メニューを開く

かっさマッサージで足すっきり!?効率的なかっさの使い方

かっさ 足TOP
「夕方になると足が重たく感じる、靴がキツイ」、「朝と夜でふくらはぎの太さが違う!」、「足痩せしたい!」とお悩みではありませんか?

足がむくむ原因は、運動不足や食生活の乱れ、ストレスなど実にさまざまです。

そんなつらい足のむくみには、足全体の血行をよくすることが大切です。

今回は「手軽にお手入れが行える!」と話題の、美容アイテム【かっさ】を使った足のマッサージ方法と、足のむくみを予防する6つの対策をご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.かっさで足のむくみは解消できる?

最近、雑誌やテレビなどで取り上げられ注目を浴びている美容アイテム「かっさ」。

「かっさって何?」、「かっさでマッサージするとどうなるの?」という方に、かっさについて簡単に説明していきたいと思います。

①かっさとは

足かっさかっさとは
かっさとは、写真のように水牛の角や石でできた板状のヘラのようなものです。

かっさにも、さまざまな形や素材のものがありますが、このようなプレート状のかたちが基本のかたちになります。

インターネット、ドラッグストアなどで販売されているものもありますので、一度確認してみてください。

色々、試してみて自分がマッサージしやすいかっさを選ぶことをおすすめします。

②かっさマッサージとは

かっさマッサージとは、その名のとおり「かっさ」を使って肌をさすりながら行うマッサージ方法です。

かっさについているカーブや凹凸を使って、少し圧をかけながらマッサージをすることでリンパを刺激し、血行を促進できるとされています。

リンパと血行がスムーズになることで、足がむくんでいる前の自然な状態に戻すことが期待できると言われています。

また、かっさを使うと通常のセルフハンドマッサージよりも、力を入れずに比較的広い面積を一度に刺激できるので、より効率的で簡単にマッサージが行えるのです。

2.かっさ足マッサージのやり方

それではここからは、かっさを使った足のマッサージ方法とかっさの使い方について説明していきます。

マッサージを始める前に、かっさマッサージに必要なものを用意しましょう。

①かっさ足マッサージの準備

かっさで足をマッサージするには、

用意するもの

かっさ用意
・かっさプレート

・マッサージオイル(またはローションでもOK)

※オイルやローションは普段使用しているもので構いません。

続いて、かっさマッサージで結果を実感するために「かっさのルール」を確認しましょう。

かっさのルール

・かっさは一定の方向へ動かす

・血液の循環を良くするため心臓がある左側(左足)からマッサージを行う

・さする時に力を入れすぎない

・かっさでさする回数は1箇所3〜5回を目安にする

・かっさの滑りが悪くなったら、マッサージオイルを追加すること

以上、5つの点を意識してかっさマッサージを行いましょう。

②かっさ足マッサージの手順

それでは、かっさを使って足をマッサージする手順をお伝えします。

かっさは、身体の場所によって使用する場所が異なります。

かっさを使った足のマッサージの方法を【足首&足裏&足の甲】【すね&ふくらはぎ】【ひざ&太もも】の3つのパターンに分けてお伝えします。

ぜひ試してみてください。

①足首&足裏&足の甲

足かっさ使い方1
・所要時間3分
・かっさ使用ポイント①&②&③

1)足首を前後に動かす

足首曲げ伸ば (2)
足かっさマッサージの準備段階として、まず足首をほぐしましょう。

パタパタと足首をゆっくりと前後に5回ほど動かしましょう。

2)足首を回す

足首回す (2)
次に椅子に座って右足を左足の太ももの上にのせます。

左手の指を右足の指の間に、それぞれ入れます。

指をしっかり絡ませたら、右足の足首を右手でつかみ、左手の力で導くように、足首をくるくると5回ほどまわします。

同じように、反対の足首も回します。

3)かっさで足の裏をさする

足かっさ足裏プッシュ

かっさを使って足裏をマッサージしていきましょう。

まず、足裏にマッサージオイルを塗り、かっさのポイント①を使って足の裏の親指と

人さし指の間の下あたりを3秒押しては離すを3回ほど繰り返してください。

続いて、かっさのポイント③を使ってつま先から、かかとに向かって老廃物や血液を流していきましょう。
足かっさ足裏流し
こちらもそれぞれ、左右3回ほど行ってみてください。

4)かっさで足の甲をさする

足かっさ甲
老廃物の溜まりやすい足の甲も、かっさを使ってマッサージしていきましょう。

足の甲にもマッサージオイルを塗り、かっさのポイント③のデコボコ部分を、足の指の骨にそわせながら、下から上に向かって左右各30秒ずつさすります。

5)かっさでくるぶし周辺をさする

足かっさくるぶし
足の甲と足首にマッサージオイルを塗り、かっさのポイント①使って、くるぶしの周りをかっさを2~3周、かかと側から甲の方向に向かって弧を描くようにさすりましょう。

