メニューを開く

頑張り過ぎは逆効果!?美を追求する女性のための女性ホルモンの増やし方


Pocket
LINEで送る

女性  笑顔

いつまでもキレイでいたいというのは、女性の永遠のテーマでもありますよね。その上で話にあがるのが「女性ホルモン」です。

外見、中身共に、“美しさ=女性ホルモンの量が関係している”と思っている方が多いのではないでしょうか?実際、この話は正解でもあり、不正解でもあります。
女性ホルモンというのは妊娠・出産だけに関わるものではなく、ハリのある肌や丸みをおびた体型などのいわゆる目に見える“女性らしさ”や、コシのある髪や丈夫な骨などの“健康な身体”作りにも大きく関係しています。

ですが、キレイになりたい・女性らしくなりたいから女性ホルモンを増やそうと無理矢理頑張ることは、時には逆効果にもなるのです。

本日は、いつまでもキレイなままでいたい、もっとキレイになりたいと願う女性のみなさまのための、女性ホルモンの増やし方とその真実をお伝えいたします。正しい知識が1番の近道です。

Pick Up

エクオール

ほてり、コリ、イライラ、かさつきなど辛い症状に悩む大人の女性のために!「エクオール

大豆生まれの「エクオール」は、女性ホルモンに似た働きをして、女性の辛い症状をカバーします。

通常価格6,480円のところ、毎月便価格だと5,832円(税込)と10%お得になっております!
また送料は無料です!この機会にぜひお試しください!
エクオール2


1.増やそうと努力する必要はない

そもそも女性ホルモンは、動物が生き延びていく上で必要な「子どもを産む」「健康な身体の維持」という目的で分泌されています。決して“キレイ”のためだけに存在しているホルモンではありません。

女性ホルモンには、「エストロゲン(細胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類のホルモンがあり、どちらも卵巣から分泌されています。

そして、女性がこれらの女性ホルモンを生涯で分泌する量は、たったのティースプーン一杯程度だと言われています。

女性ホルモン 一生

分泌量は30歳前後でピークを迎え、その後は緩やかに減少、40歳を過ぎた頃から大幅に減少していき、50歳になるとほぼ分泌されなくなります。これにより閉経が起きます。

増やそうと努力したところで、この分泌量がティースプーン二杯分に増える、年を重ねても分泌量が減らなくなるなど、そういったことはあり得ません。女性ホルモンを分泌する卵巣の機能の老化には逆らえないからです。

女性ホルモン グラフ
女性ホルモンの量の変化

また、逆に女性ホルモンの量が増えすぎると、乳ガンや子宮ガンを発症したり妊娠に影響が出るなど、身体に支障が出ることがあります。あくまで2つのホルモンのバランスが大事なのです。

つまり、女性ホルモンを考える上で1番大事なのは、増やそうと頑張りすぎることよりも、年齢以上に減りすぎないように最低限のことに気をつけることなのです。ですが、それでも女性ホルモンを増やしたい!という方のために、次で方法をご紹介します。

2.感情で女性ホルモンをアップさせる方法と真相

女性ホルモンの分泌量を増やす上で、1番大事なことが感情のコントロールです。それは、女性ホルモンは卵巣から分泌されているとお話しましたが、その指令を出しているのが脳だからです。ストレスで脳が正常に動いていないと女性ホルモンがきちんと分泌されず、逆に脳が満たされた状態でいると分泌量が増えるのです。正しい解釈で自然にアップさせましょう。

① 無理に恋をしない

カップル

女性ホルモンを増やすには恋愛が1番だとよく言われていますが、無理にする必要はありません。

確かに、好きな人に会った時のドキドキ感やワクワク感で脳が刺激されて「エストロゲン」の分泌が活性化されることは事実ですが、恋をして分泌が活性化されたところで、劇的に量が増えるわけではないからです。もし恋で簡単に量を倍増させるようなことができるのであれば、大恋愛をしている人は何歳になっても子どもが産めることになりますし、ホルモンバランスが乱れて病気を引き起こします。そのような話は聞いたことがないですよね。

「キレイのために恋をしなくちゃいけない」と無理している方がいるのなら、そのストレスのほうが悪影響なのでその考えは捨てましょう。
恋をするとキレイになれると言われているのは、「恋」そのものではなく、「感情が満たされている」ことによる現象です。

