、中身共に、“美しさ=女性ホルモンの量が関係している”と思っている方が多いのではないでしょうか?実際、この話は正解でもあり、不正解でもあります。

女性ホルモンというのは妊娠・出産だけに関わるものではなく、ハリのある肌や丸みをおびた体型などのいわゆる目に見える“女性らしさ”や、コシのある髪や丈夫な骨などの“健康な身体”作りにも大きく関係しています。

ですが、キレイになりたい・女性らしくなりたいから女性ホルモンを増やそうと無理矢理頑張ることは、時には逆効果にもなるのです。

本日は、いつまでもキレイなままでいたい、もっとキレイになりたいと願う女性のみなさまのための、女性ホルモンの増やし方とその真実をお伝えいたします。正しい知識が1番の近道です。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.女性ホルモンを増やそうと努力する必要はない

そもそも女性ホルモンは、動物が生き延びていく上で必要な「子どもを産む」「健康な身体の維持」という目的で分泌されています。決して“キレイ”のためだけに存在しているホルモンではありません。

女性ホルモンには、「エストロゲン(細胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類のホルモンがあり、どちらも卵巣から分泌されています。

そして、女性がこれらの女性ホルモンを生涯で分泌する量は、たったのティースプーン一杯程度だと言われています。

女性ホルモン 一生

分泌量は30歳前後でピークを迎え、その後は緩やかに減少、40歳を過ぎた頃から大幅に減少していき、50歳になるとほぼ分泌されなくなると言われています。これにより閉経が起きます。

増やそうと努力したところで、この分泌量がティースプーン二杯分に増える、年を重ねても分泌量が減らなくなるなど、そういったことはあり得ません。女性ホルモンを分泌する卵巣の機能の老化には逆らえないからです。

女性ホルモン グラフ

女性ホルモンの量の変化

また、逆に女性ホルモンの量が増えすぎると、身体に支障が出ることがあります。あくまで2つのホルモンのバランスが大事なのです。

つまり、女性ホルモンを考える上で1番大事なのは、増やそうと頑張りすぎることよりも、年齢以上に減りすぎないように最低限のことに気をつけることなのです。ですが、それでも女性ホルモンを増やしたい!という方のために、次で方法をご紹介します。

2.感情で女性ホルモンを増やす方法と真相

女性ホルモンの分泌量を増やすうえで、1番大事なことが感情のコントロールです。

それは、女性ホルモンは卵巣から分泌されていると説明しましたが、その指令を出しているのが脳だからです。ストレスで脳が正常に動いていないと女性ホルモンがきちんと分泌されず、逆に脳が満たされた状態でいると分泌量が増えるのです。正しい解釈で自然にバランスを整えましょう。

① 無理に恋をしようとしない

カップル

女性ホルモンを増やすには恋愛が1番だとよく言われていますが、無理にする必要はないと考えられます。

確かに、好きな人に会った時のドキドキ感やワクワク感で脳が刺激されて「エストロゲン」の分泌が活性化されることは事実ですが、恋をして分泌が活性化されたところで、劇的に量が増えるわけではないからです。もし恋で簡単に量を倍増させるようなことができるのであれば、大恋愛をしている人は何歳になっても子どもが産めることになりますし、ホルモンバランスが乱れて病気を引き起こします。そのような話は聞いたことがないですよね。

「キレイのために恋をしなくちゃいけない」と無理している方がいるのなら、そのストレスのほうが悪影響なのでその考えは捨てましょう。恋をするとキレイになれると言われているのは、「恋」そのものではなく、「感情が満たされている」ことによる現象です。

そもそも恋はしようと思ってできるものではないので、恋に限定して考える必要はないのです。

例えばアイドルや漫画の世界でのキャラクターを見て「かっこいい」と思うことでも良いですし、動物を見て「かわいい」と思うことや、恋愛映画を見てキュンキュンすることでも良いです。とにかく自分の気持ちが盛り上がるかどうかが大事なのです。好きなキャラクターグッズを近くに置いておくだけでも気持ちが満たされて恋愛と同様の効果があると言われています。

② 趣味という言葉に惑わされない

お菓子作り

恋愛同様、趣味も無理に作る必要はありません。

時間を忘れるくらい熱中できる趣味があると、知らず知らずのうちに恋と同じように感情が満たされてエストロゲンが分泌されます。ですが、趣味も恋と同様で、好きという気持ちをコントロールすることは難しいので、簡単に作ろうと思ってできるものではありません。逆に作らなくてはと無理することがストレスになり悪影響です。

本当にやりたいと思っていることであれば、勇気を出して体験教室に行ってみたりすることはとても有効ですが、気乗りしないのであればやらないほうが良いです。お金も時間も無駄になります。

私には人に言えるような趣味がない…と悲観的になる必要はありません。友達とのおしゃべりや、甘いものを食べるなど、「楽しい♪」と思えるかどうかが大事なので、趣味という言葉に惑わされないようにしましょう。

Pocket
LINEで送る