2017年5月31日 更新

髪がはねる原因と対策はこれ!セットではねにくくする方法

髪 はねる TOP
「髪がすごくはねるなぁ」「なんで私の髪ってすぐはねるんだろう」と、お悩みではないですか?

お風呂後にちゃんと乾かして寝ているのに翌朝目が覚めると髪がはねていたり、セットしたのに気づいたら髪がはねている、そんな経験がある方は多いですよね。

今回は、髪がはねる原因と、はねにくい髪を手に入れるための対策をご紹介します。
セットしたてのはねない髪をキープして1日中ステキ女子で過ごしましょう!


1.髪が片方だけはねる理由

パーマ 長持ち
「髪が片方だけはねるなぁ」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

髪が片方だけはねやすくなる理由には、つむじが関係していると考えられています。髪全体がつむじの流れと同じ方向に流れてしまいやすいため、つむじの流れにそって自然とくせがつき、はねやすくなってしまうそうです。

また、日本人の多くは右回りにつむじが流れており、ほとんどの人は髪全体が右側へながれてしまうので、右側の髪がはねる方が多いとう噂があると言われています。
つむじ
もちろんつむじの流れが左回りの人は左にはねやすくなります。自分のつむじの流れに合わせて、髪のはねやすい方向が決まるのでしょう。
つむじ

2.髪をはねにくくするセット方法

頭皮 保湿 ローション 保湿 ホホバオイル メンズ オイル
髪がつむじの影響ではねるのが気になるときは、ドライヤーを使ってセットしてみましょう。ブローのやり方しだいで、髪がはねるのを抑えることが期待できると言われています。

髪は乾いているとセットしにくいので、一度頭皮まで濡らしましょう。もちろんお風呂に入った後にこの方法を試してみてもよいですね。

頭皮や髪を濡らした後は、余分な水分をタオルドライで取っておきます。

ドライヤーの熱や髪同士の摩擦を抑えるために、タオルドライの後にヘアオイルや洗い流さないトリートメントをつけることもおすすめです。

準備が整ったら、髪をはねにくくするために早速ブローしていきましょう。

~髪がはねる!はねにくくするテクニック~

①あごを引いて下を向く

ドライヤーボリュームアップ
下を向いて、前方に髪の毛を集めます。

②うしろ側からドライヤーの温風を当てる

ドライヤー毛先
下を向いたまま後頭部側からドライヤーを当てていきます。

このとき、毛先を指でくるくると内側に巻きながらドライヤーを当てていきましょう。

③後ろ側からドライヤーの冷風を当てる

②と同じように、今度は冷風を当てていきます。

髪の毛は冷やすと形をキープしやすくなるので、冷風でさらに髪がはねないようにくせ付けをしましょう。

~肌らぶ編集部おすすめアイテム~

ここでは、髪をはねにくくするドライヤーテクニックの際に肌らぶ編集部がおすすめしたいアイテムをご紹介します。

今回は、髪になじませやすいテクスチャーで、ドライヤーの熱から髪を守りやすいオイルタイプの洗い流さないトリートメントピックアップしました!
ディープモイストオイル
mogans(モーガンズ) ディープモイストオイル
価格:2,500円(+税)

ディープモイストオイルは、100%植物性のナチュラルピュアオイルです。
オイルタイプなので髪になじませやすいテクスチャーで、髪1本1本を包み込み、熱や摩擦による影響を抑えたいときに使用できます。

公式HPはこちら(オレンジ)

3.髪がはねる根本的な原因と対策

抜け毛 対策
さらに、髪がはねる根本的な原因を知って、自分に必要な対策をとりましょう。

髪がはねる主な原因と対策を3つご紹介します。

①髪の状態が原因の場合

髪 傷み
髪は傷んでいたり乾燥していると、はねやすくなると言われています。

髪がダメージを受けていたり、乾燥した状態だと、髪の外側のキューティクルが剥がれてしまい、その隙間に空気中の水分が吸収されやすくなるそうです。

髪は水分を吸収すると膨張してはねたり、うねったりしてしまうと考えられています。

【対策】
髪をはねにくくするためには、お手入れで保湿をしっかりと行うことが大切です。

保湿成分が配合されたシャンプーやトリートメント、洗い流さないトリートメントなど、髪の保湿ができるお手入れアイテムはたくさんあるので利用してみましょう。

②髪型による影響

前髪 キープ
髪型による影響で、髪がはねやすくなることがあるとされています。
自分の頭の形に合っていないカットやレイヤーを入れすぎてしまった場合などに、髪がはねやすくなることがあるそうです。

また、髪を伸ばしているときなど、肩の位置に髪がかかる長さのときは髪がはねやすくなります。特に、肩上2センチ~3センチほどからはねやすくなると言われていますよ。

【対策】
自分の頭の形にあったカットをしてもらいましょう。
特に、レイヤーの入れ方を工夫することで、ハネにくくなると言われています。

美容室で髪を切ってもらうときは、はねやすい場所や扱いにくいところを詳しく担当の美容師さんに伝えましょう。プロの目線で問題を見極めてもらい相談しながら、ヘアスタイルを決めることがおすすめです。

③髪の性質

分け目 変える
くせ毛を持っている人は、セットをしてもすぐに髪がはねてしまうことがあります。

一般的には、毛根の形による影響と言われており、生まれつきの体質などで毛根が曲がっていたり、頭皮に皮脂が溜まっているとくせが出やすく、はねやすくなるそうです。

もちろん、生まれつきの体質以外にも髪のダメージや疎かなお手入れが原因で、くせ毛の状態になっている人もいると言われています。
【対策】
泡立てたシャンプーで頭皮をマッサージするようにしっかり洗いましょう。

洗髪前に、髪の絡みをブラッシングで解き、シャワーを地肌に1分ほど当てながらしっかり予洗いし、その後シャンプーを使って洗うことがポイントです。

最後に、シャンプーなどが頭皮の毛穴に残らないように、ぬめりがなくなるまでよくすすぎましょう。

4.まとめ

気分転換 ストレス解消 TOP
髪がはねる原因や対策、髪をはねにくくするテクニックをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

「髪がはねることが気になってはいたけど、何も対策したことなかったな」という方はぜひ、今回ご紹介した対策をお手入れに取り入れてみてくださいね。

髪がはねることが気にならない毎日を送れるように、自分ができることから始めてみましょう!

※この記事は2017年5月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。