そもそも恋はしようと思ってできるものではありませんので、恋に限定して考える必要はないのです。例えばアイドルや漫画の世界でのキャラクターを見て「かっこいい」と思うことでも良いですし、動物を見て「かわいい」と思うことや、恋愛映画を見てキュンキュンすることでも良いです。とにかく自分の気持ちが盛り上がるかどうかが大事なのです。好きなキャラクターグッズを近くに置いておくだけでも気持ちが満たされて恋愛と同様の効果があります。

② 趣味という言葉に惑わされない

お菓子作り

恋愛同様、趣味も無理に作る必要はありません。

時間を忘れるくらい熱中できる趣味があると、知らず知らずのうちに恋と同じように感情が満たされてエストロゲンが分泌されます。ですが、趣味も恋と同様で、好きという気持ちをコントロールすることは難しいので、簡単に作ろうと思ってできるものではありません。逆に作らなくてはと無理することがストレスになり悪影響です。

本当にやりたいと思っていることであれば、勇気を出して体験教室に行ってみたりすることはとても有効ですが、気乗りしないのであればやらないほうが良いです。お金も時間も無駄になります。

私には人に言えるような趣味がない…と悲観的になる必要はありません。友達とのおしゃべりや、甘いものを食べるなど、「楽しい♪」と思えるかどうかが大事なので、趣味という言葉に惑わされないようにしましょう。

3.女性ホルモンの過剰摂取によるリスク

大豆

女性ホルモンを増やす成分として、「イソフラボン」や「プエラリア」という成分が有名ですが、サプリで補う場合には摂取量に注意しなくてはいけません。

女性ホルモンを増やすとお伝えしましたが、厳密に言うと女性ホルモンは卵巣からでしか作られないので、食事から女性ホルモンそのものを摂取するということは不可能です。ですが、イソフラボンやプエラリアが女性らしさを作り出す“エストロゲン”に似た働きをしてくれるため、似たような効果が期待できるのです。

ただし、摂取しすぎると、エストロゲンだけが異常に増えて2つのホルモンのバランスが崩れ、ニキビ、生理不順、めまいなどの症状が出る恐れがあるため注意が必要です。

だからといって普段の食事で抑えようと考える必要はありません。問題なのは女性ホルモンを増やそう!ということに意識しすぎて、人工的に作られたサプリや特定保健食品で摂りすぎてしまう場合です。サプリで補うこと自体に問題はありませんが、複数のサプリを一緒に飲んだり、1日の摂取量を守らなかったりなどして過剰摂取すると、ホルモンバランスが大幅に乱れてしまいます。

これはどの成分にでも言えることですが、いくら身体にとって有益な成分があったとしても、それだけ摂取していたのでは全くの逆効果です。一つの成分で身体の全部分を作れるということはあり得ません。

真っ先にサプリに頼ることはしないで、まずはバランスよく食事を摂るようにしましょう。イソフラボンはみそ・豆腐・きなこ・納豆・豆乳などに含まれているので、和食を中心とした食事を意識していれば、自然と摂取できるはずです。

和食

食品安全委員会では、サプリなどで大豆イソフラボンを摂取する場合の安全な一日上乗せ摂取量の上限値を30mgと定めています。

4.女性ホルモンを過剰減少させる3つのNG

生きている以上老化は避けられないことなので、女性ホルモンは年齢と共に減少していくことはある程度は認めなければいけません。ですが、どうせ減ってしまうのなら、出来る限り緩やかに減少させたいですよね。ここでは女性ホルモンを過剰に減らさないための方法をお伝えします。基本的なことなのですが、これらのことができていないと人よりも早く老化してしまいますのでご注意ください。

1.喫煙

タバコ

タバコはダイレクトに女性ホルモンを減らします。タバコが身体に悪い影響があることは十分承知だとは思いますが、女性ホルモンにも大きく影響するということをしっかりと頭に入れておいてください。

ただし、無理矢理禁煙をしてイライラが治まらなかったり、何も手につかないなど、度を越えたストレスを抱えることも問題です。喫煙が止められない場合は食事や他の面でカバーするなどして、自分なりに調整してみましょう。

2.睡眠不足

パジャマ(睡眠)

いくら卵巣が正常な状態でも、指令を出す脳が正常でないと分泌されなくなってしまいます。その脳の状態に大きく影響するのが睡眠です。睡眠不足だと頭がぼーっとして集中することができないのと同様に、身体の中でも卵巣へ指令が出せなくなっているのです。ただ長時間寝れば良いというわけではなく、毎日同じリズムで、質の良い眠りをとることを心がけてください。