こちらもそれぞれ、左右3回ほど行ってみてください。

②すね&ふくらはぎ

足かっさ使い方3
・所要時間3分
・かっさ使用ポイント③

1)すねをさする

足かっさすね
すね~ふくらはぎかけてにマッサージオイルを塗り、ふくらはぎの外側のすねを、かっさのポイント③のデコボコ部分を使ってマッサージします。

ここは骨と近い場所なので、「イタ気持ちいい」と感じるぐらいの力で上から下へとなぞるようにしましょう。

2)ふくらはぎ全体をさする

足かっさふくらはぎ
続いて、内側のふくらはぎ部分をかっさのポイント③のデコボコした部分を使って、下から上に向かってさすっていきましょう。

かっさを少し強めに当て、むくみを押し流すようにさするのがポイントです。

左右それぞれ5回ほど繰り返してください.。

③太もも&ひざ

足かっさ使い方2
・所要時間3分
・かっさ使用ポイント①&③

1)太もも全体をさする

足かっさふともも表

ふともも全体にマッサージオイルを塗りましょう。

かっさのポイント③のデコボコした部分を使って、膝上から足の付け根まで、太もも全体をさすり上げましょう。

前側はひざの肉を持ち上げるようにさすり上げ、内側はまっすぐ上に持ち上げるイメージで行いましょう。

2)太ももの後ろ側もさする

足かっさ太もも裏

太ももの裏側も忘れずに下から上に向かってさすりましょう。

力はやや強めでも大丈夫です。

3)ひざ周りは円を描くようにさする

足かっさ膝
ひざ周りは、かっさの丸みのある部分で円を描くように、さすってひざ裏に向かって流していきましょう。

流したらひざの裏のくぼみを、かっさの丸みのある部分で軽く押しましょう。

ふともものマッサージも、左右それぞれ3回ほど繰り返してください。

3.かっさ足マッサージを効率的に行うポイント

かっさを使った足のマッサージをより効率的に行うポイント4つをご紹介します。

とても簡単なので、ぜひ取り入れてみてください。

①マッサージは入浴後に行う

足かっさ入浴後
かっさを使って足をマッサージするタイミングとしてお勧めなのは、入浴後です。

身体が温まり血行が良くなっている状態なので、マッサージをスムーズに行うことができるでしょう。

②マッサージの前にコップ一杯の水を飲む

足かっさ水飲む
かっさで足のマッサージを行う前にコップ一杯の水を飲むようにしましょう。

水を飲むことで、体内の水分循環を促し、老廃物などが流れやすい状態になります。

その結果、足かっさマッサージの結果を実感しやすくなると言われています。

③マッサージはリラックスした状態で行う

足かっさリラックス
かっさを使って足のマッサージを行う際には、リラックスした状態で行うように心がけましょう。

ストレスから解放されたリラックスした状態だと、リンパ管や血管がゆるみ、リンパの流れがスムーズになると言われています。

お気に入りのアロマや、ヒーリングミュージックを流すなどして、リラックスできる環境を作ってから、かっさマッサージを始めてみてください。

④マッサージ後に水分補給をする

足かっさハーブティ
かっさで足をマッサージ後も、水分を摂るようにしましょう。

足かっさマッサージで動かした老廃物を体外に流し出すためです。

それを促すために、できれば水ではなく「利尿作用」のあるハーブティーを飲むことをおすすめします。

また、ハーブティーがない!という方は、緑茶や紅茶でも問題ありません。

緑茶や紅茶には利尿作用があるカフェインやビタミンCが含まれています。

4.かっさ足マッサージの注意点

かっさ 足NG
足をすっきりさせるのに効率的なかっさ足マッサージですが、やり方を間違えたり、体調の状況によっては良くない結果を招いてしまう可能性があります。

そうならないためにも、かっさを使って足をマッサージする時の注意点を押さえておきましょう。

①強い力で何度も肌をさする

かっさで足をマッサージする際は、強い力で何度も肌をこすらないようにしましょう。

何度も強くさすることで、あざができてしまうことがあるからです。

かっさマッサージであざができてしまった場合は、触ったりせずそのままにしておきましょう。

見た目はかなり痛々しいので気になってしまうと思いますが、あざは早ければ3日から1週間程度で消えると言われています。

あざを1日でも早く目立たせないようにしたい方は、毎日湯船にきちんとつかり身体を温めましょう。

身体を温めると、体内の巡りが良くなりあざを目立ちにくくすることができます。

②マッサージは毎日行わない

かっさを使った足のマッサージは毎日行わないようにしましょう。