★質の良い眠りをとるための方法
①電気を消したら携帯電話を見るのはやめる

21

暗い部屋の中での携帯電話の使用は、脳が錯覚して眠りが遅くなってしまいます。電気を消して、枕元の照明で本を読むことも同様です。やることを先に済ませてしっかりと寝る準備を整えてから電気を消しましょう。

② 寝間着はゆったりしたものを着る

身体を締め付けるピッタリした服や、汗を吸い取りにくい素材だと、途中で苦しくなって眠りが浅くなってしまいます。
ゆったりとしたサイズで、コットンやシルクの天然素材のパジャマは汗を良く吸い取り快適に寝られるのでおすすめです。

おすすめパジャマ専門店
皮膚科の先生が考えたコラーゲン入りパジャマ「夜肌の気持ち」

日本最大級のシルク専門店【シルクル】

3.冷え

身体が冷えると、血行が悪くなり女性ホルモンを分泌させている卵巣の機能を低下させてしまいます。女性に冷えはつきものですが、身体を温めるようと意識することが大切です。

★身体を温めるポイント
①シャワーではなく湯船につかる

プリント

無理に熱いお湯に長時間つかる必要はありません。熱いとむしろ身体に負担がかかってしまいますので、38~40度のお湯に、15分程度つかればOKです。

②身体を温める効果のある食べ物を摂る

↓意識して取り入れたい食材↓

冷え対策 食べ物
しょうが
ねぎ
にんにく
根菜類



とっても簡単に作れる冷え解消レシピはズバリ「豚汁」です♪

豚汁

しょうが入り豚汁レシピはこちらからご確認ください。
(出展:AJINOMOTO)

③ 寝る時は靴下をはかないこと

理由は2つあります。1つ目は、足を締め付けてしまうので血流の流れが悪くなるということ。もう1つは、足の裏から出た汗で靴下の中が蒸れて、冷えを悪化させてしまうことです。脱靴下をするためにも、下記のことを実践してみてください。

靴下をはかずに寝るための方法
■ゆるい靴下を寝る直前まではいておく
■足元に湯たんぽを置く
■寝る1時間前に湯船につかる
■寝る前に軽くストレッチをする

ただし、これを実践してもどうしても眠れないという方に関してのみ、眠れないことの方が身体に悪影響ですので、履いて寝てもOKです。ただし、足をしめつけないゆるめの靴下にしましょう。

足先だけ出ているレッグウォーマーもおすすめです。
【参考商品】ふくらはぎを温めて冷え性改善!「専用ウォーマー」

④  自分のサイズにあった下着をつける

身体を締め付けることが血液の流れを邪魔してしまいます。今の下着が本当に自分のサイズに合っているか、今一度確認してみましょう。また、スタイルアップのためのガードルも冷えの原因です。毎日つけるのはやめて、ここぞという時だけの使用にしましょう。

5.女性ホルモン 基礎知識

冒頭でお伝えしました通り、女性ホルモンには2種類あります。

一つ目が、見た目の女性らしさや若々しさなどの、いわゆる“女性らしさ”を作り出す、「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンです。別名「美肌ホルモン」とも呼ばれており、ハリや弾力のある肌やツヤのある髪、女性らしい曲線のある体型などを作ります。

二つ目が、妊娠に関わるホルモンである「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンです。生理前に食欲が増えたり、むくんだりするのはこのホルモンの影響です。

女性ホルモンは、30歳手前でピークを迎えその後は卵巣機能の老化によって減少し、とくに40代を過ぎると急激に減少します。

女性ホルモン グラフ
女性ホルモンの量の変化

月の中で見ると、月経の時期によって下記のように異なります。

生理周期と女性ホルモンの分泌量大事なことは、この周期を理解して、上手に付き合っていくことです。

イライラしてしまいがちな月経前、やる気が出なかったり落ち込みやすい月経期、それぞれに合わせて、無理に頑張ろうとするのではなく、自分が1番リラックスできる方法を見つけてみてください。

いかがでしたでしょうか?
規則正しい生活はもちろんですが、やはり1番大事なのは気持ちの持ちようです。仕事でも趣味でも、何かに打ち込んでいる女性は、年齢問わず若々しくてキラキラと輝いていますよね。

最後に
※頑張りすぎる必要はありませんが、軽視をしてはいけません。人によっては過剰に減ったり過剰に増えたりすることで病気やガンを引き起こすケースもあります。不調が1番分かりやすく出るのが生理不順です。それ以外でも、少しでも異常がありましたら必ず病院で診てもらいましょう。

この記事は2014年11月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

 


Pocket
LINEで送る