かっさを使ったマッサージは肌をさすり、圧をかけることによって滞っている血液や老廃物を流しやすくするマッサージ方法です。

毎日行なうことはお肌への負担が増えてしまう可能性がありますので、マッサージの頻度は、週1~2回程度を目安にしてください。

③食後すぐに行わない

かっさを使った足のマッサージは、食後すぐには行わないようにしましょう。

マッサージを行って血行がよくなることで消化器官の働きを妨げ、胃などに負担をかけてしまう恐れがあるからです。

食後、どうしてもかっさでの足マッサージを行いたい場合は、最低でも1時間程度、空けてから行なってください。

5.足のむくみを予防する6つの対策

ここでは、足のむくみの予防する対策を6つご紹介します。

日常でできるものばかりなので、足のむくみが気になっている方は意識的に行ってみてください。

①足を高くして寝る

足かっさ足あげる
足のむくみが気になる方は、足を高くして寝ることをおすすめします。

ベッドなどに横になるとき、足の下に枕などを置いて足を上げることにより、水分が足にたまるのを防ぐことが期待できるからです。

また、枕のかわりに、バスタオルやクッションなどを利用しても良いでしょう。

足をのせる物の高さは、15~20㎝くらいが望ましいと言われています。

長時間の睡眠時にはあまりおすすめできませんが、ちょっとしたお昼寝などの際に取り入れてみてください。

②足を動かす

足かっさ足動かす
足のむくみが気になる方は、適度な運動で足を動かしましょう。

足のむくみの原因には、様々な理由が考えられると言われています。
そのなかの1つに、足の筋力の低下が考えられます。

なぜならば、下半身にたまった水分を上半身に押し上げるには、足の筋肉を動かすことが必要だからです。

1日中同じ姿勢を保っていることが多いデスクワークの方は、なるべく階段を使うようにしたり、ちょっと時間に余裕のある日は、1駅分歩くなどして、足の筋肉を意識的に動かすようにしましょう。

運動が苦手な方は、休憩時間や就寝前に軽くストレッチをしてみてはいかがでしょうか。

③カリウムが含まれる食品を積極的に摂る

足かっさカリウム
足のむくみが気になる方は、カリウムが含まれる食品を積極的に摂ることをおすすめします。

カリウムは、摂り過ぎた塩分を体から排出するはたらきが期待され、むくみやすい脚をサポートしてくれます。

塩分を多めに摂っていると感じている方は、塩分控えめを意識して、カリウムをたくさん摂るように心がけましょう。

【カリウムの多い食品】

★果物
バナナ・いよかん・もも・干し柿・り んご・キウイ・アボカドなど

★海藻
ひじき・昆布・焼きのりなど

★野菜
スイカ・ほうれん草・エリンギ・キャベツ・じゃがいもなど

★その他
豆みそ・納豆・にんにく・アーモンドなど

カリウムを含む食材の効率的な食べ方

上記でご紹介した食材は、ゆでたり煮たりすると栄養素が出てしまうので、そのまま食べるかスープなどで煮汁を摂取することをおすすめします。

④身体を温める

足かっさ温める
足のむくみが気になる方は身体を温めましょう。

身体が冷えると、筋肉の動きが低下し、汗をかきにくくなります。

汗をかかないということは、体内に滞っている余分な水分の排出がされないのでむくみやすくなります。

温かい飲み物を飲んだり、防寒用の靴下を履いたりしてなるべく身体を冷やさないようにしましょう。

⑤しっかり睡眠をとる

足かっさ睡眠
睡眠が不足すると、代謝が落ちると言われています。代謝が落ちると、水分の排出も行われにくくなるので、むくみやすくなります。

個人差はありますが、最低でも6時間は睡眠時間をとるように心がけてください。

また、できるだけ質の良い睡眠をとるために、寝る前のスマートフォンを使用するのを控えたり、寝る直前にご飯を食べないなどの工夫をしましょう。

⑥ストレスをためない

足かっさストレス
ストレスがたまると、緊張状態が続きます。

それにより、血行が悪くなり老廃物や余分な水分が体外に排出されにくくなります。

軽く体を動かしてみたり、気心知れた友人と食事をしたり、リラックスできる時間を作って、ストレスがたまらないようにしましょう。

6.まとめ

いかがでしたか?
かっさを使った足のマッサージは、かっさとマッサージオイルがあれば、誰でも手軽に行えるお手入れ方法です。

普段から「足のむくみが気になる」、「スッキリ足を目指したい!」という方は、今日からお手入れの一つとして、かっさを使った足のマッサージを取り入れてみてください。

この記事は2016年10月29日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事